上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.04.30 一路関西
10日間の休暇がスタート。

仕事最終日はさすがに調整で大変でしたが、
なんとか片付いて、お休みに入りました。



新幹線で一路関西へ。

最近の車内販売では「珈琲とスイーツ」のセットがあるんですよ。

クッキーやパウンドケーキがあって、
美味しいコーヒーとセットで販売してくれます。

ホッと一息つける時間です

スポンサーサイト
2011.04.28 今日のお弁当
本日のお弁当~
 
 

茶色のが夫の分で、赤いのが私のです

実は、すごく探して探して見つけた理想のお弁当箱です。

理想のお弁当箱の三条件

①電子レンジ対応
②おかずが美味しく見える和風の造り
③食べ終わったら重ねてコンパクトに出来る二段タイプ

これを満たすものを長いこと探して、ようやく見つけた理想の箱でした。
 
 

中はこんな感じです。
 
高野豆腐と唐揚げ、玉子焼き、麻婆なすです。
 
(昨夜のおかずが麻婆茄子でした)
 

朝は時間が無いので、ほとんど前の晩に全部詰めてしまいます。

会社ではレンジがあるのでチンしてホカホカを。

毎日作れるわけではなく、週に2日か3日ほどですが…。

なんか作れると翌日はいいコトがあるような気がしてしまいます
 


「お願いランキング」のちょい足しランキングで堂々一位に輝いていた
組み合わせ。

「なか卯」のカツ丼とマーマレードジャム。

IMG_2068.jpg

えらい高得点だったので、なんとも気になって、
とうとう買ってきてしまいました…。

IMG_2069.jpg

ゆず風味っぽくなる、と言ってたのです。

IMG_2070.jpg

うん、確かに悪くない。

カツ丼の塩気とジャムの甘みが混じって、ヘ~。

でも、このテの企画、
やっぱりそのまま食べたほうがいいような気が…。
しなくもない…。

でも面白体験でした♪

予想以上になか卯のカツ丼が美味しかった…。

レストラン「香味屋」さんを後にして、
日比谷線「入谷駅」の周辺を散策。

すると、路地の脇に美しい八重桜が!

IMG_2050.jpg

東京のソメイヨシノはすっかり散ってしまっていたので、
降り注ぐような満開の桜に思わず3人で見入ってしまいました。

聞けば、ここは「小野照崎神社」という、江戸二十五天神に選ばれている由緒ある神社。

IMG_2060.jpg

小ぶりな構えの神社に、ここが噂のパワースポットだとは
伯母さえも知らず…。

IMG_2063.jpg

実は知る人ぞ知る、話題のパワースポットだったんです。

その昔、「渥美清」さんが、まったく仕事に恵まれなかった頃、
この神社で「タバコをやめるので、どうか仕事をください」と祈り帰宅すると、
映画「男はつらいよ」に出ないか?という電話がかかってきた、というエピソード。

学芸の神を奉っているこの神社には、
芸事の運気を上げようとする人がお参りにやって来ることが多いようです。

このエピソードを島田秀平さんがTVで紹介してからは、
東京の「パワースポット」として参拝に来る人がますます増えたそうで…。

IMG_2054.jpg

正面に見える気になる看板!

IMG_2052.jpg

賽銭箱の隣には不思議なオブジェ。

どうやら「繭玉みくじ」という「繭」で出来たおみくじが名物?らしく…。

年始のおみくじでは辛くも「末吉」と出た私。
夫には「また引き直したらいいよ」と言われて、甘んじたものの…。
そうだ、今こそリベンジの時!!!

IMG_2053.jpg

思い立ったら即行動!

300円…高いな…と思いつつ、

IMG_2055.jpg

念じながら手を突っ込み、ガサガサ…ゴソゴソ…。

IMG_2056.jpg

手に残ったのはこの一つ。

紐の色がいろいろあって、できればオレンジとか赤の可愛いのを引きたかったんだけど、
引き上げてみれば「水色」でした。

とはいえ、色がいやだからといって変えるのも違うやろ…と思い…

うん、これでいいやっ!と
意を決してオープン!
(って、どうやって開けるの?コレ)

と思ってよく見ると

IMG_2057.jpg

切り込みが入っていておりましたっ!
(おもしろ~)

IMG_2059.jpg

引っ張り出すとなんと「大吉」!!!!!

超~ビックリしました。

いやはや、リベンジ大成功!です。

300円とちょいお高め(手作りだから?)だったから、もしやみんな「大吉」なのか?と思いきや、
隣で引いていたカップルは「末吉だよ~」と彼氏が嘆いていたので、
いやいや、そう仕組まれたものでもなさそうだ…、と
舞い込んだ「大吉」の吉報にホクホク…ウシシ

美しい八重桜に誘われて訪れた神社、「小野照崎神社」。

思わぬ幸運を掴みました♪


一日中雨の降った翌日。

お外に出ようよ、という声が空から聞こえてくるような青空の週末となりました♪

以前から何度も声をかけていただいていた
伯母との食事会。

地震があって、落ち着かない日々が続いていましたが、
ようやく実現!

ご近所にあるという、お奨めの老舗洋食屋さん、
レストラン香味屋」さんに連れて行ってもらいました。

IMG_2048.jpg

「食べログ」ではTOP1000のお店に選ばれている人気の洋食屋さん。

でも、下町の老舗洋食屋さん、というと
「たいめいけん」とか「ヨシカミ」さんしか思いつかなかったのですが、
知る人ぞ知る、地元では長く愛されている洋食屋さん、とのこと。

ネットでの評判で予習していましたが、
いやはや、感動の洋食でした♪

どのメニューも美味しそうで、とても選べそうになかったので、
伯母に任せたところ、コースがいいかも、ということになり、
3人ともお腹を空かせていたので、お魚・お肉の両方楽しめるコースにしました。

IMG_2037.jpg

色鮮やかな前菜♪

同時に、テーブルにはパンとバターが運ばれてきます。

そして、透き通った琥珀色のコンソメスープ。
深みのあるスープで感動しました。

IMG_2038.jpg

そして、スズキのムニエル、
オレンジのソースとのマッチングが新鮮です。
夫はこれが非常に気に入っていました。

IMG_2039.jpg

その後、お肉のメインに♪

伯母と夫はフィレのステーキ↑

IMG_2041.jpg

添えられるサラダもたっぷりで大満足。

IMG_2040.jpg

私はかなり気になっていた「ビーフシチュー」に↑

これがもう…。

本当に感動モノっ☆☆☆☆☆

想像していたようなビーフシチューの姿ではなく、
まるでステーキのように届きました。

この何日間煮込まれていたんだろう…?と思うソースのお姿!

IMG_2043.jpg

お肉は歯など必要ないほどに、100歳になっても食べれそうな柔らかさでした。

このソースの味は絶品。
いつまでも食べていたい味でした。

地元の人たちが、お祝いごとや何かの節目の折に、
この店を訪れる気持ちがわかります。

ちょっと気取って町の洋食屋さんへ。

洋食が日本に伝わった頃は、それはいわゆる「ハイカラ」と呼ばれるもので、
平生の質素な食事とは違う、「贅沢」を味わえる夢の世界だったに違いありません。

その頃からレシピを受け継いで、変わらない味を提供し続ける、
というのは「老舗」ならでは。

IMG_2046.jpg

デザートはブラマンジェとチョコレートケーキ。

チョコレートケーキは濃厚なチョコぎっしりで、
コーヒーによく合うお味。

久しぶりの食事会に話も弾み、楽しく心安らぐひとときを過ごすことが出来ました。

伯父が生きていてくれたら、きっと4人でテーブルを囲んだことでしょう。

またいつか、今度はアラカルトでいろいろとオーダーしてみたいな、と思いました。

オニオングラタンスープ、カキフライ、ハンバーグ…。

あぁ、カキフライ…。

もうシーズンも終わりか…。

IMG_2047.jpg

楽しい時間はあっという間に過ぎて…。

さようなら、香味屋さん、また会う日まで♪


終日雨が降り続いた一日。

あまりの大雨に、一歩も外に出れず、何本か映画を観ましたが、
一番見応えがあったのが「ゴールデンスランバー」。

ゴールデンスランバー [Blu-ray]ゴールデンスランバー [Blu-ray]
(2010/08/06)
堺雅人、竹内結子 他

商品詳細を見る


いや~、ホントに引き込まれました!
最高でした♪

伊坂幸太郎(作家)×中村義洋(監督)の映画では
「アヒルと鴨のコインロッカー」がもともと好きでしたが、

アヒルと鴨のコインロッカー [DVD]アヒルと鴨のコインロッカー [DVD]
(2008/01/25)
濱田岳、瑛太 他

商品詳細を見る


「ゴールデンスランバー」はキャストも豪華。
「アヒルと鴨…」とはまた違う風が吹いている、というか、走るスピードが違う映画でした。

どちらの映画にも共通して「軸になる音楽」があるのが印象的。

中村監督も音楽を取り入れるのが本当に上手いな、と思います。
(「ちょんまげプリン」のラストしかり)

懐かしい~。
ビートルズの「アビイロード」。

こちらに

「ゴールデンスランバー」が入っています。

アビイ・ロードアビイ・ロード
(2009/09/09)
ザ・ビートルズ

商品詳細を見る



こちらは「アヒルと鴨のコインロッカー」で流れる
「風に吹かれて」by ボブ・ディラン


フリーホイーリン・ボブ・ディランフリーホイーリン・ボブ・ディラン
(2005/08/24)
ボブ・ディラン

商品詳細を見る


どちらも時代の香り漂う名曲。

映像と音楽の両方が記憶に残る映画です。


2011.04.22 風邪?
一昨日あたりから、喉に違和感を感じ始めて…。

昨日も寒い一日だったんですが、
寝る前には唾を飲むと痛い感じに…。

ヤバイ…と思い、うがいにマスクをして寝たものの、
朝起きたら…さらに腫れてる??

唾を飲むことも一層難しく…。

自力で治すのは早々に諦めて、病院に行くことに…。

案の定、喉の炎症が広がっておりました

体は元気で、喉だけなんですけどね…



なぜかこんなにテンコモリに薬が出されました…。

5種類+点鼻薬です。

抗生物質を出すと胃が荒れるので胃の薬、
といった具合でお薬のお薬も。

あっという間に治りそうです。

週末はお天気も悪い様子。
安静に過ごします。

先日、Nファミリーが遊びに来てくれた時のお土産の一つ。
(いろいろお土産いただきました!Thank you!!)

IMG_1994.jpg

ケーニヒス・クローネ」の『アルテナ』です。

チョコと抹茶の「ミックス」をいただきました♪

IMG_1995.jpg

クマのマーク入りパッケージも可愛い~

IMG_1999.jpg

ちょっと剥がれちゃいましたけど…右半分、抹茶ってわかりますよね?

最初から8等分されていて、とっても食べやすいのです。

IMG_2001.jpg

とにかく私の大好きな「栗」がドッシリ。

まぁ、ほんとにしっとりどっしりで食べ応えがあるケーキです♪

美味しくって涙ちょちょぎれました!

ご馳走様でした~♪♪♪
ありがとう~
今年になってから、美術館に赴く機会が無かったのですが、
最終日も近づいていたので、週末、気になっていた「ボストン美術館」の「浮世絵名品展」を観に行くことに。

IMG_2006.jpg
「山種美術館」@広尾

恵比寿駅から徒歩10分ほどに位置する「山種美術館」。
日本初の日本画美術館です。

IMG_2003.jpg

「ボストン美術館」に所蔵されている「浮世絵」の数々。

時々開催される「浮世絵展」。
名高いボストン美術館の所蔵品、いつか観てみたい、と思っていました。

IMG_2033.jpg

鳥居清長、喜多川歌麿、東洲斎写楽…
そのほか、町人文化が栄えた天明・寛政の時代の華やかな浮世絵をたくさん観ることが出来ました。

鳥居清長の「子宝五節遊」のシリーズ、
活き活きと子どもたちの遊ぶ姿が節句ごとに描かれていて、
楽しいシリーズでした。

歌麿で私が気に入ったのは「煤掃き」。
江戸時代の年末の「大掃除」の風景が5枚の綴り絵で描かれている躍動感溢れる浮世絵です。

歌麿で夫が気に入ったのは紫の色が鮮やかに保存されている「金魚」。

わずか10年しか活動期間のなかった写楽が一体誰だったのか?
写楽は写楽だったのか?
作品を見ながら江戸から続くミステリーにも話が及びます。

鳥文斎栄之の「茶屋娘見立雁金五人男」(←絵はコチラ)は、
私にはどうにも江戸時代の「KARA」に見えてしまい…。

想像の翼を自由に広げられるのも美術鑑賞の楽しみの一つですね。

最終日に近かったので、かなり混雑していましたが、
音声ガイドの市川亀治郎さんのおかげで、
ポイントを絞っていろいろなトリビアを聞きながら、鑑賞することが出来ました♪

IMG_2005.jpg

亀治郎兄さん、ありがとう!

久々の芸術鑑賞、良かったです☆

本のコミュニティサイト「boox(ブークス)」が行っている、被災地支援の一つ、「被災地へ、本を届けよう」。

義援金、ボランティア、被災地を支援する方法にはいろんなものがあります。

被災地の人たちにはそこにいる方々の実情に合わせて使うことができる、
「お金」が届くことが一番だと思います。
そして、足りない体力を補ってくれる、ボランティアの方々が現地で手伝ってくれることが何よりだと思います。

が、義援金とは別に、物資とともに「気持ち」が見えるものを届けたい、
という応援する側の想いもあると思います。

物資の送付にはただ「モノを送ればいい」という単純な発想では、
かえって迷惑をかけることになることもあり、難しいところではありますが…。

物資を送る場合は、しかるべき団体、役所の窓口を通して、
ルールに沿って贈らせていただくことが肝要かと思いますが、
Yahoo!ボランティア」のサイトには、現在活動中のたくさんの支援窓口が紹介されています。

その中の一つが、「boox」による、「被災地へ、本を届けよう」の企画です。

ご家庭で保管されている本を下記へお送りください。
選書はなるべくフィクション・エッセイなど楽しく読めるもの、役立つものをお願いします。
古いものでも構いませんが、汚破損のあるものはご遠慮ください。

喜んでいただける本の例
絵本/児童書/図鑑/コミック/小説/実用書
※配送料はご協力いただいた皆様のご負担となります。
※現地への配送にかかる費用はブークスが負担いたします。
※汚破損とは落書きや汚れ、カビ、破れ等のことです。贈り物に不適切なものはご遠慮ください。
※ご提供多数の場合は抜粋し、被災地支援・特設本棚でご紹介させていただきます。


普段、私たち夫婦も趣味の一つが読書、ということもあり、
本からたくさんのことを学び、勇気づけられたり、元気をもらったり、夢を抱かせてもらったりしています。

被災地の皆さんが親しまれていたであろう、本屋さん、図書館、学校…そしてご自宅の本棚…。

たくさんの本が泥にまみれ、海に流されてしまったに違いありません…。



子どもたちには心のケアが必要であり、
夢を持ち、希望につなげていくことが大事なことだと思います。

大人の皆さんも、インフラが復旧し、生活環境が改善されていけば、
本を通して気分転換をはかれるかもしれません。

少しばかりですが、我が家の本棚にあった状態のいい本を何冊か贈らせていただくことにしました。

手書きのメッセージも一緒に届けていただける、ということで、
「しおり」の裏にメッセージを書き込んでみました。

この企画は残念ながら4月19日まで到着分、となっていますが、
参加させていただける機会を有難く思っています。

少しでも多くの人が現実の厳しい世界からひととき離れて、
本の世界から力を得ることができたら…と願いながら…。


2011.04.14 「LOVE」の公式
昨日、「ホンマでっか!?TV」で、思わずメモをとった、興味深い内容。

LOVEの公式

というもの。

L・O・V・Eの頭文字にあてて説かれた、
愛の公式、Love Ruleのようなものでしょうか。

実際に外国の大学だかで研究・発表されたものだそうで。
(ネタ元のメモし損ねましたが…)

 Listen (聞く)
 Observe (観察する)
 Value  (価値を見出す)
 Evaluate (評価する)


なるほど~です。

確かに確かに。

この公式にあてはめて相手と接すれば、
愛が発展しそうです。

っと、

実はこれは「未婚者用」のLoveの公式なんだそうで、

なんと、これとは別に「既婚者用」のLoveの公式があるそうで…(笑)


 Listen (聞く)  …これは同じ。
 Over Look (見過ごす) …必要です。
 Voice  (声をかけあう) …重要です。
 Effort (相互努力)…これに尽きます!? 
 

なんだそうですよ~。

ヘンに納得してしまう、この公式。

面白いですね。

海外の研究とはいえ、つい頷いてしまうあたり、
どの民族にも通じる公式なのかも…。

愛に迷ったら、
愛に悩んだら、

この公式に当てはめてみるのもいいかもしれません…。

正しい答え?が導き出せる…かも!?

ホンマでっか!?ですが。

(門倉先生も澤口先生も辞めちゃって寂しく?!なりました。
尾木ママの席順が変わってた…癒しの教育評論家・尾木ママと心理学・植木先生のファンです)

レコード会社の枠を超えて、
世界中のトップアーティストが集って作られたチャリティ・アルバム。

Songs for Japan」。

収益がアメリカのソニーミュージックエンターティンメントから
日本赤十字社に義援金として寄付される、ということになっています。

SONGS FOR JAPANSONGS FOR JAPAN
(2011/04/22)
オムニバス

商品詳細を見る


日本ではまだ発売前で、アマゾンでは予約ができるだけの状態ですが、22日~発売開始。
日本版のCDは5月のGW中に発売予定の様子。

2枚組で、とにかくアーティストと楽曲の数が信じられない豪華なアルバムです。

これは絶対購入しよう、とお昼に情報検索をしていたところ、
アマゾンで「壁紙」を購入することで、義援金を送れる、
という支援サポートを発見!
31Pf0sojKyL__AA300_.jpg
↑こちらはフランスのアーティストがデザインした壁紙。
(私はこれが気に入りまして、こちらにしました!)

Ensemble pour reconstruire le Japon
世界各国で力を合わせ、日本の復興を応援しましょう


というメッセージが書かれています。

ほかにも日本・海外のアーティスト作品が25点。

東日本大震災 義援金(※) - Donation for Japan Earthquake東日本大震災 義援金(※) - Donation for Japan Earthquake
()
たすけあおうNippon

商品詳細を見る


いろんな絵やメッセージがあります。

ドネーションは500円~。
額面もいろいろ選べます。

とても良い企画だと思いました。

さすがアマゾンさん!

感動しました。

午後5時過ぎ。

仕事を終え、雨が降る中、駅に向かい、電車に乗りました。

御茶ノ水駅。

黄色い総武線は、駅に止まるやいなや、
大きな揺りかごを巨人に揺らされるように、
グラングランと揺れました。

地震??

乗客の顔が一瞬青ざめたように見えましたが、
一番青ざめていたのは自分だったのかも…。

それはまぎれもなく今朝未明から何度も続いている余震の
今日一番大きな余震でした。

それでもラッシュ前ですいていたので、わりと車内は落ち着いており、
私も一瞬ホームに降りましたが、
降りてもどうなの?と思い、また電車に乗り着席。

しばらく電車も止まるのかな?と思っていたら、
数秒後に普通に走り出しました。

そんなに大きな地震じゃなかったのかな…?
気になって携帯のワンセグをつけてみると、いやいやけっこう大きな地震で…。
各局が速報を流していました。

夫にメールを送ると、

福島で震度6弱。
23区で震度4、と返信がきました。

けっこう揺れたんだ…、と後から怖くなりましたが、
それでも電車は走り続け…。

途中、一時停止していた時間もありましたが、
5分ほどの停止で、また走り出し、無事に辿り着きました。

家に着いて、急いでテレビをつけましたが、
福島県で震度6弱を観測し、
福島・茨城各地で被害が出ていました。

倒壊した建物で生き埋めになっている人たちがいる、
というニュースも入ってきていました。

3月11日の大地震から、今日でちょうど1ヶ月。

長い1ヶ月でしたが、あれだけの大きな地震、
余震も規模が大きく、また回数も多く…。

なかなか落ち着きを取り戻せず、一進一退です。

IMG_1986.jpg

自宅ではリビングで過ごすことが多いのですが、
揺れてるっ??
と思うと、すぐに視線を向けるものがあります。

それがこの観葉植物。

半分くらいの背丈から、スクスクと育ち、今では倍の背丈に…。
手のかからない良い子です。

先のほうが細くなっているからか、
この葉っぱが、微細な揺れを感知してくれます。

余震が何度もあると、
揺れてるのか揺れてないのか、自分の体の感覚がおかしくなります。
そんな時、

ほんとに揺れてる??

と確認するため、ついこの葉っぱを見てしまいます。

もうおかしいくらい、クセになってます。

ほんとに揺れてる時もあるし、「気のせい」という時も…(汗)

おそらくどの人も、今、東日本に住む人たちは、
揺れているかしら?と思うと、
「天井からぶら下がる電球のヒモ」を見たり、
「壁に下がるカーテンの揺れ」を確認したり、
そんな風に自分なりの「揺れ」を感知する目印を
瞬時に確認するクセがついてしまっていると思います。

我が家ではこの葉っぱの先っぽが、
「地震感知器」のような役割を果たしてくれています。

ちょっとの揺れも感知して、
ユラユラと揺れるので、
「あ、余震」
と確認できるのです。

今日のような余震の多い日は、何分おきかにこの葉っぱを
つい見てしまうのですが…。

我が家にやって来たときは、まさかそんな風に注目される存在になるなんて、
思いもしなかったです…。

早くこの葉っぱが気にならない日が来てほしいです…。

2011.04.10
4月に入り1週間。

東京の桜も続々と開花し、あっという間に満開になりました。

IMG_1980.jpg

名所と言われるところに出掛ける気にはなれないものの、
近所を歩けば、小学校、中学校、駅前、民家、いろんなところで桜を見ることが出来ます。

IMG_1971.jpg

こんな風に複雑な気持ちで桜を見上げる日がくるなんて…。

IMG_1961.jpg

でも、桜の花は静かに、ただ優しく、
寄り添い合ってこちらを向いて咲いてくれています。

IMG_1956.jpg

図書館の裏。
ピンク色の大きな傘の中に入ってみました。

IMG_1953.jpg

緑道の脇に違った形の桜も発見。

家の近くにもいろんな桜が咲いていることを知りました。

7日深夜、11時半過ぎ。

歯磨きも終わり、ネットでメールをチェックしていた時間。

突然携帯から、けたたましいサイレンの音が鳴り、
同時にテレビ画面に「地震に注意して下さい」のテロップが…。

IMG_1934.jpg

地震が来ると速報が入ったエリアには「東京」も含まれていたので、
これは来る!と直感し、
ベッドで本を読んでいた夫に「地震来るよっ!!」と叫んだ後、
すぐにグラグラグラッと始まりました。

マンションの7Fなので、けっこう揺れるのですが、
揺れる時間がかなり長かったので、3・11の地震を思い出し、怖かったです。

この揺れは大きい…、東北は大変なことになってるんじゃぁ…と冷や汗が出ましたが、
すぐにテレビはすべて地震関連に切り替わり、震度が発表されました。

IMG_1935.jpg

宮城県を中心として、北日本が震度4~6強の大きな地震に見舞われていて、
東京はこんなに揺れたのに、3なの?4なの?表示が見えない…。

「余震」とは言われているけれど、まるで本震のような地震です。

今回は3・11の本震の規模が大きいだけに、余震もこれだけ大きいんだ…と改めて感じました。

1ヶ月近く経とうとしていて、余震もだいぶおさまっていただけにショックでした。
被災地にもようやくライフラインが復旧し始めてきたのに、
変電所がやられて一気に大停電…。

この余震で亡くなられた方も何人もおられて、本当にやるせない気持ちになりました…。

いつになったら、この余震活動が落ち着くんだろう…。
専門家によれば1、2年は注意しないといけない…ともありましたが…。

だるま落としじゃないけれど、せっかく崩れたものを積み上げなおした途端に
また崩れてしまうなんて…本当に心が痛みます…。

自然のことだけに、誰も責めることができないのですが…。

IMG_1936.jpg

携帯電話は、新しいものだと、この「緊急地震速報」機能が付いていて、
震度4以上の揺れが推測される時に、この速報が入り、けたたましいアラームが鳴ります。

会社や車内にいる時などは、
いっせいにみんなの携帯が鳴り出すので、
かなり怖いです…。

緊急地震速報は、地震発生直後に、震源に近い地震計でとらえた観測データ(P波/初期微動)を解析し、震源や地震の規模を推定して、各地への地震の強い揺れ(S波/主要動)の到達時刻や震度を予測の上、通知される地震の予報・警報だ。速報は気象庁が出している。ケータイに緊急地震速報が届いた場合は、特別な着信音が鳴る。警報音は、NTTドコモのWebページなどで確認できる。


3・11以降、4/7までに私の携帯にも12件の地震速報が入っていて、
本当に揺れが来る場合と、さほど揺れなかった場合といろいろでしたが、
今回の速報は有難かったです。

アラーム音は注意を喚起するため、特別恐ろしい音になっていますが、
それでも、「揺れが来る」10秒ほど前に把握できることで、
心構えが出来ます。
実際はオロオロするだけで、たいしたことは出来ないのですが…。

でも自宅にいる時は火元の確認と、携帯を持ったり、ドアを開けておいたり、
テレビやラジオを付けたり、ちょっとした備えは出来ます。

3・11の本震の時は何の前触れもなく、
突然揺れが始まったので、本当に恐ろしかったんです…。

夫はこんな時でも泰然?悠然?としているタイプなので、
ベッドで本を読みながら、揺れているのに
「あ、揺れてるね…」と言いながら、起き上がろうともしない…。
シンジラレナーイ!!!

私はどうしようもないのに、なぜか壁を押さえて硬直状態…。

長めの横揺れでした。

日本列島、どうなってしまうんだろう…。

心配していても何かが解決するわけじゃない…前に進まないといけないけれど…。

今朝の「めざましテレビ」には感動しました。

地震以来、エンターテイメント業界が自粛ムードになっている中、
人々の希望の灯火になれるように、と震災2日後から公演を行っていた
『劇団四季』のことを特集したコーナーでした。

劇場窓口の電飾を消し、節電に努める中、
チケットの払い戻しに応じながらも、会場に訪れる人たちのために
劇場の扉を開けた「劇団四季」。

インタビューには四季劇場・夏(東京に新しく出来た四季劇場)で
『美女と野獣』の主役を務めるお二人が出ておられました。

2日後に上演すると決まった時は、
どんな気持ちで演じたらいいのか、複雑な想いだった…。
お客さんも半分どころか、三分の一もいない状態で…。
でもとにかく拍手が熱く、なりやまなかった…。

ビースト役を演じる佐野さんがおっしゃっていた言葉が
とても印象的でした。

私たちのやっていることは、生きていくために必要のないものかもしれない。
けれども、人として生きていくために必要なものだと思う。
心まで停電してしまってはいけない。
私たちは小さなロウソクの役割を担っているんだと思う


画面には、被災した南相馬市から東京の親戚の家に避難してきている兄妹3人が映っていました。

親戚のおじさん自身が、10年ほど前に就職が難しく落ち込んでいた時に、
ミュージカルを見てとても元気になった、
それを思い出して、子どもたちに元気になってほしい、という気持ちで
連れてきてあげた、とのこと。

観劇を終えた子どもたちも「元気が出た!」と笑顔いっぱいで答えていました。

小さなロウソクではなく、すでに大きなロウソク。

これからももっともっと多くの人々の心に
たくさんの灯りをともしていってもらいたいです。

美女と野獣 劇団四季版美女と野獣 劇団四季版
(2000/04/19)
ボルフ・チェイス

商品詳細を見る

4月に入って、地震からも3週間経ちました。

少しづつ被災地の様子も改善されつつはあるけれども、
まだまだ課題が山積の様子がテレビからもネットのニュースからも伝わってきます。

あんなに大きな地震が突然襲ってきたのに、
新芽は開き、桜が咲くことに、なんとなく違和感を覚えてしまいますが…。

通勤は依然としてフレックスタイムが採用されており、
1時間早く出社して(8:30)、1時間早く退社する(4:30)、
という生活が続いています。

駅前の花屋さんには春らしい色鮮やかな花が並んでいて、
前を通るたびに、「春なんだな…」と気付かされます。

ガーベラやラナンキュラス、ルピナスなど、春を彩る花が並ぶ中に、
色は地味ながらも「幸福」を呼ぶ「四つ葉のクローバー」を見つけました。

IMG_1932.jpg

我が家のハンギングバスケットがちょうど空いていて、
何か植物を置けたら…と思っていたので、我が家に来てもらうことに…。

うん!ピッタリでした!

IMG_1933.jpg

可愛いことに、夜は葉っぱを閉じて寝てしまうクローバー
朝には元気よく「四つ葉」を開かせてくれます。

本当に四つ葉っ

小さな世界ですが、
現実の世界にも早く幸福が訪れるように…と願うばかりです。

東日本を応援してくれているEveさんからいただきました!

rinさんが製作されている、あの便利で可愛い「バッグチャーム」!

IMG_1919.jpg

以前ブログで拝見して、こりゃ便利~、しかも可愛いし、
と気になっていたのですが、覚えていてくれたとは!

プレゼントしてくれて、超感激しています
元気になりましたっ!!

実物は本当に小さくて可愛いデザインで、
さっそく携帯しております。

両面ミラーになっていて、
口元や目元のチェックに大活躍です。

このラッピングの袋もすごく可愛いんです。
捨てれない~!!!

Thank you so much!

我が家のエントランスにて。

アトリエイブさんで作らせてもらった、プリザーブドフラワー初作品。

IMG_1931.jpg

コンソールテーブルの一角に、すっかり馴染んでおります。

IMG_1928.jpg

隣にはマロリン・バスティンさんの日めくりカレンダー♪

出勤前に毎日めくるのが夫の日課(笑)

癒されてます

4月になりました!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。