上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「紅白歌合戦」も終わってしまいました。
今年は「地デジ」で見れてクリアな画面でした~

恒例の帰省はせず、東京で初めてのんびり過ごすことに。

チケットの手配や旅行荷物、手土産を買う時間からは解放されましたが、お歳暮選びやその他もろもろ、ギリギリまで慌しく過ごしていました。

年末いつもはお義母さんと一緒に楽しく「おせち作り」をするのですが、なんだか寂しい気持ちです。
おばあちゃんの「あんころ餅」も食べれないし…。

おせち作りはだいたいの具はお義母さんが作ってくれて、私はもっぱら材料を切ったり、お重に詰めたり。簡単な役回りで免除してもらってマス。
でも「栗きんとん」だけは芋栗の好きな私の担当で、毎年楽しく作っていたので、作れないとなると、それはそれでなんだか寂しいものですね…。

小さい頃から「紅白歌合戦」は毎年見てきたので、今年も観戦。
「ゴマ味噌鍋」をつつきながら。

その後はお正月の食べ物準備。
「おせち」と称されるものは作りませんが、二人で食べ切れそうなものを「紅白」を見ながらお重に詰めてみました。

あとは年越し蕎麦。
海老大好きなので、海老天を入れたかったんですが、出来合いのものは胸やけしてしまう時があるので、家で食べる分を少しだけ揚げました。

20090101041833

食べたい具をモリモリに乗っけるもんだから、なんか老舗のお蕎麦屋さんみたいに格好良くはいきませんね(汗)

「カウントダウンTV」を見ながらズルズル~。

10・9・8・7・6・5・4・3・2・1、0~!!

A Happy New Year!!

スポンサーサイト
年の瀬も押し迫り、今年もあと数時間となりました。

2008年、願ったことはいろいろとありましたが、叶ったこと、叶わなかったこと、半々くらい。
前半は夫が入院したり、いろいろとアクシデントもありましたが、後半に進むに連れて、お祝いの行事が増えて、総じて「お陰様」な一年となりました。

特徴的だったのは、それぞれの兄弟姉妹に大きなイベントがあったこと。
義妹の出産、義弟の17回忌、私たちの引越し、弟の結婚。
きょうだい一人ひとりがそれぞれの「新しい時代」に入った気がします。
一つ大きな壁を越えて、新しい人生の扉を開いた、そんな印象です。

義妹は9月に可愛い女の子を出産。
一男一女のお母さんに。

ちいさなあなたへ (主婦の友はじめてブックシリーズ)ちいさなあなたへ (主婦の友はじめてブックシリーズ)
(2008/03/06)
アリスン・マギー

商品詳細を見る

まだ赤ちゃんには会えていないのですが、最近「アー」とか「ウー」とか声を発するようになったそうです。甥っ子同様、姪っ子の成長も楽しみです♪

そして、なんとその出産ニュースの翌日が私たちの引越し。
手続きや荷物の片付けやら、とにかく目まぐるしい日々が続きましたが、なんとか倒れずに乗り切りました。

やどかりのおひっこしやどかりのおひっこし
(1990/09)
エリック カール

商品詳細を見る


新しい街、新しい景色。
通勤や生活それぞれの場面でいろんなことをアジャストし直さないといけない日々でしたが、なんとかかんとか、どうにかこうにか、一つひとつをクリアしている感じです(現在進行形)。

そして、10月には義弟の「17回忌」がありました。

私と同い年の主人の弟は、事故で他界して早や17年。
夫と出会い、そして夫の家族と出会った時、すでに弟さんは他界していましたが、私が同い年ということもあって、不思議な縁を感じたのを覚えています。

悲しい本 (あかね・新えほんシリーズ)悲しい本 (あかね・新えほんシリーズ)
(2004/12/10)
マイケル・ローゼン

商品詳細を見る


親戚が集まり、故人を偲ぶ。
17年という時の経過が穏やかな時間を運んできてくれた気がします。
お義父さんが伝えてくれた一言。
息子の分まで遺された者が元気に幸せに生きていかないといけない。
しみじみと心に響く言葉でした。


11月には同僚の結婚式があり、また長年お世話になった上司が定年退職。
仲の良かった派遣社員の人の任期満了もあって、送別会が続きました。


そして12月には弟の結婚式。

4歳年下の弟が生まれた時、病院に行って「赤ちゃんいただいてもいいですか?」と尋ねた(らしい)私…(汗)

スヤスヤと眠る赤ちゃん。ギュッと握った小さな小さな「もみじ」の手。

一回り大きな私の手で懸命に「パー」に開くのですが、何度やってもすぐにまた「グー」に戻ってしまうのです。
面白くもあり、不思議でもあり。
何度も何度も飽きるまで、繰り返して弟の小さな手を一生懸命広げていたのを思い出します。

あの小さな小さな手が握り締めていたもの、
それは一体何だったのか…。

それからの長い人生で、数え切れないくらい多くの握手を交わしてきたことと思いますが、
あの眩しい一日、バージンロードを新婦と歩いてきたお父さんの手を強く握り、そうして彼女と二人、前に進んだ瞬間が本当に印象的でした。

しろいうさぎとくろいうさぎ (世界傑作絵本シリーズ―アメリカの絵本)しろいうさぎとくろいうさぎ (世界傑作絵本シリーズ―アメリカの絵本)
(1965/06)
ガース・ウイリアムズまつおか きょうこ

商品詳細を見る


「いつもいつもいつまでも!」
そう願っています。

感動的な式でした。
あの素晴らしい式を作り上げた二人なら、これからもきっと助け合って、どんな困難も乗り越えてゆけることだろうと思います。

そんなわけで、今年もいろいろな出来事がありました。
想定内だったこと、想定外だったこと。
毎日は決まったことの繰り返し、積み重ねのような気もしますが、
こうして振り返ると、いろんな変化の波を越えてきていたんだな…と思います。

2009年はハテサテどんな波が訪れるのか…。
荒波もあれば、穏やかな凪の時もあるのでしょうが。
順風満帆となることを願いつつ…。

もう春?!

銀座の「松屋」さんに用事があって、コートにマフラー、手袋と完全防寒体制で出掛けたんですが、なんとソニービル脇に突然「菜の花畑」が!

20081231110028


ホンモノです。


ビックリ満開状態でした。

キリリとした冬の空気の中、その一角だけに流れる穏やかな春の空気。

鹿児島・指宿から取り寄せたホンモノの「菜の花」だとのこと。

20081231110031

思わずシャッターを切る人たちが多く見られました。

東京に「菜の花」が咲くのはまだまだ先のようですが…。
気持ちは温かくなりました。

でも寒い~

年末の慌しい時間を縫って、お出掛け。
午前中はおうちの片付けや所用に追われていたので、ようやく3時を過ぎてから外出。

探し物があって青山へ。
久しぶりに「ベルコモンズ」(@外苑前)へ行きました。

インテリアや輸入雑貨を扱う「シボネ」
じっくり見ていると、あっという間に時間が経ってしまいます。

20081231110045


インテリアショップや雑貨屋さんを見るのはほんとに楽しいです。
一人でブラブラとするのが好きです。
やっぱり青山まで来ると、そこらでは見かけないような珍しいアイテムや洒落たものがいっぱい。
目の保養になります

ただ、探し物のほうは残念ながら見つからなかったので、諦めていい匂いのハンドソープだけ買って新宿経由で帰途に。
「赤坂見附」で丸の内線に乗り換えて、「新宿三丁目」で降りました。
「新宿三丁目」は便利で、「伊勢丹」や「三越アルコット」まで数秒で辿り着けてしまいます。

これまでは「吉祥寺」のショップしかのぞいたことがなかった「KEYUCA」。
「三越アルコット」に入っていてビックリ。

「KEYUCA」

20081231132018

さっそく徘徊開始。

何も買うつもりはなかったんですが、感じのいい「ボディータオル」を見つけたので、1つ購入しました。

その後、「伊勢丹」B1に立ち寄って帰宅。

引っ越してから本当に「新宿」の街が近くなりました。

やっぱり「吉祥寺」でのデパート巡りとは規模が違うので、比較・吟味もかなり幅が広がって、新しい発見がいっぱいあります。
ウィンドーショッピングだけでも楽しいですねぇ。
日常的にドジを踏んでいる私も、もう今年はドジりまい、と思っていたらとんでもない。

最後にやってしまいました…。
(ほんとにこれが最後なのかも怪しいが…)

日本の正月といえば「年賀状」。

主人の実家、北陸方面は特に全国の中でも「年賀状」のやり取りが盛んな地域で、
祖父は家族の中でも賀状が届くのを一番楽しみにしています。

元旦の朝、まだ暗いうちから誰よりも早く起きて、年賀状を配達してくれる郵便屋さんを今か今かと待っているのです。
そして、配達員さんには元旦から配達してくれる感謝とともに、温かい飲み物やちょっとしたお菓子などを差し上げているようです。

おそらくは、雪深いお正月。
今は温暖化で雪も減ったと言いますが、昔は何メートルも降り積もる雪をかき分けて配達員さんが「賀状」を届けてくれたのだろうと思います。

降り積もった雪が玄関を塞ぎ、外へ出るのも一苦労。
お正月はお店も休み。
今のようにテレビ番組も充実していなかった昔は、待っていれば我が家に届く「年賀状」がどれだけ楽しみだったことだろう、と思います。

携帯のメールで「アケオメ」と挨拶する現代っ子からすれば、
年賀状の準備は少々煩わしいことかもしれません。
ましてや「元旦」に間に合わせようと思ったら、数週間も前から準備していないと間に合わないんですよね。大変です。

今年は特別東京で過ごすのですが、結婚以来、お正月は毎年「富山」に帰省していました。
なので、元旦にはおじいちゃんにも会えるのですが、それでも、「年賀状」をワクワクと待っている祖父を知っているので、一枚でも多いほうが嬉しいだろう、と思い、祖父母宛に一枚、義父母にも一枚送っています。

1枚のハガキですが、送るではなく、贈る、そんな気持ちで…。
(当たるか当たらないかはわかりませんが、お年玉も付いてますしね)

って、郵便局の回し者みたいなことを書いてますが、年末は慌しくビハインドモードに…。
印刷のほうは早くからオーダーしてハガキは届いていたんですが、仕事のほうが急がしく。
26日、ようやく「仕事納め」を迎えて時間が出来ました。

ところが、数枚「喪中ハガキ」が届いていたのに、ウッカリ!
その中の1軒に年賀状を書いてしまったんです…。
おぉぉ…

投函する時に、なんとなく「違和感」があり、
あれ、この家は…。
と思いがよぎったんですが、なんとなく勢いで出してしまいました。

引越し後の片付けで、早く届いた「喪中ハガキ」が書類に紛れ、確認を怠ったのが原因です。

でも、やっぱりこの「違和感」が消えず、帰宅した夫に、
「○○さんのところって…」
と尋ねたら
案の定、

「喪中だよ」
と言われ…。

ヒャー!!!
ヤバイヤバイ~

どうしたらいいの~??!!

瞬時パニック!

投函が遅れていたので、早く投函しなくっちゃ、と近くのポストではなく、わざわざ本局で9時過ぎに投函してたんですよね。
気づいたのは夜9時過ぎ。12時間経過してました。

どう考えても先に進んでいそうです

先方に電話したほうがいい、と夫に言われたものの、いや~、しかしこれはマズイなぁ…と超へこみました。
そこへ夫が
「ネットで調べてみたら?」
と言うので、
そっか、もしかしたら何か秘策があるかも!と思い急いで検索。

そしたら秘策発見しました!!!

取り戻し請求
~一度投函した郵便物の配達を止め、取戻しを郵便局に請求する事~


配達前であれば、郵便物の配達を止めることが出来るんだそうです。

投函した郵便局の管轄から外へ出てしまっていたら「手数料」がかかるそうですが、
それでも配達を取り止めて自分の手元に戻すことができるサービスがあるんです。

今回は550円の手数料を払って、取り戻し請求を申し込み。
24時間窓口のある本局で手続きをしました。

小さな用紙に「投函した日時・場所・送り先と差出人の住所と名前」、それらの情報を書き込んで手数料と一緒に渡します。
これでOKだそう。
ハガキは自分の家に戻ってくるそうです。

ホッと一息。

せっかく相手側が「喪中ハガキ」でお知らせ下さったのに、「あけましておめでとう」はないですもんね…。
いや、ほんとホッとしました。

しかし550円の手数料…。

夫には「授業料」だね。と言われ、そうだそうだ、勉強料やね、とは思いつつも、自分のドジさに反省する一日となりました。


Dear Friends,

Merry Christmas and Happy New Year.
Wish your holidays be happy days filled with love.


20081228214728

Sincerely yours,
クリスマスプレゼントには「本」を交換する、というのが結婚してからの恒例行事。

近年は「本」だけでなく「DVD・CD可」と選択範囲を広げましたが、正確には
「交換」というより、一応

「サンタクロース」が運んでくれるプレゼント

ということになっていて、私の勝手な妄想世界に夫が毎年付き合ってくれています(健気)。

本の虫?というくらい、読書家の夫なので(っていうかミステリーばっかりみたいですが)、大好きな長編ミステリーを選びました。

私はミステリーはよくわからないので、とりあえずランキングで上位のとか、評判が良いのをリサーチして選択。

今年はこれにしました。
すっごい「どんでん返し」の「どんでん返し」らしく、面白そう。

ウォッチメイカーウォッチメイカー
(2007/10)
ジェフリー ディーヴァー

商品詳細を見る


日本のミステリー作家を読み漁っている夫なので、海外モノはどうかな、というところもあるんですが、送った本はちゃんと読んでくれているので楽しんでくれるといいな、と思っています。

一応夜中に靴下に入れておく仕掛けになっています。

そして翌朝には「サンタさん来てくれて良かったね」
ということになります。

今年はクリスマス前後も平日。
しかも「締め」真っ最中なので、どこかに出掛ける、なんて出来ないんですが…。

用事があって新宿に寄り道したら、キレイなイルミネーションが。

20081228214708


西口「モザイク通り」のテラスシティは大きなツリーと、ピカピカのイルミネーションで盛り上がっていました。

ハ~。クリスマスですね~

2008.12.22 増えてる!
キッチン雑貨のお店で偶然発見!

「つま楊枝」を持ち上げてくれる可愛いキッチン雑貨。
自宅では「赤色」を愛用しているのですが、なんと「緑」と「オレンジ」まで発売されていました。

20081228214630

ビックリ!です。

人気が続いてるんですね。

ほんと、可愛くて、便利でユニークな「つま楊枝」ケースです。


今日は友人に誘われて映画鑑賞会へ。

オペラ映画の鑑賞会が当たった、ということで、「椿姫」を観てきました。

恵比寿ガーデンプレイス内にある「東京都写真美術館」。

~オペラ映画フェスティバル~なる企画を組んでいて、普段は絶対自分でチョイスしないであろうジャンル。
ご招待だからこそありえます(笑)

映画といえば「恵比寿ガーデンシネマ」のほうならよく足を運ぶんですが、この「写真美術館」は初めて。

結構面白い美術館で、ミュージアムショップには「写真」や「カメラ」に関するアイテムがいっぱい。
ちょっと見て歩くだけでも楽しかったです。興味ある企画展をやってる時はまた行ってみたいです

写真集のコーナーでは話題の写真集、「浅田家」に見入ってしまいました。
この写真集、ほんとに変わっていて、面白いんです。

浅田家浅田家
(2008/07/25)
浅田 政志

商品詳細を見る


「浅田家」(父・母・兄・弟)の4人があらゆるシチュエーションに合わせて場面を構成し、コスプレし、セルフタイマーでシャッターを切って撮影した「家族写真」の写真集。

真剣に様々なシチュエーションに入り込んでいる家族たちを見ながら、限られた時間を共に過ごす「家族」の縁、絆。

それを映し出す「家族写真」。

あえて「演出」を加えて、面白く、芸術的に?!撮ってもいいのかも、と思わせられました。


さてさて、この日は映画そのものよりも友人との「食」と「おしゃべり」がメイン?!のような一日。

20081228214556


「ブコ・ディ・ムーロ」でパスタを。

「海老とズッキーニのパッケリ バーニャカウダソース」(手前)。

気になるパスタがいろいろありましたが、「パッケリ」という種類の平たい板のようなパスタを選びました。そして、大好きなエビとズッキーニ!

映画の後は、再び「HERBS」でお茶タイム。

20081228214601

友人は人気NO.1の「ミルクレープ」。

20081228214604

私は「イチゴのタルト」にしました。

「HERBS」のケーキはホールもピースも大ぶりですが、カスタードも生クリームも甘すぎず軽く、あっさりいただけるんですよね。

ゆっくりとおしゃべりとスイーツを満喫した後、「M-1グランプリ」には間に合わせないと!ということで外に。

20081228214606

ガーデンプレイスはレッドカーペットの両端の樹木がキレイにイルミネーションで飾られていて、ツリーもキラキラ輝いていました☆

6時半ギリギリに帰宅。
なんとか「M-1」に間に合いました。フー。

去年からなぜか「M-1」には「ピザ」となっており、今年もピザで。
そしてピザは「ピザハット」とこれもまた定番です。
(外資応援)

「M-1」は王者は「Non Style」になりましたね。

決勝に残った3組はどれも好きな人たちだったので、誰が優勝しても良かったんですが、本番の勢いはやっぱり「Non Style」がダントツでしたね…。

今年も楽しく見れて良かったです。
引越しをしてからは、吉祥寺に出向くのも1ヶ月に1回あるかないか、という感じになったんですが(これからはもっと回数も減っていくんだろうけれど)、やっぱり歩きやすい街。
「住みたい街No.1」になるのがわかります。

これまでの馴染みのお店も多いし、連続して用事を済ませたい時にはもってこいなんですよね。
頭に路地を浮かべながらスイスイと歩けちゃいます。

それでも8年前に吉祥寺に来た時はすべてが新しくて、知らない道ばかり。

住む、歩く、探す、見つける、喜ぶ、

そんなことを繰り返しながら、「見知らぬ街」は「好きな街」へ、そして離れてもなお「懐かしい街」へと変わっていくのでしょうか。

この日は修理に出していたネックレスの引き取り+その他もろもろの用事で出掛けました。

お昼を食べずに出たので、着いたらお腹がグゥ~。

「ぶぶか」のラーメンが脳裏をよぎり、次第にそのラーメン像はハッキリと、そして大きく私の頭を支配してくれて…。

20081228214625


改札を出たら勝手に足が「ぶぶか」方面へ。

行列はヘンな時間だったので、予想したほどではなく、つい並んでしまいました。

20081228214626

「ぶぶか」の油そばはかなり独特で、まずスープがありません。

独自のタレに麺をからませながらいただくんですが、トッピングも自由に選べるし、ラー油や酢、など好きに混ぜてアレンジしながらガッツリいただく感じです。

ハァ~、美味しかった(満足)

ご馳走様~

2008.12.19 新店舗にて
お仕事で川崎に行って来ました。

川崎といえば、最近駅前に出来たのが「クリスピークリームドーナツ」国内8店舗目の「川崎BE店」。
案の定、行列スゴイ、とは聞いていたんですが、具合のほどを見てみたかったので帰りに立ち寄ってきました。

20081220010447

燦然と輝く「HOT」マーク☆

甘い香りが周辺に漂っていました。

20081220010443

行列のほどは…、と見ると「20分待ち」!

なんだ、それなら…と(ここで「それなら…(軽い)」と思ってしまうのが、クリスピー)つい並んでしまいました…。

ちょっと並んでドーナツシアターの具合を見てみたかっただけなんですが、
すぐにサンプルの供給があって、グレーズドを一ついただいてしまいました…。

20081220010445

いただいてしまったら、なんとなくその場で立ち去りづらいのが真面目?!な日本人の性…。
結局そのまま並んでしまいました…。

ショーケースを見ていたら、あれこれと欲しくなり…、これまた結局ハーフダーズン買い状態に…。
あれあれ…

20081220010449


クリスマスシーズン限定の「クランベリーパーティー」を試してみたかったので、1つゲット。
二日がかりで朝やら三時のおやつやらで食べきりました
体重計には年末年始は近づかないことにします…。

20081220010439

川崎BE店。

9店舗目はどこになるんでしょうね…。

そろそろ関西や名古屋のほうにも進出してもいいんじゃないかと思うんですが…。


大好きなボサノバのアレンジで…。

クリスマス・イン・ボッサクリスマス・イン・ボッサ
(2006/11/15)
オムニバスセシリア・デイル

商品詳細を見る


今年はこれが1枚増えて、現在ヘビーローテ状態です。



それから、先日立ち寄ったインテリアショップでかかっていた「ハワイアン」バージョン。

ハワイアン スタイル クリスマスハワイアン スタイル クリスマス
(2008/12/03)
オムニバスイロナ・アーヴィン

商品詳細を見る


かなり「まったり」な感じ。サンタさんもこれじゃあアロハシャツを着ないと…。


そして、TSUTAYAで去年借りた大野雄二トリオのクリスマス。

LUPIN THE THIRD JAZZ CHRISTMASLUPIN THE THIRD JAZZ CHRISTMAS
(2003/11/21)
大野雄二トリオ&フレンズ

商品詳細を見る


ルパンのシリーズもいいけれど、こちらもナカナカ♪
渋いアレンジです。

さぁ、クリスマスまであと10日切りましたね…
あっという間にイブになりそうです。

人生にこんな嬉しい時間があるなんて!

幸せを運んできてくれた弟に、そして彼女に、心から有難う!と言いたいです。

誓い合ったこの場所を、その瞬間を忘れずに、これからも仲睦まじく助け合って、
明るく楽しい家庭を築いていってほしいです♪

DSCF6198_20081216002943.jpg

企画盛りだくさんのウェディング。
笑いあり、涙あり、本当に感動的でした。
幸せをいっぱい有難う!

涙の締めくくりはこのベアー

DSCF6285-2.jpg

弟が生まれた時と同じ重さのこのテディベア。
抱いた瞬間、母がヨロッと落っことしそうになっていたのが泣けて仕方なかったです。

Happy Wedding!!
末永くお幸せに
2008.12.14 N700系
20081214233633
無事弟の結婚式も終わり、帰京しました。
N700系でした。
発見したんですが、シートの脇にコンセントがあるんですよね。

携帯やパソコンの充電が出来る…。これは本当にありがたいですよねぇ。
2008.12.11 ほんまやね。
20081211133649
こういうのを見ると、「大阪に帰って来たなぁ~」と思います。

週末の弟の結婚式。
少し早めに帰省の途につきました。
なかなか買いに行けなかったんですが、ようやく「超」整理手帳の2009年版リフィルを買いに行けました。

今年は大活躍の超整理手帳でした。
100人100様の使い方がある面白い手帳です。

よくあるスケジュール帳は1ヶ月ごとにページが区切られていますが、このスケジュール帳は3ヶ月ごとにジャバラ式になっていて、連続して先を読むことができるのが特徴です。

だから「月初」に大事な用事があっても、それに向かってのタイムマネジメントがしやすいんですよね。

「超」整理手帳2009 週間スケジュールシート「超」整理手帳2009 週間スケジュールシート
(2008/09/18)
野口 悠紀雄

商品詳細を見る


アメリカの会社なので、年間スケジュールが4期に分かれています。
1-3月、4-6月、7-9月、10-12月。
それぞれQ1,Q2,Q3,Q4、と呼ばれています。

この「四半期」は大きな節目になるので、仕事の上でも、生活面でもなんとなく一つの節目が終わった、という感じがします。

アメリカにはこの頭文字「Q」を表す「Quarter」(クォーター)=四分の一、という感覚が根付いています。

「クォーター」と呼ばれる25セント硬貨。
500円玉を一回り小さくしたようなこのコインは1ドルの四分の一。
公衆電話ではこの25セントが活躍します。
バスケットやアメフトでは時間を4分割して、1つの区切りをクォーター、と呼びますよね。

2009年もクォーターエンドごとに気持ちを切り替えて、トータルで1年を充実して過ごせるといいのですが…

「超」整理手帳2009 (オレンジ)「超」整理手帳2009 (オレンジ)
(2008/09/18)
野口 悠紀雄

商品詳細を見る


私のカバーは現在「ピンク」色なんですが、今年は「オレンジ」も出たんですよね~。

オレンジ好きなので、かなり後ろ髪ひかれましたが、まだピンクのカバーも使えそうなので、我慢して「リフィル」だけに…。

新しいスケジュール帳を準備すると、なんだか気分一新、ですよね。
ハァ~、もう2008年も終わりなんですねぇ…。

今日はジョン・レノンの命日ですね。

CD-1の1曲目がジョンとヨーコの「Happy Christmas」で始まる2枚組のお得CD。
メジャーな定番曲満載です。

クリスマス・ソングスクリスマス・ソングス
(2007/11/14)
オムニバスヒラリー・ダフ

商品詳細を見る


街でもTV、ラジオでもクリスマスソングが聞こえるシーズンになりました。
今年のカレンダーはイブも25日も「平日」なんですよね。

しかも25日は締めの真っ最中!
お腹も壊し、先週末は倒れていたので、ケーキの予約もし損ねたままです…とほほ。

はてさて、今年はどんなクリスマスになることやら…
BGMだけでも気分を盛り上げていきたいです~。






いやほんと、散々でした…。

えらいこっちゃ、の5日間でした。

今年も残り1ヶ月をきり、頑張るぞ~と気合を入れた直後、
なんでしょう、今年のデトックスでもしよう、っていう体内企画?(とんだイベントでした)

3日の夕方、なんとなく体に違和感を覚えた瞬間があったんですが、
(思えばあれがウイルスの取り込み直後?)
夜中にお腹がキュルキュル~っとなり目覚め、それからというもの、
5日間にわたって「別宅はトイレです生活」が始まりました。

不穏な空気を感じつつも、翌朝は展示会のため、幕張へ。
受付担当だったのですが、ほぼ戦力外。
1時間おきにトイレに行く私を温かく見送ってくれた同僚たち。(ありがとう)

この食いしん坊の私がランチも(しかも大好きな「兆一」に行けたのに)半分残し…(涙)
関節がピキピキと痛み出し、やばいな~という感じでした。
社長にまで早く帰ったほうが…と促され、結局少し早めにリタイア…。

それからはどこまでも暖かくホッカイロで装備して眠り続けました。
でも、お腹がキュルキュルなので、結局トイレに行くために起きるんですよね…。
翌朝は関節の痛みは取れていて、熱も嘔吐もなかったので良かったのですが、
お腹だけは治らず…。

結局仕事は一日休み、安静に過ごしました。
治るかな…、と期待してたんですが、いやいやどっこい、しぶといです。
もう何も出ませんよ~!と言いたいところですが、腸って長いんですね…。(そんな問題?!)
翌朝になっても治まらないので、結局病院のお世話に…。

「ウイルス性の腸炎」ですね、との診断。
そうでしょう、そうでしょうとも…。
あれは普通の冷えの仕業じゃありません。

「整腸剤」を処方してもらい、徐々に快方に…。
午後からようやく元に戻り始めました。

腸内ではおそらく「ウイルスvsビフィズス菌」で激しく戦いが繰り広げられてたと思います。
ようやく戦いが終わったのか、ウイルスは退散?
善玉菌たちが「フー、疲れた」みたいな感じで休憩してる感じです。

ノロウイルスなんかも怖いですが、ほんと、ひどいレベルの腸炎は
熱やら吐き気やらでもう本当にタイヘンですから…。
お腹だけでよかったです。
ウイルスは空気中にいっぱい飛び交っているので、
体力が低下していたり、疲労が蓄積していると、免疫力が低下していて、
取り込みやすくなってしまうんですよね。

手洗いは石鹸で、こまめに、ですね。
皆様もお大事に…。

銀杏並木は黄金色に。
そしてカエデやもみじも真っ赤に紅葉してきました。

20081208235332

近くの「紅葉山公園」です。

朝日が葉っぱを通って、キラキラとまぶしかったです。

20081208235338


2008年もいよいよ「師走」に入りました。
今月は瞬く間に過ぎていきそうな予感ですが、
2008年の締めくくりにふさわしい毎日になるように、充実して過ごしていきたいです。

あ~、やり残したことがまだまだあるゥ~



2008.12.01 お色直し
東京タワーが12月からお色直しです。

東京タワー 50周年記念ライトアップ

20081207010829

12月から時間帯によって点灯スタイルが変わる、と記事で読んでいたのですが、
新しいデザインはこんな感じに!
キレイでした~。

マブシィ~
(写メなので美しさが伝わりませんが、実物はほんとキラキラでキレイです)

聞けば、新ライトアップのネーミングは「ダイヤモンドヴェール」というお名前なんだとか。

照明デザイナーの石井幹子さんが、
~東京の変遷を見守り続けた50年に感謝の気持ちを込めて、永遠の輝きを意味するダイヤモンドをプレゼントしました~

とコメントされているように、確かに粒の揃ったダイヤモンドのヴェールを身にまとったような、純白の輝きに包まれていました。

一日に4回ライトアップが変わるのは期間限定のようです。
クリスマス(25日)はまさに締めの真っ最中なので、残業で、悲しいかな嬉しいかな、見届けられるかな…?!



2008 東京タワー 50周年記念ライトアップ「ダイヤモンドヴェール」

点灯日程 2008年12月2日(火)~6日(土)/2008年12月15日(月)~25日(木)

点灯時間 
日没~20:00  「ランドマークライト」
20:00~20:10 「ダイヤモンドヴェール・スペシャルレインボー」
20:10~22:00 「ダイヤモンドヴェール・ホワイトダイヤモンド」
22:00~24:00 「ランドマークライト」
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。