上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
7月11日、参議院議員選挙があるため、
その投票日のお知らせが郵送されてきました。

そういえば先日、平均年齢69.6歳のシルバー新党、
「たちあがれ日本」が結成されました。

政治には疎い私ですが、新聞か何かで読んだ記事を思い出しました。

新党を結成した与謝野馨氏が、
記者会見で朗読したサミュエル・ウルマンの詩。

この詩はマッカーサーや松下幸之助氏も座右の銘にしていた、という有名な詩だそうです。

人生も折り返し地点に近い私が、今頃出会った詩ではあるのですが、
何度も読み返したい、心にヒットしたコトバの贈りものです。

おそらくは、
「青春」と思っている時期はもう過ぎ去った、と思っている人こそが、
この詩にハッとさせられるのではないでしょうか。

青春とは
人生の一時期のことではなく
心のあり方のことだ。

若くあるためには、
創造力・強い意志・情熱・勇気が必要であり、
安易(やすき)に就こうとする心を叱咤する
冒険への希求がなければならない。

人間は年齢を重ねた時老いるのではない。
理想をなくした時老いるのである。

…自然や神仏や他者から、
美しさや喜び・勇気や力などを感じることができる限り、
その人は若いのだ


一言ひとことが心に響くメッセージでした。

「青春」は、通り過ぎていってしまったものではなく、
心の持ち方でいつでも呼び寄せることができるもの。

ニッポンも立ち上がってほしいけど、
ともすると、つい後ろ向きになってしまう今日この頃、
まさに「立ち上がれ自分!」です。

スポンサーサイト
『素晴らしき日々』(原題「The Wonder Years」)。

アメリカでは88~93年まで全6シリーズ115話放送され、
日本でも92~95年までNHK教育テレビで放送された海外ドラマ。

あの頃、アメリカで放送されている番組が大好きで、
『フルハウス』『アルフ』『ドギーハウザー』等と同様に、この『Wonder Years』も楽しみに見ていました。



主人公はケビン・アーノルド。
彼の少年時代(68~73年)を大人になった彼が回想するスタイル。

アメリカで起こった60年代、70年代の出来事を交えながら、
当時の音楽とともに彼とその家族、友人たちの暮らしが描かれていました。

一部にはベトナム戦争、という暗い歴史を抱えながらも、
古き良き時代の側面も映し出し、ほのぼのとした、なんだか心の温まるドラマだった記憶があります。

人間の記憶というのは本当に不思議なもので、
私の脳の本当に隅の隅というか、奥の奥というのか、
何層にもなっている記憶の層の下の下のほうから
突然ググググーン!と
せり上がってきたのがこのメロディー。

曲はジョー・コッカーの「With A Little Help From My Friends」。

You Tubeで検索したらこの懐かしいドラマオープニング映像が見つかり、感動!
さっそく共有ボタンを押させてもらいました。

なぜ今頃、この曲が記憶の彼方から呼び覚まされたかというと、
ほかでもない、「アメリカンアイドル」のファイナルライブのラストで歌われたからです。



トップ2に選ばれたリーとクリスタル。
彼らの辿った軌跡をまとめたビデオが流れました。
シングルマザーと塗料の販売員だった彼ら。
夢を追ってこのチャンスにかけ、毎日がチャレンジの連続。
いよいよその戦いも最終決戦。
今夜優勝が決まる、という時。

そして流れてきた懐かしいメロディー。
二人のデュエット。

そしてクリスタルが大きな声で迎えます。
Ladies and gentlemen, have you welcome Mr. Joe Cocker! Living Legend!

そう、まさにジョー・コッカーといえばリビングレジェンド、生きる伝説にふさわしいアーティスト。

オーラスはジョー・コッカーか~、と
ジャネットライブの興奮も冷めやらぬ中、これまた画面に食いついて見ておりました。

ジョー・コッカーといえば「Yor are so beautiful」。



この代表曲を持ってくるんじゃなくて、あえて「with a little help from my friedns」。

原曲はビートルズ。

サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンドサージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド
(1998/03/11)
ザ・ビートルズ

商品詳細を見る


軽やかにテンポも速く歌われる、明るいイメージのこの歌を、
ジョーはむしろネットリ、ギラギラとしゃがれ声のバラードにして聴かせてくれました。

Live at WoodstockLive at Woodstock
(2009/10/06)
Joe Cocker

商品詳細を見る


What would you think if I sang out of tune,
Would you stand up and walk out on me ?
Lend me your ears and I'll sing you a song
And I'll try not to sing out of key.

Oh, I get by with a little help from my friends
Mm, I get high with a little help from my friends
Mm, gonna try with a little help from my friends

(All lyrics are the property and copyright of their owners.)

調子っぱずれで僕が歌ったら、君はどうするだろう。
立ち上がり、僕から離れて行くだろうか。
もしも耳を傾けてくれるなら、君に歌うよ、
音をはずさないように歌ってみるよ

僕の友達のほんの小さな助けがあれば
僕は何とかやっていけるよ
ちょっとした助けがあればハイにもなれる。
友の助けがあればトライできるよ。


「You are so beautiful」ではなく「With a Little Help from My Friends」。

この歌詞こそが、選曲の所以となったんじゃないか、とひっそり感じました。

奇しくもアメリカでも80年代~90年代にかけて、6シーズンも親しまれたドラマ『Wonder Years』(素晴らしき日々)の主題歌。

そこで繰り広げられる友情や家族との絆を象徴する歌となっていました。

「アメリカンアイドル」にもそのそのエッセンスを感じることができます。

ライバルであり友人でもある生き残りメンバー同士の友情、全米で声援を送ってくれるファン、支えてくれる地元の友人、家族…。
そんな彼らの小さな助けがあったからこそ頑張れた、というこれはまさに感謝の歌?

というか、アメアイで過ごした1年こそが「Wonder Years」(素晴らしき日々)だった、というメッセージソングとしてピッタリだったんじゃないかしら…??と勝手に深読みまでしてしまいました。

音楽の楽しみ方はいろいろですね。

単純に好きな歌を聴くだけでも楽しいし、
こんな風にわずかな1フレーズが、思い出した記憶の底のメロディーが、
懐かしい自分の思い出を引っ張り出してくれることがあります…。

これぞまさに「Wonder Music」です。

マンゴーってどうしてこんなに美味しいんでしょう。

夏になって、コンビニにもマンゴー味のジュースやヨーグルトが並ぶようになりました。

もちろん、果物売り場でマンゴーを買ってもいいんですが、バナナみたいに気軽に買える果物でもなく…。

何で知ったのか、もう忘れてしまったんですが、
ヨーグルト(無糖)の中にドライフルーツのマンゴーを漬け込んでおくと、
翌日には柔らかなフツウのマンゴーみたいになってる!と知り、時々やっています♪

よくお土産でいただいたりするのですが、
ドライフルーツの状態だと、食べきるまでにけっこう時間がかかるんですよね。



こんな感じで適当に5,6本突き刺します。

で、冷蔵庫で一晩寝かせるだけ。



翌日にはこんなに果肉たっぷりのヨーグルトが出来上がります。

贅沢にそのまま食べてもいいし、
最初から入れるときにちょっと細かくしておけば、食べやすくなります。

でも柔らかいので、ちょっとスプーンで潰せば、すぐ食べやすい大きさにできます。

小さな容器に移して、朝食などにいただくにはピッタリ。

簡単でヘルシー、お気に入りのデザートです。

ジャクソンファミリーつながりといってはなんですが…。

私が超・超感動した先日の「アメリカン・アイドル シーズン9 ファイナル」のライブ。

大物ゲストの登場が続く中、
いよいよジャネット・ジャクソンまでが登場してくれました。

ジャクソン家の9人兄弟。
リビー - ジャッキー - ティト - ジャーメイン - ラトーヤ - マーロン - マイケル - ランディ - ジャネット。

末娘であり、マイケルの妹になるジャネットジャクソン。
マイケルとの数々のコラボでも有名ですが、さすが兄妹、ジャネットの高音、ささやくようなかすれた声はマイケルととてもよく似ています。



トップ2のクリスタルとリーを除くトップ12のメンバーが「Again」を歌う中、
ジャネットが颯爽と登場します。

髪はすっかり刈上げられて、今から出家でもできそうなくらい。
そしてゴージャスなロングドレス。
息を呑む美しさでした。

舞台はジャネット一人になり、新曲「Nothing」を披露。

ジャネットが出演する新しい映画、『Why Did I Get Married Too?』のサントラの1stシングルです。

しっとり聴かせてくれる、とっても素敵な曲。

その後、衣装替えをして「Nasty」へ。

う~ん懐かしいっ。

今回の特別ゲスト、元審査員のポーラ・アブドゥルが彼女のダンスの振り付けをやっていた人だから、そんなつながりもあるんでしょうか…、アメアイの舞台を豪華に飾ってくれました。

折りしも時期はマイケルの一周忌に近く、
「Nothing」の時はおそらく誰しもが、彼女の歌声にマイケルを重ねていたに違いありません。

堂々とした貫禄。最後に舞台を去るときも本当に品があって、素敵でした。
最高のパフォーマンスでした♪

2010.06.25 6月25日
6月25日。

日本ではワールドカップの決勝進出に沸いた日でした。
そして、マイケル・ジャクソンの命日。

私にとってもこの一日はいろんな意味で忘れることのできない一日になりました。

マイケルは、死後いっそうその功績が評価され、
様々な誤解や偏見が解け、真に偉大なアーティストとして名を残すことになりました。

リアルタイムに生きていなかったような若い10代の子たちにも、
マイケルの色褪せない音楽が耳に届き、始まったばかりの彼らの人生に影響を与えています。

マイケル・ジャクソンとして活躍した時代の歌ももちろん魅力的ですが、
幼かった10代のマイケルがリードボーカルだった
ジャクソン5の演奏の数々が、私は大好きです♪

Ultimate CollectionUltimate Collection
(1996/01/23)
Jacksons

商品詳細を見る


小学校高学年からオールディーズを聴くことに一時ハマっていましたが、
ジャクソン5はその延長上に私の耳に届いた新しい音楽でもありました。

思わず踊り出したくなるような♪I Want You Back ♪ABC。
悲しいとき、心にそっと寄り添ってくれる♪I'll Be There ♪ Got To Be There。

マイケルジャクソンの持つ、「パワー」と「癒し」の両面。
この頃からすでに眩しすぎる魅力を放っていたんですね。

本当にいつ聴いても元気をくれる、清らかな歌声です。

11月8日のジョン・レノンの命日が忘れられないように、
6月25日のマイケルの命日もこれから何度も何度も振り返られるんでしょうね…。

富や名声があってもそれが幸せとは限らない。
マイケルの幸せ、マイケルの理想はマイケルにしかわからない。

マイケルの、人々に理解されなかった不遇の時代。
そのとてつもない悲しみ、切なさ、もどかしさ、喪失感。
苛立たしさ、やるせなさ、脱力感。
けれども消えない仄かな希望。

立ち上がれないところから最後の力を振り絞って「This is It」をスタートした決意。

マイケル・ジャクソン THIS IS IT デラックス・コレクターズ・エディション(2枚組) [DVD]マイケル・ジャクソン THIS IS IT デラックス・コレクターズ・エディション(2枚組) [DVD]
(2010/01/27)
マイケル・ジャクソン

商品詳細を見る


これが最後だ、
これがすべて、
これこそがまさに、

彼が込めた「This is It」への想い。

最後の公演は実現できず、届け方は変わってしまったかもしれないけれど、
今こうして作品は広く人々の手に届くようになり…。

そしてマイケルを偲ぶ人たちが世界中にたくさん。

マイケルは力を振り絞ってカムバックをかけて前進しました。

私も勇気を出して前進しなきゃ、です。


2010.06.25 ベスト16
勝ちましたっ!

なんと後半にも岡崎がコロコロゴールを決めて
日本3点!

すごいです~。

最後まで集中して攻めて、気持ちのいい試合っぷりでした。

あんなに上背のある外国人選手と戦うだけでも
ほんと、すごいです。
なんか早朝から元気をいっぱいもらいました☆

我々はチャレンジしなければならない。
次の山に向かって…


岡田監督も嬉しそうでした。

今日は一日大フィーバーでしょうね…。
まるで優勝したみたいに。

大阪出身の本田君。
つい応援したくなります。

まだ満足出来ないです。
目標は遥か先ですけど、不可能はない、と次の試合で証明したい…。


世界に出ても変わらない彼の関西イントネーションがいいですね~。

良い一日になりそうです♪

昨夜は9時に就寝(笑)

ワールドカップ 南ア大会。
日本はオランダには敗戦、カメルーンには勝って、あとはこのデンマークとの試合に負けさえしなければ夢のベスト16に入れる!
というところまできております。

夜中?明け方? 3時30分キックオフ、ということで、
お子様のごとく早く寝ました

私はそんなに関心が高いわけじゃないけれど、
夫はけっこう観てるし、職場でもみんなソワソワしてるし…で、
なんか刺激を受けて早々にご就寝。

前半で本田、遠藤、と立て続けに決めてくれて、
え?なんかスゴイ??

否が応でも期待感が高まります。

さぁ、残り後半45分。

このまま突き進んでほしい~!



ロケ地めぐりまで敢行して、かなり楽しんだドラマ、「新参者」。

とうとう最終回となり、犯人逮捕。おぉ~。

いや~、楽しませてもらいました。

●●さんが出てきてからは、この人だけがまだ疑われてないから怪しい…、と言ってたのですが、やはし!

でも最後は「新参者」らしいまとめ方で、感動すら覚えました。

阿部さん、三浦さん、笹野さんの渋い演技、素晴らしかったです。

溝端君、向井君、メイサちゃん、この若い俳優さんたちもとっても良かった

シリアスなドラマには欠かせないユーモアもしっかり織り込まれていて、
毎度食べられない鯛焼き(結局最後まで…笑)、
そしてなんといっても木村祐一演じる小嶋刑事。
毎回トイレのシーンは爆笑、失笑?でした。

新参者 DVD-BOX新参者 DVD-BOX
(2010/10/06)
阿部 寛黒木メイサ

商品詳細を見る

ミステリーのルール、というか、基本、というか、
「フェアであること」
というのは大切なこと。

突然最終回に出てきた登場人物が犯人、というのはありえないので、
とにかくHPのトップページにある

「犯人はこの中にいる…」

を頼りにいろいろと俳優さんたちの顔を見ては、この人?この人??
想像を巡らし…。

終わっちゃってちょっと淋しいな~。

また人形町に遊びに行きたいデス♪

いや~、昨日は本当に興奮しました!

遅まきながら完全にハマった「アメリカンアイドル」がとうとうフィナーレ。

アメリカではもう優勝者はとっくに決まってるけど、
少し遅れてのFOXジャパンの放送。
「優勝者は誰か?」という最新ニュースを、何気ないネットの検索で見つけてしまわないように(笑)、
ここ数日はかなり気を使いました。

この日曜は同じ9時から「新参者」なので、

アメアイの優勝者は誰か?
新参者の犯人は誰か?

このどちらも気になって…。

結局いつものパターンで新参者はビデオに、アメアイを生で見ました。



最後まで勝ち残ったリーとクリスタル、どちらもそれぞれに魅力があって、
ほんと、どちらが優勝でも良かった。

米国民の投票はわずか2%差!
リー・デワイズの優勝でした。

2%って!ものすごい接戦だったんですね、やっぱり。

リー、クリスタルはもちろんだけど、ケイシー、ビッグマイクもお気に入りだったので、これから活躍してくれると嬉しいな…。

最終戦で歌った「Beautiful Days」がリーの新曲。
すでに決まってるところがすごいんだけど、U2のカバーなんですね。
何ヶ月もかけて生き残りの様子を全米で放送、優勝が決まる頃にはすでにものすごい数のファンが付いている、という優れたプロデュース番組だと、ホント、思います。

トップ24から見始めたシーズン9。

毎週ハラハラドキドキ、やっとフィナーレ。
しかしこの最終回はほんとにほんとにすごかった。
2時間のうち、発表は最後の5分くらいで、それまでに出てくるゲストがもうハンパない!
レジェンド、と言われるような大御所から若手まで。

次から次へと聞き親しんだ音楽とアーティストが出てくるので、興奮を抑えられず、一人でキャーキャー言いながら画面にかじりついて観てました♪

アリス・クーパーに始まり、ビージーズ、マイケル・マクドナルド、クリスティーナ・アギレラ、ホール&オーツ、アラニス・モリセット、キャリー・アンダーウッド、ブレット・マイケルズ(ポイズン)、シカゴ、ジャネット・ジャクソン、ジョー・コッカー…。

しかも出場者とともにコラボするんですから…。
こんな大スターとの共演なんて、まさに夢のような舞台です。

一言ではとても語りきれない…。
この感動は忘れられません~。

名物審査員のサイモンが今シーズンで去ることもあって、歴代の優勝者が集結したり、名コンビだった前回までの審査員、ポーラアブドゥルが駆けつけたり。

会場には有名人もたくさん観に来ていたようですが、
フルハウス」のレベッカ役だったロリ・ローリンが娘さん(そっくり)と観に来ていて、久々にリアルタイムの彼女を見れてこれまた感動!相変わらず美しかった~。

シーズン9はレベルが高かったというし、
ほんと、いい時に見れました。

しばらくは余韻を楽しみながら過ごしたいと思います♪

数週間前、チャレンジした「どん兵衛」東西食べ比べ対決。

今度は赤のパッケージでおなじみの「天ぷらそば」対決を決行。



左:関西 右:関東

天ぷらが少し変わったようで(食べてみたらほとんど同じでしたが)、
表のパッケージの右部分にちょこっとだけ違いが。



スープは関西が「ピンク」で(可愛い)、関東が「緑」でした。
うどんの時は「青」と「赤」だったので、これでスープは4色ある、ってことですね。



確かに、ちょこっと天ぷらの入れ物が違います。
関東のほうは、上部に切り込みがあって、サクッと開けられるようになってました。

関西のほうは袋をペリペリめくる感じです。

でもたぶんこれはそのうち同じになるんじゃないかな、と思います。
便利に改良した、って感じなので。



中身も若干バージョンが違うのか、天ぷらの見た目も違いましたが、
味の違いはやっぱりよくわからない…(天ぷらについていえば)笑

しかし、問題はなんといっても「ダシ」の味!

これはもう完全に関西に勝負あり!って感じでした(ワタシ的には)。

まずは関西のほうを食べて、「美味し~!」って思ったのですが、
夫が食べだした関東のを食べた途端、

ゲゲゲッ!!!

ウェ~!食べれない~!!!!

と、一瞬でギブアップ。



味は濃いし、なんかダシの風味もまったく感じられなくって、
ワタシの口にはとても合わない~(関東)。

見かねて夫が関東バージョンは食べてくれることになったのですが、
私よりはまだ耐えられるらしく、
いや~、味覚おかしくなってきてるのかな…とボヤいていました。
(夫の実家、富山といっても西寄りなので味付けはかなり関西風なんですけどね)

しかしながら、私の舌はやはり「関西舌」であったことをここで強く確信しました。

先日のうどんの時も断然関西だね、と思ったけれど、
今回のそばはもう…関東ありえない…でした。

東京に住みながら、偽関東弁を操り、
ハイセンスな都会を闊歩するように見せかけながら、
舌のほうは完全に「関西でおま」
なワタシなのでした…。

だいたい「そば」より「うどん」派だし、
京都のおだし、薄味の味付けにホッとする私。

関東には馴染めているようで馴染めてないんでしょうか…。
いや、しかしこの味には馴染みたくない…。

魂を売ったかに見えた東京在住10年の歴史も、
味覚までは売っていなかったのですね…。

人間3歳までに味覚が決まる、と聞きますが、
岐阜生まれの母の味付け、それもかなりの薄味家庭に育った私。

やさしいほんわりした「おだし」にホッとするマイ味覚なんですね。
この先10年東京に住んだとしても、
到底あのパンチ効きすぎの関東風には馴染めそうにありません…

いや~、しかし、うどんに続いてそばの食べ比べ。
本当に面白かった~

カップ麺は世界でも一、二を争う消費量のニッポン。
海外では手軽にこのニッポンの味?を楽しむことはできないんだけれど、
皆さんにもぜひ試してもらいたい実験科目です

関東版、必要とあらばいつでも発送受け付けま~す(笑)

人形町散策。

ちょっと足休めに立ち寄りました、甘味処「初音」。



創業天保8年(1837年)という超老舗。

明治じゃないですからね、江戸時代ですからね…。
お侍さんの時代ですよ…。
創業173年?!?!

親子何代にも渡って、お店を守る、っていうのは大変なこと。
現在は七代目だそうで。
都内では最古の甘味屋さん、とも言われているようです。



2Fはお好み焼きともんじゃのお店になっていて、1Fはレトロな雰囲気。
窓が一風変わっていて、なんというか…和モダン、というか…風情があります。



メニューはいろいろあって、どれにしようか迷いまくり。
下町とはいえ老舗価格?
厳選素材なのか…けして安い甘味ではないので、失敗は許されぬ…とプレッシャー>自分

クリームあんみつ、クリーム小倉白玉あんみつ、
白玉抹茶クリームあんみつ、抹茶クリーム小倉白玉、

おいおい、どない違いますねん~???
こっちには白玉があって…こっちにはなくて…頭がこんがらがってきます。

迷った末、結局、白玉抹茶クリームあんみつにしました(欲ばり)



黒蜜か白蜜か選べたので、これは迷わず「黒蜜」に…(笑)

このお店の寒天は、奄美諸島や伊豆諸島の天然天草を使用していて、
市販の寒天よりも柔らかいんだそうで…。

素朴な味わいのあんみつでした。
中のお豆が美味しかった。

けして派手ではないし、今風でもないんだけれど、
素材へのこだわりが感じられました。

伝統を守るために素材にこだわって毎日同じものを作り続けているんですね…。

創業当時は「さつまいも」の加工食品、明治になってからお餅や豆かん、お汁粉を作られたそうで…。
あんみつは昭和になってからだとか。
やっぱり「さつまいも」ってスイーツの原点、なんですね。

現代(いま)だって、単純に「ふかしただけ」で立派な甘味(スイーツ)なんですもんね。

それにしても「砂糖」が無い時代から、人々の心の癒しになる「スイーツ」を作り続けているなんて、すごいもんです。

人形町にはまだまだ気になるカフェや甘味屋さんがいっぱい。
また探索に行かなきゃ、です♪

あ~、いよいよ次回で「新参者」も最終話!

犯人が気になります~
2010.06.16 紫陽花
梅雨に入りました。

季節の移り変わりがある日本。
衣替えや、毛布を出したりしまったりは面倒だけど、
折々に楽しめることがあって嬉しいことも。



近所に咲いている紫陽花。
見ごろで綺麗です。

紫から青、このグラデーションの美しさには毎朝癒されております。



そして「白」!

白いアジサイもなんとも「粋」な感じで素敵。
いろんな色があるのに、何色にも染まらないわよ、という、
なんとも凛とした、高貴な感じ。



足元に咲く紫陽花を見かけることが多いですが、
かなり大きな木に育っているのか、
塀から垂れ下がるように頭上に咲く紫陽花も見つけました。

大ぶりの紫陽花が私を見下ろすように満開に咲き誇っており…。

紫陽花を見て思うのは、
なんて雨の似合う花だろう…ということ。

雨上がりの紫陽花。
水滴をしたたらせているその姿は
本当に「絵になる」美しさ。

雨が止んだ後に紫陽花に出会えると
とてもラッキーな気がします。

「雨もいいものよ」

そんな風に教えてくれているような気がするのです。


新参者」― 被害者・三井峯子が息子の彼女のために、
と毎日安産祈願に足を運んだ「水天宮」。

私も一度は行ってみたかった、
東京では有名な安産祈願・子授けで知られているスポットです。



水天宮交差点。
緑のお屋根が水天宮です。
人形町をぶらぶらと歩いていると、いつの間にか到着してしまいます。



交差点を隔てて、人形焼の「重盛栄信堂」があり。



そうそう、1話で登場しましたね…。
が、この日は日曜でお休み。
でもこんな愉快な?!シャッターが見れるのも休日ならでは…?!(負け惜しみ)。



こじんまりしていますが、なんだかいい「気」が流れているような場所です。



大きな狛犬が迎えてくれます。

戌の日は特に大勢の参拝客で賑わうそうで…



階段の手すりは妊婦さんでも昇りやすいように「ナミナミ」に…。
(もちろんエレベーターも別のところにありますが)

念入りにお参りをして、
向かうはかの有名な



「子宝いぬ」のコーナー。
コレコレ!!



ワンワン、キャンキャン!

みんながこの犬親子の周りに集まっていて、
ひっきりなしに犬の頭に手が伸びていました。



おかげで頭はツルツル・ピカピカ。

子犬なんか「黄金の子犬」



そうそう、これでしたね、三井さんが撫ぜていた子犬は…。



ちなみに、この犬親子を囲んでいる
干支のドラゴンボールみたいなの、
自分の干支をなでて、子宝・安産・無事成長をお祈りすると良いようです。

なんだかとっても元気をもらえる場所でした。

帰りは向い側の道路から都営バスに乗って秋葉原まで。
あっという間に着いちゃいました
なんとも愛らしい小物、いただきました。

エレファントグラスホルダー。
「象のかたちの眼鏡置き」?です。



弟ファミリーからもらったこのフィギュア、
実は、眼鏡を「ちょこっと置き」できる便利グッズなのです。



夫も私も「めがねっ子」。
ピンク象とブルー象の二つもらって



こんな風にかけるんですね~。

なんともユーモラスで思わず笑っちゃいました。

夫も私もついついそのへんに「ポイッ」と置いちゃって、
メガネ、メガネ…と横山やすし風になっちゃうので、これは大助かり。

今は寝室で使わせてもらってます。
いつもベッドヘッドのところに無造作に置いてたんですが、
ときどき寝ぼけてケータイを取ろうとしてメガネを床に落っことしたり、
ふとした拍子にベッドに落っこちてきて、踏み潰しそうになったりしてたんです(汗)

このオブジェを置いてからは、メガネの定位置が出来て、
そんな心配もすっかり無くなりました。

毎晩ちょこんとおとなしく乗っかっています。
可愛くて、ちょっと可笑しい。

就寝タイムは「ぞうさんのメガネ」です。

人形町・亀井堂
明治6年、神戸・元町の「亀井堂総本店」からのれん分けした老舗。



「瓦せんべい」でも有名で、歴代の首相の焼印が押された「歴代五人衆」(小泉さん、阿部さん、福田さん、麻生さん、鳩山さん)のおせんべいにはビックリ★
かなり似ているので思わず笑っちゃいました

折りしも6/5(日)は管首相就任の翌日。

鳩山さんの急な辞任と管さんの慌しい就任にも関わらず、
もうこんな商品が!



その名も「裏切りませんべい」…

ちょっと左にずれたホクロの位置や髪型、刻まれたシワ。
かなり似てるような…。

「緊急販売」が決まったそうで、
国会議事堂のお土産品になるらしく。

先行で店頭販売してます、とこれまた大宣伝してました。



いやはや…
ほんとに「裏切りません(べい)」でお願いしますよ…
ってカンジです。


人形町・甘酒横丁にある人形焼と瓦せんべいのお店、「亀井堂」。



お店の前では店主なのか、「阿部さんが食べておられたのはこちらの人形焼です!」
とチラシを配りながらここぞとばかりに大宣伝。

ドラマには「亀井堂」の他にも「重盛栄信堂」の人形焼が登場しますが、
「板倉屋」さんも有名。
全部食べ比べてみたくなります。

人形町といえば「人形焼」。
1話(香川照之)、2話(寺島進)ともに「人形焼」がドラマを動かす重要なアイテムになっていました。




歴史を感じるシブイたたずまい。

やはり人形町に来たら「人形焼」でしょ、と思う人が多いのか、
お店にはひっきりなしにお客さんが…。

「アド街ック天国」でも1位で紹介されている、ということで
味のほうは確かなんでしょう。

食べた~い!



ということで、即購入。



早朝から焼き上げてお店に並ぶようです。
こちらは10個入り。
しっかり「エージレス」を入れられて新鮮キープ状態。
7個入りはもう売り切れちゃってたのです。

こちらの人形焼の特徴は

多量の卵と小麦粉、また特上の餡を主原料とし、牛乳やバターを一切使用しない和カステラの製法でつくられております


とのこと。

確かにたしかに!



あんこがギッシリ、カステラ部分もきめが細かくて、
美味しさが詰まっていました。



焼き型は5種類ある、と聞いていたのですが…。
だるま・亀・大黒様・釣り鐘・力士。
どれがどれやら…。

大黒様と力士の区別が…特に



今度は、カステラ本来の味を楽しめる、という
「あんなし」バージョンを食べてみたいです♪

買いはしませんでしたが、
瓦せんべいでも有名なお店で、管首相の「裏切りませんべい」が大々的にフューチャーされてました…(つづく)

下町の散歩道、「甘酒横丁」を散策。

人形町のメインストリート?
今や、ドラマ「新参者」の影響もあって、
ロケ地めぐりをする人もけっこういる様子。



路地裏に気になるお店があったり、
何代も続いている老舗のお店があったり。
明治時代に甘酒屋の「尾張屋」さんがあったのが、横丁の名前の由来だそうで。

明治座から甘酒横丁の交差点までの約400mほどの小さな通りに
思わず足を止めたくなるお店が点在しています。



甘酒横丁の交差点から「玉ひで」を望む。
こんな風に阿部ちゃんが毎回容疑者をつまんでますよね…(笑)



残念ながら「あまからせんべい」を販売している「草加屋」さんはお休み。



ドラマで登場した「あまから」。
食べてみたかったな~。

こちらは明治40年創業のお豆腐屋さん、「双葉」。



お豆腐はもちろん、甘酒や豆乳ソフトクリーム、豆乳ドーナツなども。
訪れる人が絶えない様子。



思わず衝動買いしてしまった「豆乳ドーナツ」。

おからドーナツみたいなのを想像してたのですが、なんかちょっと違う…?!
「八王子一丁庵」とか「はらドーナッツ」のおからドーナツ、
そちらのほうが好みではありますが、
豆乳ドーナツはまた作り方が違うのかな…たぶん。

お天気が良くて、気持ちのいい一日。
多くのお店が「新参者」のポスターや「明治座」のポスターを貼っていました。

阿部ちゃんや溝端くんも歩いたのかな~、などと想像しながら…
まだまだ探索は続くのでありました…。

ドラマ「新参者」。
加賀さんがいつも食べ損ねている「鯛焼き」。

足しげく通い、健気に行列に並ぶ加賀さんに感情移入してしまうのか、
ドラマを見るとついあの「鯛焼き」が食べたくなってしまいます。

果たしてあの鯛焼き屋は本当に人形町にあるのか?
そんな疑問がむくむくと沸いていたのですが、
たこ焼きで有名な「銀だこ」とのコラボだったんですね…。



もちろん、人形町にもありました♪
ただし、お店のつくりはドラマとは全然違ってましたけど。
あのドラマのお店はロケ用にセットを組んでるんですねぇ…。

「銀のあん」では、でっかいポスターでガンガンに宣伝してました↓



しっかり包み紙まで「新参者」↓



ちょっとウキウキしちゃいますね。

この期間限定の鯛焼きは、全国の「銀だこ」で展開しているみたい。
「銀のあん」併設のお店なら東京に限らず食べれそうですね。



なんか焦げてるの?
と思いましたが、「薄皮醤油」だから?



でした。
パリッと香ばしい皮で、醤油の香りが…。
甘ったるい鯛焼きとはちょっと違うカンジ。

あんこはまずまず。
中の「おもち」がけっこうたっぷり入っていて、思ったより食べ応えがありました

人形町の鯛焼きといえば、
「柳屋」さんが超有名。

東京三大鯛焼きと言われる名店で、甘酒横丁の小さなお店はいつも行列が絶えないらしい。
日曜お休みなので、この日は行けませんでしたが、
おそらくは「新参者」に出てくる鯛焼きは
この「柳屋」さんを意識したものなんでしょうね。

今度は絶対に平日に散策して、
「柳屋」さんの鯛焼き、
「玉ひで」の親子丼、
「重盛栄信堂」の人形焼などなど…。
平日限定の人形町グルメにトライしたいです♪

さて、加賀さんはこの鯛焼き、いつ食べれるんでしょう。
最終回には必ず食べれますように

豪華キャストで話題のドラマ。
毎回楽しませてもらっています、「新参者」。

原作を読んでないので犯人が誰かわからず、
誰・だれ・ダレ??
誰なのかな~???と思いながら
いやいや、今日も面白かった!と見終えております。


新参者新参者
(2009/09/18)
東野 圭吾

商品詳細を見る

この「新参者」。

舞台は「人形町」、ということで、
実は今の職場から結構近いんですよね…。
歩いて行けるじゃ~ん。

昨年末に引っ越してきたばかりなので、まだあんまり探索していなくて、
意外に近くてビックリしました。

「水天宮」にお参りしたくて、
あと「人形町」グルメも満喫したくて、
ずっと前から散策したかったんです、実は。

「新参者」見てると、俄然行きたくなり…。

加賀恭一郎がいつも食べ損ねているあの「たい焼き」…
食べたい…。

ということで、半日トリップ、実現してきました♪



岩本町から水天宮通りをひたすらまっすぐ。



しばらく歩くと、「小伝馬町」の交差点に辿り着きます。
このアングルの標識、ドラマでもよく出てきますよね。

小伝馬町のマンションで、被害者三井峯子は殺されたんだなぁ…。

などと、フィクションのドラマの世界に思わずトリップ。
あるわけないのに、本当にありそうな気がしてきます。

この交差点を人形町に向かって歩いて行くと、
すぐにドラマのロケに使われた「銀行」が…。
(実際は三井住友銀行)



綾戸智恵がゲスト出演していた回で、
喫茶店の場所を間違えて伝えてしまった「勘違い」を阿部ちゃんが説明するシーン。

この銀行の建物、ドラマの中でも印象的でした。
阿部ちゃんが出てきそう…。

そうそう、歩いている途中、左側の路地の先に「東京スカイツリー」が見えました。
もうすぐで400mになるようです。

さらにテクテク…



江戸時代から約220年続く刃物の専門店、
「うぶけや」に到着。

残念ながら日曜はお休み。

でもさすがのたたずまい…。
看板に歴史を感じます。

まだまだツアーは続きます。。。

最近好評の我が家のサラダ。

GW中、田舎で見た「クッキングアイドル アイ!マイ!まいん」のレシピを真似して作ったサラダです。
(正式名称忘れました)

主役の「まいん」ちゃん役の女の子、
鼻に抜ける声がなんとも印象的。

子どもたちにも作れるレシピ、ということで
材料もシンプルで、作り方も簡単♪
こりゃいいな~、とすぐにメモりました。

①かぼちゃをレンジでチン。



②きゅうりとチーズをダイス状にカット。



③かぼちゃをペースト状に崩して②を混ぜ混ぜ。



④塩・こしょう・マヨネーズ・マスタード(これは無かったかもしれない…。でも入れてみました)



⑤できあがり~



番組ではこんな風にラップで可愛くくるんでました。

「お、このサラダいいね~」

と、一口目から大好評のこのサラダ。
栄養のバランスも良くてナイスです。

お弁当に入れてチンするとチーズがトロッと溶けるのも
けっこう好きです。

もちろん冷やして食べても。
サンドイッチの具にしてもいい感じに♪

この番組を見たのは後にも先にもこの1回きりだったんですが、
子ども向けの料理番組、とバカにできないところがありました。
むしろ「時短」のヒントになる主婦の味方なのでは?!と思うほど…。
本来料理は苦手なので、とにかく工程の少ない調理が好きです。

仕事中なので見れないんだけど…
HPにレシピだけでものっけてくれるといいんだけどなぁ~。
(NHKなぜか載せてない…)



2010.06.07 EAST VS WEST
気を取り直して「どん兵衛」リベンジ。



買って来ました、関東バージョン。

赤いきつねと緑のたぬきは置いといて…(汗)

ところが、

ちょっと気を抜いて一緒の場所に置いてたら

どっちがどっちかわかんなくなって
ひぇ~

裏に書いてある住所も同じ大阪だし、

わかんないわかんない~
どおしよ~

騒いでいたら

「W」か「E」って書いてない?

と夫。



書いてる~!

「W」って書いてる~!

「W」=「WEST 西」で、
すなわち「関西」バージョン。



「E」=「EAST 東」で
「関東」バージョン、という具合(らしい)。

なるほろ~。

良かった良かった。

というわけで、
すったもんだありながらも、ようやく試食。



まずは「うどん」チャレンジ。

パッケージも裏ぶたもそっくり双子のようなのですが、
唯一ハッキリと違うのが「スープ」袋の色。

青が「関東」で赤が「関西」でございました。



やっぱり違うんですねぇ~。

ワクワクしながらお湯を注いで…。


左:関東                 右:関西

ほょ~。

ほんと、関東バージョンは色が濃いっ!

見た目にも違います。

こちらは関西バージョン。



色薄いんです、こっちのほうが。

お味のほうは…。

ほぉ~。おいひぃ~。
優しいおだしです。

っていうか麺が太くなってるっ?!

そうそう、去年から「太い麺」に切り替えたらしく、
なんとも食べ応えのある麺になっててビックリ!

前の平ぺったい麺と違って美味しくなってました。

そして問題の?!関東バージョン。



いやいや、濃い~。

ほんと、関西味を食べてからだけに
余計濃く感じました…。

う~ん私は断然「関西派」ですね。

夫と半分こしましたが、やっぱり彼も「関西派」。

関東の人は「関東バージョン」のほうがいいのかなぁ…。
絶対濃いと思うけど。

インスタントラーメン、普段は滅多に食べないので、
これまで気付いたことがなかったんですが…。

他のラーメンとかも味の違いあるのかしらん。

いやぁ~、面白い経験でした。
ご馳走さま~

関西から送られてきた「どん兵衛」うどん&そば。



早速「関東バージョン」と食べくらべようと、買い物へ。

食料品は土曜日にまとめて買う我が家。
たまご・やさい・きのこ・どんべえ

しっかりメモって出かけたのに

なぜか私の目に飛び込んできたのはコレ。



キャ~!安いじゃん~っ!

赤いきつね・緑のたぬき、「本日限り」で97円!

これはなんてタイムリー!(ウキウキ)

??



??

この時点ですでに私の中は
「どん兵衛」→「」と「」のパッケージ→「赤いきつね」と「緑のたぬき」
にすり替わっており…

アホみたいに「見つけた見つけた」と、いそいそと買い物カゴヘ…。

己がまったく違うものをチョイスしたことに気付きもせず、

ミッション完・了~!

と足取りも軽やかに帰宅。



ギャ~ン!
違うや~ん!!

ようやく似て非なるものであることに気付きました…

もぉ~、
ほんとにアホ丸出しです。

共通点「色」だけですから。

逆に緑のほうが「そば」で赤いほうが「うどん」ですから!



もぉ…しょっちゅうこんなことをやっているので、
夫からはずいぶん呆れられております…。

「食べくらべ」は仕切り直すことにして…



こちらはまた関西に送ってあげようかと思います。

どん兵衛は「日清」、こっちは「マルチャン」でした。

そうだそうだ、そうだった。

我が愛しの「サンミー」。

この菓子パンが東京にはないことを知ったのはもうずいぶん前。

なんで?なんで?なんでなん~!!!

どこを歩いても無いのでした…。淋しい東京よ…。



時々帰省した時に買って帰ることしかできなくなったのですが、
久々に我が家に…。
ずいぶん食べてなかったな~。

見ると、なんか中高生の頃を思い出しちゃうパンです。
青春の味?!



サンミーの語源は「三つの味が楽しめる=三味(サンミー)」という気恥ずかしくなるほどのダジャレ。
この他を唖然とさせるダジャレっぷりが関西に受け入れられたのか…。
いや、関西にしか受け入れられなかったのか…。

なぜか関西では売り続けられています。

今朝はいつもの早起きもよりウキウキ感を増し…。
夫と半分こしていただきました。

懐かしすぎる…。
しみじみ。
(夫にはこの「しみじみ感」は無い…。関東同様、北陸にも売ってないのか…)

そうそう、
昨晩、弟夫婦にお礼の電話をかけたら、なんと弟が「ヨンミーも出てるで」との衝撃発言。

えぇ~っ!!!

「ヨンミー」って「四味」かい?!

義妹も知らなかったらしく、二人でウソウソ~!と言ってたのですが、
「イチゴの味がついてる」という詳しい説明。
新作「ヨンミー」の存在ににわか信憑性が…。

早速調べたらありました!
すでに「ヨンミー」を食した人たちが続々とブログにアップしているのを見ました。

なんと…

こんなに「サンミー」が好きなのに、その展開を知らずにいたとは…。
近くで成長が見られない悲しさよ…。
我ながら情けない…。

衝撃に震えながら次々に調べていった結果、
あろうことか
「スペシャルチョコサンミー」やら「富良野メロンサンミー」なるバージョンも発売されていることを知りました。

なんと…。
どれだけ進化するねん、サンミー。

もう販売終わっちゃってるのもあるかもしれないけど…。

あぁ、でもなんか嬉しい。
「サンミー」は永久に不滅っぽい感じがした(関西のみ)。

そして、改めて知った「サンミーファン」がこの世に結構いることを…。

あぁ…とっても嬉しい。

私の「サンミー」がたくさんの人に愛されているなんて(関西のみ)笑。

昨日届いた箱にはいっぱい関西のノリが詰まっていて、
どれもこれも非常に魅惑的な感じです。

しばらく楽しく過ごせそう~

あ~サンミー美味しかった!

キャ~!!

「関西セット」が届きました



先日から弟夫婦(関西)と私たち姉夫婦(関東)の間で話題になっている

「関東にない食べ物」&「関西にない食べ物」たち。

近くに住めたら楽しいだろうと思うのですが、
離れているからこそできることもあるんですよね~。

先日私たちが送った
「関東セット」…ハートチップル・歌舞伎揚げ・ちびおにぎりせんべい(あられ)・ホレンディッシェ・カカオシュトゥーベetc.

へのアンサーソングのように届いたこの「関西セット」

本家本元「おにぎりせんべい」。
「ぼんち揚」、この響き…。これぞ「ザ・関西」!
ぜひとも「歌舞伎揚げ」と食べ比べてみたいと思います。

そして「どん兵衛」のうどんとそば。
「おだし」が違う、とは聞いてはいましたが、食べ比べたことはなく…。
いやはや楽しみです。
さっそく、関東バージョンを買いに行きたいと思います。

そしてなぜか弟がハマっている謎のあられ、「オリーブの花」。

前回の帰省時、「オリーブの花」「オリーブの花」、とやたらに絶賛していて、
一体「オリーブの花」って何???

頭の中にはその謎のネーミングだけがこびりついていましたが、
まさかこんな庶民的なあられだったとは!
3袋も入っていてビックリ。ありがとう~。会社にも持っていってみます。

見れば「植垣米菓」の製品。

「うえがき」といえば…

ウエガキ ウグイスボール 148g ×12個 鶯ボール うぐいすウエガキ ウグイスボール 148g ×12個 鶯ボール うぐいす
()
ウエガキ

商品詳細を見る

ウエガキウグイスボール!

このフレーズでお馴染みのCMですよ。
これが関西ならではのものだったとは…。
確かにこの10年耳にしたことのないCMです。

でも記憶にはしっかりと残っている「ウエガキウグイスボール!」(確か女の人の声)

人間ってスゴイですね。
てか、CMってスゴイですね。

たった1フレーズがず~っと頭の隅に残っているなんて。

♪あぜ~くら~♪
同様、
関西オンリーのCM、面白いものが多いです。

そしてミステリアスなアルミホイルに包まれて出てきたのが

わが愛しの「サンミー」♪

まさか「サンミー」が食べれるとはっ。
ありがとう、ほんと涙モノ!

他にもお楽しみ袋があって、これまた感動モノでした~

明日のおめざはもちろん、「サンミー」に決定♪

早起きが楽しみです。

出張帰りの同僚からのお土産。

中国…栗を加工したお土産が多いんですよね。



パンダマークはもちろん、『天津甘栗的…』ってのがいい感じ(笑)

「的」ってなに~?

思わず笑ってしまっていたのですが、日本語で言うならば「の」に近い用法らしく…。

「的」が所属関係を表すので、「天津甘栗」=「天津甘栗」になるみたい。

確かに~。

「天津甘栗的栗羊羹」すなわち「天津甘栗の栗羊羹」

ってことなのね~。

中国語はイーアルサンスー(1234)やちょっとした挨拶くらいしか知らないので、お勉強になりました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。