上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
花粉つながりでもう一つ。

花粉シーズンが始まる少し前。
テレビで関根勤さんが「鼻に塗るやつでいいのがあるんですよ!」と
花粉対策グッズのことを話しているのを見かけました。

そろそろ花粉も飛んでくるし、
なんかそんな良いのがあるんなら欲しいわ~、と思っていたら、
見つけたんです、「らしきもの」を。

ただ、関根さんは商品名まで語ってなかったので、


花粉鼻でブロック 5g花粉鼻でブロック 5g
(2004/03/01)
フマキラー

商品詳細を見る


こっち?

クリスタルヴェール 3gクリスタルヴェール 3g
()
エーザイ

商品詳細を見る


それともこっち??

と悩みに悩んで、
結局上の「花粉 鼻でブロック」のほうを買ったんです。

でも、なんか「クリスタルヴェール」のほうが気になりだし…。
プラスとマイナスのイオンで花粉を寄せ付けない、というのをどうしても試してみたくなり…。

と、その頃ちょうどテレビ世界一受けたい授業で、花粉対策の授業をしていて、
専門医の方がこの「クリスタルヴェール」を紹介していました。

こんなの見ちゃうと俄然欲しくなる私…。

翌日にはやっぱ買おう!
と決めて仕事終わりにドラッグストアへ向かうも…。

な、ない?!

ない、ない?!

一気に売り切れてました(ガーン)。
バナナか納豆のごとき勢いでした…。

どうやらテレビで紹介されたのが原因らしく…。

こないだまではけっこう積まれてたのにぃ…。

「無い」と聞くと「欲しくなる」のが心情。

それから数日はドラッグストア巡りの日々。
少し前の「マスク売り切れ騒ぎ」を思い出します。

でも、「当分入ってくる予定はありません、今シーズンは無理かも…」なんて
言われて肩を落とすばかり。

やっぱりテレビってすごいんですね…。

っていうか、花粉でお困りの方が多すぎ!

でもその数日後、そう、川崎へ行った際にお昼調達で寄ったマックの隣になんと!



あったんですよ、あったんです。



しかも980円?!

しんじられなーい!

一見売り切れのように見えますが、
一番下に1個だけぶら下がってました(ワーイ!)



早速購入。

会社の近くでは1380円くらいで売られていたので、
この価格の差にはビックリ。

どーいうこと??

ま、安いからいいです!得した気分。

まだ効力も試していないというのに、かなり上機嫌モード。

最後の1個、しかも激安でゲット、っていうのが上機嫌に拍車をかけました。

ところが川崎の駅ナカの薬局でまたも発見!(っていうか大量に発見)

どうなってんの、川崎?!

花粉症の人いないのかしら…。

でも駅ナカのお店は1280円?くらいで売ってました。

なんかお値段自由なのね…。

とりあえず今、交互に試しています。

鼻水が垂れてくればティッシュでクリームも一緒にふき取っちゃうので、
もっぱら鼻水には弱いんですが、
まぁ、塗らないよりこまめに塗ってる日のほうが調子がいいので、
なんとなく効いているような感じがします。


スポンサーサイト
2010.03.25 目で見る花粉
2月中旬頃から花粉が気になりだして、
必需品の「アイボン」の新ボトル(ピンク色)を会社用に購入。

Wビタミンで、なんか効力がありそう、と思い、これにしたのですが、
洗眼する時に使うキャップ用に「真っ黒」のキャップも付いていて、これがけっこう面白くて気に入ってます。

アイボンWビタミン 500ml[第3類]アイボンWビタミン 500ml[第3類]
()
小林製薬

商品詳細を見る

何が面白いって、洗眼すると、黒いキャップの中に「花粉」が浮いているのが見えるのです。

かなりの極小の粒ですが、花粉と思しきものが浮いており、
ひぇぇぇ~!

右目のほうがかゆいな…と思っていると
やっぱり右目のほうに花粉が多めに浮いていたりして、
ヘンに納得。

黒いキャップバージョンはまだ売ってるのかわからないですが、
あれはなかなかのアイディア。

黒い綿棒が一時期流行ったのを思い出します。

怖いもの見たさというか…
小さすぎて目視できないものに日々悩まされるのがなんだか余計憂鬱になる花粉の時期ですが、
こうして目で見てみると、おいおいお前さんかい…と
不思議な気分です。


家庭内だけで流行るフレーズ、ありますよね。

我が家でもこれまで数々のフレーズ(盗作、オリジナルいろいろ)がありました。

今何かと口癖になっているのが、
お笑いコンビ、チョコレートプラネットの

「ナンデヤネン!」

「チクショー、ナンデヤネン!」

このフレーズ。

ものすごい高い裏声(ドレミファソラシドーの上のドーくらい)で
「ナンデヤネン!」と早口でツッコむのが特徴です。

けっこう日常的に使えるので便利なフレーズ。

お笑い人気とはいえ、あまり世の中には浸透していないギャグの一つですが
私たちは気に入って多用させていただいております。

ナンデヤネンッ!!!
2010.03.23 I Clean? You Clean?
今年のお正月、
金沢の「21世紀美術館」のミュージアムショップで面白いサイコロを見つけて、
以来ずっと気になっていました。
先日雑貨屋さんで再会して感動!
思わずレジへ…。



I CLEAN
(私が片付ける)

そう、食後の食器の始末でしょうか、
お部屋の掃除でしょうか。
設定は何でもいいんでしょうが、
とりあえず「どっちが担当するか?」を決めるサイコロなんです。

もちろんこの隣は

YOU CLEAN
(あなたが片付ける)

となっていて、どちらに転ぶかは運次第!



ワンスモア。
「もう一回!」ってのもあります。

かと思えば、


トゥゲザー。
「一緒に」

なんてのもあって…(笑)



Make Dice Storeという米国サイトで販売されている小さなダイスなんですが、
なんともユニークですよね。

カップルダイスとパーソナルダイスの2コンセプトに分かれていて、
通販で6種類まとめて$19.99で売られております。(日本では1個399円くらい)

おふたり様用の6種類はCLEAN/WASH/COOK/GO/PAY/I AM SORRY。

どっちが片付けるか
どっちが洗うか
どっちが作るか
どっちが行くか
どっちが払うか
どっちが謝るか

押し付け合いにならず、楽しく分担できます。
ご丁寧にケンカの時の「どっちが謝るか」ダイスまであるので、
仲裁役にもなってくれます(仲裁なのか?!)。

おひとり様用のダイスもありまして、
こちらは

EAT(食べるか)
DON'T EAT(食べないか)

に始まり、

DRINK―飲むか飲まないか
USE―使うか使わないか
GO―行くか行かないか
CALL―電話するかしないか
BUY―買うか買わないか

と、日常の小さな選択にも迷う自分を導いてくれるようです。

アイディアが面白いし、
白と黒のモダンなデザインも洒落ています。

これがあれば世界の迷える子羊たちも
少しは選択のプレッシャーから解放される…カモ?!

我が家でも早速「お箸入れ」のカゴに入れておいて、
食後に夫とコロコロ転がしています。
当番になってもなんか笑えて…食器洗いが楽しくなりました。

番が当たる、と書いて「当番」。
まさに、ですね。

御殿場で温泉にゆったり。

あらためて近くで富士山を見ると、
てっぺんのところがナミナミになってるんですよね~。
そんなことに気付きました。



写真だとわかりませんが、
肉眼で見ると、よく有名な画家たちが描く富士山のように
てっぺんはナミナミになってるんですよね。

あの高さまで必死に登る人もいるのよね…。
RさんやSさん(同僚)は登ったんだよね…すごい!…とか。
5合目ってどのヘンだろう…??とか
あのナミナミの起伏は実際どうなっているんだろう…とか。
いや、私は絶対一生登らないだろうな…とか。

いろんな思いが浮かんできて…。
飽きない風景でした。

2010.03.21 お茶どころ
法事の帰り、静岡経由です。



さすがお茶どころ…。

三島駅でこんな「FUJIYA」レストランを発見!

可愛すぎる~

実はこの週末、「帝国ホテル」にずいぶん助けられました。

連休中に法事があり、喪服を用意しておかないといけなかったのですが、
いかんせん多忙だった毎日。
気付けば前々日。
で、慌てて1Fのトランクルームに取りに行ったのですが、

テレレレテレレレ…(「トワイライトゾーン」的効果音)

ヒェ~!(なにかとヒェ~!の多い私の人生)

夫の喪服が…
喪服が…。

なにやらうっすら白っぽい吹き溜まりに
ジメジメ感満点。

どうやら湿気を吸いすぎた様子…(涙)

すぐにでもクリーニングに出したかったのですが、
出勤前で時間もなく…。

仕方なくスーツを紙袋に入れて、出勤途中でクリーニング屋に出そうと持って出ました。

が…。

駅前のクリーニング屋さん、開店前。
会社も移転したてで、クリーニング屋の場所がよくわからず…。

結局検索しまくって昼休みに3件近く「ごめんくださーい」をしたのですが、
明日は土曜日。
翌日に仕上げてくれる、っていうところがなくて、軒並みアウト!(涙)

翌日の夕方には新幹線に乗らないといけないというのに…。
喪服なんてそう突然新調できるものでもないし…。
法事は朝からあるからどう考えても東京にいる間になんとかしなければ…。

なんでこんなことになっちゃったんだろう…と
自分を責めるも、過ぎた時は戻らず…。

シワシワになったスーツを抱えて、ほんとどうしよう…と絶望的になっているところ、
ふと思い出したことが…。

そう、「帝国ホテル」のランドリーの話を思い出したんです。



いつだったか、スマステーションで「帝国ホテル」を特集していたことがありました。

それまでは「帝国ホテル」というと、老舗、伝統、元祖バイキング、そういった一般的なイメージしかなかったのですが、
この番組の特集は目からウロコ。
いかに「帝国ホテル」が世界の著名人に愛され、また信頼されているホテルなのか、ということを知りました。

ホテル内でついたシミはどんなシミでも100%落とすことができる、
宿泊の際にはわざわざクリーニングに出したい服を持ってやってくる外国のお客様がいる、
取れているボタンを付けるために世界中の100種類以上のボタンを保管している、などなど。
驚きのサービス精神が紹介されていました。

もしかしたら、宿泊客じゃなくてもクリーニングしてくれるかもしれない…。

ふとそんなことがひらめいて、ダメもとで電話をかけてみました。

すると、ランドリーに直接つないでくれて、説明すると、
担当の方が「持ってきてみて下さい」と気持ちのいい返事。

日も沈んで暗くなっていましたが、有楽町から急ぎ足でホテルに向かいました。

ランドリーの担当者の方は私の突然のお願いも心よく引き受けて下さり、
翌日16時までに仕上げて下さるとのこと。

本当に助かりました。



翌日は少し早くホテルに向かい、憧れの「パークサイドダイナー」へ。
帝国ホテルへのお礼の気持ちをこめて、憧れでもあった「パンケーキ」をいただくことに。

アイスラテとともにオーダーをしてから、クリーニングを引き取りに行きました。
クリーニングは早めに仕上がっていて、担当して下さったランドリーの方に丁重にお礼。
ほんと、どれだけ感謝しても感謝しきれません。
少々割高であろうとも、軒並み断られたクリーニング屋のことを考えると救世主です。
しかも腕は完璧。

ほんと、あのヨレヨレ、ジメジメ、うっすら白っぽかった状態は一体どこへ…。
パリッとおろしたてのように仕上がっていて、感動!
さすがでした。



有名な「帝国ホテル」のパンケーキ。

ふわっふわで軽い口当たりで、とっても美味しかったです。
時間があまりなかったので、ゆっくりはいただけず、ものすごい勢いでパクパク食べてしまいましたが…(笑)

ずっと食べてみたい、と思っていたのですが、
なかなか思いきって食べに行けず…。
いいきっかけをいただいたようにも思います。

日本で初めてビュッフェ(バイキング)を展開した、という
帝国ホテルのバイキングも一度は体験してみたいです。

また夫とゆっくりお礼かねがね訪れたい、と思っています。

仕事で川崎に行った帰り。
クリスピークリーム、久々に寄ってきました。



春の新作が登場しておりました。



行列になっていなくても、ショーケースから選んでいる間に
お約束の「オリジナルグレーズド」は1個くれるので、
ソイミルクケーキ、コーヒービーンズを持ち帰り。

やっぱり「オリジナルグレーズド」は出来立てを食べるのがイチバン!

店舗もだいぶ増えて、関東で12店舗。
今年になって「名古屋」にも上陸!

名古屋駅前の高島屋のクリスピー、おそらくすごい行列になってるんだろうな~。

以前、街を歩いていて、「ゼイバーズ」のミニトートを持っていた人を見かけて
思わず二度見しちゃいました。

NYのお土産か~、いいな~(じゅる)。
人差し指をくわえてみていたのですが…。

「AHMAD」のミルクティー缶を見つけた「PLAZA」で
件(くだん)の「ゼイバーズ」バッグを発見!(大発見!)



アメリカのスーパーマーケットを特集した「SUPER MARKET」企画を組んでいるからなのか、
「ゼイバーズ」のグッズも販売していたのです。

(どうせなら$1のマグカップも売ってほしい…)



マチをたたむと大きく見えますが、
縦20cm足らずの小さなバッグ。
お弁当箱やおやつを入れるのにちょうどいいサイズです。

マチが広いので、ぽってりと四角い形に落ち着いて
なんかとっても可愛い~。

しかも、とても丈夫そうなのに680円だったか、
700円足らずで買えちゃいました。
(NYで同じサイズのものを売ってるとすればもっと安いと思うけど)

ともかく私的には気分の上がる買い物でした。
図書館の本を返しに行く時や、ちょっとコンビニへ、など、
ちょこちょこ使っています。


PLAZA」で見つけた「AHMAD」のミルクティー缶!



「アーマッド」は」イギリスのお紅茶ブランド。
大好きなのですが、茶葉やティーバッグしか知らなかったので、
かなりビックリしました。



アメリカ旅行のお土産に買ってきたAHMADの「カルテット」。
なくなるのがいやで、大事に大事に飲んでおります。



その名の通り、4種類のお紅茶が入っております。

ストロベリー
ピーチ&パッションフルーツ
ブラックカラント(カシス)
レモン&ライム

と、ストロベリーの他はちょっと風変わりなお茶っ葉ばかり。
どれも風味豊かで美味しいのと、
ティーバッグのフルーツ絵柄が1パックごとに可愛いのが気に入っております。

六本木交差点を過ぎて「芋洗坂」。

あの芋洗坂係長のルーツですね、たぶん。



坂を下って道なりに行くと「麻布十番」に着きます。
目的地の一つを探します。

ちょっとウロウロと散策して、やっと見つけた「ハレノヒ」。



話題の「凹(ぼこ)カステラ」のお店。
最近ではデパートや通販でも「凹カステラ」が大人気。

かなり前から気になっていて、
美容院に行く時に寄ろう、と決めておりました(実現)。



いつまでたっても(どこまで飲んでも)ミルクとコーヒーが混ざらない
「魔法のアイスコーヒー」と「凹カステラ」をオーダー。



アイス&チェリージュビリーというチェリーののっかった定番のにしよう、
って思ってたのに、なんだかメニューが増えていて、
結局ラムレーズンアイスに…。

お酒は飲めないのに「ラムレーズンアイス」にはめっぽう弱い。
直前まで「これを食べよう!」と決めていたのに
180度違うものを選択してしまうこと…ありますよね…。

この日はまさにそれ。
ま、いっか。

期待を裏切ることもなく、
さりとて想像を超えるほどでもなく…。



カステラの凹の部分は確かに斬新。
味としてはプリンとケーキを合体させたような味。
(そういうプリン、ありますよね。スポンジケーキがのっかったやつ)

じっとり甘い感じです。
しっとり、じゃなくて「じっとり」です。
1切れだとあっという間になくなってしまいます。
もうちょっと食べれそうでした~

ちょうど予約にピッタリの時間に♪

①②③④、楽しいポタリングでした。

外苑東通り。
東京ミッドタウンに行く途中の「乃木坂」周辺。

近代的な建物が並ぶ中、いつも気になっていたこのレトロな建物。



れんが造りで、家のようには見えないし、かなり古い感じ。



「乃木邸」と看板が出ているので、明治時代の「乃木大将の家」だということは
わかっていたものの…



「乃木公園」という看板も隣に出ているし、「乃木神社」ってのも聞くし、
いったいこの敷地の中はどうなってるのかしら…???と興味津々でした。

でも開館時間に通ることがなかったので、
いつも門は閉まってるし、入ったことがありませんでした。

通りがかると門が開いていて、
おぉっ!
見たことのない景色が広がっています。

立ち寄る予定でもなかったのですが、
美容院の予約までたっぷり時間もあるし、
春の陽気に誘われて、またまた自転車を停めてお邪魔~。



わぉ~。
中は広くてビックリ!



しかもあの横長のレンガの建物!
「厩舎」だったことが判明。



愛馬がここにいたようです。



馬専用の井戸まで。

乃木大将といえば、明治天皇を追って殉死した軍人、
くらいしか知識のなかった私。
帰宅後、もう少し勉強しました(って、Wikipediaですけど)。汗



実際に暮らしていただけに、当時の住居がそのまま残されていて、
しかも、明治天皇が崩御した当日、妻とともに殉死したその部屋までが
そのままに残されていて、ガラス越しに見ることが出来ます。

乃木大将の死は当時の日本人にかなりの衝撃を与えたようで、その死については
様々な意見があるようですが…。
難しいことはさておき、
この自宅の周りの景色がこんなに変わってしまうなんて、
思いも寄らなかっただろうな…と、そんなことをぼんやり。



金沢で辻占をして生計を立てていた親孝行の男の子のために
当時では大金の2円を渡した乃木大将。
その後、少年が感動して努力し、金箔加工の世界で名を上げた、
という逸話をもとに立てられた銅像。



戦争がなければ、時代が違っていれば…
とっても優しくて、たくましいおじいちゃんだったのかもしれません。

広いお庭を進んでいくと、道を隔てて「乃木神社」があります。



こんな奥に神社があるのも初めて知ってビックリ。



ちょうど神式の結婚式を挙げるカップルが
神社をバックに白無垢姿で記念写真を撮っていました。

観光旅行にきたおじちゃんおばちゃんたちが嬉々として
「花嫁さんがいるっ!」と大はしゃぎ。



敷地内には野点が出来そうな椅子が並んでいて、
ポットの温かいお茶を自由に飲んでもいい、というサービスが…。

こんな気前のいい神社は初めてです。

国立新美術館、東京ミッドタウンのすぐ近く。
近代的な建物の散策の合間に歩いてみるのもいいのかも。

外苑東通りに向かって行く途中、

BOOK246」(旅の本屋)さんがあります。



「旅」をテーマにした本や写真集、トラベルグッズなんかを扱っているカフェ併設の本屋さん。
ちょうど朝、「王様のブランチ」でお店が出てきてたので、
思わず自転車を止める。

芝公園に通っていた時は通り道だったのに、気になりつつも一度も入ったことがなかった。
いつも通るところはいつでも行ける気がして、意外に立ち止まることがない。



でも、いつまでも「いつも通る道」だとは限らない。
つい家路を急いで通り過ぎたこの道も、もう毎日通る道じゃない。

そう思うと、つい自転車を止めてしまいました。

「王様のブランチ」で紹介されていた本を発見。

その名も「奇界遺産」。

奇界遺産奇界遺産
(2010/01/20)
佐藤 健寿

商品詳細を見る

奇奇怪怪なオブジェや建造物、風景の写真がいっぱい。
写真家・佐藤健寿氏が5年の歳月をかけて、世界中を歩いて撮影した写真たち。

気味の悪い写真もあったけど、
ペルーの砂漠にあるオアシスの町、「ワカチナ」の景色にはいたく感動。
こんなところが世界のどこかにあるなんて!

絵本に出てきそうな風景に心が癒されました。

ほかにもいくつか気になる本を発見。

自転車ぎこぎこ自転車ぎこぎこ
(2009/11/21)
伊藤 礼

商品詳細を見る

「自転車ぎこぎこ」。

病弱な著者が70の齢を過ぎてから自転車に乗り始める、という
人生の大チャレンジに挑んだ本。
「こぐこぐ自転車」という1作目も気になります。

雑誌もいろいろあって、「ELLE DECO」があったのでパラパラ。

ELLE DECO ( エル・デコ ) 2010年 04月号 [雑誌]ELLE DECO ( エル・デコ ) 2010年 04月号 [雑誌]
(2010/03/06)
編集長 木田隆子

商品詳細を見る


これまた「旅グッズ」といえる「ボダム」の「トラベルマグ」の広告が目に留まる。

bodum VACUUM TRAVEL MUG トラベルマグ 0.45L PK 11058-464bodum VACUUM TRAVEL MUG トラベルマグ 0.45L PK 11058-464
(2009/09/30)
Bodum (ボダム)

商品詳細を見る

とっても良さそう、コレ。

いろいろと発見をして、本屋さんを出る。



ポタリング再開~

少しづつ寒さも和らぎ、東京にはモクレンが咲き始めました。

土曜日、家事を早めに切り上げて青山・六本木までポタリング(自転車でぶらぶら)してきました。
といっても、ちゃんと目的地はあって、
「美容室でヘアカット&カラー」という予定があったんですが。

会社の移転以来、自転車はお休みしてました。
ちょっと早めに出て、久々に自転車楽しめて、やっぱり楽しいな~、とストレス解消。

昨秋、母と銀杏を拾った神宮外苑の銀杏並木はすっかり様変わりしていてビックリ。



工事してるんです。今。

何の工事かと思ったら、「イチョウ」の樹の元気を回復させるための工事。



樹齢100年にもなるんですね。
養分も外から与えてあげないといけないとは。



こんなに大掛かり。
3月末までかかるそうです。
大変ですねぇ…。

でもこんなに大切にされる銀杏、というのもすごいな…と思いつつ、
通り沿いのカフェ(Royal Garden Cafe)を見るとなぜか青空市場。



野菜やら卵やら果物がちょこっとスペースを借りて売り出されていて、
なんだかオーガニックな感じ。

自転車を止めるとおじさんがトマトを味見させてくれました。
めっちゃ美味し~!

最近、赤坂や青山、都会の真ん中で「マルシェ」(市場)が出ているのが人気で、
そこにも出店しているお店なんだとか。

若芽のルッコラが袋いっぱいに詰め込まれてたった300円!
セリも袋いっぱいの束で100円!

思わず買ってしまいました。
(美容院に行くのに…)

でも買って正解!



うちに帰ってみたらほんとにいっぱい入ってて、
しかも美味しかった~。

本格的なマルシェ、また行きたいです。

ハーブの香りと岩塩の保湿・保温・リラックス効果が
すっかり気に入った「KNEIPP」(クナイプ)。

オレンジ色の「リンデンバウム(菩提樹)」、飽きずに使い続けております。

最近、ドラッグストアで新しいハーブのクナイプを発見♪
昨年11月に発売されたらしいのですが、
ドイツ語で「おやすみ」を表す「Gute Nacht(グーテナハト)」という種類のもの。



ローマ時代の医師・ガレンさんが「不眠症の治療薬」として使っていたハーブが「バレリアン」。
高い鎮静作用があるそうです。
また「ホップ」と組み合わせると相乗効果が出るらしく、
その「ホップ&バレリアン」のバスソルト。

色もブルーでキレイで癒されます。

ちょうど「スマスマ」でMattyさんの「足ツボマッサージ」が紹介されていたので、
お風呂に入りながらマッサージ。

とってもよく眠れました♪


最近、図書館で借りてきた本の一つ。

大阪出身のイラストレーター、漫画家、すーちゃんシリーズの益田さん。
思い立って毎月1県づつ旅行して47都道府県制覇した記録の本。

47都道府県 女ひとりで行ってみよう47都道府県 女ひとりで行ってみよう
(2008/06)
益田 ミリ

商品詳細を見る

日本は小さい国、と思いながらも行った事のないところが多い私。

こんな風に全県制覇できたらいいな~、と思って借りてきました。

ミリさんのとってもマイペースな一人旅なので、
行き先も食べ物も自由この上なく、
旅のガイド本としてはあまり役には立たないかもしれない(笑)

読んでいると、あら、そこは行かなかったんだとか、
それは食べなかったのね、とか、
貪欲な自分とつい比較してしまう…。

ガツガツしたところがなく(というか一人なのでできない部分もある)、
一人旅ゆえの哀愁と相反する自由が描かれています。

ミリさんの心のつぶやきが随所に溢れていて、
それが読み進めていくとどんどん愛おしくなってきました。
飾らず、等身大の一人の女性がそこにいて、
小さなことに感動したり、時に用心深かったり、涙もろかったり、ドジを踏んだり。
同世代の女性なので、共感を呼ぶ部分も多くありました。

クスクス笑いながら、
毎回の旅の最後に付けられている可愛い4コママンガを楽しみに読みました。

私だったら、どんな旅になるかな…と思いを馳せながら
47都道府県を本の上で一緒に巡りましたが、
おそらくは欲張りな自分。
旅といえば、あれもこれもと盛り込みすぎで、
たいていはオーバーヒート気味になってしまいます。

名物にはめっぽう弱いし、
ガイドブックに振り回されたり。

ミリさんの「行き当たりばったり」的な部分、ある意味私にとっては
かなり魅力的…。
ミリさん、どっちかというと私の夫のタイプに似ているかも。

ガイドブックに支配された「ありがちな」マニュアル的な旅でなく、
新鮮というか、自由というか、斬新というか…。
自分で作る旅は「これでいいのだ」と思わされますし、
何より本当に1ヶ月ごと、休むことなく近場から遠方まで、
47都道府県を制覇された有限実行の姿に拍手を送りたくなります。

かかった費用も載せられてるのですが、
旅の感想には書かれていないところも巡っておられたり、食べたりされていて、
1県ごとのエピソード、本当はもっとたくさんあるんだろうな~、と。
他のエピソードも聞きたくなった県もありました。

47都道府県、本当に自分も制覇したくなります。
小さな日本ですが、大きな世界が広がりそうです。


2010.03.06 冬野菜&お米
いつもながら有難いことですが、



冬野菜とお米、果物が届きました!



さぁ、何を作ろうかな~。

3月3日は夫のバースデー。
翌日4日は義父のバースデー。

毎年私の中ではちょっとした生誕祭りウィーク。
なぜに2日続くの…?!
生命の神秘にツッコミを入れても仕方がないところですが…。
一緒に住んでいたらお祝いはきっとまとめてやるんだろうなぁ…(想像)

1月、2月、と親しい人たちのお誕生日が無いだけに、
年明けてあまり買い物にも出ておらず、
ギフト選びのリズムが掴めないまま、
夫はともかく、義父ギフト(シャレか?)選びには
毎年頭を悩ませるところです。

ヒット、ファール、ホームラン?(空振りもあったような…)
これまでいろいろな球を打ってきましたが、
今年はダウンジャケットを贈ることにしました。
果たしてヒットとなるのか…?!

小田急ハルクさんのおかげで割と早くにメインが決まったので、
何か甘いものも一緒に贈りたいな~、と思い、デパ地下を巡回。

洋菓子コーナーでふと「バームクーヘン」が目に留まり、
そうだ、これイイかも♪

ビビビッときました。

樹の年輪を象ったバームクーヘンは長寿を願う贈り物にピッタリ。
そんなことを思い出して、コレだコレだ、これしかないっ!
とすっかりテンション



バームクーヘンといえば「ユーハイム」。

しかも、今年はバームクーヘン100周年らしく、
期間限定のバームクーヘンが販売されていてタイムリー♪
可愛くリボンもしてもらいました。



箱の裏には「ユーハイムさん」も紹介されていました
(人名だと初めて知る…)



中はこんな感じで、
ふつうの「白い」バームクーヘンの上に、
おまけのようにちょこんと「チョコバームクーヘン」が
二切れのっかっているのです!



ほら、こんな感じで…。
(ちょっとおトクな感じ~♪)

と、感動はオマケ付きバーム本体の愛らしさだけではなく、
なんと、買うときにお店で知ったのですが、




び、び、びっくり仰天!でした。
「3月4日はバームクーヘンの日」ですと~?????

このポスターに私がどれだけ驚いたことかっ!

だってだって、
そう、お義父さんの誕生日が、そのまさに「3月4日」なんですから~。

ほんとこれにはタイムリーすぎて驚いちゃって、
思わず店員さんに説明して感動を分かち合いました(店員さんいい人…)。

説明を読むと、どうやら
100年前の3月4日、
広島で行われた博覧会で、
カール・ユーハイムさんが日本で初めて「バームクーヘン」を焼き、紹介したんだそうで…。

それから100年。
ほんと、バームクーヘンに歴史あり、です。

これから3月4日は毎年、バームクーヘンと一緒にお祝いしよう、
と思っちゃいました(笑)

「ねんりんや」「クラブハリエ」…。
ユーハイムだけじゃなくて、美味しいバームクーヘンはいっぱいありますからネ♪
当分ネタ切れしなさそうです(笑)



なんか嬉しくて自分たち用にも買っちゃいました。



うん、美味しい♪

お義父さんはとっても喜んでくれました♪
自分の誕生日が美味しい食べ物の日なんて、ちょっと嬉しいですよね。
まだ先ですが、バームクーヘンのように
お義父さんの100周年もお祝いできるといいなぁ~♪


3月3日は私にとって大事な一日。

夫の誕生日>ひな祭り

毎年朝からソワソワしてしまいます。

近年は自分の誕生日には有休を取るようにしているのですが、
3月3日のダブルイベントの日は夕飯をゆっくり準備したいので、
この日も有休を…(かなり余っているので、年初めからどんどん消化しないといけない)と思いきや…。
3日って悲しいかな会社では「月初め」に当たりめちゃ忙しい。

結局丸一日休むことはムリ~、なので
午後半休にしました。

それでも結構ムリヤリ…(汗)

でもなんとか調整して午後脱出しました。



今年もお花を買えて嬉しかったです。

ガーベラにチューリップ。
3月はお花も増えていいですね。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。