上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014.10.15 ダンキン


いただきました。
久々のダンキン!

Thanx!

スポンサーサイト
東高円寺ニコニコロード。

イタリアまかない屋 高田食堂」で大満足ランチの後、
ハシゴしよう、と決めていた「喫茶生活」へ。

IMG_0800 (640x480)

扉を開けた途端、珈琲豆の香りとジャズに包まれます(包まれ具合が相当すごいです。圧倒です)。

白い扉の向こうが完璧な珈琲+ジャズワールド、なのです。

よくあるジャズ喫茶は「喫煙当たり前」なところが多く、よくて分煙。

オール禁煙、というところが少ないのが泣けちゃう私たちなのですが、
こちらは「生豆」から「自家焙煎」されているお店で、完全禁煙。

煙を気にせず心ゆくまでジャズと珈琲が楽しめるなんて、私たちには天国のようなお店。
なかなか出会えないので嬉しい発見でございます。

しかも自転車で行けるじゃないのぉおお。

提供は珈琲をメインに、紅茶、日本茶でかなりの種類。
どれにするのか決めるだけでもけっこう迷っちゃいます。

そんな中で、楽しいのは半分の量を半額で「飲み比べ」できるというサービス。

IMG_0797 (640x480)

小さなハーフサイズのカップに本当に2種類注がれて出てきました。

酸味、苦み、バランス、クセあり、といった4種類を記号でかき分けて説明してくれているメニューから2種類を選択。

ペルーとメキシコの珈琲豆。

説明どおり、なるほど~違うわ~なのです。

さらに面白いのは、香りが楽しめるという「ワイングラス」でいただく珈琲。

IMG_0799 (640x480)

面白すぎるので夫に頼んでもらいました(笑)

いやしかし、これがなかなか冗談じゃなくいいんです!

こんな珈琲の楽しみ方があるなんて♪

でもって、さらに珍しいのが「スイーツや食べ物の持ち込みOK」という聞いたことのないスタイル。

思わず「ほんとですか?」と確認しちゃいましたらホントでした(笑)

で、そうだ、私たち、いいの持ってた!!!(さっき買った「高田食堂」のあれ、あのパウンドケーキ!!)

いや~、なんと奇遇な!!

で、実はパウンドケーキがあるんですよー、と伝えたら「お皿出しましょうか?」とのご厚意。

おまけに「フォークもありますよ、いかがですか?」のご厚意。

IMG_0795 (640x480)

もう甘えちゃいます甘えちゃいます、でこんな風に。

まるでこちらでオーダーしたかのような仕上がりに(笑)

珈琲一筋のマスターなのでか、スイーツ類を自由に持ち込んでいいだなんて、ほんと良心的です。

おかげで香り高い本格珈琲と美味しい手作りスイーツの夢のコラボを堪能することが出来ました。

「高田食堂でランチ→お持ち帰りスイーツをゲットして→喫茶生活で美味しい珈琲とセットに」

これはもうまたもや「味をしめて」やっちゃいそうな食スタイルでございます。

メニューをよく見ると、ジャズレコのリクエストも出来る、とあったので、
ホレスシルバーが聴きたいな、と思って、ちょうどレコードをチェンジされてる様子のマスターに
「どんなのでもリクエストいいんですか?」と聴いたら、
「何かありますか?」と。
「ホレスシルバーとか」

と言った途端にマスターが「ちょうど今(かけたとこ…)」と指差した先に「ホレスシルバー」のアルバムが(奇跡)!!!

店内にホレスのピアノが…♪♪♪

ビックリ仰天です。

私とマスター、同時にホレスを選んでいたなんて!

こんなミラクルあるんですね。

おもいきり相性がよさそうな珈琲屋さんなので、
ぜひぜひまた訪れたいと思います。

IMG_0798 (640x480)

こんな可愛いポイントカードもいただきましたし(笑)

ご馳走様でした♪

2012.11.22 New Mugs
表参道エチカにある「Cuisine Habits」。

思わず立ち止まり、手に取ってしまい、ついには欲しくなってしまう
キッチン雑貨たちがたくさん。

Wedding Anniversaryにはずいぶん早い数カ月前に見つけてしまったのですが、
これだ!と閃き、長らくしまっていたシロモノ。

11月22日、とうとうデビューさせることが出来ました♪

IMG_8893 (640x480)

陶器の質感、色、持ち手の持ちやすさ、カップの大きさもさることながら、
アルファベットのメッセージにズキューン!

IMG_8894 (640x480)

「Y for Yummy」 YummyのY!

IMG_8895 (640x480)

「H for Happy」 HappyのH!

I like them!

かなり気に入っております。

コルクのコースターもあって、飲み残すとコースターをのっけてフタにしちゃったり(笑)
便利。

大好きなコーヒーを淹れて、ほっこり。

Yummy&Happyな一年になりますように♪

今日は歯医者で荻窪まで。

引っ越したのに、歯医者だけはずっと通い続けている私たち。

帰りに「ルミネ」に寄ったら、8Fがいつの間にやら屋上庭園ならぬ、屋上菜園になっていてビックリ♪

IMG_0735.jpg

とはいえ、来年3月からのオープンで、
今日は区画募集のスタートイベントがあった日でした。

高木美保さんが来られて、お昼にはテープカットの式典もあったらしく。

IMG_0741.jpg

そのタイミングには行けませんでしたが、夕暮れ時の様子を見に行って来ました。

菜園は3㎡と5㎡のサイズがあって、それぞれ月額の使用料を払って借りるらしい。

IMG_0731.jpg

今かいまかと種をまいてもらえるのを待っている畑♪

IMG_0732.jpg

イベントが出来るスペースも。
音楽ライブとかあったら楽しそう♪

野菜のマーケットも出ていました。

IMG_0737.jpg

あとルミネに出店しているパン屋さんやベーグルショップなども野外販売をしていて
なかなかの賑わい。

子供たちは嬉しそうにキャッキャと走り回っていました♪

遠くまで見渡せる広々とした屋上スペース、夕空に映える夕日が美しく…。

IMG_0733.jpg

夕日に見とれていると、
「コーヒーいかがですか?」と笑顔でスタバのお姉さんが…♪

IMG_0740.jpg

小さなカップでしたが、スタバの試飲コーヒーをいただいてHappy~。

優しい屋上の風とエコブームを感じたひと時でした♪



弟ファミリーから我が家に冬の素敵な贈り物が届きました♪

IMG_0691.jpg

「清香花楼」(チンシャンファーロウ)。

美しい名前の中国茶専門店…なんと「工芸茶セット」です♪

IMG_0692.jpg

工芸茶だけではなく、ガラスの茶器までセットされています~(感激)!

IMG_0707.jpg

こんな感じの欲しかった~!!!

今夏、渋谷の中国茶専門店のランチをいただいて以来、
中国茶、じっくり味わってみたい、と思ってたので、すっごく嬉しかったです♪

中の茶葉の様子がわかるガラスの茶器もずっと探していたので、ほんと幸せ~。

IMG_0697_20101211111843.jpg

しかも、こんなにたくさんの種類の工芸茶!

「蝶恋花」や「仙女仙桃」など、
一つひとつに美しい名前がついています。

工芸茶は以前にも飲んだことがあったので、どんなものかは知っていましたが、
素晴らしいものだからこそ、お客様が来られた時に一緒に楽しみたいな~、と機会を待つことに。

週末、A伯母様をご招待したので、その時にご披露!

見るなり感激されて、早速どれにしようか…と選ばれたのがコチラ。

「満天紅仙桃」(マンティエンホンシェンタオ)。

IMG_0702.jpg

「カーネーションがいいわ~!」と即決でした。

IMG_0712.jpg

ワクワクしながら封を開けると、中からこんな真ん丸茶葉が登場。
コロコロしてます。

さてさてこの中にどんな仕掛けがあるのか…興味津々です。

IMG_0713.jpg

お湯を注いだポットにコロンと落とすと、最初は浮いているのですが、
吸水して重みが増し、しばらくすると一瞬で「ポトン!」と底に落っこちます。

その瞬間がなんとも面白くて、みんなで「面白い面白い!」と盛り上がりました。

しかもさらに見守っていると、
こんな風に茶葉が膨らみ、お花が顔を覗かせ始めます。

IMG_0714.jpg

まぁ、なんと麗しいことっ!

IMG_0715.jpg

満開に花開いた時は、思わずみんなで拍手喝采!

本当に見ているだけで盛り上がり、楽しませてくれるお茶です。

夫も中国茶が好きだし、ホッとする香りと味で、1煎目はもちろん、
美味しかったので、お湯を注ぎ足して2煎、3煎、と味わいました。

届いた箱には説明のしおりもちゃんと入っていて、「花言葉」まで載っていました。

ちなみにカーネーションの花言葉は「母の愛」「熱愛」「情熱」だそうです♪
ほほぉ~。

じっくり味わった後、しばらくして、
もう一つ違ったの飲んでみたいね、ということになり…。

工芸茶アンコール!

IMG_0703.jpg

またお客様に選んでいただいて(これも素敵なおもてなしですね♪)、
こちらになりました。

「海上花園」(ハイシャンファーユン)。
なんて美しい名前でしょう♪

お花はユリとジャスミンのコラボレーションみたいです。

IMG_0720.jpg

再びお湯に投入!
ポチャン!

しばらくすると、こんなお花が!

IMG_0721.jpg

まるで手品か何かを見ているような…。

ほんとに不思議!
仕組みが気になって調べてみると、糸を使って、お花と茶葉を綴じていることがわかりました。
それにしても、小さな丸い粒の中に、こんな仕掛けが隠されているなんて!

なんて粋なお茶でしょう♪

夫はジャスミンティーが好きなので、こちらも気に入ってました。
ジャスミンの花言葉は「素直」「清純」。

ユリの花言葉は「誇り」「可憐な愛」です。

またさっきとは微妙に違う風味で、楽しいお茶の時間になりました。

心も体もリラックス、寒い冬にはとっても温まる素敵なティータイムをありがとう~


2010.08.03 はちみつの日
早いもので2010年も8月!

もう下旬です。

8月3日は「はちみつの日」。

ちなんで、というわけではないけれど、
「ハチミツティー」をいただきました。



アーマッドティーの「ピーチ&パッション」+サンダルフォーの「オレンジハチミツ」。

この「オレンジハチミツ」、それだけだとあんまりピンとこなくて、長らく棚の端っこによけられていたのですが、最近フルーツ系の紅茶とは合うことを知り…。

ん、これはいける。

はちみつ…可愛い響きです。

PLAZA」で見つけた「AHMAD」のミルクティー缶!



「アーマッド」は」イギリスのお紅茶ブランド。
大好きなのですが、茶葉やティーバッグしか知らなかったので、
かなりビックリしました。



アメリカ旅行のお土産に買ってきたAHMADの「カルテット」。
なくなるのがいやで、大事に大事に飲んでおります。



その名の通り、4種類のお紅茶が入っております。

ストロベリー
ピーチ&パッションフルーツ
ブラックカラント(カシス)
レモン&ライム

と、ストロベリーの他はちょっと風変わりなお茶っ葉ばかり。
どれも風味豊かで美味しいのと、
ティーバッグのフルーツ絵柄が1パックごとに可愛いのが気に入っております。

4月24日、「新宿マルイ本店」がリニューアルオープン。
土曜日、伊勢丹(新宿)に用事があり、至近なので覗いてきました。

20090531073031

「スターバックス」が2Fと8Fにあるのですが、
こちらの2Fのスタバカフェは、なんとバリスタが全員「ブラックエプロン」という日本初のカフェ。

「バリスタ」(イタリア語:barista)…ノン・アルコール飲料、エスプレッソなど、特にコーヒーに関する知識と技術をもつ職業


20090531073345

通常、スタバで出会うコーヒーを淹れてくれるバリスタは、
みな「」のエプロンを着けています。
ごくたまーに、イベントなどが催されていてブラックエプロンの方を見かけることもありますが。

「ブラックエプロン」…スタバのコーヒーマスターの証と言われる「ブラックエプロン」。

20090531073343

それがこの日本初の新コンセプトストアでは、
苦労(苦学?)してキャリアを積んだ「ブラックエプロン」の方が(しかも全員!)
ゲストを出迎えてくれる、という稀少なカフェ。

スタッフが全員ブラックエプロン、という以外に何が違うんだろう…と思いつつ入店してみると、
右横にバーカウンターが。

20090531073027

ここで珍しい期間限定の豆の紹介や、
食べたいスイーツに合うコーヒーの紹介、
好みの味に近いコーヒーの紹介、などなど、
コーヒーに関してならどんなやり取りでも出来るようになっていました。
もちろん「ブラックエプロン」のバリスタと。

テイスティングもさせてくれるし、美味しいコーヒーの淹れ方も直接教えてくれて、
とにかくブラックエプロンさんは皆さん親切丁寧!
そして何よりコーヒーにかけている情熱が人一倍なのでしょう、
一つ質問すればいろいろと答えやヒントを出してくれます。
だから、こちらにはさほどの情熱がなくても、
途端にコーヒーを身近に感じることができちゃいます。
(エプロン、ブラックですよね↓)

20090531073033

飲む豆を決めたら、こんな風に挽いて見せてくれました。
香りを嗅がせてくれるんですよね。

この日相談して選んだ豆は「プエルト・リコ」。
ラテンアメリカ系のナッツの風味がある豆です。

20090531073035

ここではペーパーフィルターを通さず、ティーサーバーでサービングされます。

マイスターによれば、ペーパーフィルターが吸収してしまう風味をダイレクトに残せるらしく、
これはこれでコーヒーの違った味わい方。

20090531073037

この黒いマグカップも購入可能。

20090531073341

淹れたてのコーヒーは美味しいものですが、
いろいろと薀蓄や講釈を聞いてからいただいてみるのも角度が違って面白い体験でした。

20090531073339

アーモンドのケーキと一緒にいただいてみました。
ブラック→少しミルクを加えて。

コーヒーを「見つめる」

ということは普段あまりありませんが、

「見て」「触れて」「聞いて」「味わって」「感じる」

五感を刺激されるカフェ、です。

もちろん、コーヒーの美味しい喫茶店はいくつもありますが、
スタバ的なカフェで気軽にマスターと話をするようにくつろげる、というカフェは
今まで無かったかも。

楽しく飲んでいると、担当のバリスタさんが「コーヒーパスポート」を下さいました。

20090531075427

「コーヒーベルト」と言われる北回帰線と南回帰線の間で栽培されるコーヒーは
世界でおよそ3つの地域があり、
「ラテンアメリカ」、「アジア・太平洋」、「アフリカ・アラビア」に分かれています。
それらは各々の気候や生産方法によって風味も違います。

20090531080326

アラビカ種、などという言葉をよく聞きますが、
豆の生まれた国を知ることで、風味の特徴を知ることができ、
その国の気候や風土まで知ることができるんですよね。

まるでコーヒーで世界中を旅するように。

豆を購入するともらえる「シール」。
このパスポートに貼付することができるんですが、
ここでは飲んだコーヒーでもシールをもらえるので、
さっそく「限定」のページに貼ってみました。

20090531080324

味わった時の感想なども書き込めるようになっていて、
ちょっとしたお楽しみノート。

確かに、これだけ多くの種類があると、
その時は美味しい~
って思っても、味の特色なんてすぐに忘れてしまうんですよね~。

なので、これはなかなか面白いアイディア

コーヒー豆には多くのコーヒー農園で働く人たちの汗、苦労が滲んでいます。
その貴重な恩恵に敬意を払うためにも、
挽いた豆から注がれる1杯を大切にいただく、
「味わう」、
ということはとても大切な気がします。

私の大好きな「スマトラ」のページもありました。

ショート、トール、グランデ。
紙コップに注がれて持ち歩けるコーヒーもいいですが、
こうして一杯の抽出をバリスタさんと見守りながらいただくコーヒーもいいものですね。

お値段は豆にもよりますが、1杯450円くらいのものから
稀少な豆だと1200円、というのもありました。
「プエルトリコ」は550円だったかな。

人気で空席待ちのフロアテーブルに比べると、
タイミングが良ければすぐに座れてゆっくりできるのと、
なによりブラックエプロンさんと間近で交流できるのが
このコンシェルジェカウンターのいいところだな、と思います。

コーヒーで目を覚ましたり、お腹を満たすだけではない、
何か違ったものを収穫できる場所でした。

寒い冬。

温かいお茶や紅茶がホッと和ませてくれます。

そんな日の便利グッズ。

DSCF5679.jpg

シリコン素材の「ティーフィルター」。

音符の形をした、その名も「Music Note Tea Filter」です。

DSCF5680.jpg

半分に割れる「おたまじゃくし」の中に

DSCF5681.jpg

紅茶を詰めて

DSCF5683.jpg

音符の形に戻してカップにかけるだけ♪

ピンクや緑、ブルー、いろんな色があって、可愛いんです~♪♪♪

シリコンミュージックノートティーフィルター(ブルー)シリコンミュージックノートティーフィルター(ブルー)
()
不明

商品詳細を見る

-50度~230度までの温度に対応しているシリコンゴム製で丈夫です。

洗った後はヒョコッと引っ掛けておけば水切りも簡単。
気分転換にはもってこい、の楽しい便利グッズです♪

毎日寒いですね。
日本は真冬です。

あったかい飲み物が心も体もホッとさせてくれますね。


「カフェラテ」を頼む率―90%。
カフェに寄ると、たいていはラテを頼む私。

気の利いたカフェだと、思いがけずラテアートがほどこされて出てくることがありますが、そんなときはどんなにネガティブなことがあっても、自然と優しい気持ちが戻ってきます。

カップの中の小さくて丸い茶色のキャンバス。
繊細に描かれた白い模様。
葉っぱ、ハート、くまさん…

壊さないようにそぉーっと口をつけて、そぉーっと飲みます。
せっかくの優しい気持ちも壊れてしまわないように…。


先週末、寒い日。
渋谷パルコに立ち寄ったところ、「ドーナツプラント」前にこんな看板を発見!

20090116001411


澤田洋史さん、それまでは全く存じ上げない方でしたが、昨年のラテアートチャンプ?!

カウンターを見ると、忙しそうにカップにミルクを注いでいるお兄さんがいらっしゃいます。
時計を見るとOPEN TIME。
どうにも気になってオーダーしてしまいました。

20090116001403

リーフが3つも!!!

素晴らしい手さばきで、まさに職人芸。

20090116001408

感動したのはこれだけではありませんでした。

自宅に戻って、プロフィールなどを拝見すると(コチラ)、やっぱりすごい人で、昨年のシアトルでのラテアート世界大会で過去最高得点でアジア人初の優勝、賞金はすべてコーヒー農園の子供達に寄付した、とあり…。

さらに興味深く検索を進めて、先ごろ公開された「おいしいコーヒーの真実」というドキュメンタリー映画を知りました。
映画『おいしいコーヒーの真実』

毎日口にしているコーヒー。
身近な存在ですが、その原産国のことを知る機会は滅多にありません。
美味しいコーヒーのお店は知っていても、そのコーヒーの故郷のことをほとんど知らずに生活している私。

忙しい毎日。
余裕を求めていっぱいのコーヒーを飲んでホッとする時、遠い国の子供たちのことも思いやれる自分でありたい、と思いました。

チョコレートもそうですが、カカオ豆やコーヒー豆の原産国の実情は本当に厳しく、「チョコレート」を食べたことのないカカオ豆生産国の子供たちのことや、コーヒー農園で働く子供達のことは最近になって見聞きするようになった気がします。

「あなたが支払ったコーヒー代はどこに行く?」

その問いにも答えにも言葉が詰まってしまった私です。

みんなが実情を知る、ということ、何か出来ることはあるだろうか、と考えてみること、はとっても大切な気がします…。






お紅茶をいただく時に、最近便利な「ティースティック」を利用しています。

DSCF5632.jpg


アメリカ・ノースキャロライナの「ガミラデザイン社」がデザインしたお洒落なストレーナー。

マリナブルボンのお紅茶のお店で店員さんが薦めてくれた一品です。
新しい茶漉し器で、便利なのがないかな~、と探していた時、教えてもらいました。

NHKのある番組で紹介されて以来、すごい人気らしく、
でも販売しているお店があまり無いみたいで、
「探していた!」と言って買って行かれる方が多い、と言われていました。

え~、そんなものがあったとは…。
ストレーナーにしては高めだったので、かなり迷いましたが、長く使えるかな…と購入。
今は手放せず、ほぼ毎日使っております。

いただいた「LADUREE」(ラデュレ)のマリーアントワネット。
この茶葉でデビューしてみました。

DSCF5631.jpg


網カバーを手前に引っ張って、スプーンにすくう要領で、こんな風に茶葉に直接差し込んで、お茶っ葉を入れ、網を下げてカバーします。
なんとなく扱い方が「注射器」っぽくて面白いんですよね。

DSCF5633.jpg


あとはお湯を入れたカップに入れておくだけ。

とっても簡単。
しかも、ステンレス製で錆びないので、傷む心配がありません。
茶葉を捨てるのもシンプルな構造なのでササッとできていい感じです。

ティースティック  一人用ティーメーカー ティースティック 一人用ティーメーカー 
()
不明

商品詳細を見る


一人でたっぷりと紅茶を飲みたい時、マグカップにポチャンと差し込んでおくだけで美味しいお紅茶がじんわりじんわりと出来上がります。

じんわりじんわりお紅茶時間。
ほっこりタイムのサポーターです。

梅雨入りして週末は冴えない天気でした・・・。
東京は今日も一日しとしと雨降り

コーヒーでも入れて・・・と。
コポコポ淹れるのももちろん美味しいんですが、インスタントでも美味しいコーヒーはいろいろあるんですよね~。

米スーパー、STOP&SHOPで買ってきたこの缶入りのインスタントコーヒー。
美味しすぎ&簡単便利。ぜひとも日本にも輸入希望!!

20060604221001.jpg


もうすぐ無くなります(涙)。
ほんとに誰か輸入販売してくれないかしら~。

「ゴールデンウィーク」だ、「海外だ」と世間は連休モードのようですが、月・火はいつも通り二人とも出勤の予定
ということで、よくある週末パターン?!

しかし、久々に一局?!交えよう、ということで夕飯の後はスクラブルの準備。
(準備ってお茶淹れるだけですけども)

LAVAZZA.jpg
夜はイタリアNo.1コーヒー、LAVAZZAのデカフェがよろし~。

90%カフェインが取り除かれてるので、トイレも気にせず?!いただけます。
サラサラに挽かれた豆はスッキリしたお味。
ゆっくりとお湯を注ぎたいのでコーヒーメーカーは使わず。
じわわ~っと豆がふくらんで濃いコーヒーが入れば最高!

20060430224140.jpg
先日お友達が遊びに来た時にもらった「くるみのパウンドケーキ」と一緒に。

オススメ品だけあって、ケーキ美味しかった!です。

さぁ~、スクラブルの時間です~♪
ちょいと前に「電車男」で話題になった「Benoist(ベノア)」の紅茶。
「ベノア」って読めなくて「ベノイスト」って書いてあります、っていう電車男くんのシーンは今思い出しても面白い・・・。傑作でしたよね・・・。

そのベノアティーを昨日「南町田」のグランベリーモール内のフードマーケット「プレッセ」で発見。
ティールームも併設してる銀座の松坂屋でしか買えないのかと思ってました、ずっと。

東急プレッセ各店ではパンコーナーで「ベノア」のスコーンも扱ってるんですね~。まぁ。

ベノアHP
http://benoist.co.jp/

紅茶のほうは前に買ったのがあるので、嬉しくなって思わずスコーンを二つ買いました。
でもスコーン用のクロテッドクリームが無いんだよな~(ベノアのお店には売ってたのよ~)、と思ってたら・・・

「クロテッドクリームは牛乳・生クリームのコーナーにあります」と張り紙が・・・。

おおぉ~。売ってるのかい、クロテッドクリーム。

「クロテッドクリーム」―。
スコーンに塗る生クリームとバターの中間のようなクリームです。

紅茶とお菓子のお店、「カレルチャペックスィーツ」で初めて出会ったものの、一般にはあまり売られてないのかと思ったら、あったんですね~!

Nakazawaが出してたんですね~。知らなかった~。
http://www.nakazawa.co.jp/05page/se01_clotted.asp

ちょっと価格はバター並?なんですけど、イギリスからの直輸入品とはいえ、40gで420円で販売してるベノアに比べると、130gで399円なら安いのかも・・・。これまた嬉しかったので、買ってみました。

20060423154450.jpg
ベノア~ダージリン缶~とともに。スコーンは紅茶とレーズン味。

アメリカではベーグル一辺倒だった私ですが、スコーンもなかなか、食べ方によっては楽しいもの。
イギリスでは焼きたてのスコーンに、ジャムと一緒にクロテッドクリームをたっぷりとぬっていただくそうで。

ベーカリーコーナーのスコーンは出来立てではないので、トースターで焼き直すのが鉄則。
やっぱり温かいスコーンでないと、魅力が・・・。
でも焼きすぎたらカチカチになっちゃうので、予防としてアルミホイルで一包みして、じっくり焼くのがいいかも、です。

そして、ホイルをはずして温かなスコーンを半分に割り、クロテッドクリームを塗ります。

最初、カレルチャペックでは「なに?ク、クロテッドクリーム??」って感じだったんですが。
塩気がなく、サラッとしているので、しつこくなく、お気に入りのジャムと合わせればシンプルなスコーンがとても食べやすくなります。

早速今朝の朝食にいただきました(アフタヌーンティーにはならなかった)。
20060423154545.jpg
サン・ダルフォーのブルーベリージャムが相性抜群。

お気に入りのジャムは「サン・ダルフォー」のブルーベリー。
これは「ブルーベリージャムの王様」と信じてやみません(こちらはフランス産)。

いいじゃないですか~。
英仏100年戦争の歴史を越えて、食卓で一つに融和する
ベノアのスコーン(英)とサン・ダルフォーのブルーベリージャム(仏)

食の世界ではすぐに仲良くなれちゃうんですね・・・。

ほんと、サン・ダルフォーのブルーベリージャムときたら、
こんなにブルーベリーの粒々、いっぱい詰め込んでいいの~?
儲かってんの~??
と問いたくなる、夢一杯(粒一杯)の本格派ジャムです。

もちろんトーストにも合いますし、ベーグルにも。
No Sugar Added・・・砂糖不使用、
100% Fruit・・・完熟フルーツのみ、という
ジャムというより、フルーツスプレッドですね。
ヨーグルトに入れてもとっても合います。

St.DALFOUR(サンダルフォー)HP
http://www.stdalfour.com/home.aspx?id=114&selection=0&langid=5

薫り高いベノアのお紅茶を淹れて・・・、快い時間でした。




絵本作家「山田詩子」さんがオーナーの紅茶専門店。カレルチャペックスウィーツ
お店の名前は「ロボット」っていう言葉を生み出したチェコの作家、
カレルチャペックに由来しています。

吉祥寺の本店には定番のお紅茶に加え、
季節折々に出される紅茶がカップや紅茶グッズとともに並び、
山田さんのステキなイラストに包まれた紅茶缶絵本たちが温かい雰囲気を生み出しています。

本店を訪れると、よく「オススメ紅茶の試飲」や「パウンドケーキの試食」もサービスしてもらえます。
もぐもぐしながら店内を見て廻ることもしばしばです。

そして本店から少し歩くと、五日市街道沿いに大好きなカフェ
「カレルチャペックスウィーツ」があります。

20051208230054.jpg
絵本から飛び出したようなお店

最近は人気で週末は混んでいることも多いのですが、
ちょっと時間をはずせば「ゆっくり・まったり」とした時間が過ごせます。

20051208225950.jpg
ブラッキーのミルクティーマグ(かわい~)

<ブラッキー>は絵本のキャラクターですが、
来年は戌年、ということで同じく犬キャラの<クリーム>と各月を飾った
「2006年版卓上カレンダー」も販売されていました(とっても可愛いカレンダー)。
新作絵本はもちろん、
シーズンにあわせて「クリスマス」関連の絵本が数冊飾られています(もちろん手にとって読めます)。

私が一番ホッとするのは「たっぷり茶葉を使った正統派ミルクティー」と謳われる
「ストロングミルクティー」¥399。
「こっくりこくて円満な味のアッサム系のミルクティー」という解説どおり、
こっくり濃い味はのんびりと本のページをめくったり、
じっくりと考えをまとめたりするのにピッタリの時間のおともになってくれます。

茶葉を買って自宅でゆっくり淹れるのもいいですが、
慌しい買い物や用事のついでに寄り道して一服、というのもよいもの・・・。
忘れてた用事を思い出したり、スケジュールを調整したり・・・。

カレルチャペックは、深めのマグになみなみとミルクティーを注いで出してくれるので、
飲み干すまでに結構時間もかかります。
でも、マグは冷めないように厚めのマグを採用していて、
温かいミルクティーは心を穏やかにしてくれます。

20051208230146.jpg
新作絵本「ジョニーのクリスマス」紹介のハガキ

イベント情報
「ジョニーのクリスマス」刊行記念
※やまだうたこさんおはなし会
日時:12月11日(日)14:30~15:30
場所:ジュンク堂池袋本店8F児童書売場
電話問い合わせ:03-5956-6111
無類の絵本コレクターでもある
山田詩子が自作絵本の読み聞かせと
お気に入りの絵本について語ります。
※お話終了後サイン会予定しています。
(新作絵本お買いあげの方対象となります)



↓カレルチャペックのオフィシャルサイトはこちら
http://www.karelcapek.co.jp/info/

寒い冬は温かい「ミルクティー」でほっこりと・・・。

ちょっと疲れた時、風邪っぽい?時、読書の時、ほっとしたい時、いろんなシーンに我が家では活躍のハーブティー

20051204113650.jpg


最近は日本にも輸入されるようになり、手に入りやすくなりました、Celestial Seasoningsの紅茶たち。
アメリカのスーパーだと2箱で5ドルくらいでセールしているのですが、日本ではアメリカの倍くらい平気でするので、毎日は飲みません・・・が、出会ってからもう13年近く、お世話になっている紅茶です。

Celestial Seasonings社はコロラド州・ボルダーの会社。
1969年、創業者が若干19歳の時にロッキー山脈の森林と峡谷の野草を集め、健康に良い紅茶を作り出したのが始まり。
今日ではアメリカが誇る製茶会社として(北米では最大のハーブ製茶業者)、年間12億杯以上の紅茶を生産しています(同社HPより)。

メインキャラクターの熊ちゃんが超かわいくて、どの紅茶のパッケージも惹かれるユニークなイラストが特徴です。

「Celestial Seasonings社のオフィシャルサイト↓」
http://www.celestialseasonings.com/index.php

ボルダーのセレッシャルシーズニング社では、工場見学のツアーを主催していたり、併設のカフェもあったり、でとっても面白そう!

横断の時にコロラド州には立ち寄ったのに、この情報を見落としていたのは残念でした。あ~、行ってみたかった!

数々のハーブティーがラインナップされていますが、この「フルーツサンプラー」は5種類のハーブティーが4パックづつ個別にまとめられていて、1箱で5テイスト味わえるお得セット。

どのハーブティーも飲みやすく、セレッシャルシーズニング社のハーブティーを体験するファーストトライにはオススメです。

1)Black Cherry Berry:ブラックチェリーベリー
2)Country Peach Passion:カントリーピーチパッション
3)Cranberry Apple Zinger:クランベリーアップルジンガー
4)Rasberry Zinger:ラズベリージンガー
5)Tangerine Orange Zinger:タンジェリンオレンジジンガー


私が一番お世話になってるLemon Zinger:レモンジンガーは入ってませんが、どれもフルーティーで香り豊かです。

ベリー系が苦手な方もタンジェリンオレンジカントリーピーチはマイルドです。

20051204114452.jpg
中でも一番好きなタンジェリンオレンジ味。

セレッシャルシーズニング社のハーブティーは1ティーバッグでマグカップ2杯分くらい平気で出せちゃうので、1箱でもずいぶん楽しめます。

美味しいお紅茶タイムを~♪



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。