上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
パリ&ブリュッセルのお土産いただきました♪

20090317234524

大好きな「マリアージュフレール」のお紅茶の「WEDDING IMPERIAL」。
ミルクティーにするとすごく合うそうです。
楽しみ~♪

そして栗のペースト。
絵の具?と思いきや、栗のペーストチューブ。
ワッフルにぬったり(ベルギーらしい)、アイスにトッピングしたり、楽しい食べ方が出来そう!

20090317234527


「レオニダス」のチョコ
ベルギーでは手軽に食べられているチョコのお店なのだそうです。

チョコの「宝石箱」~!
一気食いしないように…(戒)
チビチビと味わっていただきます♪

ありがとぉおおおおお~
スポンサーサイト
遅まきながら…。
やっと原作を読みました。

チーム・バチスタの栄光チーム・バチスタの栄光
(2006/01)
海堂 尊

商品詳細を見る

海堂さん、本当にすごいですね…。
これがデビュー作だなんて…。信じられない。

しかし…。

原作を読む前に、映画を観る前に、

ドラマを見てしまった私…。

チーム・バチスタの栄光 [DVD]チーム・バチスタの栄光 [DVD]
(2009/03/04)
伊藤淳史仲村トオル

商品詳細を見る

「映像」のイメージというのはやっぱり強烈ですね…。

私の中では望んだわけではなかったんですが、ドラマの映像でキャラが固まってしまい…。
どうも田口先生というと伊藤淳史くんが浮かんでくるし、白鳥さんは仲村トオルが浮かんでくるし…。

劇場公開されてる時にスクリーンで観たかったんですが、
結局行けずじまいになってしまった「映画版」。

チーム・バチスタの栄光 [DVD]チーム・バチスタの栄光 [DVD]
(2008/08/08)
竹内結子阿部寛

商品詳細を見る

先日、TVで放映していたので録画しました。
いつ見ようかな…、と思ってるんですが、なかなか落ち着いて見れる時間がなく…。

私の脳みそで固まりかけたキャラクターを覆してくれるかな…。
楽しみです。

コアラの国、オーストラリア。

こんな可愛らしいパッケージ…
刻んだマカダミアナッツが入ったチョコレートが…

20090317234452

並んでいます~♪

20090317234455

勢ぞろい~♪(ファミリー?)

可愛すぎてかじれない…!とか言いつつ…
1個消え、また1個消え…。

チョコの魔力恐るべし…。

2009.03.15 冬から春へ…
暖かくなってきました(^O^)

20090317234327

もちろん花粉も絶好調ですが…(汗)

裏手の遊歩道にはよく見ると小さなつぼみがたくさん。
どんな花が咲くんだろう、と気になります。

公園には綺麗な「椿」の花が…

冬から春にかけて咲く「椿」。

春の季語でもあります。

桜の開花予想も出てきましたし、今週は気温が20度くらいに上がる日もあるそうです。

いついただこうかな、と楽しみにとっておいたジュース、最近開封しました♪

セゾンファクトリーの「マンゴージュース」。

20090315163840

めっちゃめちゃ美味しいっ★★★★★

20090315163848

ドロリと濃厚なジュース。
甘くてマンゴー全開です。

20090315163851

こちらは「飲む酢」シリーズ。
赤葡萄のジュースです。

20090315163853

濃縮タイプなので、お水に薄めて、自分の好きな濃さでいただけるのがいいです♪

ウェルチが大好きなんですが、断然美味しいです。
ポリフェノールがとれるだけじゃなくって、
お酢が入っているとよりヘルシーでいいですね~。

玄米黒酢と果汁と蜂蜜で出来ているらしく、他の味もいろいろ出ているみたいです。
気になります~。

ご馳走様でした~


「はじめてのコースター」に挫折した私は
もっとカンタンに練習できる本はないか、と再び「ユザワヤ」へ…。

この本はマフラーと帽子に特化した初心者向けのテキスト。
いつか帽子を編んでみたいので、ちょうどいいな、と思って買ってきました。

はじめてのかぎ針あみ―マフラー&帽子はじめてのかぎ針あみ―マフラー&帽子
(2008/10)
雄鷄社

商品詳細を見る


毛糸もセールしていたので、いろんな太さや風合いのものを1玉づつ買ってみて
ちょこっと編み、ちょこっと編み…。

やっぱり高い毛糸はなんかいい感じに編めるものですね…(笑)
1玉の毛糸の色がグラデーションになっているものは、
糸をいちいち変えなくても自然に色が変化していくので、
少し編んでみるとすごく「上手に編めてる」ように見えます。

でもこの毛糸は練習用に買った中で一番高かった…(900円くらい/玉:左下)

20091009071255


まだ針は3種類(4号・6号・8号)しかないのですが、
毛糸の太さや質によってずいぶん雰囲気が変わるんだな~、とマジマジ。

一つひとつに小さな発見があって、楽しくなってきました。
ちゃんとした作品が編めるようになりたいです。

先週の火曜日。
仕事終わりに久々にお笑いを見てきました(^O^)

言わずと知れた関東のお笑いの聖地?!
「ルミネtheよしもと」@新宿にて。

ここでは、若手、ベテランが相集って毎日休みなく何ステージもこなしています。
新宿近いのに、「吉本を東京で見る…?か…実家に帰った時でもいい?かな…」と長らく意識圏外でした。

しか~しっ!

昨今のお笑いブーム。
大のお笑い好き夫婦なので、テレビを見てると生の舞台を見たくなってきます。
ブレイクした芸人さんや思わず青田買いしたくなる若手芸人さん。
テレビもいいけど、やっぱりアドリブ満載の生のライブはいいですよね~。

20090315002157


ルミネの劇場では毎日休みなく1日3回のステージが組まれていて、
その合間合間にも30分ほどの「ワンコインライブ」や深夜枠のライブがあって、
いつでも気が向いた時に楽しめるようになっています。

関西から出張してくるベテラン芸人さんから、東京育ちの若手芸人さん、
テレビへの露出度が高い人気芸人さんまで、日夜腕を競いあっているんですよね。

20090315002153

↑前説だけは「写真撮影」OKなんだそうです。
パシャパシャみんな撮ってました。
(芸人さんの名前聞き取れず…。なんて人だったんだろう…)


この日は前半は漫才・コント。
ダイアン、ハイキングウォーキング、フルーツポンチ、佐久間一行、陣内智則、サバンナ、村上ショージスペシャルまで。

なにげに佐久間君のファンな私。
応援の声もちょっと大きめ(笑)
売れてほしいけど売れてほしくないファン心理です。

ダイアンはもちろん高レベルで面白かったです。
ハイキングウォーキングはツッコミの松田さんが主人と同じ富山出身なので応援しています。
もちろんQちゃんも最高に可笑しいけど…。
生「かしこかしこまりましたかしこ~」が聞けて嬉しかったです。
フルーツポンチは女子高生がキャーキャーすごかったです。
(「はんにゃ」はもっとすごいらしいけど)

陣内さんも安定感がありましたし、
サバンナも最高!高橋君が後半怒涛のボケボケ状態でよかったです。
夫も隣で大爆笑してました。

ショージさんは相変わらずな感じだけど、昔好きだった「ブラザース」の二人と一緒に組んでトリオでやっていてビックリしました。
「ブーラザースが出ってきたよ~!」ってすごい面白かったのに、いつの間にかどこかに消えていて…。生きていたんですね…。
(夫が気づいたんですが)

休憩を挟んで後半は「万年副座長 大山英雄」が率いるスペシャルコント。(といっても中身はほぼ新喜劇)。

後半は期待してなかったのが申し訳ないくらい、ほんっとーに笑わせてもらいました。

COWCOWが入ってるので、かなり良かったです。
サプライズゲストでエアービヨンセの渡辺直美が出てきたり、鉄拳が出てきたり。

大阪の新喜劇ではこういう流れにならないだろうな~、という展開が新鮮でよかったです。

とにかくこちらはただ座って耳を傾けていれば笑わせてもらえてストレス発散!
「笑い」の力は大きいです。

今、時代はお笑い好景気で、職業として「お笑い」を目指す人たちが増えているけれど、「話芸」を業(なりわい)にするって、すごいことだとつくづく思います。

ちょっと面白いこと思いついた!のレベルでは生き残っていけませんもんね…。

お金持ちになりたい、とか女の子にモテたい、とか、動機はそれぞれあると思いますが、
生き残りは容易いことじゃない。

お笑いブームで「おしごと」の一ジャンルとしての認知度は上がったとはいえ、
やっぱり家族の反対やいろんな障害があるだろうから、
舞台に上がっている芸人さんたちを見ると、すごいな~、と脱帽です。

こんなに気軽に行けて、面白いんなら、
またちょくちょく劇場にも足を運びたいと思います♪

土曜日、とうとう「かぎ針編み編み(最低限)セット」を購入してきましたっ!

ずっと初めてみたくてウズウズしていたので、選ぶのもワクワク。

でも、欲しかった毛糸はSOLD OUT!

で、結局「練習用」に、とセール品をいくつか見繕い、プラス、太さや風合いが違うものを足しました。

20090309231745

編めてる??

いやいや、これ、遠目だから編めてるように見えますが、
最初の「作り目」を作るのもやり方がわかんなくて四苦八苦。

幸い、10日ほど前にスタートした同僚に教えてもらっていた「クロバー」の編み方(動画)にずいぶん助けられました。

いや~、時代に感謝、です。

ほんと、この「動画」が無かったら絶対無理!

本の説明や図、写真だけ見ていても、やっぱりわかんないです(超初心者)。

それでようやくちょびっとづつ、編み編みできたわけです↑

20090309231754

本当は本にあるような「チェッカーマット」や「モチーフつなぎのひざかけ」なんかを作りたいんですが、こんな大作はまだまだ…。

どうしても斜めになっていってしまうし、予定よりも一回りどころか半分くらい縮んじゃうんです…(涙)

とりあえず「ハマナカ」の4号と6号のかぎ針も試したかったので、細身の毛糸でも試してみました。

ふむふむ、複数の色が混じった毛糸だと風合いがいいですね~。
くさり編み~細(こま)編み、ネット編み…。
買ったばかりの本と首っ引きで、いろいろ練習してみました。

20090309231758


持ちやすい、と評判のクロバーの「ペン‐E」かぎ針8号を使って、一番高い毛糸を編んだらすごく編みやすかったです(左)。

やっぱり毛糸が高級だと違うんでしょうかねぇ…。
かぎ針が良かったのか…。

意外に編みやすいのが「ネット編み」(右)。
(相変わらず斜めになってますが…)

練習、と思っていたのでたくさん編むつもりはなかったのですが、
楽しくてどんどん進んでしまいました。

まだあまりにも未熟すぎて、
「作品」と呼べるものが作れる気がしないのが正直なところですが、
毛糸のように細く・長く、
楽しく続けていけれたら、と思っています…。

どうしたらいいの~っ!!

Aさんのお道具に刺激を受けて、さっそく編み始めようと「ユザワヤ」で安い針と糸を買って
最初の練習ページの「コースター」を作ろうと思いましたが…。

アレアレ、もう最初の出発からドギマギ…。

でもなんとか少しづつ進み始めたものの…
お手本の写真にくらべてすごく小さいし(たぶんキツく編みすぎ)、
しかも毛糸の色を変えるなんて小技が入っていて、
どうやるのか…

わ・か・ん・な・い~!!(混乱)

写真はすごく細かく載せてあるのですが、
たぶんフツーの人はこれでも大丈夫なのかしら…。

いやいや初心者すぎてわかんないです、私は。

とりあえずこの糸を途中で変える、ってのは断念しました。

ひたすら「くさり編み」と「こま編み」を繰り返していました…(爆)

最初のページからつまづくとは…。

道のりは長い…。
神戸に本店があり、東京各地にも続々と店舗がオープンしている話題のドーナツ屋さん、

「はらドーナッツ」!

美容院@吉祥寺に行ったついでに寄って来ました♪

20090308175010

吉祥寺の中でも私の大好きなストリート、「中道通り」をまっすぐ進むと、
「吉祥寺西公園」の斜め向かいにちょっとした行列が見えてきます。

20090308175005

行列はお店がオープンしてから続いているらしく、その日も到着時点では10m弱並んでいました。

でも、読みかけの小説もあったので、ポカポカ陽気だしちょうどいいかも、と気長に最後尾に。
けっこうすぐに順番になりまして、ドーナツゲット!

20090308175008

みんな一人で10個とか買っていくので、あっという間にドーナツが消えていきます。

奥にはガラス越しに厨房があって、2人のスタッフさんが休む暇なくドーナツを作り続けている姿が見えました。
1つひとつが「手作り」です。

国産小麦粉や神戸の老舗「原とうふ店」の豆乳、おからを使う材料へのこだわりは
「安心おやつ」と謳うだけあって、自然で優しいお味、と評判の様子。

定番の「はらドーナッツ」をはじめ、サトウキビやチョコ、イチゴ、きなこなど、数種類購入してみました。

20090308175003


抱えるとまだホンワカと温かく、食欲がそそられてしまい…。

お向かいの公園で思わず1個頬ばってしまいました

20090308175000

すごくモッチリしています。
そして、驚いたのは「甘くない」ってこと。

よくある「ドーナツ」の「甘さ」を想像して食べると、拍子抜けするほどの甘さ加減です。

三温糖を使っていることで糖分を減らしているそうで、カロリー対策には優秀なドーナツ♪

『素朴』

という言葉が一番似合うドーナツだと思いました♪

下北、阿佐ヶ谷、中野…、続々とお店がオープンしているので、
また見つけたら買いたいです♪♪
この本に載ってるもの、全部作ってみたいっ!!

編み物の本を買わなきゃ、と紀伊国屋に行ったら、
あまりの膨大さに愕然…。

どれを選んだらいいのやら…。

2,3時間は立ちんぼでとっかえひっかえにらめっこ。

かぎ針編みのレッスン―はじめての手づくりかぎ針編みのレッスン―はじめての手づくり
(2008/10)
雄鶏社

商品詳細を見る


一つすごく気に入ったのが見つかりました!

これはどのページの作品も可愛い風合い、色使いで、すぐに作ってみたいものばかりです。

帽子、バッグ、手ぶくろ、マフラー、といった定番モノから、
シュシュ、ピンクッション、ドイリーのような小ぶりなもの、
ネックウォーマー、湯たんぽカバーといった変わりもの、
そしてチェッカーマットやひざ掛けのような大型のものまで。

どれも本当にステキな作品ばかり。

一冊はこれに決めて、ページを何回もめくっています。

2009.03.07 春の訪れ
桜の開花予想が出始めて、今年は例年より早い、なんて言われていますが、
外出にはダウンジャケットを着ています。
寒いですよ~、まだまだ。

でも今日土曜日は久々に暖かい陽気の一日でした。

20090308165555

週末にしか片付けられない用事があるので、出掛けたんですが、
梅の木でしょうか、せわしなく花から花へと動く影があるので、何かと見上げたら、
鮮やかな緑の羽!

「めじろ」でした。

春だな~、としみじみ。

しかし数日続いた曇天、雨上がりからの強風。

「待ってました!」とばかりに飛ぶわ飛ぶわの「スギ花粉」。

ハ~

もぉ~や~め~てぇ~

せっかくの可愛いメジロへの興奮も一気にテンションダウン

自然相手なのでどうしようもないですね…。

昔から「アレルギー体質」で、鼻炎とはそれこそ「うん十年」のお付き合い。
万年「鼻水垂れ子ちゃん」状態ですが、とりあえずどうしようもないので、諦めて花粉とも共生?している感じ…。

でも昔は鼻水とくしゃみだけだったのが、2、3年ほど前から「目」が痒くなり始めて、これが一番キツイです、このシーズン。

朝起きるとまずは鼻水をティッシュで拭うところからスタートするのは通年ですが、このシーズンは目もよく洗います。

アイボンAL 500mL 4987072071755アイボンAL 500mL 4987072071755
()
不明

商品詳細を見る

何か楽しいことに出会えそうな陽気な日は、「外を歩きたい気分」と「花粉攻撃から身を守りたい気分」とが自分の中で交錯して、ツライです。

日差しが日本の5倍っ?!

ビックリするほどの「紫外線大国」オーストラリアから弟夫婦が帰ってきました~

お帰りなさい~♪♪♪

サングラスなしではとても歩けなかったようですが、楽しい旅を満喫できたようです☆
無事に帰ってきてくれて嬉しいです♪

コアラを抱っこしたり、カンガルーにも餌をあげたんだそうで、写真を見せてもらうのが今から楽しみです。

そして、今日噂のお土産が届きました!
キャ~!

20090306220811

「Koala」の文字にコアラの絵、カワイィー! ←え、これクマ?(今回コアラということで)

コアラティー?!?!
気になる~。

3つパックのうちの1つは、なんとユーカリの葉っぱが入った「ユーカリティー」。

コアラの主食、ユーカリ。
まさか生きてる間に私もユーカリの葉っぱを食べれるなんて。興味津々です。
ブルーベリーとアールグレイも美味しそうなんですが、
とりあえずユーカリから飲んでみることに決定!

ユーカリの蜂蜜もいただいたので、ユーカリティーにこのユーカリハニーを入れてみてもいいかも!
(ユーカリ風味倍増?)

そして、謎の「歯磨き粉」!(笑)

なぜに歯磨き粉?かといえば、現地オススメのすごくピカピカになる有名な歯磨き粉なんだとか。
「プロポリス」が入っているらしい。
こりゃかなりヘルシーな歯磨き粉ですね~。
早速今夜から使ってみますよ~!
(明日歯医者さんの日だし~)

美味しそうなチョコレートは歯磨きの前に食べることにします。
(とりあえず1個は食べてから寝たい)

それから可愛い絵本が登場しましたよ~。なんとDVD付き

ちゃんと私の大好きな「ペンギン」をチョイスしてくれてるところがニクイ~!

Penguin (Book & DVD)Penguin (Book & DVD)
(2007/08/06)
Polly Dunbar

商品詳細を見る

可愛い絵本で、とってもユニークなストーリーです。
すっかり気に入ってしまいました

DVDも見るのが楽しみです♪

大自然に恵まれたオーストラリア。
フィリップ島には「フェアリーペンギン」と呼ばれる一番小さなペンギンたちが住んでいます♪

荷物いっぱいだったでしょうに、いろいろスミマセン!

ありがとう~



今日、ひょんなことからこの絵本の「中国語訳版」に出会いました。

原題は「The Giving Tree(与える木)」。

シェル・シルヴァスタイン(米)の1964年の作品です。

私の生まれる前にすでに生まれていた、私の大切な絵本の一つ。

おおきな木おおきな木
(1976/01)
シェル・シルヴァスタイン

商品詳細を見る

男の子の一生とりんごの木の生涯。
その葉も実も枝も幹も、すべてを捧げきる「おおきな木」の一生は
親と子という関係だけには留まらない「愛」の世界を静かに描き出しています。

「木」の愛情は限りなく、どこまでも犠牲を厭わず、そう生きることをむしろ喜んですらいることが心に染み入ってきます。

哲学的なこの本は、子供のためだけの絵本ではなく、
いくつになっても、年をとっても「大切なこと」を思い出せる、
「大切な人」を思い出させてくれる、まさに私にとっての「与える木」。

英語版と日本語版を持っていますが、中国語版に巡り合えるとは。
他の言語のも木になります。おっと、気になります。

これまで長~い間、絶対にやらない(やれない)だろうなぁ~、と思っていたジャンルがあります。

それは

「編み物」。

コツコツと目の数を数えながら、ひと針ひと針毛糸を編んでいく…。

そんな緻密で途方もない作業は、「私には向いてない」と長年思い続けた「食わず嫌い」でした。
(正確にはまだお箸をつけてないんで、克服できるのかどうかは…わかんないですが)

それがひょんなことから…急にやる気になってしまって…。

人生とは不思議です。

はじめてのかぎ針あみ―マフラー&帽子はじめてのかぎ針あみ―マフラー&帽子
(2008/10)
雄鷄社

商品詳細を見る


新しいおうちに来て、ベッドカバーを新調したのですが、足元に敷く「スローケット」(でっかいマフラーみたいなやつです)がどうしても欲しくて…。

あちこち探し回ったものの、靴を履いてベッドに寝っ転がる国民じゃないのであんまり普及してないのか、なかなか理想通りのものがないんですよね…。

やっと見つけてもとんでもなく高かったり…。
デザインが気に入らなかったり…。

あと、古くてペタンコになった座布団に、そうだ、カバーをつけてあげよう!と思いついても、ペタンコになった座布団のカバーのサイズって「微妙」…。洋風にしたいのに、座布団カバーだと和風のものが多いし…。気に入った生地のものとはなかなか出会えません。

キッチンマットも欲しい風合いものがやっと見つかった!と思ったら、ネットショッピングは品切れ状態。

そんなわけで、ことごとく、インテリア小物類に「ガッカリ」が続いていたんです…。

それで悶々と考えていてひらめいたのが、

そうだ!自分で作っちゃえばいいんじゃ~ん!!!(単純)

でした。

以前、手編みの小物入れやマフラーをいただいたことを思い出しました。
暖かくて優しい手触り。
幸せな気持ちになれる「手編み」、これだぁ~!
サイズも色も自分の好きなものを選べば間違いなく理想に近づけるハズ!!

とひとり勝手に盛り上がってしまいました。

自分で妄想するのは際限がありませんね。
不可能もございませんね…(笑)

頭の中でいくらでも好きな色・好きなデザインで欲しい小物が出来上がっていってしまいます…(実際はそんな簡単じゃないハズですが…)汗

とはいえ、これまでは「買ったほうが早いし安いに決まってる!」と120%信じて生きてきた「編み物オンチ」な私にとってはものすごい価値観の変化なんです。

こんな変化が自分の中で起こるとは。
ほんとわかんないもんです。

しかし2本の編み棒を駆使するのはイメージ的にどう考えても難しそうだし、とはいえ、「指」だけで編む、というそんな達人ワザには到底…。ムリ、ムリムリ~。

ということで、なんか「1本」だし、取っ掛かりやすそう…なイメージの「かぎ針」編みに挑戦してみることに…。

これがまたすご~くタイムリーなことなんですが、
親しい同僚の一人が「お子さんのお洋服につけるレース飾りを編みたい」ということで、ちょうどクロバーの「かぎ針」編みセットを買ったところ!という情報をゲット!

お互いに初心者、ということで意気投合!

作りたい作品はそれぞれ違うんですが、ビギナー情報を交換しあえるので、すごく刺激になります^^

しかも、同僚の中には「帽子」編みにハマッた経験者や、かなりの上級腕前の人もいることがわかり、いや~心強い~。

にわか「手芸ブーム」が巻き起ころうとしております。

まだ本を2冊購入しただけなので、ほんとに続けられるのかしら?!と
半信半疑ではありますが…。

とりあえず週末に「ユザワヤ」で編み針と毛糸を買ってくるザマス!
3月3日ひな祭り&バースデーのお祝いメイン。

ここ数年は「ちらし寿司」が定番になりつつある我が家ですが、
今年はちょっと趣向を凝らして…。

ジャーン!

20090304222916

「ちらし寿司ケーキ」にしてみました

作るのも食べるのも楽しかったデス

見かけよりも作り方はいたって簡単です。

20090304222425

「はなまるマーケット」でもやってたんですが、牛乳パックをカットして「ラウンド型」を作ります。

昆布とお酒を入れて炊いたお米を三等分します。
この寿司飯チームをそれぞれ色分けします。

①緑チーム(小松菜使用:大根の葉でもかぶの葉でも緑色にできるものなら何でもOK)

20090304222402

湯がいた葉っぱを「酒いり」といってお酒と塩で乾煎りするのがポイント

②黄色チーム(炒り卵とたくあん使用:卵だけでもたくあんだけでもOK)

20090304224149


③ピンクチーム(でんぶ使用:にんじんでもハムでもオレンジや赤色系の食材をみじん切りにすればOK)

20090304222405

信号機みたい~♪

20090304224151

こんな風に混ぜ混ぜ~!
とっても楽しい作業です。

これを
「緑」→「黄色」→「ピンク」の順に積んでいきます。

私はちょっとアレンジを加えて、レンコンとしいたけをお出汁で煮たものを乗っけてみました。
その上に「錦糸卵」を飾ります。

20090304222906

あとは海老やさやえんどう、サーモンなどでデコレーション。

20090304222909

本当に自分の好きな具材でいいんじゃないかな~と思いました。
まぐろの漬けでもいいし、イクラでもホタテでも鯛でも。
お料理教室ではキュウリの飾り切りを飾ったりしました。

20090304222913


飾り付けが終わったら、まるで冠のような牛乳の輪っかをそぉ~っと外します。

パカーン!

20090304222916


と、これで出来上がり!!
てな具合です。

「ひな祭りの祝い膳」、早くも来年への夢が広がります~。
東京ガス新宿ショールームのお料理教室に行って来ました♪

先日、柿沢シェフの講座に参加した折、パンフレットをもらったのですが、
いろんなお料理教室を単発で行っていて、面白そうなのがいろいろあって…。

申し込んでみたら幸い当選したんです。

3月3日は雛祭りであり、夫の誕生日でもあります。
我が家では私一人、当人の10倍ほど盛り上がり、前日から勝手に「前夜祭」とか言ってケーキを食べちゃったり。

私も一応女子の端くれ、ということで、ダブルお祝いモードなのでつい気合が入ってしまいます。
これでもし娘でもいたら、トリプルお祝いモードでえらい騒ぎになりそう…。

今年の3月3日はお天気はいまいち、夜から「雪」が降るかも…とニュースで伝わるほど。
先日ロケ地になっていた「角筈橋」をまた通ります。

20090304222003


「ひな祭りお料理」の特別講座は、女性も若い方から年配の方までたくさん参加して来られていて、東京ガスのお料理教室の人気がうかがえました。

先生のデモンストレーションを見てからグループに分かれて実習。
懐かしい調理実習を思い出す雰囲気です。

20090304221953

牛乳パックを使った「型」にお寿司を詰める雛寿司。
ご飯は三段の色違いになっていて、上に海老やら鯵やらをのっけます。

20090304221955

定番の「蛤のお吸い物」。

基本的なお料理ですが、ちょっとした料理のコツや、裏ワザを教われるのがいいですね。
「イカと筍の木の芽味噌和え」は本格的で、家では作ったことがなかったので、勉強になりました。

20090304221947


そして、最後に作った「桜餅」。

20090304221958

買ってきたように見えますが、手作りで簡単に出来ることがわかって感動!

食べ切れなかったので2つはパックに入れて持ち帰りました。

と、この習ったばかりのメニューをこの夜アレンジして実践!
さぁさぁどうなりましたやら~。

寒い~!

昨夜はほんのチョッピリでしたが、東京の空に雪が降りました。
(朝にはすっかり溶けてましたが)

立春、啓蟄を過ぎても、なかなか暖かくなりません。
曇りがちな空を見ていると、気分がドンヨリしてしまいます

梅の木を見ると花は開いているものの、なんだかみんな縮こまって見えます。

早く暖かい春が来てほしいです~。

と、そんな寒い冬、今年はいろんな「お鍋」にチャレンジしました。

20090304221319

つい先日は「きりたんぽ鍋」。

これまで一度も「きりたんぽ」を買ったことが無かったんですが、同僚に勧められて挑戦してみました。

20090304221331


五平餅みたいで美味しいっ!
気に入ってしまいました。

くずれやすいので、食べるちょこっと前にお鍋に入れるのがコツみたいです。

その他、今年は「寄せ鍋」はもちろん、「豆乳鍋」、「キムチ鍋」、「カレー鍋」など、変わり鍋にいろいろ挑戦しました。

特に「カレー鍋」は最後に「ご飯」と「チーズ」を入れてリゾットにしたのがなかなか美味しかったです。

もうお鍋は片付けよう、と思うのに、なかなか暖かくならないので、片付けられません…(笑)

2009.03.01 きっかけは…
去年結婚した弟夫婦にコウノトリさんがやってきてくれたことがわかりました♪

なんて嬉しいニュースでしょう。

子供が早く欲しい、と言っていた二人なので、
本当に良かったです。

これから幸せが2倍、3倍になっていくことを願っています。

弟の子供、となるとなんだか私も気持ちは格別で、
甥っ子か姪っ子かはわかりませんが、とにかくすごく誕生が待ち遠しいです

何かとっておきのプレゼントをあげたい…。

世界に1つしかないもの…。

そんなことをいろいろと考えていると、

「編み物」に行き着きました。

昔、看護の仕事で忙しい母がその合間を縫って
私と弟にセーターやカーディガンを作ってくれたことがありました。

忙しい母だからこそ、
その貴重な時間を割いてひと編みひと編み私たちのために編んでくれたことが
子ども心に本当に嬉しくて、感動したのを覚えています。

まさに「母さんが~夜なべ~をして~」
じゃないですが、
その手づくりの温かみ、重みは今でも毛糸の色、風合いとともに
私の記憶にしっかりと残っています。

そんなことをぼんやりと思い出していると、
やっぱりこりゃ編み物か?!

と徐々にテンションが上がり

といっても、「編み物」とはこれまで無縁の生活。

ただ単純に、ピアノを弾くから
手先はどっちかというと器用なほうじゃない?!という勝手な思い込みしかなく…。
指先を使っていればボケ防止にもなるかしら…と
姑息な一石二鳥狙いです。


買ったほうが安い、時間もかかるし、不ぞろいな出来栄えのものを作っても…。

と、これまでは敬遠してきた「編み物」の世界。

でも、逆に「大切な人へのプレゼント」と考えると、

どこにも売ってない、時間がかかった、出来栄えもご愛嬌、

というもののほうがむしろ気持ちが伝わるような気がしてきました。

私の心にいつまでもあの「母のセーター」が残っているように…。


そう、世の中の多くの人が編み物を始めるきっかけは

「大切な人のために」なのかもしれません。

そんなことをアラ40になってようやく気づきました。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。