上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20061014211653
アマゾンから本日到着~!
カウパレード写真集が届きました。なんだかもったいなくて一気に開くことが出来ません~!
*これは2003年のコネチカット版!

スポンサーサイト
今年、私たちに「芸術の秋」を満喫させてくれた「カウパレード東京2006」

今月1日で期間終了しましたが、最終日、「東京コンペ」にエントリーしている牛さんたちの中から何頭かが賞に選ばれました。

そして、なんと「大賞」を取ったのは…、
キャ~!!なんと私たち夫婦が一番気に入っていたスイカ柄の牛、「産地直走」(作者:中原知都さん)に決定~!!

コンペ結果↓
http://cowparadetokyo.com/report.html

投票箱に寄せられた投票結果と、審査員4名が協議の結果、大賞以下、各賞が選ばれたようです。ほかにも私たちが好きだった作品「MOWのめない」とか「スシ」とかも選ばれてて、とっても嬉しかったです。

また、私がスイカとともに一等気に入った「夜をくぐる」(作者:はる・ぱちーのさん)が「宮本亜門賞」を取っていて、更に感動っ!

65頭(審査対象は20頭)もいたのに、自分たちが投票した牛さんたちが「大賞」と「宮本亜門賞」をとるなんて!
なんか、自分が作ったわけでもないのに、祝杯をあげたい気分になっちゃいました

65頭制覇できた達成感はもちろんですが、
程好いウォーキングで健康的でしたし、途中でいろいろ寄り道もしたり、楽しい毎週末が過ごせました。

同じようにカップルで参加してる人たちはどちらかが地図を持って、もう一人がデジカメ、というスタイルが定番でした。
あとは子供たちがキャーキャーと嬉しそうに牛に群がる家族連れの皆さんもよく見かけました。
きっとお父さんが丸の内近辺に勤めていて、楽しいカウを子供たちに見せてあげたいと思って連れてきたのかな~、って感じもしました(勝手な想像ですが)。

それから、自転車で颯爽と見て回る人たち。
カウパレードが大好き、という外人さん(余ってた地図をあげました)。
本格的な一眼レフを使って被写体(牛)に向きあうカメラマンおじさん。
いろんな人たちがいました。
みんなカウに魅せられたんだな~、と勝手に親近感を沸かせつつ、丸の内・大手町・有楽町の散歩(カウ探し)を堪能しました。

また他の地域でもいいから、日本でもカウパレードを開催してほしいです。ほんと。絶対みんな平和な気持ち、幸せな気持ちになれると思うんだけどな~



カウパレード東京2006の65頭カウに出会い終え、我知らず両手には2頭のカウが…。
「丸善」のカウパレードコーナーで釘付け…。
どうしても欲しくなり、かか、買ってしまいました…。

だ、だって…こんなにカワイイ…(ユルユル)。

20061002220130.jpg

トナカイになりきりのクリスマスシーズンカウ。
米・ヒューストンで行われたカウパレード作品のミニチュア。

タグが付いています。
20061002220153.jpg
限定1万個作られるというカウにはItem#が記されております。
このカウは9147番。

おなかにもナンバーが印字されとります。
20061002220216.jpg
作品名は「Moodolph」ムードルフ。
トナカイのルドルフにかけてるらしい。こういうダジャレ系、好きです。

クリスマス系のカウはとても人気があるらしいです。
手綱も本格的な皮製でくっついてて、素晴らしい出来栄えです

こちら↓は、たまたまタイミング良く、「丸善」のカウパレード特設展を担当している方に
スペシャルに紹介してもらった一品。
既にリタイアメント(引退)の牛になっていて、入手困難な一頭。

20061002220238.jpg

たまたま手違いで入荷した牛だったらしく、タイミングよくその話題を聞きつけることができ…。
「本当に好きな人に売りたい」と言われてて、いろいろ話していたら譲ってもらえちゃいました。

ごろん。
20061002220304.jpg
「Patchwork Cow」パッチワークカウ。
ロンドンのカウパレードの作品です。

セラミックバージョンで、こちらはツルツルの手触り。
アイテムナンバーは#7322。

SHOP COW PARADEの公式ページ(すべてのミニチュアカウが見れます)
http://www.gocollect.com/CowParade/index.asp

こちらは↓リタイアメントカウの紹介ページ。
http://www.gocollect.com/CowParade/category.asp?id=530&page=1

「リタイアメントカウ(生産終了??)」の牛たちは、どんどん取引の値段が上がっているのが面白い…。
最初は19ドルちょいくらいで売られ始めるのに、人気の高いカウが2000ドル近くまで値が上がっているのにはビックリ。

それにしても、どのカウも実物大を完全に縮小していて、よく出来てます。
ほんと、ハマる人は次々に集めていきそう…。
実際マニアの人もいるらしいし…。

マニアではない私でさえ、手に握ってしまった…。
毎年1頭づつ増やして、家の中でカウパレードを開催?!ってなことになってたりして…。
ん~、にしても可愛い。

こんなマーケットもあり。
http://www.funtocollect.com/cowsonparade.html

海外にも輸出しているサイトも。
http://www.musiccitycardsandgifts.com/Cow-Parade-Sale-Page.htm?OVRAW=Cow%20Parade&OVKEY=cow%20parade&OVMTC=standard

1998年から始まったカウパレードはもう8年近くもの歴史があるから、登場した牛の数も相当なもので…。
海外のカウはまたセンスがあって素敵です。

アメリカだなァ~って思うのはSpecial Groupingsのコーナーに「Wizard Of Oz Cows」っていうグループがあって、要は「オズの魔法使い」のキャラクターが全員集合してる、ってところ。
個人的に「オズの魔法使い」には非常に懐かしい思い出があってちょっと思い入れがあるもので、思わず食いついてしまいました…。
↓これこれ。
http://www.gocollect.com/CowParade/category.asp?id=540

日本ではまだ馴染みが薄いですが、海外では結構な人気のイベント、「カウパレード」。
また日本でも開催してほしいな~。

かなりの街おこしになります。
なぜって、牛を見かける⇒もっと見たくなる⇒見に行く(交通費)⇒探し歩く⇒なんか飲み食いする(飲食代)⇒カウ関連のグッズが欲しくなる(グッズ購入)⇒家に帰る(土産を買って帰る)
といった図式で、なんだか街にお金が落ちていきますよ…。
カウを見るのはタダだけど…。

フィギュアを集めるアキバ系?オタクな方々への理解はヒジョーにうっすーいものでしたが、なんとなく、今回、少々歩み寄れた?!気がします…。

こんなの好き⇒全部見たい⇒全部見た⇒やっぱり好き⇒手元に置きたい⇒小さいのでいいから⇒フィギュア登場⇒ひゃぁ~!欲しィ~⇒1個買う⇒もう1個欲しい⇒これも欲しい⇒キリない…です…ゎ。

しかも、プレミアやら限定やら言われたらもぅ…。
マズイですねぇ~。

でも可愛い。




「カウパレード東京2006」は期間終了しました!
(でも、カウの追っかけはまだまだ続く…)予感









ほんとに見事な変身ぶり。
65頭の牛の形は3つくらいのパターン(座ってるのとか立ってるのとか)があるのですが、同じ形でも色やデザインによって全然違う「牛」になるもんですね…。
もはや牛ではない牛たちも…。

だ、だるま??
20061002001716.jpg
東京国際フォーラム前

そうです、だるまです。
20061002001812.jpg
だるまうし
by yellow dog


ラ、ライオン??
20061002001842.jpg
アレ
by 山崎海月


三越前のライオン像みたいです。
20061002001920.jpg
まさに…。ライオンの威をかる牛です。憧れの風貌。ナリきり威風堂々。

Hey!! A cow cannot become a lion!! のツッコミ
20061002001949.jpg
@PCP丸の内ビル

ブイーン!
20061002002052.jpg
レーサー牛
BY KIMURA


角がハンドルです。首の鈴がキュート。
20061002002124.jpg
子供たちに群がられ、ハンドルを握られていました。@東京国際フォーラム

だるま、ライオン、レーサーと、変幻自在の牛たち。
ほんといろんなネタで楽しませてもらいました。

カウたちは今日の展示が終わればオークションが締め切られ、落札者に引渡しになるんですよね…。
最低落札価格が1頭5万円。
最低入札単位が1万円。
ということですが、リリーフランキーさん作の「おでんくん」は20万超えそうです。

2003年のカウパレード東京で千住氏が創作したカウは200万円近くまで上がって、競り落とされたらしいですね。現在は羽田空港に飾られているみたいなので、一度機会があったら見に行きたいな~、と思ってます。

私の気に入ってるカウたちはやっぱりオークションの値段も上がってきてたので、なにげに嬉しかったです。
ほしい~、と思うけど、実際どこに置くねん?ってことになるので、買う勇気はないですが…。

そんな方たちのために…、ミニチュア版のフィギュアが出てるのでオススメです。
http://www.matsui-gaming.co.jp/cowparade/buymedium1/buycowmedium1.htm

既に丸ビル「丸善」の特版コーナーで買ってしまった私…。
ほんとはコンランショップで牛柄のグラスを買うつもりで散策してたのですが…。見てるうちににわかに萌え~?!

あぁ、これってハマッてる、っていうのよね…、いうのよね…。
外国製の可愛いカウフィギュアは次回ご紹介しま~す。

いよいよ今日が最終日!




cow parade TOKYO in MARUNOUCHI 2006
http://www.cowparadetokyo.com/

芸術の秋!
運動不足解消に!
Let's go to Marunouchi!!!

アイディア賞もののユニークなカウ様です。
どちらも東京駅からすぐの丸ビル内に陣取り中。

1Fのカフェ脇にいるのは
20060930230046.jpg
え?寿司?

いや、牛。
20060930230118.jpg
モォ~、らっしゃいっ。
スシ
by フルカワオリエ


うしろに回ってみると…
20060930230149.jpg
フフ、わさびみっけ。

背中にわさび塗って、エビ乗っけてる牛って…。
笑えます。

3Fに上がると、運が良ければメチャ座り心地のいい椅子に座って、東京駅がゆっくり眺められます。(寝てる人あり)

20060930230215.jpg
吹き抜けエリアで大きな窓が開放的。

同じ3Fには、もう1牛、ユニークなカウ様。
20060930230243.jpg
MOWBILE PC
by TEAM MACARON


一見エイリアンチックな牛ですが…
20060930230310.jpg
ぢつはエコチックな牛。

手は怖いんだけど…
20060930230344.jpg
体がキーボード。

ナイスアイディア~
白黒のキーボードを1ピースづつ巧みに貼り付けてデザインを施してあります。
夫はスイカ柄の「産地直走」とこれを投票してました。

さぁ、いよいよ「カウパレード東京2006」も明日が最終日です。
うぅ、この牛たちが撤収されるのかと思うと…。ちょっと淋しい。




cow parade TOKYO in MARUNOUCHI 2006
http://www.cowparadetokyo.com/

芸術の秋!
運動不足解消に!
Let's go to Marunouchi!!!

総勢65頭の中で、私が気に入ったのはなぜかブルー系。
どちらもコンペ作品だったので、投票してきました。

20060929234125.jpg
夜をくぐる
by はる・ぱちーの


色使いが好きです。
爽やかなブルーから、くっきりとした群青色。胴の部分の自然なグラデーションが印象に残ります。

体には何百個という細かいスパンコールで描かれた世界地図。
20060929234153.jpg
キラキラと光って美しい…。
「大手町フィナンシャルセンター前」で会えます。


そして、思わず微笑んでしまうイラストが全身狭しと描かれた楽しい作品。
その名も
20060929234224.jpg
ハッピーアイランド。
ハッピーアイランド
by ももんがちゃんと博士くん


とにかく芸が細かいっ!
見よっ、この鼻の穴を…。
20060929234254.jpg
全身くまなく描かれてますので、ぐるっとかがんで「お腹」も見て下さい。
夫推薦の最高傑作、スイカ柄の「産地直走」のお向かいに立ってま~す。



しかし、どうしてこんなに「牛」に魅了されるんでしょうか…。
不思議と人を惹き付ける力のある「牛」。

「牛」について思わず研究論文を書きたくなるほどです。

夫曰く、「牛」はアートなデザインを施すのに手頃な大きさだし、ホルスタインのように、もともとが二つとない柄を自然に身にまとったアート作品のようなもの。
アーティストたちもクリエイティブな発想を浮かべやすいんじゃないか、との見解。

確かに…。一理あるかも。

カウパレードが広まった一説には「狂牛病」で牛離れする世相に対抗するためじゃないか、というものもあるけれど…。

なんでもいいけど、魅力的な動物であるのは確かです。

牛丼、牛タン、牛追い祭り。

食はもちろんのこと、鞄になったり、靴になったり、荷物を運んだり、ミルクを出したり、人間生活とは切っても切り離せない家畜の一つであるのが、身近に感じられる由縁なのか…。

外国で行われたカウパレードの作品を見ても、ユニークで洒落た「牛」が多く、ダジャレ系のものもあったりして、ユーモア満点。

写真集が出ている都市もあるので、いずれは全部追って見てみたい~。

と、見つけちゃいました~!
USA コネチカット版!!

CowParade the Cows come Home West Hartford Connecticut
CowParade the Cows come Home West Hartford Connecticut


いや~、感動の発見!
NYはもちろん、シカゴやアトランタ、ヒューストンなど全米各都市で好評を博している「カウパレード」。
我が愛するコネチカットでも行われていたんですね~。
もう、こんなこと知ったらCOWしかないじゃない~。
ウエストハートフォードでやってたみたいなのですが、今からページを開くのが楽しみです。

丸善でもカウパレードスタート当初は「写真集」を販売していたようですが、現在は在庫切れで、入手も困難みたい。
アマゾンでなんとか探し出して、やっとオーダーしました。
届くまでには10月中旬くらいまでかかるみたいだけど、その日を楽しみにMOWしばらく待ちま~す




cow parade TOKYO in MARUNOUCHI 2006
http://www.cowparadetokyo.com/

芸術の秋!
運動不足解消に!
Let's go to Marunouchi!!!

カウパレードに魅せられて…。
65頭はどれも個性的で、作者の思い入れが伝わる作品ばかり。
なかでもオシャレさんたちを集めてみました~。

丸の内のブランドショップが並ぶ「丸の内仲通り」の佇まい。
雰囲気に溶け込むゴージャスなカウ。
20060928222456.jpg
モトモトノモト
by 寺口宏祐


ビル内に牛多し。
丸ビル(丸の内ビル)「丸善」本屋前
20060928222526.jpg
お花をどうぞ
by 神子島ユビ


つぶらな瞳
20060928222554.jpg
長~い睫毛。キラッ。

新東京ビル前に天使現る。
20060928222621.jpg
Through the Milkyway
by Lippa


牛の体をキャンバスに、キラキラ光るラインストーンのような点描画。
20060928222649.jpg
天の川からやって来た牛らしい。

思わず見とれてしまってぐるり回ると…。
20060928222909.jpg
あ、てんとう虫~
一粒だけあります。ぜひ見つけてみて~♪

丸ビル地下から東京駅につながる通路、門番のようにどっしりと…。
全部シャツやボタンで出来た手芸?作品↓
押忍!牛
by 押忍!手芸部

20060928222729.jpg
押忍!!

TIFFANY&Cow.前。
20060928222753.jpg
主食はmayu語ですの。
by mayu


↑体中のブツブツはペットボトルのフタで出来ていますの。
一見の価値ありエコ作品。

日本ビル前。その名も…
20060928224510.jpg
IN THE DRESS
by 中田周作


どのカウもおしゃれに着飾って…。ファッショナボーです。

カウパレード東京は10月1日(日)まで。
いよいよ今週末がラストチャンス!




cow parade TOKYO in MARUNOUCHI 2006
http://www.cowparadetokyo.com/

芸術の秋!
運動不足解消に!
Let's go to Marunouchi!!!
こんなことでもなければ東西線の「竹橋」には行かないだろうな…と言いながら、「牛」参りに。
(東西線は三鷹から始発が出てるので、意外に行くのは簡単でした)

20060927000309.jpg
いよいよ最後の1頭を求めて…。

そういえば、会社の用事で「東京法務局」に行く時に一度ここには来たことがあったな~(おぼろげ)。

駅近くの「毎日新聞社」の前に
20060927000342.jpg
カレはいました!!

はい、ワタクシです。
20060927000411.jpg
私の王国
by 吉本正美


結構ここまで探しに来る人もいるんですね…。
私たちが存分に鑑賞している間にも1組、2組とカメラ片手に鑑賞に来られていました。

いやァ~、感慨深い!
「ついで」と「わざわざ」を含めて計4回!
毎回楽しくて、ワクワクさせてもらいました。
最後のチェック印を入れて、なんだか無性に達成感。
さぁ、折角全部見たんだから作者の皆様をリスペクトして「東京コンペ作品」に投票しよ~、ということになり…。

丸の内方面に戻ることに…。
しかし歩くには結構な距離。電車に乗ろうか…としばし付近に佇んでいると…。ブィーン

「あ、タダバスだ!」

20060927000441.jpg

そう、丸の内周辺には今、15分~20分間隔で運行しているフリーのシャトルバスのサービスがあるんですよね~。
なんと粋な計らい~♪

こんなカンジのバス。
20060927000527.jpg

丸の内を歩いていると、何度か走っているこの可愛いバスを見かけます。
乗ってみたかったのでラッキー♪とばかりに近くのバス停から乗車。

結構たくさんの人が利用していて満員御礼状態でした。
グルグルまわっているので、好きな停留所で降りればOK。

20060927000556.jpg

箱根駅伝のゴール地点、読売新聞社前を通過して、パレスホテル(牛います)、皇居の前を通過して、「郵船ビル」前で降りました。

ビルの合間を縫って「丸ビル」へ。
リリーフランキー作の「牛」さんがビルの中からお出迎え(再会)。

20060927000632.jpg
おでんくん
by リリー・フランキー


ありました!「投票BOX」!!
20060927000702.jpg
う~ん、悩む~。

結局1つに絞れなくて、夫も私も違う牛をそれぞれ推薦しました…。
20060927000732.jpg
しかも2つにも絞れなくて、4牛投票しちゃいました(母と弟の名前借用(無断))

えへ

カウパレード東京は10月1日(日)までで~す♪




cow parade TOKYO in MARUNOUCHI 2006
http://www.cowparadetokyo.com/

芸術の秋!
運動不足解消に!
Let's go to Marunouchi!!!
カウパレードは10月1日まで。
週末にしか見に行けないので、とにかくお天気が悪くなる前に行こ~、と言っていたら幸い好天気。
秋晴れの空に誘われて日比谷方面へ。

霞ヶ関の駅を降りるとそこは官公庁のビルが立ち並ぶオフィス街。
平日とは違って駅も道も「超・閑散」。

が、私たちの目的は「牛」。

20060925223633.jpg
そう。「牛」。
Blue
by SAL


ほとんどは有楽町駅・東京駅・大手町駅付近に出没している「牛」たちですが、2頭だけは「竹橋」駅と「霞ヶ関」駅付近に出没しています。
この牛は「霞ヶ関」駅すぐの「農林水産省」前にいます。

20060925223703.jpg
やっぱり「牛」だけに…「農林水産省」。
ぢつは「農林水産省」はこのカウパレードの「後援」を担っておられますのです。さすが。

その後は銀座方面へ移動。

20060925223744.jpg
銀座・和光。見事な秋晴れ

東京国際フォーラムには4頭のカウ。
20060925223811.jpg
乳牛パック
by micro


しっかりと賞味期限が…。
20060925223841.jpg
カウパレード東京の賞味期限は9/6~10/1でございます。期限切れ注意!!

新東京ビルへ移動。
20060925223907.jpg
牛参り
by 武田尋善


バナナの木みたいなのもまるで本物みたい。
20060925223930.jpg
ほんっとに細かいっ。凝ってます。

丸の内周辺ではよく見かけます。名物「はとバス」。
20060925224952.jpg
「キティちゃんはとバス」発見。

うろこ雲に見とれて…。
20060925224031.jpg
ビルの合間に見える秋空。

最近はこんな観光バスも…。
20060925225023.jpg
NYのアップルバスみたい。誰か遊びに来たら一緒に乗りたい~。
「スカイバス東京」HP
http://www.skybus.jp/home/index.html

このスカイバス東京の受付窓口の前にいるのがこのカウ。

20060925224113.jpg
本日のラストカウです。キャ~。残すところあと一頭になりましたっ!!とうとうっ。
Love is Peace
by 千代田区立児童センター 小・中・高生のみなさん


20060925224059.jpg
そう、Love is Peace ですね。

Love is Peace!
Cow is Peace!





cow parade TOKYO in MARUNOUCHI 2006
http://www.cowparadetokyo.com/

芸術の秋!
運動不足解消に!
Let's go to Marunouchi!!!


敬老の日の祝日。
映画を観に行く前の空き時間に「牛探し」。
隙あらば、って感じで追いかけています。

カウパレードに魅せられ、にわか「ライフワーク」となっている私たち。
有楽町駅から5分くらいでしょうか、ほんとにちょっと歩けば、都会のオアシス、「日比谷公園」が見えます。
その入り口にあるのが…。

20060924131653.jpg
「警視庁丸の内警察署 日比谷公園前交番」
ハハーッ∠( ̄0 ̄;)

そして、交番と公園を守るように「カウ」が一頭。

20060924131714.jpg
警官のコスプレ。

後ろではちょうどお巡りさんが取り締まった「バイク」をチェック中。
共演?!

20060924131737.jpg
タイトルは…。
Police Cow
by HIROSHI


ほんっとに大変身のカウでした。
お見事っ!!




cow parade TOKYO in MARUNOUCHI 2006
http://www.cowparadetokyo.com/

芸術の秋!
運動不足解消に!
Let's go to Marunouchi!!!


前半のカウパレード鑑賞で主人が一番気に入ったのがこのカウ。
「産地直走」by 中原知都

20060918093846.jpg
ス、スイカ柄??

20060918093919.jpg
無造作に首に掛けられた青いビニール紐こそが計算された芸術のような…。
つぶらな瞳は「タネ」模様。

20060918093947.jpg
見事なスイカぶり。おっとロゴ発見。

20060918094017.jpg
「特牛玉」って…



カウパレード東京は10/1(SUN)まで開催中!

cow parade TOKYO in MARUNOUCHI 2006

http://www.cowparadetokyo.com/

芸術の秋!
運動不足解消に!
Let's go to Marunouchi!!!





以前、アメリカで見かけた「カウパレード」の牛さん。
カウパレードって何なんだぁ~??と、当時も気になって調べましたが、そのイベントがなんと今年は9/6~10/1まで、東京丸の内周辺(日本では2回目)で行われているのです

20060917123046.jpg
街中にはためくPLAY! Marunouchiの旗。そのキャッチコピーを掲げたカウ@丸ビル前

スイス発のパブリックアートの祭典、「カウパレード」は、98年の夏、地元チューリッヒのアーティストたちによって企画され、その後アメリカ、イギリス、と世界中に広がったイベント。

アーティストや一般市民の参加で自由にペインティングされたグラスファイバー製の実物大の牛たちは、終了時にはオークションにかけられ、寄付金が芸術・教育福祉団体に寄付されます。

今回は、若手アーティストの発掘を目的にした「東京コンペ」ともコラボレートして、一次審査を通過した牛たちに投票出来るようになっています。

牛の数は全部で65頭。
有楽町・丸の内・大手町の各エリアの歩道やビル内外に姿を見せてくれています。

20060917122537.jpg
東京駅「丸の内口」を出ました。

横断歩道を渡って斜め右方向に進めば「OAZO(オアゾ)ショップ&レストラン」のビル。
20060917122606.jpg
いろんなビルにパンフが置いてあると予測して、まずは至近のオアゾに突入。

20060917122650.jpg
と、パンフゲットの前にビル入り口で早速1頭発見!
「A to Z COW」by EMIKO ITO

隣の「丸の内ホテル」にももう1頭いました
20060917122717.jpg
「太陽を引く牛」by島袋千栄

「カウパレード東京2006」公式HP
http://cowparadetokyo.com/index.html
詳しくはコチラ↑をご覧あれ。私たちは全頭制覇するツモリなのですが…。

まずは朝食を食べよう、とディーン&デルーカへ…(食べてなかった)。

20060917122741.jpg
ここはNY、のデリ&カフェで有名な「ディーン&デルーカ」の日本1号店。
品川のアトレにあるお店には行ったことがあったけれど、丸の内店は初めて!
しっかりしたカフェがついているので、楽しみにテクテク

途中何頭か見つける。全部紹介する余裕がないが紹介したいっ!(そのうちに…)
お天気にも恵まれ、快調!

20060917122914.jpg
ぐるっと回って三菱UFJ信託銀行本店ビルへ。1頭発見!
「cow gal」by上野末里子

20060917122802.jpg
ようやく一息。ほうれん草とハムのキッシュ。あとパスタ。(旦那)
↑「オアゾ」でゲットした「カウパレード」専用のパンフレット。
中には付近のレストランで使えるクーポンがいっぱい。ディーン&デルーカでも1000円以上だと10%OFFになりますっ。

20060917122824.jpg
アーモンドとチョコのプリッツェルとラテ。(私)

パンフにはでっかいマップのページがあります↑
見終わった牛さんたちにチェックを付けていきます。

眺めのいい窓の斜め前には、新たな1頭が!!
20060917122850.jpg
 「Untitled!」by sense

食べながら見ていると、牛の周りにたくさんの人たちが集まってきます。
カップルや家族連れ、自転車で立ち寄る人、本格的なカメラで被写体を狙うおじさん、などなど。
みんな遠くから近くから「牛」を眺め、楽しそう。

その後もテクテクと歩き回り(5時くらいまで)、計32頭、エントリーされた約半分の牛たちを鑑賞しました。
いや~、お腹いっぱいですっ

途中2時からはOAZOのイベントで「フラメンコショー」を。

20060917134232.jpg
「小松原庸子スペイン舞踊団」のフラメンコショー。真似して足踏みしちゃいます、思わず

20060917134259.jpg
ピカソの「ゲルニカ」のレプリカがバックで渋いっ。
ギターも歌も本格的で、無料のステージとは思えない迫力!

その後は4Fの本屋、丸善が主催する「世界の絵本展」へ。
牛以外にもいろいろと楽しんでまさに「芸術の秋」でした。

帰り際。
東京駅「丸の内口」前はすごい人だかり!

20060917122943.jpg
警察官もいっぱい。何事っ??

20060917123006.jpg
この出口から天皇・皇后両陛下が出てこられるとのこと。
那須の御用邸からのお帰りなのだそうです。

ど、どうりですごい人だ…。
といっても、一体何分後に出てこられるのか…。あまりに凄い人で、見れそうな位置は埋まっていたので、稀有な機会ではあったが、結局「牛」を見に丸ビル方面へ。
どこまでも「牛」にとりつかれている二人なのでした

20060917123133.jpg
帰りに寄ったスーパーではこんなものまで買ってしまう始末…。

牛の絵柄に過剰反応。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。