上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20060129001809
二人ともピザ好きだからか、単なる手抜きか、今夜はピザハット。耳のところにソーセージの入った4種類入ったのが定番です。
で、だいたい二切れ残って翌朝チン。
こないだビンのコカコーラがららマートで売ってて、懐かしいので買いました。コーラを買って飲むって何年ぶり?帰国以来かも。っていうくらい、コーラは選択肢にないんだけど…。
久々の味でした。
最近はコーラのCMって見ないですね。やっぱ冬はお休みモードなのかしら…。
スポンサーサイト
新年早々、1月4日にテレビが突然壊れてしまい、
急遽新しいテレビを買うことになってから数週間。

我が家では「新型のデジタルテレビ」がすっかりお茶の間の顔となり、
旧型テレビはお役ご免。

2週間以上、どこに置いたらいいのかわからず、
ダイニングの端っこに追いやられていた旧テレビ(気の毒)。

しかし、毎日お皿を出そうとするたびに足をぶつけていて
痛いイタイ。
今日こそ電気屋に持って行くぞ、と息巻くものの、
デカイし、重いし・・・で、は~(ため息)。

コジマデンキに持ち込めば3000円で引き取りOK、と聞いてたんですが
(フツウは5000円くらいすると言っていた)、
そんなもんかな、と相場調べのつもりで
ネットで見つけた不用品引取りに電話で問い合わせたら、
運送代も入れて「7000円」!!

はァ~??? えぇっ~???
テレビの引き取りに「ななせんえん???」
業界一安値で勝負します!」という触れ込みの割には・・・絶句しました。

即断りました。
7000円出したら、(要らんけど)新しいブラウン管テレビ」が買えますよ。

とかなんとか私が一人で朝からジタバタしていると、
旦那が突然、
「あ、なんか廃品回収回ってるみたいっ!!」
(放送しながら、回ってるやつ、ありますよね・・・。
「ご不要のパソコン~、テレビ~・・・・とかなんとか・・・・ってやつ)」

「え?3000円より安かったら来てもらいたい~、追っかけてェ~」
「えええっ??追っかけんの???」
「そう、追っかける!ゆけぇ~!!」

ということで、彼はダッシュでマイクの音のする方へ(チャリ飛ばす)。

その後、数分経っても戻ってこないので、どうなったのだろうか、と
思っていたら・・・

戻ってきました、回収業者withトラックを連れて・・・。

「いくら??」
タダかも・・・

えぇぇ~??ほんまにィ~??

テレビを見せたら、20インチだったのでなんとほんとに「タダ

おぉ~っ。
ほんとですかい??
タダですかい??

やぁ~、そりゃアリガタイ~。
なんたって7000円って言われたんですから・・・。ついさっき。

やるぅ~(旦那)。
やるぅ~(おっちゃん)。

「捨てないで!ゴミにしないで! 鳴らない、映らない、動かない
無料にてお引取り致します!」

がキャッチフレーズのARSのおじさんがホントに無料で笑顔で引き取って行ってくれました。

25インチ以上になると、ちょっと料金がかかるようですが、
20インチなのでセーフでした。
私たちには粗大ゴミでしかないものでも、
きっと中の部品とかは使えるものもあるんでしょうね・・・。
それともおっちゃん直してしまうのかしら・・・。

どちらにしても、クラッシュされるよりは、リサイクルしてもらえれば部品たちも嬉しいかな。

突然のホントのお別れで、「お疲れさま」も言う間もなかったけれど、
あのテレビとも長い付き合いでした。

車にはラジオとか他の電化製品もどこからか連れられて来ていました。
第二の人生?!再び活躍してくれることを祈ります。

さようなら、ブラウン管テレビよ・・・。
お疲れ様でした・・・。

今日は歯医者の続き。

買い物に寄るも麻酔が切れておらず、柔らかいモノが食べたくて・・・。
ロンロンで「八王子一丁庵」の「ゆず豆腐」を購入⇒湯豆腐に
20060126233925.jpg

ついでに「おからドーナツ」も!!(えぇ、おやつですけどね・・・)

20060126233845.jpg
¥315で5つ入り

20060126233906.jpg
これ、ホント美味しい♪

ここのお豆腐や湯葉モノや一品料理はホント、どれも美味しいです。
おからドーナツも豆乳&おからが入ってとってもヘルシーで、安心して食べれます。

八王子一丁庵公式HP
http://www.icchoan.co.jp/index.html

あとは「おでん」を買って、柔らかづくしの夕飯でした。

荻窪のかかりつけの歯医者の先生はしゃべり方にちょっと訛りがあって、
マギー司郎」みたいです。(ってマギー審司くらいの年に見えるけど)

とても腕のいい歯医者さんで、夫婦揃ってお世話になってます。
説明もわかりやすくて、あの話し方がなんとも「癒し系」。
歯医者選びは難しいですよね、ほんと。

こないだ聞いた同僚の話では、どうやら「歯」でも味を感じてるらしく、
「歯」が自分の歯じゃなかったりすると、味わいにも差が出てくるらしいです・・・。

年をとっても「美味しく」食べたいもんです。




全然関係ないけど、今朝の「とくダネ!」で、
レポーターの人がライブドアのニュースをレポートしてて、途中、

「狐につつまれたような・・・・・・」って説明してました。

一瞬スタジオの空気が「もやっ」としたような気がしましたが、
そしてレポーターの顔も「もやっ」としたように見えましたが、
何の訂正も入りませんでした。

「狐につままれたような・・・・・・」ですよねぇ~。

「狐に包まれる」って・・・。あったかそう・・・。コート??

11:15~の「Sma Station 5」(テレビ朝日)。

20060125231605.jpg


わ~、ビックリしました。
旦那が見つけました。

慎吾くんとぶっちゃけトーク、無理ですよね・・・。


帰り道、たまごを買いにスーパーに寄ったら
レジ付近のアイスコーナーで発見。
ハーゲンダッツの「黒ごま」味。

20060125223808.jpg
季節限定のブラックセサミ
ミニサイズのカップで、秋・冬限定で出てました。
10月~販売されてたみたいなんですが、全然気づきませんでした・・・。
たまたま今日は特売で(といっても日本じゃ¥198でセール扱いなんですけど・・・)、
珍しいんで買ってみました。

20060125224046.jpg

黒ごまがアイスに練りこまれてて、その上黒ゴマペーストまで!
お口に広がる「和」テイスト。
おいすィ~♪ 本家アメリカにはないかな~。

ハーゲンダッツ・ジャパン公式HP
http://www.haagen-dazs.co.jp/top.html
「ニューラインナップ」のコーナーに秋冬限定アイスの紹介が。

↑ハーゲンダッツのヒストリーも紹介されててなかなか面白い。
1961年にニューヨーク州で誕生したんですね。
1984年に日本上陸。
初めは5種類のパイントを高級スーパーで発売するだけだったんですね。
ショップは青山店が第1号店だとか。
その後全国展開。

1996年に初めて日本市場向けに開発された商品「グリーンティーが販売されたんですね。
アメリカでも売り出したらいいのに~、って思わされる、ヒット商品。

2003年に「あずき」味。
そして2005年は「黒ごま」味。
日本でしか食べられないハーゲンダッツテイスト。貴重な開発ですね。

はぁ~、でもちょっとしかないからすぐ食べ終わっちゃうよ・・・。


本日、とうとう2センチ近く芽が成長した哀れなジャガイモを救出しました。

ふかしたジャガイモと温野菜を混ぜるサラダはフツーの「ポテトサラダ」。
もちろんゆで卵のみじん切りやスライス玉ねぎなんかを混ぜてそのままでもGOODですが、
我が家でよく作るのはこの「ポテトサラダ」に茹でほぐしたムネ肉(チキン)、
&アクセントに「ポテトチップス」を混ぜる、という
通称「ポテトッチサラダ」です。

<How to Cook ポテトッチサラダ>
20060122233721.jpg
左:ふかしジャガイモ 右:御用達冷凍野菜

近頃恐ろしく高値の野菜たち。
普段からも時間節約の為に「冷凍野菜」(¥100のお一人様用パック@ららマート)を常備して利用してます。

最近ではこの「冷凍野菜」も野菜の高騰で売り切れ続出で困りモノなんですが・・・。
20060122233740.jpg
左:茹でムネ肉のほぐし身(ツナ缶でも代用可)

①デカめの鍋でいっぺんにゆがいちゃいます。
適当に切ったジャガイモを茹でつつ、アルミホイルでお皿を作って
鳥ムネ肉も一緒に茹でちゃう

②冷凍野菜も同じくアルミホイルでくるんで鍋に放り込んでもOK
(鍋が小さければレンジでチンでも)

20060122233804.jpg
ポイントの「ポテトチップス」

③このサラダは「ポテトチップス」が入ってなんぼ、のサラダなので、
ぜひ間食のポテチが余った時や、小さめのポテチ一袋でチャレンジしてみてくださいまし。(うす塩味が一番ハマリやすいかと思います)

20060122233830.jpg
ポテチは袋ごとぐしゃぐしゃっと崩して

④くずしたポテチを野菜とお肉(orツナ)に混ぜる

20060122233850.jpg


⑤塩コショウとマヨネーズでよく混ぜ合わせたら出来上がり♪

もちろん、おうちにある野菜をカットしてもOKですが、
温野菜が合います。
冷凍温野菜パックにはブロッコリー、にんじん、アスパラなんかが入っていますが、目当ては「カリフラワー」。
「カリフラワー」が入ると不思議といい感じになるんです、このサラダ。
「カリフラワー」ってまんま買うとシーズン以外は結構高かったりするので、冷凍パックに混じってるものがあればラッキー♪

なにしろポテトチップスの塩加減が絶妙
ポテチに塩が付いてるので、塩は少し加減して、コショーはあらびきコショーのほうが良いかと思います。

フツーのふかしジャガイモVSチップスのジャガイモが意外にナイスコラボレートな
おかずにもなっちゃうお気に入りのサラダ。
超簡単なのに、ポテチのおかげで味に奥行きが出るんですよ~
昨日一日降った雪も、今日の暖かな陽射しに次第に溶け出し始めました。
昨日も一日家に居たので、ちょっとは体を動かそう、と
遠出する気にはなれませんでしたが、
ちょいと善福寺公園をお散歩。

いつも見る景色とは違う、雪化粧した公園。
子供たちは斜面になっているところからソリで滑ったり、楽しそう。
昨日か今朝作られたのでしょうか、なかなかデッカイ雪だるまを発見!

20060122164812.jpg
力作ですな

20060122171153.jpg
そこかしこに雪のオブジェが・・・

雪もこのくらいなら可愛いものですが、今年の新潟や長野のレベルになると、
4m近い積雪で、本当に大変です・・・。
今年は記録的な大雪に見舞われている日本です・・・。




雪がすごくて、家の中にこもりきりなので、久々にゆっくりブログが
書けますワ~。

シカシ、
20060121151824.jpg

「イタリアむき栗」って・・・

見つけた時は相当ビックリしましたゎ。

イタリアのマロングラッセに使う栗を上品においしく
むき栗にしました、とのこと。
ヨーロッパ風の味と香りをお楽しみ下さい、とのこと。
そのまま食べてもおいしいが、レンジ、オーブン等で温めたり、
冷やして食べても「大変おいしいです」とのこと。

20060121151905.jpg
中身はかなり崩れていました・・・(+栗汁??)

半(かけら):9コ
全(丸ごと):3コ
くず:12コ
<45g ¥97>

栗汁(くりじる)と勝手に呼んでますが、外部と温度の変化の差で、
水滴がレトルト袋の中に付着するんですね。
これは栗の水分なので、品質には異常があるわけじゃないです。
季節的に温度差があるので、今回は比較的水分が多かったです。

内訳はやたらに「くず」サイズの小さなかけらが多かったです。
原型の栗1個分をとどめているのは3個ほど。
他の袋はわかりませんが・・・。
原産国はイタリアなので、途中で崩れちゃったんでしょうか・・・。残念。

ま、食べれば一緒なので、あまり気にしませんが、
風味のほうは、確かにフツーの天津甘栗とは違ってます。
洋風でした。色も薄いし。
鼻にぬけるフワァ~ッとした匂いがイタリア?
原材料は栗と砂糖(グラニュー糖)だけなので、
やはり、栗自体がマロングラッセに使う栗、ということで
味が違うんですね。

マロングラッセは洋酒がキツイので、大好きというわけではないですが、
これは洋酒は材料に入ってないので、単に栗の質が違うだけなのかも。

やわらかいのでお口ですぐにほぐれます。
一度お試しには面白いかも~。

西友(吉祥寺店)のめっちゃ目立たないウインナーエリアの付近で見つけました。

さ、掃除の続きでもしま~す♪
マローン♪



首都圏で5年ぶりに本格的な雪が降っています。
昨夜から降り出した雪は、今もしんしんと降り続いています。
20060121144856.jpg
結構な勢いで降ってます。

正午の時点で6センチ積もったということで、
まだ降り続いてますから、もっと増えてるよね~。
けが人も出ているようだし、今日から始まったセンター試験に行く人たちも
大変だったでしょうね・・・。

子供たちは大喜びで、雪合戦かな

しかし、いつまで降るのかなぁ~。
お出かけは断念。掃除でもします・・・。
200601202321172
20060120232117

森永乳業「空スイーツ」開発チームがANAのキャビンアテンダントさんたちと
共同企画した空スイーツ!
「フランス便り」のキャッチフレーズ通り、
フランスのデザートをイメージして作られたプリン。
ビターなカラメルにほどよい弾力のプリン。
ん~っ!こんなプリン食べたかった~!
コンビニプリンにしてはかなりイケてるテイストでは…?!
今日は会議と食事会で遅くなって、ついコンビニでデザート買っちゃいました~。

最近、店舗が増えて街でもよく見かける¥99SHOP。
入り口には野菜なんかもこのご時勢に¥99で売られていて、
ちょっとビックリ。

なんでもかんでも¥99で、天津甘栗も無論¥99。
20060116015422.jpg

「無添加・無加糖」がウリのよう・・・だが、ちょっと
甘みが物足りないカナ・・・。
20060116015450.jpg
河北省の栗。

半(かけら):2コ
全(丸ごと):15コ

私の好きな柔らかさ加減がイマイチで、ふっくら感がない・・・。
栗自体が固め?!
いと残念。

やはり¥99はキビシイか・・・。


先週はかなりBUSYで、やっと週末・・・。
数ヶ月ぶりにサボッてた歯医者、昨日復活しました。
東京はとっても久々の雨でした。

今日は打って変わってとってもいいお天気。
吉祥寺で買い物、夕方無性に「ピザ」が食べたくなって
TONY’Sへ。

TONY’S@吉祥寺南町
TONYS.jpg

30年以上も前に代々木でお店をオープンされた歴史のあるお店。
店内にはいろんな置き物やポスターがところどころに飾ってあって、
ごちゃごちゃしてるんだけど、なぜかホッとするおうちのリビングのような感じ。

20060116001029.jpg
左:シーフードピザ(¥900) 右:スペシャルミックスピザ(¥900)

一皿に2ピースでサーブされます。
チーズがたたたたぁ~っぷり。
もうとろっとろのとろっとろでチーズ好きにはたまらない。
日本でピザ生地がチーズで見えないピザってのも珍しい。

シーフードはたこ・いか・えび。チーズの上にはバジル少々。
スペシャルミックスは中に玉ねぎ、ピーマン、ミート、サラミetc.
チーズもシーフードとは違う配分で絶妙。
1ピースが大きいので2ピースで十分かな。

20060116001117.jpg

お店の前のウィンドウからマスターがピザを作る様子が見れます。

2004年6月放送の「アド街ック天国~吉祥寺~」でも11位に♪
http://www.tv-tokyo.co.jp/adomachi/040605/20.html

日本全国へ宅急便で届けてくれる自慢のピザ。
シンプルでボリュームのあるオススメPIZZAです。




NEW YORK PIZZA TONY’S
tel 0422-49-1021
11:30AM~9:30PM (L/O 9:00PM)
武蔵野市吉祥寺南町1-6-9 (南口から徒歩2分)
定休日 月曜日



ドラマ「恋の時間」の最終回からもうかなり時間が経ってしまいました・・・。

終盤、結局どこにも感情移入ができなくて、最後2回はリアルタイムで見ることなく、
不本意ながらビデオ鑑賞になってしまいました・・・。
感想を言うのも憚られますが・・・。

でも参加させてもらった「撮影見学会」のような企画は本当に素晴らしい企画だと思うので、これからも他のドラマで続けてほしいナ~、と思います。
スタッフの方は大変だと思いますが・・・。

生まれてからずっと毎日何気なくお米を食べてきてたけど、
田植えを手伝ってみればお米一粒ひとつぶの味が変わって感じられる。

目にするものの「裏側」を見る、作り手の苦労に触れる、
ということの意味の大きさ。

小学校の頃、「社会見学」がカリキュラムに入ってるのがわかる気がする。
パン工場に行ったり、消防署に行ったり。
ドラマの「舞台裏」見学は騒がしいコドモたちにはちょっと難しい社会見学だろうけれど、大人の社会見学には最高の現場でした。

さて、憚られつつもちょっとだけ(って長いんですけど)感想。

・・・結局自分にとっての「Mr. Right」という存在にいつどこで出会えるのか?
その「時間の予測は誰にも計れない、とても困難なことなのだ、ということが
私の中で感じ取れたことでしょうか。

その昔、「ベターハーフ」better half(=良き配偶者)という言葉が流行ったことがありましたが、これは「妻」のことを表す場合が多く、
「永遠の伴侶」、自分にとってのまさに「この人!」という男性のことは
英語では「Mr. Right」と表現されたりします。
「Mr.Right」正しい人、すなわち「理想の男性、夫としてふさわしい人」。

自分にとって正にこの人、「Mr.Right」と出会えるか否かは人生の中で大きなテーマ。
誰だって離婚や不倫をしたくて結婚するわけじゃない。
「結婚生活」を大事に思うからこそ、簡単には進めないコトもある。
その延長線上の「子供」という存在も含めて考えれば、その責任は重い。
ますます慎重になる、という人もいるに違いない。

その永遠のパートナーを
「限られた世界・限られた時間」から探し出すことは
簡単なことじゃない、ってわかってる。

なのに「適齢期」というコトバや「親の想い」や「周りの中の自分」、いろんな環境要素が作用して、そんな自分の「歩く時間・速度」を邪魔するコトもある。

もっとゆっくり歩きたいのに、もっといろいろ見たいのに、
時間」はどんどん過ぎていく・・・。
周りはすごい速さで進んでる(ように見える)。

その時代・その環境で出会った人とのお付き合いの中から
「今?」「この人?」
いろんな心の声に向き合って格闘して選択する道。
あるいはそんな猶予すらなく、コウノトリが突然フライングして飛んでくるケースも昨今は多い。

果たして自分の選んだ人が「Mr.Right」だったのかどうなのか?
満ち足りた生活であればそんな疑問にはぶち当たることも無いのかもしれないけれど、そこに「欠け」が生じた時、突然の「出会い」が訪れた時、
人はどんな時間を過ごし、どんな時間を選択していくのか。

このドラマの中にはいろんな女性が登場した。

Mr. Right」と出会えた、と思って結婚したにも関わらず、
現実は「Mr.Right」じゃなかったことに気づく香里。
傍目には「完璧」に見える旦那。
もちろん自分だって当時は「合格」と思って結婚したハズ。
なのに時間が経つほど離れていく心。

「この人が本当のMr.Rightでは?」という出会いの時には、
もう引き返すにはあまりに困難な時間が流れすぎていて・・・。
それでも子供が二人もいれば大抵は「自分の選択なのだから」と
封印して生きる女性が多いのかもしれない。
「マディソン郡の橋」のように。

でも、このドラマは違った。
香里はフランチェスカ(メリル・ストリープ)じゃなかった。
封印された4日間の恋人、ロバート(クリント・イーストウッド)も「写真家」だったけれど、耕平さんも「音楽家」という点では芸術家という共通点が。

マディソン郡の橋
マディソン郡の橋


フランチェスカのようにその出会いを封印することなく、
新たな人生を選択したが為に、
彼女にとって「最高の幸せ」だったハズの二人の子供の存在が、
一転して「最大の不幸」になってしまう。
彼女が自分の幸せを獲得し直すために支払う代償は計り知れない。

映画「恋に落ちて」も22年前の映画とはいえ、香里の人生と比較できる作品。
この映画は女性のほうに子供がいなくて、男性のほうが二児の子持ち。

モリー(若き日のメリルストリープ)とフランク(ロバート・デ・ニーロ)、
この二人の恋の話に徹底的に絞っているので、
「恋の時間」のようにあっちの恋、こっちの恋⇒最後慌しくまとめちゃう、という感じではない。

計ることのできない二人の偶然の出会いと重ねた逢瀬の故に、
結果お互いのパートナー、子供とは離別してしまう。
その後二人の間には一時の冷却期間ともいえる時間の経過があり、
再び偶然の出会いに導かれ、その後の新しい未来を予感させるところでジ・エンドとなる。

ラストに至るまでの二人の心理描写が非常に細かく描かれているので、
「恋の時間」ほど突っ込みを入れながら忙しく見ることはない落ち着いた映画。

恋におちて
恋におちて


決定的に違うのはモリーは夫がいながらは一線を越えない、というところ。
非常にギリギリのところまで発展するが、彼女は思い踏みとどまる。
1984年の映画なのだ。
30代、40代の女性が若い頃見た映画なのだ。

やはり私はこの一点において一時の勢いではなかったにせよ、
自分を優先してしまった「香里」に共感できなかった。
子供が不幸に映るのもそのせいかと思う。

彼女の姉、雪枝は、かつてのベストパートナーと結婚を考えるほど
真剣に付き合った時期がありながら、
踏み切れず別れを選択して仕事を選んだ女性。
彼は自分にとっての「Mr.Right」だったのかそうでなかったのか、
そのQuestionはその後も長く彼女につきまとう。

あのキャスティングの中で比較的好感度が高いと思われる山田氏が
待ちわびた未来の「Mr.Right」ね、
と予感させる終わり方には少々ホッとした。

そしてもう一人。
長い人生の中で「Mr.Right」との命の別れの後、再び人生を支え合おうと思える
「励ましの君(きみ)」=「(再)Mr.Right?」と出会うお母さん。
雪枝や香里の父が「Mr.Right」だったからこそ、
その喪失にはあまりにも大きなものがあったに違いないし、
乗り越えるのに時間を必要としたに違いない。

一方では「Mr.Right」の選択を間違い、結婚後も彷徨いながら、
コーチとの関係にその不足を補おうとするも、
結果裏切られて終わってしまう友人まゆみ(怖かった)の存在。

また、「塩田先生」を唯一人の「Mr.Right」と信じ、
一途に想い続ける婚約者(もう少し言葉のマナーを)。

そして、方向を見失いながらも最終的には、彼女の「Mr.Right」であろう、と改めて決意する悟志。

いろんな女性が登場したけれど(あ、バイオリンの人もいましたね)、みんな人生を真剣に生きようとしていました。幸せを掴もうとしていました。

恋は始めようと思って始めるものじゃなく、気づいた時には落ちているもの。                    
                                      「恋の時間」

「今なら」という自分が築き上げた、準備した時間に
BEST」といえる人と出会えるか(出会っていられるか)はわからない。
結婚してから「この人がMr.Rightなの?」と問いかけてみたところで、
正解がどこかにあるわけでもない。

もしもっと早く耕平さんに出会っていたら・・・」香里は恐らく何度も何度もそう思ったに違いない。何度も何度も。

でも、その「時間は誰にも動かすことはできない。

相手が「Mr. Right」だから子供を授かれるわけでもない。
虐待して捨ててしまうような夫婦のところにだって子供は産まれてくる。

だからこそ、悲しい子供達が増えないように、
Mr.Right」と信じれる出会いを求めることに意味があるのかも・・・。
また「Ms.Right」(理想の女性)であろうと研鑚することに意味があるのかも・・・。
そう、雪枝のようにどんな逆境に陥っても「自分らしさ」を失わず
自分が一番輝ける場所を探そうと前進することに・・・。

誰かに自分を重ねてみる、ということは難しいキャスティングだったけれど、
そんなことを徒然に考えてみることができたドラマではありました。

何より「ドラマ制作の舞台裏」が見れて、尚且つ「キャリーバック」までもらえちゃった(帰省に使いましたよぉ~)、スゴイことですよね。
改めて選んで下さったスタッフの皆様に御礼申し上げます・・・。

1月~の新ドラマに期待したいと思います~♪(チェジウよね~)



おまけコーナー
DSCF0049.jpg

第二話にて
雪枝がオフィスで居残り作業中に使っていた肩もみ器はこの「つぼき~く」では?!

DSCF0050.jpg

わたくし、長年愛用しております!(ドイツ製)。

肩のコリにはこの「つぼき~く」。絶妙のほぐし具合ですよ~。
あまりにも昔で、どこで買ったかも覚えてないんですが・・・。
超オススメです。

ゆう茶ドラマレポはこれにて終了~



昨夜、NHKのニュースを何気なく見ていたら
コハクチョウが善福寺公園の池に飛来」のニュース!

ひょおおぉおおお~。ハタハタハタ~。

これ、全国版だったんでしょうか、関東ローカル版だったんでしょうか。
NHKのニュースだったんでビックリ。

善福寺川のである善福寺池には広い水面があり、
周囲に水生植物群落があるため、水鳥が多く見られます。

上池(ボート池)と下池のまわりを樹林が取り囲んでいて、
カルガモに混じってバンやカイツブリなんかは
一年中姿を見ることが出来ます。

毎冬、たくさんのマガモ、コガモ、オナガガモなどの渡り鳥もやって来て
紅葉が散った公園を賑わしてくれているのですが
(区内で最も多くの鳥が見られる地域)、
そんな善福寺公園には・は・はくちょうっ?!

埼玉や関東の北部の方では白鳥が飛来することもあるようですが、
都内まで白鳥がやって来るのは相当寒さが厳しいからみたいで、
信じられませんが、昨日「コハクチョウ」の一群が
南下してきてくれたんです。

きっと水源が清らかで鳥達を呼び寄せる自然の恵みがある場所なんだと思うんですが、カワセミサギが来るっていうだけでも驚きなのに、白鳥とは・・・。

私も近所に越してきた当初は早朝「ウグイス」(ホ~ホケキョ)の声が聴こえることにえっらい驚きました。

え?東京で??23区ですけど??
みたいな。
吉祥寺から自転車でわずか5分なのに、
あの喧騒からは全く信じられないところです。

ともかくも、こりゃ白鳥さんに挨拶に行かなきゃ、ということで今日散歩してきました。

見たことない人だかり!!
20060108232911.jpg
スワンギャラリーの皆様

白鳥飛来のニュースを聞いた人々が集まって、まるでいつもと違う空気。
手に手にカメラを持ってモデル「コハクチョウ」の姿を追っていました。

20060108233014.jpg
上池に飛来したコハクチョウ

やっぱり白鳥、オーラが違うっ!!

20060108233240.jpg
スイスイと優雅です

「スワンレイクみたい・・・」とつぶやくオバサマの姿も。
(スワンポンドですけどね・・・)

もちろんいつものカモちゃんたち常連チームも表面の氷が溶けた水面で
キモチよさそうに泳いでいました。

マガモ(オス)↓
20060108234318.jpg
あっしも忘れないでェ~(グワッ)

都内でお目にかかるには貴重な「コハクチョウ」は6羽確認できました。
真っ白の白鳥の中にグレーのも混じっていました。

前に一度参加した野鳥観察会でもらったガイドブックには
この地域で「季節ごとに見られる鳥」に
「コハクチョウ」は記録されてなかったので、
きっとスッゴク珍しいことだと思います。

ほんと、この冬がとても寒い、ってことですね。
しばらく滞在してくれると嬉しいのですが・・・。



散歩の帰りに地蔵坂にある自家焙煎の喫茶店「フォーマルハウト」で
コーヒーと手作りケーキをいただきました。

20060108235525.jpg
香りのいい珈琲

コーヒーカップはウェッジウッド、ケーキのお皿もノリタケで、
気分が良かったです。

初めて寄ったお店でしたが、おうちに帰ってチェックしたら
結構紹介されていたのでビックリしました。
http://www9.plala.or.jp/coffee/jika/tokyo/formal.htm
http://mt-kb.com/coffee/fomal.html

1月7日。日本は三連休のスタートです。
(正月明けのこの連休ってホントありがたい~)

今日「春の七草」を食べるとこの1年「無病息災」だとか。
実は昨日急に悪寒が走り、関節が痛み始め、嘔吐。
キャー、風邪???
仕事にならない具合の悪さで早退してしまいました。

帰りに時々お世話になるほぐし処でリンパマッサージをしてもらって
免疫力&ビタミン度アップのためにヨーグルト・フルーツ類をフラつきつつも購入。
ついでに見つけた「春の七草」。

そうだ、明日は七草がゆの日!
完全にお粥モードだったので、即買いしました。

ヨーグルトにフルーツ投入で昨日から今日の昼まで眠り続け、
微熱も下がり、関節の痛みも消えました。
おぉ~、初期症状だけで助かったみたい・・・。

今日は昼も夜も「春の七草粥」に世話になり、
これでこの一年は「無病息災」でいられるかしら~。

そういえば、去年も七草粥食べました。
風邪一つひかなかったから、効果はあるのか?!

ちょっと復活したので、
七草をUP。

20060108004213.jpg
農家のおじさんスマイル¥0

<七草オールスターズ>
せり・なずな・ごぎょう・はこべら・ほとけのざ・すずな・すずしろ

勢ぞろいさせてみました↓
20060108004232.jpg
どれがどれやら???




お正月に家族に食べ損ねられた「甘栗むいちゃいました」ミニ袋(35g):右。
左の特大袋のデカイこと!

20060105235325.jpg

35gですからあんまり入ってませんでした。
20060105235341.jpg

半(かけら):2コ
全(丸ごと):6コ

カネボウフーズ㈱の「甘栗むいちゃいました」は
中国河北省で採れた天津甘栗を「遠赤外線焙煎」でじっくり焼き上げ、
自然な甘味を引き出した添加物不使用の甘栗。
いとよろし。

しかし、約8つ入ったミニ袋が8袋で甘栗64個。
この特大袋、お義母さん、いくらで買ってきたのだろうか・・・。

値段がわかんないので比較外?
まだどっかに売ってるカナ~。

今年も甘栗を愛す・・・。





富山から荷物が届きました~。
帰りの荷物が重くなる、っていうので後からクール便で送ってくれた
お楽しみお土産ボックスでした。

開けてビックリ!
なんといきなり巨大甘栗が!
20060105003628.jpg

ほんまめっちゃビックリしました。
甘栗調査隊であることは(あまりにバカバカしいので)主人の実家には内緒?!なのに・・・
なぜなぜ~、甘栗がぁぁ~。

って、ただ正月にみんなで食べようと8袋入りのデッカイ版を買ってたお義母さんが
出すのを忘れていただけのコトだったらしい・・・。
しかし、ビックリしました。
こちらの甘栗の調査は後ほど・・・。

箱の中身はこんな感じ↓
20060105003609.jpg
富山といえば「かまぼこ」!そしておばあちゃんの「かぶら寿司」!キャ~キャ~

「甘栗むいちゃいました」の8袋入り巨大袋に付いていたおまけ
20060105003653.jpg
マグネットカレンダー「2006年栗こよみ」

これサイコー!バカうけです。
一番のサプライズでした。


昨日は越後湯沢~東京までの新幹線も乗車率200%だったりして、
Uターンラッシュも毎年楽じゃないですが、お正月は田舎でゆっくり、
体重計のことは忘れて過ごしました。
恐らく今月分の栄養は身についたハズです。

本日遅ればせながら「初詣」に行って参りました。

20060105000347.jpg
ワン

20060105000405.jpg
主人なんと「大吉」ゲット!
「このみくじにあたる人は、うんせい強き生れにて、若き時苦労のむくいにて
今は運勢心のまゝに開く、親に孝行せよ、これみな親の恩なり」とのこと。

20060105000419.jpg
私は「吉」。
「望みごと九月より先よかるべし。すべてこの人は何事にものち程よろしきかたちなり」
とありました。
どうやら年の後半がヨロシイようです。

おみくじは大好きです。
ワクワクしますね~。

今年も世界の争いごとが減り、みんなの幸せの数が増えますように。


2006.01.03 超満員
20060103145105
帰京です。「はくたか」何%の乗車率でしょうか、行きは140%、それより絶対超えてます!
20060101161809
明けましておめでとうございます!晴天の穏やかな元日でした。
今年もよろしくお願いします。

20060101152108
戌年ですワン!
置き物ゲット!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。