上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今年で「40周年」を迎える「ミスタードーナツ」。

「美味しさカムバック!」

と題して、
1975年~人気が続いている「オールドファッション」の
人気の味を復刻販売してくれています。

100130_1525~01.jpg

ミスタードーナツ、といえば
私が大好きなのはやっぱり「オールドファッション」。
中でもチョコのついた「チョコファッション」が一番好きかも。
コーヒーによく合うし、ほんと元気の出るドーナツです。

最近は胃もたれしやすいので(悲)昔のようにドーナツなんてバクバク
食べれなくなっちゃったけど、
HPで確認したらなんと新発売の味も含めて8種類も売り出されてると知って
思わず行っちゃいました~。

定番の「チョコファッション」に
新発売「オールドファッション珈琲チョコ」。

ほんとに珈琲の味がします~♪
これは面白い!

そして「オールドファッションハニー」。
これは2002年のものらしく、あんまり記憶にないんですが…。
買ってみました。
かなりハニーな感じです。

そして新発売の「オールドファッション黒蜜きなこ」。
こちらはなかなかの感動味でした。

しっとりと黒蜜きなこがしみていて、
美味し~(っていうか甘いけど)。

でもなかなかこの食感と風味は和洋合体でいい感じがしました。

企画の期間内に全種類制覇したいです~。


スポンサーサイト
友人のNちゃんとバーミックスの「手作り味噌教室」に行って来ました。

私はこの年になるまで「味噌」が大豆のほかに何で出来ているかも知ることもなく、
まさか自分で作れるとも思わずに生きてきました。

が、Nちゃんの実家ではお祖母ちゃんが大きなタルにお味噌を作っていたらしく、
お父さんはその「味噌」を食べてお母さんとの結婚を決めた!
という秘話があるそうで、自分のルーツ?ともいえる「味噌作り」に
長年興味を持っていたのです。

バーミックスは持ってないんだけど、「味噌作り教室」があるらしい、と知るや
興味津々で、なんかその勢いに私も感化され…。
去年は機会を逃がしたので、今年一緒に申し込んで行って来ました。

100129_1318~01.jpg

昨年の生徒さんが仕込んだ、という味噌を野菜のディップにしていただきましたが、
これがもう絶品!

大根もきゅうりも何本も食べれそうな感じでした。

5人づつの3グループに分かれて、500gの味噌を作る手順を習いました。

そして後半は先生が作った「味噌」を使った料理の数々を試食。

100129_1304~01.jpg

「豚汁」に「さわらの味噌漬け」、うどを使った料理に、
デザートには味噌味の「蒸しケーキ」をいただきました。
(おなかいっぱい。どれもめっちゃ美味しかった~)

講習もとっても楽しく有意義で、
ぜひ作ってみたい!と思わされる内容でした。

講習の後、自宅で味噌を仕込めるよう、「味噌キット」を売ってくれます。
家族4人で半年分。
ということはうちは2人なので1年分はあるということ?!
なんとそれが材料費1500円なのです。

安上がり~!
美味しくて無添加で体にいいときたら、こりゃ作らなきゃ!
先生も「絶対に失敗しません」と太鼓判を押してくれたし、
にわかにやる気マンマンになっちゃいました。

Nちゃんとノリノリで「手作り味噌製作委員会」を発足し、
キットを買って帰りました(重っ!)

なにせ大豆1kg、こうじ1kg、塩500gに漬け込むでっかいタッパー、といったセットなので
重い重い。

たいした寄り道も出来ず、「松之助NY」でアップルパイを食べて
代官山の雑貨屋で(荷物をレジで預かってもらい)笑
くまなく面白グッズをチェックして帰りました。

1週間後に決行しよう、と決めてお別れ。
待ち遠しい1週間です。

食べ物ばかりの話題が続きましたが…(汗)

最近は運動のために駅まで
「早足で・姿勢よく」
歩くようにしています。

通勤に限らず、歩くときには「i-pod」が欠かせません。

さて、何を聴くか?

テンションを上げるも下げるも選曲次第、なところがあります。

歩く時にまったりした曲を聴くのと、
歩幅に合った曲を聴くのとでは、
かかる時間にも結構差が出るんですよね。

最近気に入ってるのはコレ↓

コーラスライン-ニュー・ブロードウェイ・キャスト・レコーディング/映画「ブロードウェイ(音符記号)ブロードウェイ~コーラスラインにかける夢」サウンドトラックコーラスライン-ニュー・ブロードウェイ・キャスト・レコーディング/映画「ブロードウェイ(音符記号)ブロードウェイ~コーラスラインにかける夢」サウンドトラック
(2008/10/01)
サントラ高良結香

商品詳細を見る

ミュージカル「コーラスライン」の
「ONE」(ワン)。

テッテレテッテレ、テッテレテレテレ、
テッテレテッテレテ…チャンチャンチャン
ワン!
チャラチャラチャラー、チャララララッチャラー♪

この始まりからして、私の早足の歩幅にピッタリ。
あまりにピッタリ過ぎて、聴くたびに笑ってしまいます。

最初から最後まで全く無駄のない歩き方で
サクサクと歩けるんです。

しかもミュージカルなので大勢で歌っていて、
ボケーッとした朝を一喝してくれる、元気の出る曲です。

何も聴かないで早く歩くのと、
正確なリズムに乗って歩くのとでは、
やはり前者のほうが早く到着します。

たとえ1、2分でも、朝の1、2分は大きいですよね。

まるでそのテンポはメトロノームのように
カチ・カチ・カチ・カチ、と正確で、
右・左・右・左、と自然に足が前に出るんです。
姿勢が悪いと同じテンポでまっすぐ歩けなくて、
曲のリズムからもはずれてしまうので、
自ずとまっすぐ姿勢良く歩いてしまいます(笑)

同じような「自分の歩幅に合った曲」というものがあって、
すでに何曲か見つけているんですが、
いつかそれをまとめてi-podにコンパイルしたい、と思っています。

できれば
ゆっくり歩幅の曲、
ふつう歩幅の曲、
急ぎ足の曲、

と歩幅ごとに分けれるといいんですが。

人それぞれ「歩幅」が違うように
「歩幅に合う曲」も違うんだろうな、って思っています。

アダージョ、アンダンテ、アレグロ、アレグロビバーチェ…。

ゆっくりの時間も速い時間も
大切に…。
踏みしめて歩ける自分になれますように


スマステーション」をなにげなく見ていたら、今年流行しそうなものを特集していました。

そこで出たのがピザの「Sbarro(スバーロ)」が日本に上陸する、っていう話!

えーっ!あのでっかいピザのSbarroがっ?!

ビックリです。

0号店が試験的にイオンモール日の出店で展開されているそうなんですが、
1号店が吉祥寺に出来るとか。

しかも来月!

えー、どこどこどこに????

ビックリです。

「Sbarro」といえば、
アメリカで知らない人はいない、っていうくらい有名なピザのファストフード店。

大きなモールにはたいてい入っているし、
とにかくあのでっかいピザが並んでいる様子は見ごたえがあります。

一度上陸したことがあった話も聞きますが、撤退。

最近撤退していく外資が多い中で上陸を決めてくれたなんて、感激です。

日本オリジナルのメニューとかも出来るのかな~。

気になります。

弟ファミリーから届き物♪

20100125212535

はぅ~

ゴディーバ!

20100125212538

ひゃ~2段??

20100125212540

ふぉ~壮観!

冬のアイスも格別です。

「そこにある」という幸福。
「いつもある」という安心。

運んできてくれました。
いつもありがとう!!


神保町の「いもや」で昼食を食べた後、
駅に向かって歩いていると、ふと道路を隔てた向こうに
「たいやき」の看板を発見!

20100123191705

私が気になったのは「羽根付き」の文字。

羽根付きたい焼き…?!

羽根付き餃子なら聞いたことがあるけど、
羽根付きたい焼きなんて聞いたことない…。

20100123191707

店名は「神田達磨」。

なんとも気になって道路を渡ってみると5名ほどお客さんが並んでいました。

まだ新しい店舗。
神田界隈で人気のある鯛焼き屋さんが店舗を増やした感じ。

近づくと香ばしい匂い。
美味しそう…
羽根付き?の実体がどうしても気になる…。

古本を売って5000円儲かったことだし、
お土産に買って帰ろう!

いそいそと行列に加わりました。

20100123195114

天ぷら定食でお腹いっぱいになっていたので、
出来たては美味しそうだったけど、我慢してお持ち帰り。

ほんとに羽根付きでした!

20100123195117

おうちに持ち帰って温めなおしていただきました。
なかなか美味しかったデス♪

おはぎ大好きの夫のために、実は「おはぎ」も2個購入。
喜んでました。

私は翌朝食べましたが…。

冬のたい焼きはいいですね~

半休を取った日、神保町に寄り道してきました。

専門図書が数冊あって、買取りしてもらおうと明倫館書店に持っていったんですが、
500円くらいかな~なんて思ってたら、な、なんと!

「5000円」

と言われてビックリ仰天

平静を装いながら、有り難く樋口一葉サマ、いただいて参りました。

8冊で5000円、持って行って良かった♪
さすが本の街、神保町ですね~。

本も無くなって身軽になり、お昼でも食べようと立ち寄ったのがこちら。

20100123191648

前に白山通りを歩いた時、「天麩羅いもや」さんが行列になっているのを見て、
これはいつか行ってみたい!と思ってたのです。

この日も予想通り、狭い店内からお客さんが溢れて、
歩道に数名並んでいましたが、ふとそのすぐ側の路地に
同じ「天麩羅いもや」の看板が出ているのを発見!(我ながら目ざとい…)

これは分店か…?

近づいてみると、メニューも雰囲気も全く同じ。
同様に混んでいて、2人ほど並んでいました。

でも銀行で用事を済ませて戻ってくると分店?のほうはすぐに入れそうだったので
思いきってのれんをくぐりました。

20100123191651


「へいらっしゃい!」的な神田、江戸っ子の威勢のいい掛け声で迎えられ、
ちょっぴり恥ずかしかったけど、直感で絶対美味しい!と確信。

90%メンズ(中年多し)に囲まれたコの字型のカウンターの中に、
この道一筋、という風情のおやじさんと、仕事の流れに無駄の無いベテランのお兄さん、
そしてバックで厨房を支えるおばちゃんがいました。

「天ぷら定食」650円
「えび定食」850円
そのほか、追加注文は午後1時から受け付けるスタイルで、
野菜やイカ、あなごなど、1個100円~のラインナップ。

定番と思しき「天ぷら定食」を注文。

カウンターからは大きな天ぷら鍋がよく見えます。
そして香ばしい匂い。

しばらくするとゴハンにしじみのお味噌汁、大根おろし入りの天つゆ、
そして天ぷらの盛り合わせが出てきました。

めっちゃ美味しそ~!(大興奮)

一口パクリ。

キャー、美味しいコレ。

イカ、エビ、かぼちゃ、春菊、キス

この5点が、ゴマ油の香ばしい香りが漂う鍋で揚げられて
アツアツで出てくるんです。

特にイカの美味しさは格別でした。
ちゃんと3つに食べやすくカットしてくれていて、
その柔らかいこと!

写真を撮りたかったのですが、
なんだかお客さん全員が「天ぷらと俺」、という空気なので、
とても撮る勇気はなく…(諦)

私もこの日は真剣に「天ぷら」と対峙し、
「天ぷらと私」の世界を築きあげました。

安い天ぷらを食べると、たいてい油が悪くて胃もたれしちゃうんですが、
この日は寝る前まで全然胃もたれすることもなく快調。

それがたったの650円とは…。

この安さと旨さ、速さであれだけの行列が絶えないんですね。
納得しました。

また神保町に行く時は立ち寄りたいお店です。

昨年12月からずっと見たかった「ジュリー&ジュリア」。
公開前から楽しみにしてたのに、
銀座の映画館はいつも満席でチャンスを逃がしていました。

年が明けたら、と待ちわびてようやく!
銀座はやめて新宿の映画館に。

午後は半休にして「神保町」に寄り道をした後、新宿へ。
チケットをゲットしてから三越アルコットに移動、
ドーナツプラントでコーヒー&ドーナツを調達してから映画館に。

20100123194502

舞台は現代のニューヨークと50年前のパリ。
そして美味しい料理の数々。
見るだけで元気がもらえる、楽しい、美味しい?!映画でした。

ジュリーとジュリア、50年の時を隔てて、現在と過去に実在する(した)女性が主人公。

1949年、夫が政府外交の仕事をしている関係で
パリに駐在することになったジュリア・チャイルド。
ベッドから足が飛び出るほど大柄な彼女は食べることが大好き。
異国の地でも持ち前の明るさで美味しいものを求め歩く。

そんな彼女が
「私にできることは何?」と
新しい生きがいを求めたのが「フランス料理」の道。

ル・コルドンブルーで本物のフランス料理を習得し、
アメリカの家庭で誰でもが作れるように、と
524のレシピにまとめた料理本を発行、
アメリカの食卓に革命を起こした、と言われる伝説のシェフ。

かたや現代では、
作家になる夢を抱きながらも夢半ばで挫折、
夫と越してきた新しい住まいも冴えない安アパート、
仕事は9・11の後処理に追われる閉塞感のある仕事…。
大好きな料理だけが癒しを与えてくれる唯一の存在。

「人生を変えたい!」と一念発起で始めたのが
リスペクトするジュリア・チャイルドの料理本すべてのレシピを
作ってブログに発表する、というもの。
その期間はたった1年。
365日しかないのに524のレシピを実現するなんて…。

でもそれをやってのけたのがジュリー・パウエル。
そのブログはやがて評判を呼び、本となり、映画となる…。
料理を通して夢を叶えた二人の女性。

映画の中の彼女たちには共通するポイントがいくつかありました。

①「私に出来ることは何?」
人生これでいいのか?という疑問を持ち、
それを打開することを模索し、新しいことに挑戦する。

年齢も性別も言葉の壁も気にせず、
男性ばかりのフランス料理の世界に飛び込んだジュリア。

フルタイムの仕事をしながら、
たとえ9時過ぎに帰宅してもキッチンに立ち、
土日も買出し、料理、とその力のすべてを「新しい挑戦」に注ぎ込んだジュリー。

二人の新しい人生の第一歩は
「私に出来ることは何?」そう問いかけたこと。

②「好きこそものの上手なれ」
「好きなことは何なの?」そう問いかけ、妻の人生の新しい変革を応援し、
支え続けてくれた最愛のパートナー。

「僕がパンなら君はバターだ」

そう言ってくれる旦那様。

この映画の主役はもちろんジュリーとジュリアなのですが、
この二人の夫の存在もまた、じんわりと心に残る、ステキな存在なのです。

③「たとえ失敗しても決めたことをコツコツ続ける」
ジュリアの料理と料理本。
ジュリーの料理とブログ。
作ることと書くこと、その地道な表現をコツコツと続けた二人。

包丁の持ち方さえもままならなかったジュリアが
「ピアノと同じで練習あるのみ」、そう言いながら
失敗してもへこたれずフランス料理の道を探求し続けます。

「まるで虚無の空間に書き送っている感じ」
そう表現するジュリーのブログへの姿勢は
「規則正しく腹筋するのと同じ」。

そんなブログへの考察もブロガーとしては面白い視点になりました。

コツコツと続けたことがやがて大きく花開き、実を結ぶ。
これが実話であることには大変な勇気と感動をもらいました。


映画の最後にも出てきますが、
ワシントンのスミソニアン博物館には
「ジュリア・チャイルドのキッチン」が再現されています。

この映画で知るまで「ジュリア・チャイルド」については
知識ゼロだった私。

スミソニアンに足を運んだこともありましたが、
こんな展示があったなんて。
見たかったな~。

そしてたびたび登場するジュリアの料理番組の映像。
フライパンでひっくり返すのを失敗しちゃうシーンには大笑い。
「勇気が足りなかったわ」とか
「謝らないわよ」とか。

ジュリアのセリフの一言ひとことがチャーミングで、
ジュリーが彼女のファンになったことも
アメリカ中に旋風を巻き起こしたこともよくわかります。
いつかこの料理番組も見てみたいな…。

ジュリアの底抜けの明るさ、特徴でもある甲高い声。
先ごろ発表された「ゴールデングローブ賞」では
メリル・ストリープはこのジュリア役でなんと主演女優賞。

アカデミー賞の前哨戦と言われるGG賞なので、これは本当にスゴイこと。
本物のジュリア・チャイルドとそっくりに演じたメリル・ストリープの成りきりぶりは
見ごたえ十分です。

それにしても、このゴールデングローブ賞、
メリル・ストリープは「恋するベーカリー(It's cmplicated)」でもノミネートされていたので、
ほんとにすごい女優さんです(こちらも次に気になる映画…)。

ジュリー&ジュリア」。

美味しいものが好きな女性に、
人生に変化を求めている女性に、
そして台所に立つすべての女性に…見てもらいたい映画です。

このところ寒い日が続いています。
といっても昔ほどじゃないと思いますが…。
歯をガチガチ言わせるほどの寒さはなくなりましたもんね。
(小さい頃はガチガチいってた気がするので…)

さて、寒い冬は「お鍋」ですが、
先日のお買い物でどうしても気になってカゴに入れちゃった「トマト鍋」のスープ。

20100123113524

いよいよお試し!です。

豆乳鍋、もつ鍋、カレー鍋。
毎年人気の鍋が出るけれど、この「トマト鍋」はいかがでしょう。
今年の人気のお鍋の一つです。
「トマト鍋」で流行っているお店もいくつかあるのですが、
まだ外で試したことはありません。

いきなり家で試します。
大冒険。

材料は

キャベツ
ウインナー
鶏肉
しめじ(きのこ類)…うちはエリンギとマッシュルームも入れました
にんじん
玉ねぎ

みたいな感じ(裏面レシピによれば)。

なんだか洋風の具だくさんスープが出来るのかな、
という予測。

でもそこをあえて「鍋」と言い切り、
「鍋」で作る、これが「トマト鍋」みたいです。

実際、トマトも入れるとこれまたなかなかイイらしいんですが、
ちょっとトマト過ぎるような気がして怖いので今回はパス。

とりあえず材料を鍋に仕込んでグツグツ。

20100123113527

いただきました♪

トマトスープよりももっとお出汁にコクがあって、美味しかったです。
たぶんトマトジュースみたいなのでもできるのかもしれないけど…。

この鍋が面白いのは1度目じゃなくて、2度目、3度目。
とりあえず具をトマトダシと一緒にいただいて、
その後ゴハンをいれてチーズを入れると…。

チーズリゾットの出来上がり。

これがめちゃ美味しかったんです。

実際、トマト鍋の具を食べてる時よりも美味しかった…(笑)

で、二人で食べるので結構スープも具も余るんですよね。
それをリゾットを始める前に取り分けておいて、
翌日以降楽しみます。

まず、若干のスープと具のセット。
これはお湯を足して煮詰まった具入りスープを薄めて
卵を落として半熟に。
美味しくてボリュームたっぷりのエッグトマトスープが出来ます。

それから、トマトベースのお汁だけを少し残しておいて、
そこに冷やゴハンと冷蔵庫の残り野菜を細かく切って
火にかけながら水分を飛ばします。
シーチキンをぶち込みましたが、ウインナーやハム、鶏肉の細かいのを
一緒に入れてもいいかも。
あっという間にチキンライスが出来ます。

それを薄焼き卵で包んでオムライスにしちゃうのです。

なんだかわからないけど、主役の鍋だったのに、
そこから生まれる脇役が主役級ぞろいでビックリです。

他のお鍋だと、せいぜい「おじや」か「うどん」「ラーメン」でしめて終わり、
って感じだと思うんですが、
なんだかこの「トマト鍋」は次から次へと再利用できちゃうんですよね。
面白いです。

カサカサのシーズンです。

冬は「花粉」が飛ばないのでその点では助かるんですが、
乾燥のシーズンでお肌がどうしてもかさつき気味…。

お風呂から上がった後はボディークリームが欠かせません。
ケアするのとしないのとではだいぶ違います。

20100123011013

いただいたりすることもあるので、プレゼントが半分、
気に入った香りのものは自分でも購入します。

ロクシタンのローズの香り。
Body & Worksのトロピカルパッションフルーツにカントリーアップル。

その時の気分で香りを選んでヌリヌリ。

良い香りは気分転換になりますね。

ビン詰めの「パーシュマン」のハンドクリーム(中央)はかなり気に入っていて切らせません…。

「サンタールフレッシュ」という名前のフランス製のハンドクリームです。

絞りたてのような、新鮮でみずみずしいレモンの香り
伸びが良く、肌にも馴染みの良いハンドクリームです。


とビン底に書いてありました。

日本で輸入販売しなくなったらフランスからでも買い込みたいほど
お気に入りです♪

カサカサシーズンも良い香りで乗り切ります!

高円寺の「らーめん横丁」(昨年12月オープン)に行って来ました

20100120222929

人気の4店舗が大集合。

20100120222939

つけ麺「哲」が目当てではあったのですが、他の3つも気になるお店ばかり。
蒙古タンメンの「中本」も超有名ですが、キホン辛いのがダメなので…(汗)
写真を見た感じで、夫はとりそば「大喜庵」が気になる様子。

20100120223054

とりあえず絶品に向かいます♪

20100120222932

つけ麺「哲」はテレビにも出ていたり、でやっぱり一番の行列。

あのアツアツの石を入れてくれる、最後まで温かい「つけ麺」。
食べてみたかったけど、行列約半分の長さの「大喜庵」のほうに。
湯島で人気のラーメン店の高円寺店になります。

20100120222937

特とりそば

必ずタマゴを付けてしまいます。
中太ちぢれ麺が好みですが、ここは細麺。
でも細麺の良さに目覚めそうになるほど美味で大満足!
炭火で焼いたような香ばしい鶏と、鶏そぼろ、塩ラーメンにマッチして
食べるスピードが落ちません。

白髪ネギの歯ごたえも最高です。
食べやすい細麺に合わせてメンマも細切りにしてあって、
見た目も食べやすさも満点です

20100120222935

夫は「うめしおとりそば」。

梅しその和風だしにふりかけられた「かつおぶし」。
なんとも言えないワフーなラーメンでこれはこれで味わい深し。

どちらもまた食べに来たい優しいラーメンでした。

あ~、やっぱり冬はラーメンですねぇ~


「アメトーク」など、平日23時台のテレ朝はアラ40のツボにハマる番組が多くて、
とりあえずビデオにとって見ることが多いです。

先日の「シルシルミシル」、「築地銀だこ」特集をしてて、
日曜までたこ焼きが100円引き、というので買ってしまいました。

20100117222643

近所の「築地銀だこ」にて。

20100117222648

新製品の「明太子たこ焼き」と定番の「たこ焼き」。

しかし、フツーのたこ焼きでも8個で500円、
変わった種類のだと600円って…。
大阪育ちの自分にはありえない値段ですが…。

でもまぁそれなりに美味しいのと、
東京にはたこ焼き屋が少ないので、つい買ってしまうこともあります。

20100117222650

外がカリカリ中フワフワです。

このヒミツが「揚げ焼き」と言われる、
最後に油をピャーピャーかけるワザだったと
番組を見て初めて知りました。

「仕上げ入りま~す!」と
番組でも実演風景を見ましたが、
実際にガラス越しにやってましたね。

そして以前から気になっていた最後のご挨拶、
「美味しく召し上がれますように!」
こちらももれなくついてきました。

この「築地銀だこ」が最近展開している「タイヤキ」のチェーン店、
THE TAIYAKI」が紹介されていました。
海外向けの変り種の「タイヤキ」を展開して、
日本に逆輸入したお店だとかで。

確かにメニューがすごいことになってます。

ソーセージの入った「イタリアン」にカレー味の「チーズカレードッグ」。
もはやタイヤキではないのでは…、と言いたいけれど
形は完全に「タイヤキ」。

渋谷にお店が出来たようなので
いつか行ってみたいです。
(何食べたらいいかかなり悩むけど…)

アメリカにもいつかできるかもしれませんね。


「芋がら」は里芋の茎を干した昔からの保存食。
「ずいき」とも呼ばれているものですが、お正月、
田舎からもらって帰ってきました。

20100111215847

うちの実家では食べたことがないものだったので、
結婚してからの主人の実家の味。
いつも作ってくれる「煮しめ」に入っているのですが、
長いこと「ぜんまい」の一種だと思ってました(汗)

DSCF9180.jpg

この冬、お祖母ちゃんが干してあった「ずいき」を藁からはずす作業を
甥っ子と一緒にお手伝いしました。

DSCF9179.jpg

カラカラに乾いたヒモ状の「芋がら」。

でも、干す前はこの「里いも」の一部だったんですよ↓

DSCF7630_20100111221523.jpg

信じられな~い!

乾燥させた「芋がら」は水で戻すと
一気にフヤフヤに…。

20100111215849

適当な長さに切ります。

20100111215852


煮汁で煮込んで…

20100111215854

他の具材と混ぜ合わせて、お煮しめの出来上がり。
なんかグチャグチャですが…。

ちなみに、豆腐や人参とまぜて

20100111215856

白和え、っていうのもアリみたいです。

栄養素たっぷりの「芋がら」。
野菜の茎まで大事にいただく、昔の人の知恵を大切に受け継いでいきたいです。

どうぞのいす」を買ってきました。

私と弟が大好きだった絵本です。

違う本を買いに行ったのですが、絵本コーナーに立ち寄ると
この絵本が…。

まぁ、ほんと懐かしい!

今やベストセラーなんですね。

長く読み継がれてきたんだなぁ…。しみじみ。

どうぞのいす (ひさかた絵本傑作集)どうぞのいす (ひさかた絵本傑作集)
(1981/11)
香山 美子

商品詳細を見る

今ではサイズも大きく、装丁もしっかりした「絵本」になって本屋さんに並んでいますが、
私と弟が小さい頃親しんだのは保育園が「チャイルド社」から毎月取り寄せていた
「チャイルドブック」の月間絵本だった気がします。

もっとサイズは小さくて、
ハードカバーじゃなくて、厚紙で出来たシンプルなものでした。

うさぎさんが置いた「どうぞのいす」。

次々に訪れる動物たちが「親切」を置いていきます。

優しさのリレーのようなお話に知らずのうちに癒され、温かな気持ちになった
大好きな絵本でした。

甥っ子姪っ子たちにも読んであげたい絵本です♪

なぜか出張のお土産でいただきました(笑)

20100113214357

意外に(失礼)美味しいっ。

サクサクでした。

ほんとは松の内の7日までにお参りしておかないといけないようですが…
遅ればせながら「初詣」。

昨日は代々木八幡宮に行って来ました♪

20100111215545

渋谷までバスで行く途中にバス停があり、思ったよりも近く感じました。
いつかゆっくり訪れてみたい、と思っていたのです。

「謹賀新年」の提灯もぶら下がって、まだ十分にお正月モード。

20100111215554

でもさすがに10日も過ぎると境内は空いています。

お参りを終えて、さぁ、お楽しみはやっぱり「おみくじ」。

20100111215547

以前から気になっていた「鳩みくじ」(ホロッホー)。

羽の色が7色あって、
それぞれの願いを叶えてくれるようになっています。

20100111215550

目をつぶって引いたおみくじは白い紙。
ほかにもピンクやブルーなど、袋の色もいろいろあります。

20100111215552

中には「開運みくじ」と「幸運を運ぶ鳩」が!

鳩さんはストラップになっているんですよ♪

私の羽の色は「緑」で
「健康」を運んできてくれる鳩さんでした。

そうそう、何をするにも「健康」第一。
鳩さんに健康お任せしました。

夫の羽は「黄色」で
なんと「金運」!

叶うといいですね~フッフッフ。
頼みますよ、鳩さん。

開運みくじは二人とも「中吉」でした。ビミョ~。

うん、まずまず、可もなく不可もなく、それくらいがいいのカモ。

清々しい気持ちで再スタートです♪

2010年(寅年)がスタートして早くも1週間が過ぎました。

年末年始は帰省して、故郷で過ごせるのは有り難いこと。

でもやっぱり移動の疲れや、パワフルな甥っ子たちとの遊び疲れが
知らず知らずのうちに溜まっていたりします。
嫁ぎ先なのでコタツでゴロン!と寝っ転がっているわけにもいかず…(笑)
お年賀に見えるお客さんにもご挨拶したり、なにげに気を遣いますし、
なにしろ冬の北陸は寒い!

筋肉が縮こまる、っていうんでしょうか、
いっぱい着込んで肩が凝ったり。

お土産を選ぶのは私の担当で、それ自体はなかなか楽しいのですが、
年末のデパートは混んでますし、荷物の準備も慣れたものとはいえ、
忘れ物がないか気を遣うもの。

それ以前に12月は次から次へとやることがあって、
会社の仕事も押し迫ってきますし、気ぜわしくバタバタしがち。

チェックリストがないととんでもないポカをやらかしそうな気がして
スケジュール帳とにらめっこの毎日でした。


でもやっぱり帰省は良いもの。
吟味したお土産を喜んでもらえると嬉しいですし、
元気な姿をお互い確認できるのはなによりです。

北陸の冬には美味しいものもいっぱいあって、シアワセです

別れを惜しみつつ、帰京。
カラダと胃袋の疲れを地味に引きずりながら
仕事を再始動して数日…。

本社アメリカは日本のように「ゆっくり三が日」じゃないので、
クリスマス明けはしっかり働いてます。
年始も2日から仕事しているので、
メールは溜まっているし、輸送品もけっこう出荷されてるし、で
メールのチェックと身辺整理だけで一日があっという間。

いきなりフルスピードで走り出せない重~いカラダ。アラ40はツライ…。

あ~、そろそろ休みたい~っ!!!!!

有休でも取りたい、
でもまだ新年始まったばかり…。

そんな時に燦然と光り輝くカレンダーの赤い数字。

「11日 成人の日」

土・日・月、と第二週は「三連休」なんですよね~、ジャパンは。

今年は1月11日が「成人の日」で祝日。

なんて優しい祝日でしょう。

一年の中で「敬老の日」と同じくらい優しい祝日じゃないかと思います。
(成人になる二十歳の方々には別として)

かつては毎年1月15日だった「成人の日」が
「ハッピーマンデー」制度が導入されることで、
2000年以降、1月の第2月曜になった国民の祝日。

本当に、この「成人の日」、いい働きしてくれてると思います!

まさに「グッジョブ成人の日」!

って感じ。

年末年始の疲労をゆっくり休められる、
本当の意味での「連休」なんじゃないか、とさえ思えます。

年末年始にしっかりイベントをこなしているので、
特別に何かしたい、という欲求も沸かないですし、
ご馳走も食べたいと思わない…。

ただただ「ゆっくりと」からだを休める、
胃袋を休める、
片付けそこねたものを片付ける、
賀状の整理をする、などなど。

過ごし方は人それぞれだと思いますが、
リセットしきれなかった部分をリセットしたり、
休みきれなかった部分を休ませたり、
なにかと軌道修正に使える「夢の連休」のような気がします。

以前、70歳を超えた女性アルピニストの方が、
山登りのコツをレッスンしているのをテレビで見かけました。

どんな山でも、登り始めたら10分後に
「10分チェック」をすると良い、
と教えていました。

登り始めて10分、
寒くはないか、動きやすいか、
靴の履き心地はどうか、
荷物は担ぎにくくないか、等など。

暑ければ一枚脱ぐ、
靴紐がきつければ緩める、
調整をし直して、また歩き始めるといい、
と言うんです。

その時はもちろん「山登り」の話だと思って聞いてましたが、
なるほどこれは「一年のスタート」にも当てはまる気がしてきました。

元旦。
一年がスタートし、5日仕事始め。
歩き始めてみた新年ももう一度ゆっくりと深呼吸して、
計画を見直してみることも大切なのかも。

その「10分」に相当するのが
「成人の日」の連休のよう気がします。


世界的には「ワーカホリック」と言われる日本人も
国民の祝日はけっこう充実していて、15日あります。

(本社のカレンダーを見ていると、アメリカの公的祝日はもっと少なくて、
州によっても違いがありますが、大体10日くらい)

日本は有休が取りにくかったり、
残業が多かったりするので、
会社勤めの人にとっては
この「国民の祝日」の数は有り難いもの。

<日本の国民の祝日>

元日 : 1月1日
成人の日 : 1月第2月曜日
建国記念の日 : 2月11日
春分の日 : 春分日
昭和の日 : 4月29日
憲法記念日 : 5月3日
みどりの日 : 5月4日
こどもの日 : 5月5日
海の日 : 7月第3月曜日
敬老の日 : 9月第3月曜日
秋分の日 : 秋分日
体育の日 : 10月第2月曜日
文化の日 : 11月3日
勤労感謝の日 : 11月23日
天皇誕生日 : 12月23日


その中でもかつては「特定」だった日にちが
「ハッピーマンデー制度」で
土・日・月の三連休にしやすいように
毎年日にちが変動するようになったのが下記の4日。

成人の日(1月15日→1月の第2月曜日 2000年~)
海の日 (7月20日→7月の第3月曜日 2003年~)
敬老の日(9月15日→9月の第3月曜日 2003年~)
体育の日(10月10日→10月の第2月曜日 2000年~)


この4日のおかげで、
ずいぶん「小旅行」がしやすくなったし、
「休息」も取りやすくなったんじゃないかと思います。
(サラリーマンは、ですが)


今年は節目を迎える年でもあるので、
「一日一日を大切に、一分一秒を惜しみつつ、着実に前向きに過ごそう」
というのが私の目標、というか、そんな心持ちでいます。

漫然とした時間を過ごすことがないように、
あぁ、これどこいったっけ?とか、
あぁ、あそこ行きたかったのに…とか、
捜索や後悔に時間を費やすことがないように、
365日、525,600分、
大事に過ごしたいです。

そして、一日の終わりに、週末に、月末に、記念日に、
過ごした日々を振り返り、消化、完結、一日一日を「よし」としていけば、
やがてその積み重ねで
一年の終わりを「すべてよし」と締めくくれるんじゃないかな…とも思います。

当たり前のことだけれど、あっという間の一年も
一日一日の積み重ね。
一日一日が充実していなければ、一年もそうならないわけで…。


そんな私の気持ちを反映して?!
年始早々、スケジュール帳にいろいろと書き込みを始めました。

最初だけは張り切って…とならないように
キープしていきたいんですが…。

私の10分チェック、しっかり見直したいところデス。

昨年から見始めたアメリカのドラマ、
プッシングデイジー」。

ユーモアに溢れていて、1話から大好きになりました。

主人公ネッドは

1. ネッドが死んだものに触れると生き返る
2. 生き返ったものに、再びネッドが触れると永遠に死んでしまう
3. 蘇らせたものに60秒以内に再び触れなければ、他のものが代わりに死んでしまう


という特異な能力を持った青年。

スイート・ファンタジー、というから
夢見がちなストーリーなのかと思ったら、
(もちろん設定はちょっと特異なんだけれど)

この能力を使って活躍する「探偵業」のストーリーが面白い。

映像がとにかくカラフルでポップ。
ネッドの周りの人たちの個性がまた突き抜けてて最高♪です。

みんな愛すべきキャラだけれど、特に私が好きなキャラクターは
私立探偵「エマーソン・コッド」。

ネッドの能力のお陰で探偵業は調査時間が少なくて済むため、
空いた時間を趣味の「編み物」に捧げている編み物オタク。

大きな体なのに、小さい編み針を器用に操って
ステキな作品を編んでいる姿がなんだか微笑ましくて、
彼が編みものをしているシーンが出てくるととっても嬉しくなります。


プッシング・デイジー ~恋するパイメーカー~ 〈ファースト・シーズン〉コレクターズ・ボックス [DVD]プッシング・デイジー ~恋するパイメーカー~ 〈ファースト・シーズン〉コレクターズ・ボックス [DVD]
(2010/01/27)
リー・ペイスアンナ・フリエル

商品詳細を見る


全米で放送開始以来、エミー賞を連続受賞。
1月10日から日本でも「シーズン2」がスタートしました。

今シーズンもとっても面白そう♪

楽しみです。

昨春、とっても観たかった映画。

大好きな女優さん、ヘレン・ハントの初監督作品、「いとしい人」。

構想10年、監督・脚本・製作・主演、と4役をこなしたヘレン。

しかも共演はベット・ミドラー、マシュー・ブローデリック、コリン・ファース、という大物揃い。
ベットとマシューは特に大・大・大好きな俳優なので
それだけで絶対観たい、と思っていた映画でした。

いろいろとハプニングが舞い込んで、結局シアターには行けず、
ようやくお正月に観ました。



いとしい人 [DVD]いとしい人 [DVD]
(2009/09/09)
ヘレン・ハントコリン・ファース

商品詳細を見る

子供が欲しい39歳のヒロイン。

彼女が生きてきた人生、これから選択する人生。

実母と養母、
母と娘。

『Then she found me』― 原題が示唆する、母の娘との出会い方。

この映画は最後のシーンを観なければ、その深さがわからない映画だと思う。

逆に言えば、最後のシーンを見て初めて、
あ、もう一度観てみたい、と思った映画。

同世代の女性として、
感じることがいろいろとありました。




帰省のおともに観賞した映画。

ホルテンさんのはじめての冒険」。

前から観たかった作品でした♪

ホルテンさんのはじめての冒険 [DVD]ホルテンさんのはじめての冒険 [DVD]
(2009/07/24)
ボード・オーヴェギタ・ナービュ

商品詳細を見る


北欧、ノルウェーの真面目な電車の運転士、ホルテンさん。
定年退職の最後の日に遅刻してしまったところから
予期せぬ人生の寄り道。

レールを踏み外さずに、時間通りに生きてきた人が
少しレールを外れてみることで出会う人、出来事。

人生の中でやり残したことがあっても、
年を取ってしまっても、
「キッカケと勇気」さえあれば、いつでも挑戦することができる。

人生に遅すぎることはない。

もっとコメディコメディしてるのかと思ったら、
淡々とした展開で、けしてカラフルではない映像なので、
電車で観てると、途中いい感じに眠気が襲ってきましたが(笑)
込められたメッセージにはとっても大切なものが込められていました。

ノルウェーの冬。
オスロと第2の都市ベルゲンを結ぶ「ベルゲン急行」。
スキージャンプ。

ホルテンさんの長い人生も定年を迎え、季節でいえば「冬」なのかもしれません。
でも最後には再び巡り来る「春」の予感

人生を冬で終わらせるのも春にするのも夏にするのも
自分次第なのかもしれません…。

雪に包まれた北欧の厳しい冬の景色の中に、
最後には明るく温かくともる「灯」を感じられる作品でした。

元旦、三が日が過ぎて、
会社が始まるとあっという間に7日です。

もともとは中国から伝わった習慣だそうですが、
1月7日の朝に無病息災を願って七草粥を食べる行事。

20100107195757

昨夜の帰途、スーパーで買っておきました。

これまではてっきり7日に食べさえすればいいんだ、と思ってたんですが、
実は「7日のに」
食べないといけないんですよね。

スーパーで流れている放送で知りました

知らなかった~。

20100107195759

並べてみました

ということで、今年はきちんと伝統にのっとって、
「朝」食べよう、と決意して早起き。

20100107195802

ぐつぐつぐつ…。

いただきました

20100107195804

すずな すずしろ せり はこべら ごぎょう なずな ほとけのざ

この呼び方で知られている春の七草も、

実は「なずな」は「ペンペン草」のことで、
「すずな」は「かぶ」
「すずしろ」は「大根」だったと、

恥ずかしながら
今頃になって再認識…。

やだホント恥ずかしい…。

常識ですか??

パックを見ながら、
これって「かぶ」だよねぇ…(すずな)

これ、チビ大根みたいだけど…(すずしろ)

そう思ってた私…。

間違いではなかった…。

もぅ、なんで違う呼び方にするの~。

大根とかぶでいいじゃない~。

まぁ、風情があっていいけれど。

なにはともあれ、2010年、夫婦ともども無病息災でいたいものです。

皆様もお元気で

昨年末に会社が移転し、
今年は神田界隈に詳しくなりそうな予感。

ランチの途中、さっそく見つけた幸福?のオブジェ。

20100107195722

「大黒天」様でございます~♪
シャリーン。

ものすごーく地味な通りの奥まったところに
ひっそりと佇む「大黒天」様。

けっこうな大きさなので、
一体これは何??

と検索しましたら、
どうやら

「神田アート七福めぐり」
という神田アートプロジェクトの一環らしく、
千代田区北部地域に点在しているパブリックアートのようです。

七福神、というからに、
残りの6つも見つけてみたいものです。

ウドちゃんのように垂れた目。
なんとも福々しいお姿。
三頭身の大黒天様、
打出の小槌が幸せを運んできてくれそうです。

クラブハリエ」のバームクーヘン。

2009年12月末、
バーム話で元同僚と盛り上がった後、
来年は「クラブハリエ」を絶対食べたい!

と宣言していたのですが、
こんなに早く実現するなんて…。

自分でも信じられないことが起こりました。

20100106004855

滋賀にお正月帰省していた同僚がお土産で買ってきてくれたのです♪

まぁ~。

感動しました。

ふんわりバームの外側は「フォンダン」と呼ばれる砂糖衣でしっかり守られていて、
蜜の香りがふんわり。

いい匂いです~。

さすが和菓子「たねや」プレゼンツ。
上品なバームクーヘンで、とっても美味しかったですー♪

美味しいスイーツのお裾分けをいただけたのはもちろん、
あれだけ念願だった「クラブハリエ」がこんなに早く手中に…。
そのことにかなーりビックリしてしまいました。

2010年、幸先いいスタートです。

良い年になりそう♪(勝手に決めました)

ポジティブでいくことにします。



ダッシュで選んだながらも今回はいろいろと
ヒットなお土産が買えました♪

金沢スイーツは和も洋も充実していて、本当に選ぶのが楽しいです。

ほとんど「和」を選ぶことが多いのですが、
これは珍しく「洋」のお土産。

金沢なのになぜか「ボストン」。

ボストン大好きな私は、この店名からして気になる洋菓子店でした。

20100105211613

金沢百番街に支店が出ていて、
こちらでこれまた気になる「きんつばロール」なるものをゲット。

20100105211615


巷ではロールケーキブームですが、
こちらはロールケーキの中に「きんつば」を入れた和洋コラボのケーキ。

さすが小京都、金沢。
ケーキすらも和風に仕上げるところがニクイです。

コーヒー味ともう一つ違う味がありましたが、
私は見た目にも味のコンビ的にも「抹茶」が良かろう…と
こちらを選択。

20100105211618

めちゃくちゃ甘そうでめちゃくちゃ美味しそうです。

金沢で「きんつば」といえば、なんといっても「中田屋」が一番だと思いますが、
金沢にはその「きんつば」のイメージがあるのか、
なぜか「きんつばロール」。

20100105211620

端っこだけきんつばが入ってるのかと思ったら、
最初から最後までしっかり入ってました。

これで1,000円だから、ロールケーキの中では結構コスパが良いのでは、と思います。

20100105211622

お味のほうもなかなか美味しいです。
もちろんこれだけのあんこ、甘さもダブルできますが…。

まぁ、お抹茶にこだわるお茶屋さんではないし、
「きんつば」の老舗、中田屋さんではないので、
それぞれがそれなりに頑張って一つに融合した、
そんな感じの可愛いスイーツです。

「きんつば」というより、「あんこ」が入っている、という感じですが…。

まぁ、話題性は十分でしょう。

今度は「コーヒー」味、試してみたい…ような…。

「ハントンライス」。

奇妙な名前の金沢の代表的B級グルメの一つ。

せっかく金沢に寄り道したので、何か名物でも…、というところに
夫が提案。

「ハントンライス」食べよう!

ハ、ハントンライス???

テレビか何かでその昔、そんなB級グルメがある、と
聞いたことがあったような…(おぼろげ)。

とりあえずお昼は、夫の記憶にももはや店名すら思い出せないくらい
おぼろげになった「ハントンライス」の元祖の店を探すことに…。

駅前にも「ハントンライスあります!」的な
嬉々としたキャッチフレーズを掲げるレストランを見かけるも、
やはり「元祖」にこだわった私たち。

お膝元金沢ではすでにしっかりとB級グルメ代表として
市民権を得ているらしき「ハントンライス」…。

21世紀美術館の近くにあるはず…

という、夫の若き日の記憶を頼りに、美術館を出て少し歩き、
正月休みでひっそりと静まり返った片町の歓楽街の裏道へ。

その間も雪は降り続け、私たちの肩や背中にハラハラと落ちてきて、
雪を払いながらシャーベット状の道を歩き続けました。

20100105211433

確かこのあたり…。

と夫が入り込んだ路地があまりにもあまりにもあまりにも
ひっそりとしすぎていたので、
まさかここではあるまい、と思ってしまった私は
いや~、ここじゃないでしょ~、まさか~。

と切り返し、
夫もとにかく記憶がおぼろげなので、
そうかな…違うかな…(弱)

結局引き返し、その後、薬局で店名を教えてもらい
(「グリルオーツカ」と判明)
教えられた道を行くも、行き着かず…。

おいおい、無いがな、グリルオーツカ!

雪は降るし、道はみぞれ状態で歩きにくいし…で
半べそになりつつ(私)、さらに服屋さんで道を確認。

でもかなり説明しづらい奥まったところにあるらしく、
お店の人も難しいんですよね…と困り顔。

もうこの路地になかったら
駅前の「元祖じゃないハントンライス」でいいや、
と言っていたら…

20100105211435

あったあった、ありました!

(っていうか、この店の角曲がると、最初に来た道だった…)

もぉ~
なんで新年早々こんなことに~。
30分は迷子でしたよ、私たち。

まぁでも最後の最後に見つかって良かった良かった。
ほとんど意地になってましたけども。

20100105211438

「純・洋食屋」のたたずまい。

お店の奥さんはとても気持ちよく迎え入れてくれ、
中に入ってみると、結構お客さんが入っていてビックリ。
(上↑の写真はみんな帰り去った後)
取材に来た有名人のサインもいっぱい飾ってありました。

20100105211440

ようやく「ハントンライス」を注文。

ハントンのハンは「ハンガリー」のハン。
トンは「マグロ」を意味するトンだそうで…。

「半分トンカツ」かと思ってました…私。

で、ハントンライス(700円)とエビハントンライス(750円)っていうのがあって、
エビ大好きの私は迷わずエビハントンのほうにしたのですが…。

てっきり、エビハントンにすればトンカツとエビフライが半分づつ入ってるのかと
またここでも勝手に思い込み…。

20100105211442

確かにフライは4つ乗っかってたのですが、
食べ終わってみれば、私のフライは全部エビでした…。

夫はカツも食べていたようで…。

おーい、私もカツ食べたかったよぉおおおおおおお

自慢げに夫にエビあげるよ~!なんて
分けてあげていたのですが、
その後夫のほうにもエビがあることが判明。

エビとカツの両方を気持ちよく味わった夫と
カツを食べれずなんだか不完全燃焼の私…。

まぁ、美味しかったんでいいんですけどね…
なんだかちょっと損した気分なのはなぜ???

味的には本当に庶民的、というか家庭的、というか…。

ケチャップライスに卵がかかった
オムライスチックなライス部分の上に
カツとエビのフライが乗っかっていて、
その上からマヨネーズとケチャップを豪快にかけてある、
そんな感じです。

あのケチャップの「ハインツ」さんが金沢の「ハントンライス」を特集されているのがわかりやすかったです。

まぁ、なにはともあれ、
歴史ある「元祖」をいただけたことは良かったです。

迷ったおかげでお土産を吟味する時間がなくなり、
その後はダダダダッシュでしたが…

ご馳走様でした


帰郷から帰京へ。

途中、金沢に立ち寄りました。

気温2℃!
雪もシンシン降っていました。

20100105211358

寒くても、雪が降っていても、実は金沢で行きたいところがありまして…。

開館5年を迎える「金沢21世紀美術館」。
ずっと行ってみたかった美術館なんですが、
なかなか行く機会がなく…。
近くを通ることがあっても、これまで展示を見たことがありませんでした。

たまたま「ソロモン流」広瀬光治の回を見て、この美術館が紹介されていたのがキッカケで、入館することに…。

20100105211402

ニットカフェインマイルーム

西山美なコと広瀬光治が共同制作したこのニットカフェインマイルーム。

すべてが手編みのニットで作られたカフェのような
お城のようなお庭のようなおうちのような…超ラブリー&キュートな空間です。

20100105211400

長期展示型になっていて、かぎ針・棒針、指編み、それぞれの編み方で編まれた
数え切れないほどの毛糸のお花が床に敷き詰められていて、
参加者たちが編み増やすことで、その数は毎日増えていっています。

毛糸や編み針はその場で貸してもらえて、自由に参加できる
体験型ミュージアムなのです。

せっかく来たので、私も1花だけ咲かせてきました

他の展示は前衛的なものがとにかく多くて、
さすが21世紀美術館、というだけあるなぁ…という感じ(時間がないのでほとんど素通り)でした。

レアンドロの「スイミングプール」♪

20100105211405

中庭はこんな感じ。
夏場だったらもう少し違う雰囲気だったんだろうけど…。
寒々しいプールでした~

20100105211407

下はこんな感じ…。
不思議な…不思議な…空間です。

ミュージアムショップ」もいろんなものがあって
楽しかったです♪

庭に面したオシャレなカフェでもお茶したかったですわ~。

とにかく、「ニットカフェインマイルーム」の企画には脱帽、でした。
半年かかった、という巨大なニットの造形物。

ニットの伝道師、と言われる広瀬光治さんも新境地を開いた、という
このスケールのアート作品、ニットの可能性を多くの人に伝えるイベントに
なったのではないか、と思いました。

東京の美術館でもやってほしいなぁ…ほんと。

夫の妹の長男くん。

もう4歳になって、お箸も持てるし、
トイレだって一人で行けるようになって、
成長ぶりには目を見張るものが…。

たまに会う伯父伯母なので、怒られないとわかっているのか(笑)
なぜか私たち夫婦はとっても気に入られており…。

ひよこのように後ろをくっついて歩かれて三日三晩。
それはもうまるでストーカー並。
ずーっと尾行され、見張られ、拉致られ…。
楽しいやら激しいやら…(笑)

でもこんな風に慕ってもらえるのもあと数年なんでしょうね~。

楽しい思い出をいっぱい作っておきたいデス♪

先日編み上げた「うさちゃん帽」は1歳4ヶ月の姪っ子にプレゼント。
しかし、どうやら帽子が苦手らしく、
サイズは合うものの、かぶってもすぐに脱ぐ始末…。
黙ってかぶってくれるようになる頃にはサイズが合わなくなってますね…たぶん(笑)

DSCF9209.jpg

対してお兄ちゃんのほうはお帽子大好き♪

お別れの朝に「授与式」!

滞在中、ときどき頭に乗っけながらサイズを測っていたので、
自分の帽子を編んでくれてるのが嬉しかったみたい

このベレー帽も気に入ってかぶってくれました~。

ほんとはピッチリした感じの「くまちゃん帽」を編む予定が、
なぜか円周を編みすぎてしまい…。気付いた時には「ベレー帽状態」に…

お祖母ちゃんのアイディアでトップのところに
「ぼんぼり」を付けてみました。

DSCF9210.jpg

サイドはこんな感じ。

約4日間で編み上がりました。

少しづつですが、コツがわかってきたような…?!?!

私自身が帽子大好きな帽子フェチなので
これからもたくさんのお帽子を編んでいきたいです♪♪♪



20100103124630
帰京します。
甥っ子姪っ子たちと楽しく遊んだ3日間。

お別れが寂しかったです…(涙)

乗り換えで利用する高岡駅はリニューアルしてとてもキレイに。

便利になりました。

また夏に寄れるカナ…。

金沢に寄り道してから帰ります~!!
20100102222848
大晦日から大量に雪が降り続いて、積もっております~。

雪かきはガレージと勝手口側で精いっぱい。

除雪車も来ない庭には出れず…(涙)


ほんと、よく雪の降るお正月です。
20100101235411
今年は最高の『かぶら寿司』でスタートしました!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。