上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.08.19 UNOアタック!
お正月以来、こちらも引き続き人気が続いているようで、
愛用してもらっていました。

「ウノアタック」!

ウノアタックウノアタック
(2001/12)
マテル

商品詳細を見る


変わった形の機械にウノカードをセットして、
持ち手のカードが出せない時にボタンを押すと、
不特定枚数のカードがシャシャシャシャシャ~ッ!!と飛び出てくる仕掛けです。

以前に見つけて、これは面白そう、と買ってみたらやっぱり。
ボタンを押してもまったくカードが出ない時もあれば、
恐ろしいほどの枚数が飛び出てくることもあり…。

なかなか終われないのが難点ではありますが…(笑)

確実に盛り上がります!!!

スポンサーサイト
我が家の2010年のヒット商品にランキング入りした「ブロックス」は、
主人の実家に置いてきたため(現在甥っ子が所有→ハマリまくってます)、
我が家には4色盤が無くなってしまいました…。

しばらくはガマンかな、と思っていたら、
六角形のバージョンがあることを知り…。

IMG_1054.jpg

アマゾンでヒットしたのですが、
出品者から1点だけが出品されていたので、無くなっちゃうかも!と思って
勢い、オーダーしてしまいました…。
やっちゃった…。

でもって、届いたのが↑この六角形の箱!(外箱までご丁寧に六角形に…)

ワクワクしながら開けたら、
中から出てきたのはこれ。

IMG_1075.jpg

ん?

すべてが英語↓でした…(説明書も何もかも…)。

IMG_1057.jpg

どうやら輸入物だったようです。
(出品の説明をよく読んでいなかった)

でもご丁寧に日本語での簡単なルール説明を入れて下さってました。

とはいえ、このゲーム、タイルが■から▲に変わっている、という大きな違いはあるものの、
基本的にはルールは一緒。

IMG_1058.jpg

説明は読まずともラクラクとゲームを楽しむことが出来ました♪

IMG_1073.jpg

2色づつ持ってチャレンジ!

いや~。相変わらず奥深い!
三角形のつながりがかなり面白いです。
だんだん3D?に見えてきます…。

IMG_1074.jpg

赤&緑(私)、黄&青(夫)での対決でしたが、
辛くも一敗(もちろん私が負け…)。

すごく惜しかったんですけど…悔しぃ~!!!!!

■のオリジナルのももちろん面白いですが、
▲のこのバージョンもなかなか楽しいです。
逃げ道が結構あるし、
▲同士をつなぎ合わせた図形のパターンがとてもユニークです。

小さい子は図形の感覚が磨けてよいのではないかと思います。

ただ置いていくだけじゃなくて、うまくハマるとスッキリ爽快!
パズルがうまく出来たような達成感もあり…。

「TRIGON」は三角形の意。

トライアングルやトライリンガルなど、3や三角形を意味する言葉に派生します。

■はテトリスみたいな絵が出来てきますが、
こちら▲▼もなんだか面白いデザインになります。

嫌いだった数学の時間(図形の展開)を思い出させられたり…。
かと思えば、パックマンや美味しそうなケーキの形に見えてきたり…。
楽しいです。

早くも2011年の我が家のヒット商品ランキングにノミネートです。

4色ブロックスをやっていて、これは小さな子でもきっと楽しめる、と思い、
この冬田舎に持って帰りました。

予想的中!

IMG_0961blocks.jpg

5歳の甥っ子が一番ハマり、何回もゲームを楽しみました。

夫のいとこの子供たちがやってきた新年会でも、
ブロックスの人気はあっという間に波及。

子どもたちはすぐにルールも理解して、
みんなでワイワイ、大盛り上がりでした。

好評につき、通常盤の「ブロックス」は置いてきたので、
今度は我が家用にコレが気になっています…。

88ピース ブロックストライゴン88ピース ブロックストライゴン
(2006/09/28)
ビバリー

商品詳細を見る


変わった形がいっぱい。

通常盤より抜け道が多く作れるらしいです。

図形の勉強が出来そう…(笑)


ブロックスの2人版で腕を磨いた?!私たち。

お客様が見えたとき用に4人までのも欲しいな~、と思い始め、
とうとう入手してしまいました♪

IMG_0748.jpg

仲村トオル家では奥様と二人で2色を担当して毎晩戦っている、というこのブロックス(通常盤)。

さっそくA様が遊びに見えた折、3人でチャレンジしてみましたが、
うんうん、4色あるとやっぱり複雑~。
攻防も激しくなります。

IMG_0722.jpg

さて、4色を3人でやる、ってどうやるの?
と思いますが、ちゃんと説明書に書いてあって、
残りの1色は3人が交代で担当する、というルール。

なるほど、仲間に入れないわけじゃなくて、ちゃんと4色ありき、でやるんですね。
このときは緑が4色目。

私(黄)はただただ夫(青)に勝ちたくて、
2度勝負を挑みましたら、なんと2度目に勝利~

IMG_0724.jpg
黄色の数のほうが多いんですよ~

でもA様は「負けても面白いっ!!」と絶賛していました。

そうですね、勝っても負けても面白い、爽快感のあるゲームです。

たった一夜にして早くもコツを掴んだ夫。

いつもこういったゲームでは負けばかり喫している私です…。

IMG_0664.jpg

例にもれず、第二夜目も見事に完敗…。

完全に封じ込められてしまいました…。

いつになったら乾杯できるのだろうか…

勝てる気がしない…。

いやいや、研究あるのみ、ですね。

つい先日、お休みで普段は見れない「はなまるマーケット」を見ていたら、
はなまるカフェのゲストに仲村トオルが…。

でもって、おうちで奥様と「毎晩これにハマってます」、と紹介していたのがコチラ。

ブロックスブロックス
(2010/02/08)
マテル

商品詳細を見る

とにかく毎晩勝負を欠かしたことがないらしく、
どんなに疲れていても眠くても一戦交えるという。

前に「はなまる」に出演した時もこのゲームのことを紹介していたようなので、
よほど面白いゲームなのか…。

一体どんな面白いゲームなのか…。

ボードゲーム好きなので、どうにも気になり、
それ以来、ブロックスのことが頭から離れず…。

くわえて、仲村トオルの奥さんって誰だったっけ?
確か女優だったはず…というおぼろげな記憶…そちらも気になり、頭から離れず…。

結局奥さんが誰だったかが思い出せないまま、
先にアマゾンでオーダーした「おでかけブロックス」が我が家に届きました。



本来は4色のピースを使って4人で戦うゲームなのですが、
仲村トオルさんは奥様と二人で2色担当してゲームを進めているらしく…。

私も最初は普通に4色のを買おうと思ってたんですが、
調べてみると、旅行などにも持ち運べる「おでかけブロックス」があると知り。



おぉ~、これなら2色で二人用だし、ちょうどいいかも~、とポチッとオーダー。
小ぶりで、持ち運びに便利で頑丈そうだし、こりゃいいです。

さっそくルールを読んで、夫(青)VS私(緑)で対戦してみました♪


なんのこっちゃ、わかります??

いやいや、なかなか奥が深っ!!!

奥が深いとは聞いてましたが、
あ~ん、こういうことか~、の連続。

なるほど、なるほど。
こりゃ頭の体操になっていいかも~。

持ち駒はテトリスのようないろんな形があり、
自分の色のピースの「角と角」をくっつけるようにして領土を広げていく、というゲーム。

自分の色の辺同士はくっついちゃダメで、ピースが少ないほうが勝ち、という単純なルールなんだけれど、
攻める・守る、の展開がなかなか楽しく、奥が深いです。

しばらくブームになりそう。

あ、そうそう、仲村トオルの奥さんは鷲尾いさ子さんでしたっ!

スッキリ~


友人宅で鍋&ドンジャラ新年会。

小学校2年生と今春1年生になるお子さんがいて、サンタさんにもらったという「ドンジャラ」で夕食後は盛り上がりました。

この日までは「簡単ドンジャラ」なるルールでしか遊んだことがなかったらしいのですが、大人二人増えたので、正規ルールに則り。

20090103233445


懐かしぃ~。

昔お友達のお誕生日パーティーなんかで遊んだ記憶があるんですが、友人夫が「ドンジャラ」の登場は自分が中学生くらいだった…、というから、私の記憶も怪しくなり…。

じゃぁ、あのゲームは一体何だったんだろう…といろいろ検索したんですが、
おそらくは「ドンジャラ」ではなく、「ポンジャン」だったんでしょうね…。

そういえば、「ポンジャン」!あったあった!
思い出しました。ポンジャンはもう廃盤みたい…。

時代は変わりますねぇ…。

「ドンジャラ」も進化してるみたいで、今のドンジャラは牌の絵も可愛くて、絵合わせの種類=「役」のネーミングもユニーク。

「俺のものは俺のもの、お前のものも俺のもの」(ジャイアン1組・スネオ1組・他キャラ1組)っていうのがあったり、タケコプターを頭に付けてるキャラを集める「空の旅セット」があったり。
難しい組み合わせはもちろん得点も高いんですが、挑戦してみたくなります。

20090103233447

ママとのび太ともう1組を集めれば「親子セット」。
リーチです。

下の子が「のび太」ファンで、「のび太」をいじめるから、という理由により「先生」牌を異常に嫌い、数が揃っているにもかかわらず、次々に「先生」牌を捨てたり…(笑)
執拗に自分のところに廻ってくる「先生」牌にとうとう涙まで流して「イヤダー!」と嘆いていました。

ものすごい「ドラえもん」に感情移入してるんですね。
ピュアな子供の一面を見ました

20090103233450

1組ずつ揃えて上がり!

でも、なんだか昔自分が遊んだモノに比べると牌が軽い気が…。
子供だったからかなァ…。

あと、集めるコインがプラスチックじゃなくて、「紙」で出来ているのが少々「不景気」を実感させてくれます。

世知辛いですねぇ…。

でも、ドンジャラの面白さには変わりなく、私もかなり欲しくなってしまいました。

楽しかったデス

久々に一局。
ドライマンゴーをかじりながら対戦です。

戦いも終盤。ラックには最後のタイルが並んでいました。
相方かなり呻いており、とうとう開示してしまいました。

彼を襲ったN地獄。
20060604005826.jpg
 勝手に「ドゥーン」という単語を作っています(村上ショージのつもりラシイ)。

20060604005846.jpg
 しかし私も最後のタイルにはもうお手上げ。
しょぼい単語をムリやり作った最後に残った2枚。
レイザーラモンではありません。(フォー)

20060604005912.jpg
 最後はHをさらにムリヤリ「AQUA」の上に付けて「HA」(「はぁ」という感嘆詞ね、ありますので)
Gだけ残りました。

なぜか彼はあのN軍団をONとかINNとかFUNとかに全部埋め込んで勝ち逃げ。

今年1勝1敗です。


スクラブルとの付き合いは振り返れば長くって、
我が家にホームステイのベネズエラ人が住んでいた頃(もうずいぶん昔の話)、弟と彼が南米旅行に行ってお土産に買ってきてくれたのが最初の出会い。

それから、アメリカに自分が渡ってからは、ポピュラーなボードゲームの一つとして親しむ機会も多く、帰国してからもちょくちょく旦那と対局してました。

でも、ある時からお気に入りのスクラブルセットのタイルが一部無くなってしまって、ちょっとお休みしてました。

去年アメリカ旅行に行った時にでっかいボードゲーム版を買ってきたので(一番安くてポピュラーなセットかも)、やろうやろうと言いつつ・・・なかなかゆっくり箱を開ける機会がなく・・・。
違うゲームにハマッってました(立体四目のほう)。

この週末はゆっくり過ごさせてもらったので、スクラブルの余裕も。
今頃箱を開けましたよ・・・

06APR30.jpg
なぜかスタートが「END」から。たまたまです。

しかし、どちらもロクなタイルが巡って来ず・・・。
非常に低レベルな戦いで終わりました・・・。

20060430230146.jpg
でも久々で面白かった~。

私のほうが逆転僅差で勝ちました

次回対局はいつになるかしら~。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。