上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.07.31 おいしい水
毎日暑いっ!

今夏の日本列島はとにかく暑い…。
熱中症で何人亡くなった、というニュースが流れる毎日。
部屋の中にいてもいつの間にか熱中症になっていて、死亡していることもあり、恐ろしいです。

お水はアクアクララのウォーターサーバーを置いていますが、
最近感動したのがこのお水!

いろはすみかん」。



いろはすみかん」は、「いろはす」の姉妹品で、温州みかんのエキスが入っているのがポイント。

温州みかんの香りがとっても爽やかで、飲み心地最高!
先日一口飲んでビックリしました☆

「いろはす」はなかなかのヒット商品。
しぼれる国内最軽量のプラントボトルを使用していて、飲み終わると



こんな感じにクシャクシャに出来ちゃいます。

このエコな感じもヒットの要因のようですが、
ボトルは軽いし、美味しいし、最高です。

ゴクゴク。
水分補給をお忘れなく♪

スポンサーサイト
暑い毎日ですが、ようやく東京にも雨が降りました。

長らく美味しいオリーブオイルを探していたのですが、このオリーブオイルは絶品です。

A L'OLIVIER」(アロリビエ)の「アロマティックオリーブオイル」(写真右)。



フランスでは創業190年ほどの老舗のオリーブオイルです。
日本では入手できるところが少ないのですが、伊勢丹新宿店、コンランショップなどで。

いくつかフレーバーがありますが、ポルチーニ&トリュフ風味は一番人気。
イタリアン、フレンチはもちろんですが、意外なところでは「冷やっこ」にかけたり…。
和風にもアレンジでき、いろいろな料理に合います。



先日、コストコで購入した「モツァレラチーズ」を使って
トマトとのカプレーゼを。
イタリア国旗を表す赤・白・緑は通常、トマト・モツァレラ・バジルソースだけでOKなのですが、
我が家ではアボカドも加えてより緑を強調?!

バジルソースは「Barilla(バリラ)」のものを使ってみました。
こちらはマイルドなジェノベーゼなので、たっぷりとかけられます。

よく冷やして。暑い夏の夜にはいいですね♪

1分で出来ます。


同僚がTDL(東京ディズニーランド)に行ってきました。

お土産とちょっと感動のお土産話をいただきました♪



猛暑の中、かき氷にアイスクリームののったフラッペを購入。
さぁ食べよう!と思ったら、勢い余ってポロッ。
アイスクリームを丸ごと落っことしたらしいのです。

思わず悲鳴。
キャー。

するとすかさずキャストの方が近づいてきて、大丈夫ですよ、とササッと片付けてくれ、
また別のキャストの方が代わりの新しいフラッペを持ってきてくれたそうです。

一口も食べてはいなかったけれど、
そんなことはキャストさんは知らないはずで、けっこう食べてたかもしれないのに
すっかり真新しいのと交換してくれるなんて…。

そんな恐縮している彼女に
キャストさんが残した一言は…。

「ミッキーからの贈り物です」


キャ~!

もぅ、本当に夢の国ですね。

悪いことは出来ない…、そんなミッキーの愛に包まれたランドです。

一年に一度は心の洗濯に行かなければ!と彼女は言っていました(笑)



2月の寒い日、大豆と塩と麹から作ったあの味噌が、
なんとなんと出来上がりました~!



1年くらい熟成させてもいいのですが、
とにかく初挑戦だったので、早く食べてみたくて…。
夏の土用の丑の日頃には食べられます、と先生が言ってたので
解禁しちゃいました~(ボジョレー?)。



ほんわりと味噌の香り。
5月に天地返しをした時にはまだ白っぽかったのに、
すっかり茶色く変身していました。

昆布も浸み込んでいい感じ。
いやはや、本当に出来るとは…。



きゅうりに付けていただきましたが、
ちょっとしょっぱいかも~。
こんなもんですかね…。

いや、もっと甘いお味噌が好きなので、これは今後の研究課題かな…。
ともあれ、一から手作り出来たのが大満足!

今後は味噌汁など、和食に大活躍しそうです。
当分お味噌も買わなくていいし…。

大豆と麹と塩と酒さえ手に入れば、日本じゃなくたって味噌は作れますね。
思えばこんなに簡単に味噌が作れるなんて…。
もっと早く知っていれば…。
海外在住の方々にこそ知らせたい、日本の味です~!

博多の味、辛子めんたい。



届きました~。

夏の暑さを吹き飛ばす、パンチの効いたこの味!



ご飯のお供にいただきます♪

2010.07.25 丑の日イブ
今日も暑い一日でした。

とにかく暑い日本列島です。



明日は夏の土用。

1日早いですが、鰻、いただきました

暑さも吹き飛ばせるかしら~。
連続猛暑日が4日続いた24日
東京の夏を彩る花火大会に行って来ました♪



調布市花火大会」。

東京の花火大会の先陣を切る大きな大会です。
去年の人出は35万人、12000発。

たまたま同僚からいただいた「ペア招待券」。



いたばしの花火大会以来、大きな花火大会を間近で見る機会も逃していたので、これは絶対行く~!暑くても行く~!と楽しみにしていました。

混雑するので早めに現地へ。


電通大グランドは有料席といっても芝生エリアに配られたシートを敷いて座るパターン。

それでもゆったりと花火を見れるのはいいものですね。



配られたシートは「キティちゃん柄」で気分も
出発前に新宿のデパ地下で焼き鳥やらおこわおにぎりやら、食料調達。
デザートも。

夕暮れ時に到着して、花火が始まるまで、かなり待ちましたが、
実際花火が始まれば75分なんてあっという間。
待つ時間も楽しまないと…♪



ラジオ中継が流れる中、布田会場、多摩川会場、二箇所で打ち上げられる花火。
派手なスターマインが打ち上げられ、会場は一気にヒートアップ。
左右どちらからも上がるので、メインは左側の近いほうを見てましたが、時々右も見て…。



やしの木をイメージした花火。
美しい「黄金やし」。

しばし連続して花火が打ちあがると、
その後は「ハナビリュージョン」!

ラジオから流れる音楽に合わせて花火が打ち上げられます。
アメリカの花火大会みたい!
そうそう、こんな花火大会が見たかったんですよ。

いきなり「ゲゲゲの鬼太郎」の歌が流れ始めました。

鬼太郎、ねずみ男、一反木綿、猫娘などのキャラがかたどられた花火が上がったのですが、
鬼太郎はよくわからなかった…。

「ゲゲゲの鬼太郎」の作者、水木しげる夫妻が現在も住まれている調布市。
春からスタートしているNHK朝ドラ「ゲゲゲの女房」も好調で、街は盛り上がっていました。
この「鬼太郎花火」も楽しみにしていました。
調布ならでは、って感じでいいですよね。



猫娘?



こちらも「型もの」の花火。
私には「きのこ」に見えますが…。

「ハナビリュージョン」の前半が終わって、
またノンストップで花火がどんどこ上がります。



風向きのせいか、花火の残骸が空から降ってきて、
(小さな炭のようなものとか、紙片とか…)
それがすごかった…。



「平割(ひらわり)」。
日本の花火の原点と言われる一般的な花火。
4号玉位までの小さい玉ではこれがほとんどだそうです。
まん丸の花火ですね。



「やし星入り」。
平割の中にやしの星を入れるものだそうで。
色によっては「朝顔」の花のように見えるものも…。

後半にも「ハナビリュージョン」があって、
特にいきものがかりの「ありがとう」に合わせて上げられた花火たちが良かったです♪

音楽と一緒に花火を見るって、本当に素敵です。



怒涛のフィナーレに向けて派手に上げられる花火たち。
やっぱり間近で見ると迫力が違います。



夏の暑さも忘れる、夢のひと時でした。
ずっと見上げていて首が痛くなっちゃいましたが…(笑)



コストコではチーズが安くて、感動♪

友人からオススメされていたブリーを発見し、即買い!



ブリーはフランス産の白カビチーズ。

カマンベールチーズに似ていますが、カマンベールこそ、こちらブリーの製法を真似て作られたもの。

外側の皮はフランス人によっても食べる人、食べない人がいるようですが、
私は臭いのでパス!

いろんなレシピを検索しましたが、とりあえず一番簡単に食べれるコチラ。



フランスパンを調達。



適当にカットしてブリーをちぎって載せます。



これをトーストでこんがりと焼いて、チーズがトロリと溶けたところにメープルシロップをたらり。
これは美味しいっ!

ブリーは甘みにも合うチーズなので、
こういったハニーやメープル、フルーツなどとも相性抜群。



翌日はベーグルのシナモンレーズンにブリーとバナナを載せてトースト。
これもレーズンとバナナの甘みとマッチして、なかなかイケル~、でした。

あとはちょっと雰囲気を変えて、プレーンベーグルにサーモン&クリームチーズも。

ご馳走様~♪♪♪


プチ帰省の間に「COSTCO(コストコ)」へ行って来ました~。

関西では尼崎に出来たコストコホールセール。
弟家族が会員になっており、案内してくれました♪

ワーイ。



コスコー!と親しまれているカリフォルニア州発の倉庫型販売の大型スーパー。
業務用スーパーみたいなものですが、日本のそれとは数十倍スケールが違います。

西海岸発だからか、「COSTCO」は東海岸ではあまり見かけなかった気が…。

もっぱらCT州ではフェアフィールドにある「BJ's」を利用していました。懐かしい~。
システムはCOSTCOとまったく同じ。会員制で、大量買いがキホンです。
なんかところどころで試食サービスとかしてるのも同じ。
でも売ってるものは日本のものとアメリカのものがごっちゃになってて、その品揃えだけは日本独自でした。



ニューマンズオウン(俳優ポールニューマンが立ち上げたブランド)のジュース発見。
懐かしすぎる…。



興奮しすぎて、ついつい時間を忘れて買い込んでしまいました…。
母にはそんなに買ってどうする、と言われながら、
送るからいい~、とポンポコ。



結果これです…。
(なぜか母の買った大根まで…)

ベーグル、チーズ、マフィン、安い安い…。
あぁ…近くにあったらいいんだけどな~。
でも車がないと話にならないか~。
それ以前にやっぱり大量すぎて消費できないか…。



できたてのチキンやお寿司もあるし、
その場で食べれるファストフードも楽しくて、
ピザなんか1ピースでこんな感じ。
アメリカではフツウですが、
ちょっとした扇子サイズです。

とにかくお祭り状態なので、一歩入ると
「コストコマジック」にかかっちゃいます。

楽しい時間でした♪



帰ります。

プチ帰省の間に梅雨が明けました。いよいよ夏本番、という感じ。

日本は今日も暑いです~!






海の日連休でプチ帰省。

新大阪駅に着いたら「せんとくん」のお出迎え。

奈良にも遠征すべき…!?



なにげなく駅のKIOSKで目に留まったコレ↓
「塩甘栗むいちゃいました」。

「KIOSKオススメ!」なんてポップが付けてあって(珍しい…)。



最近は衝動買いなんて滅多にしてなかったのに、
なぜか気づいた時には手に握っていました。

早速試食♪

見たところはフツーの甘栗とまったく同じ。

ただ、食べてみるとやっぱり!

ほんのり塩味~。

小さいパッケージで150円ですが、有機栽培栗と赤穂塩を使用。

ふと袋の裏面を見ると、

甘栗は、さつまいもの1.5倍、ゴボウと等量の食物繊維を含みます


ほぉ~!それはスバラシイ!!

なるほど…。
それでか…。

いやいや、いつも甘栗を食べるとお腹がいい感じに動くのは
この栄養素のせいだったんですねぇ…。
かなり納得しちゃいました。

ゴボウと等量とは…。
ゴボウを食べるのはけっこう限界があるけど、甘栗だったらいくらでも食べれちゃうわ~。

販売は夏季限定。
ほんのり塩を加えることで甘みを引き立たせる…。
スイカの原理でしょうかね…。

(私はスイカには塩はかけないけど~)

土曜日は歯医者の予約があったので、治療の終わったあと、吉祥寺に。

数日前からまた「食べたい病」が発生していた
「PRIUS(プリュス)」のベーグルサンド、「メキシカン」がどうしても食べたかった…。

柏原よしえじゃないけど(古っ)、紅茶の美味しい喫茶店♪

中道通りを少し歩くと、右手にあり、2Fがカフェ、3Fが美容院になっています。



間口が狭いので、地元の人じゃないと見落としてしまいがち。
少し前までは大きな看板もなかったのですが、
平日にベーグルランチをやるようになったのか、少し大きくてオシャレな手書きの看板も。
あまり流行って混雑はしてほしくないんだけど…。
あ、でも美味しいから食べてみてはもらいたい…。



階段を上って左手にカフェのドア。



茶葉も販売しているカフェは、とにかく紅茶の種類がハンパなし。
ホットもアイスも品揃えが豊富すぎて、選ぶのにかなり迷います。



暑い日でしたので、オレンジサンライズを頼みました。
間違いなく美味しい…。



そして、こちらが私の大・大・大好きな「メキシカン」♪

ベーグル自体がもちもちとして弾力があり、プレーンなのですが、甘みがあります。

そして挟まれている豚肉のステーキはスパイスが効いていて、
一口食べるとエネルギーが沸いてくるような感じ。

そして、トマトやその他の野菜が細かくタコスの具のように散りばめられていて、
味付けはまさにメキシカン♪

アボカドもしっかり挟まれているし、とにかくこのメキシカンチックなスパイスの風味がクセになるというか…ポイントです。

一度食べて、この味が忘れられず、二度三度…。
引っ越したのでしょっちゅうは行けないのですが、たまに食べるとほんとテンション上がります

ご馳走様でした~。

お店情報はコチラ↓
グータイム プリュスカフェ 紹介記事

またしばらくしたら食べたくなるんだろうな~(笑)
週に2~3回はお弁当持参が目標の私。
暑い夏はランチタイムの炎天下、外に出たくないものです。

夕飯のおかずをちょっと残して詰め込み、すっかりセットして冷蔵庫に寝かせ、
翌日会社のレンジでチン!

おかずは3~4種類で、シンプルなものが多いです。

この本は材料のあいうえお順になっていて、
いわば「おかず事典」のようなもの。

ズボラさんのお弁当。―キャベツ、卵、ひき肉から。便利な「材料引き」おかず事典 (daily made―MARBLE BOOKS)ズボラさんのお弁当。―キャベツ、卵、ひき肉から。便利な「材料引き」おかず事典 (daily made―MARBLE BOOKS)
(2009/04)
今泉 久美

商品詳細を見る

冷蔵庫にある食材をテキトーに組み合わせて料理することが多いのですが、
こないだは「かぶ」が余っていたので、
かぶ、かぶ、かぶ…とページをめくって
「かぶとハムのマスタードサラダ」を作りました。

かぶとハムに粒マスタードと酢、サラダ油を混ぜるだけ、という加熱知らずの簡単サラダで、あっという間に出来ちゃいました。

「粒マスタード」を使う、っていうところがポイントですよね。

この本では
『パパッと味が決まる、お役立ち調味料』
として、基本の調味料と別に、簡単に味を決めたい時に便利な調味料を紹介してくれています。

①めんつゆ…うちでも大活躍。これなしでは料理できないカモ。

ヤマキ めんつゆ 1Lヤマキ めんつゆ 1L
()
ヤマキ

商品詳細を見る

②オリーブ油…野菜の炒め物に。

③焼肉のたれ…甘辛味のおかずが簡単に作れる魔法のたれ

エバラ 黄金の味 中辛 590g PETボトルエバラ 黄金の味 中辛 590g PETボトル
()
エバラ

商品詳細を見る


④ポン酢しょうゆ…うちもよく使います。青野菜を茹でてかけるだけで爽やかに。

⑤オイスターソース…これはほんといい旨みが出ます。あっという間に手の込んだ感じの味になりますよね。

有紀 オイスターソース(大) 145g有紀 オイスターソース(大) 145g
()
ユウキ食品

商品詳細を見る


⑥豆板醤…うちはあんまり出番がないけど。

⑦練り梅…冷蔵庫にあるけど、あんまり使ってない…。エリンギを炒めて混ぜる料理が紹介されていました。試してみよ…。

そのほか、一味(七味)唐辛子、アンチョビ、カレー粉、塩昆布、ゆかり、などなど。
いろいろ紹介されていました。

我が家は
「すき焼きのたれ」も欠かせませんが…。

すき焼のたれ 300mlすき焼のたれ 300ml
()
エバラ食品工業

商品詳細を見る


あと、調味料ではないけれど、
なにかにつけ「チーズ」を混ぜて味にアクセントをつける、というのもよくやります。

掲載されている料理のほとんどが、1~3個のアイテムを組み合わせるだけ。
ステップも2~3ステップで超シンプル、というものばかり。
調味料をうまく使って、手早く作りましょ、という感じなんでしょうね。

これはうちでもよく作るな、というのもたくさん載ってますが、
たまに、あらこんなのもいいかも!みたいなヒントになるおかずが載ってたりします。

なんにも浮かんで来ない~ってときに、パラパラめくるとひらめくことがあり。

忙しい時には、小難しいレシピの乗った料理本や、
材料をあれこれ用意しないといけないメニューは即却下。

こういうシンプルなものだと、あ、これも余力で作れそう、と1品から2品、3品と
作る種類が増えます。

たまに料理本からインスピレーションをもらうのもいいものですね。

出張のお土産にいただきました。

「かごしまスイートポテト」
いや
「かごしまスイートポテト



です。

めっちゃ可愛くて、食べるのもったいない~

でもやっぱり食べちゃうっ!(ブヒッ)

暑いですっ!

ムシムシと暑いですっ!
まだ梅雨明けしておりません…ジメジメ。

スカーッと炭酸でも飲みたくなる蒸し暑さが続いています。

ジンジャーエールの買い置きが切れてしまったのですが、
いいものがあったことを思い出しました!



「れもんの蜂蜜漬け」とペリエ!

大分県の近藤養蜂場が作ったれもんのはちみつ仕込み。

早春から初夏にかけて収穫した、広島県や愛媛県で採れた瀬戸内産のレモンをそのままスライスし、はちみつだけを使用してじっくりと漬け込みました。香り豊かで自然の甘さが格別です。


ほんと、そのとおり~!(拍手)

このレモン漬け、夏は炭酸水で割ってさわやかに、と推奨されていたので、
実行してみました。

う~ん、サッパリ!
蜂蜜れもん、ってなんか元気が出ますね。

ジンジャーもいいけど、これもアリか、と開眼です。
ジャンクスイーツからすっかり縁遠い今日この頃。

自然なおやつ?を求めていたら、出会いました。コチラ。



「干しいも」が無印から出てるなんて知らなかった~。

しかも安い安い。
189円!でけっこう入ってます。

形がふぞろいなのが安さの理由。
でも「干しいも」に形の美しさを求めることなんてないので、これで十分!

ある日、秋葉原の駅ホームで若い女の子が(ギャル風)、なんか口にくわえて歩いてるのを見かけ…。
こちらに向かってくるので、よく見てみたら、
なんとこの「干しいも」を片手に、かじりながら歩いていました…。

そのイマドキギャルとお婆ちゃんを連想させる「干しいも」とのギャップ!

かなりインパクトがあって、
急に私もこの無印の「干しいも」を手に入れたくなり…。

探したらありました、ありました!

これもスイーツといえばスイーツ。
ジャンクじゃなく、ナチュラルなスイーツですね。
同じ甘味でもこっちのほうが幾分か体に良さそう…。
ちょっと小腹が空いた時の味方です。


約1ヶ月をかけて、「船に乗れ!」①②③を完読。
通勤電車の中でしか読まないので、けっこう時間がかかります。
いやはやちょっとした達成感。
なかなか良かったです。

2010年本屋大賞」にノミネートされ、大賞は逃したものの、7位に入賞した作品です。

9位「新参者」10位「1Q84」を抜いての7位!
なかなかスゴイですよね?!

テレビだったか雑誌だったかで、「泣ける作品」とかで紹介されているのを知って、
読みたいな…と思ってたら、ちょうど図書館でタイミングよく借りれて…。

船に乗れ!〈1〉合奏と協奏船に乗れ!〈1〉合奏と協奏
(2008/10/01)
藤谷 治

商品詳細を見る

音楽高校に通う高校生たちの入学から卒業までの3年間を中年になった主人公が振り返るお話。
せつなくなるシーンがたくさんあって、たびたび胸が締め付けられました。

音楽と哲学がベースにあるのですが、クラシックの知識がなくても、哲学なんか興味がなくても、ズンズン読み進められる作品です。

弾ける1巻、衝撃の2巻、そして「始まりの終わり、終わりの始まり」的な3巻。

船に乗れ!(2) 独奏船に乗れ!(2) 独奏
(2009/07/02)
藤谷 治

商品詳細を見る

あ~、それにしても2巻は衝撃だった…。
え?そういう展開…??
とビックリ。

老人たちがオーケストラを組む「オケ老人!」がかなり楽しかったので、
のだめじゃないけど、クラシックが描かれる作品にもっと触れたい、って思っていたので、これはピッタリの作品でした。

夫は断然ミステリー派で、とにかくミステリーばっか読んでるんですが、
私はさほど興味がなくて、美味しい食べ物や音楽が描かれているような作品が好きです。
映画でもそうかもしれない。

1巻の始まりは、ちょっと軌道に乗るまでページを重く感じましたが、
読み進めるとどんどん先が気になって…。

船に乗れ! (3)船に乗れ! (3)
(2009/11/05)
藤谷 治

商品詳細を見る

いや、最後はそうか…そうなるか…と。

高校生、という多感な時期。
将来の夢は果てしなく、そして「なにもの」かに成れるもの、とどこかで自分を信じているもの。

思いがけない出来事や事件、環境の変化、様々な経験、出会いが次々に訪れる時期。
自分ひとりでどこへでも歩いて行ける、海外にだって行ける歳。
大人になったように感じられるけれど、本当は浅はかで愚かで、でもどこまでも純な時代。

その無邪気で広大な夢は
風船の空気が次第に抜けていくように、
あるいは突然、破裂してしまうように、
萎んだり、壊れてしまう…。

私もいくつそんな風船を持っていただろう…。
両手に持ちきれないほど、持っていたかもしれない。
そんな風船に持ち上げられて、フワフワと飛んでいた時代もあったかもしれない。

「船に乗れ!」というタイトルは最後まで読んで初めて理解できるタイトルになっています。
いくつか心に響く言葉と出会いました。特に3巻。

そして、出てくるクラシックの曲も一つづつゆっくり鑑賞してみたい気持ちに…。

オーケストラのシーンはもう一度、音楽を聴きながら、表現を追ってみたいです


思いがけず我が家にクール便が♪

ベルギーからの一時帰国のお土産をいただきました

「ノイハウス」のチョコレート!

食べたことない・見たことない~!!!(大騒ぎ)
ホンモノだぁ~!



「neuhaus」…そもそもどう読むのかがわからなかった…(爆)
ノイハウス Neuhaus…。
ゴディバと人気を二分する、ベルギーの老舗。

ナッツ類に飴をからませクリーム状にしたものをチョコの中に入れる「プラリネ」を最初に作り出したことで有名なお店のようです。

四方から折りたたまれてフタをされた長方形のチョコレートボックス。
開けると解説書が…。
一つひとつのチョコの説明がされています。



クール便で届いたので、端っこのチョコ2つは凍ってました(笑)
でも、新鮮な状態で届いて(この蒸し暑い時期に)、感動!
本当にお心遣いに感謝しますありがとう



写真ボケボケですが、実物は宝石のようです

「プラリネ」タイプのものを一つ、いただきました♪

ふゎぁ~っと口から鼻に広がるカカオの香り。
柔らかいプラリネ。
親指大のその先の、ほんの数ミリをかじる小さな小さな一口に、
これほど「幸せ」を感じられる食べものがほかにあるでしょうか…。

やっぱりチョコレートはスイーツの王様です。

King of king~(ハレル~ヤッハレル~ヤッ)Lord of lord~(ハレル~ヤッハレル~ヤッ)!
思わず「ハレルヤ」を歌い出しそうな第九の気分です。

2010年も後半へ。

この10年思うことは、本当に毎日が「あっという間」。

中高生たちも6月に入って半袖になり、
梅雨のせいでまだ寒い雨の日もあるけれど、
ミンミンと蝉のうるさい夏ももう目前です。

夏はやっぱり白いバッグ♪



春ごろ買った通勤用のバッグ、大きめで何でも入ります。

白いバッグは汚れやすいと敬遠しがちですが、
夏はどうにも持ちたくなりますね。

少しでも爽やかに過ごしたい…という気持ちの表れでしょうか…。

2010.07.01 杉村大蔵が…
今日から7月!

今年も折り返し地点に来ました。
早いです…。
早すぎますね…。

今朝はビックリしました。

通勤の途中、岩本町駅前に1台の選挙カー。
人の流れに逆らって、こちらを向いてひたすら握手を求めて(向こうが求めて)近づいてくる背広姿のスポーツ刈り…の人…。

えっ?

誰かと思ったら

杉村大蔵氏でした。

何がビックリって、髪の毛無くなってる!

小泉チルドレンだなんだと騒がれて、その後どうしていたのか、サッパリ知らなかったのですが、いつの間にやら件(くだん)の「たちあがれ日本」から擁立されていたんですね…。
選挙カーにデカデカと書いてあって知りました。

私は特に握手するつもりもなかったのですが、
何しろ向かう方向に彼がいて、ズンズンとこちらに向かってくるものですから…避けがたく。
出会いがしらに両手を差し出されれば、握手を拒否する理由もなく…。

ヨロシクオネガイシマス!(キリッ)

坊主ヘアのせいか、やけにリリシク見えました。

思わず「ガンバッテクダサイ」と言っちゃったけど…(笑)

またもウルマンの詩を思い出し…。

「立ち上がれ日本」の目玉候補者らしいですね。
ビックリしました。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。