上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関東は数日前から梅雨に突入しました。

今年の入梅は例年よりずいぶん早いようです。

まだご近所のアジサイも咲いていないのに、もう梅雨なんて…。

だんだん暑くなってきたところだったので、衣替えをし始めて、
ほぼ終わった頃に梅雨に突入。

あらあら、寒いじゃないの~!

何を着たらいいのか、思い悩む朝が続いています。

さて、今日は数年前から愛用している「MAWAハンガー」をご紹介。

ドイツ「マワ社」はハンガー専門のメーカーで、丈夫で滑りにくいハンガーをいろいろと世に送り出しています。

すべり落ちないスリムハンガー MAWA 人体ハンガー3本組すべり落ちないスリムハンガー MAWA 人体ハンガー3本組
()
MAWA

商品詳細を見る


本体は丈夫なスチール製で、
表面は特殊ノンスリップコーティングの柔らかなプラスチックでカバーされています。
感触的にはゴムでカバーされている感じ?

衣類にやさしく、とにかく「ズレ落ち」を防いでくれるので、
薄いポリエステル製のものや、微妙な形のニットなど、何度もハンガーからずり落ちて、
そのたびにクローゼットの前でイライラしていたことから一気に解放されたのがファンになったきっかけです。

試しに一度使ってから、少しづつ買い足してきました。

IMG_2738.jpg

この「人体ハンガー」は絶妙な反り具合が特徴のハンガー。

カーディガンやニット物でも、肩の部分におかしな凸凹が出来ずにすみます。
ほんとこれは優れモノ!

10本セットで買ったほどです。

それから、こちらはスカート用のハンガー。

これもアイディア大賞もので、両端がバネになっているんです。

タイトやフレアー、いろんなパターンのスカートを
ヒョイヒョイ、っとバネに引っ掛けるだけ。

すべり落ちない MAWAハンガー スカートスリム 3本セット 1511すべり落ちない MAWAハンガー スカートスリム 3本セット 1511
()
MAWA

商品詳細を見る


バネをいったん押し縮めてウエストの中に入れ込むと、
ウエストの長さに合わせてバネが自動的に伸びて固定される、という寸法。

クローゼットの中に美しくスカートが納まります。

IMG_2740.jpg

ただし、ウエスト75cm以下なんですけどね。

でも、スカートをこのハンガーに変えてから、
外から帰ってきて、着替える時も、クローゼットに服を戻すのが楽しくなりました。

でもって最後はこちら。

パンツ用のハンガー。

すべり落ちない MAWAハンガー ズボン・ロングスカート・ストール用 シングル 5本セット ブラック 2121すべり落ちない MAWAハンガー ズボン・ロングスカート・ストール用 シングル 5本セット ブラック 2121
()
MAWA

商品詳細を見る


これまた便利なシロモノで、
パンツを適当なところで折って、引っ掛けるだけ。

こんなハンガー、どこにでもあるような気もするんですが、
とにかく滑らない、ってのがいいんです。

いったん引っ掛けるとピタッとお利口さんに収まっててくれます。

私は通勤はパンツも多いので、こちらも重宝しています。

IMG_2741.jpg

このパンツハンガーは二段バージョンのもあるんですが、
引っ掛ける時のことを考えると、一段のほうが断然使いやすいですね。

でも、二段のバージョンのは、スペースの節約になるので、
シーズンオフのものをしまう時に使っています。

丈夫なんですが、意外とスリムなハンガーなので、場所も取らずスッキリ感があります。

たかがハンガー、されどハンガー。

ハンガー1本に何百円も出すなんて…とも思いますが、
考えてみれば、ハンガーは毎日手にする日用品。

取り扱う回数も多くて、付き合う時間も長い道具の一つ。

もしずり落ちてイライラする服があったら、
その服だけでもハンガーを変えるだけで、生き返る気がします。

服も

自分も。



スポンサーサイト
今年の「アメリカンアイドル」シーズン10。

トップ2が決まりましたぁぁぁああ~!!!

(って、アメリカはもう、誰が優勝したか、決まったんですよね…)

誰も教えないで!!
お願い、誰も教えないで下さいっ
Don't tell me, please!

って感じです。
日本の放送は9日遅れなので…。
最後までドキドキを味わいたいのです…。

なので、今、不意に優勝者を見つけてしまわないように、
ネットの徘徊を極めて制限しております(笑)

ほんと、どこに情報が出てるかわからないので、
むやみにネットを渡り歩けない状態です。

ヘイリーも大好きだったので、落ちちゃって残念だったけれど…。

ローレンかスコッティか?

は~、ドキドキします♪

おそらく、もともとのファンの多さでスコッティかな、とは思いますが、
でも、ヘイリーが落ちてしまったので、女性を応援していた票がローレンに動くことも考えられ…。

ん~。

どっちでもいいけど~。

来週の日曜は2時間のスペシャルプログラムです。

大物ゲストが登場することは間違いないので、
一体誰が出てくるのか、それも楽しみにしています(ワクワク)。

今シーズン、スティーブンタイラーが審査員だったので、
エアロスミスが歌うのは間違いないと思っていますが…。

なんにせよ楽しみです♪♪♪



(つづき)

ちんちん電車の旅もいよいよ終盤。

「ひめまつ」駅に戻り、「住吉」駅まで。

4つ目の駅が「住吉」です。

そして、この駅の近くにあるのが、住吉名物「さつま焼き」を扱う「末廣堂」さん。

IMG_2274.jpg

大阪の特産品や名物を扱う「大阪産(おおさかもん)」の一つに選ばれている「さつま焼き」。

IMG_2318.jpg

その昔、この辺り一帯は「さつまいも」が特産品として有名で、
その「さつまいも」を模したおやつがこの「さつま焼き」。

といっても、実際に「大阪産(おおさかもん」に選ばれている「さつま焼」はさつま芋で出来ているわけではなく、中はあんこ。

ごく最近になって、お芋を練りこんだバージョンも発売し始めたそうです。

天皇家に幾度も献上された「さつま焼き」。

由緒あるお店を訪ね、歴史ある名物をいただく。

まさに「ぶらり途中下車の旅」の醍醐味です。

おやつを手にして、ホクホク気分でテクテク散歩。

IMG_2278.jpg

住吉公園まで歩いてみます。

その昔、この辺りは海だったこともあって、

IMG_2296.jpg
青いところぜんぶ海~

公園の先には「高灯篭」(たかどうろう)が!

IMG_2277.jpg
デデーン!

ビックリです。

すぐ目の前にはマンションがあって、車がビュンビュン通る大きな道路の横にあるんですから…!!

ここが海だったなんて…。

でも、確かに万葉集にも「ちぬの海」と詠まれていて、
本当にこの辺りは海だったんです…。

そんな太古の歴史に想いを馳せて作られた「末廣堂」さんのお菓子がコチラ。

IMG_2314.jpg

貝の形の最中です。

なんと、優しいご主人が「お土産にぜひ!」とプレゼントして下さったのです。

なんやかんやで、もらいまくりの一日でした…。

ありがたや…。

(つづく…)

2011.05.26 東京電力から
今月の電気の検針日。

こんなものも料金表と一緒にポストに入っていました。

IMG_2723.jpg

だそうで…。

IMG_2724.jpg

開いてみるとこんな感じで

IMG_2725.jpg

「お詫び」と「節電のお願い」が載っていました。

IMG_2726.jpg

エアコンより数倍節電できる、というので、
今年は早くから「扇風機」が売れており…。

あの日見直された「公衆電話」のように、
姿を消しかけたものが再浮上。

首を冷やすマフラーや、頭を冷やすジェル入り枕など、避暑グッズも売れ行き好調の模様。

昨年ほどの猛暑ではないようですが、
「例年よりは暑い」という発表が先日ありました。

ということは…やっぱり暑い夏なのですね。

今年はなんとかなっても、また昨夏のような、
猛暑が長期化して秋がなかったよ…、みたいな年がやってくるかもしれないし…。

本当に新しいエネルギーの道を切り開かないと、って感じです。
ソフトバンクの孫社長が電力事業にも乗り出したけれど…。
どうなるのかしら…。

2011.05.25 Pay Day
25日はお給料日。

IMG_2728.jpg

今月もよくがんばりました!(自賛)

IMG_2729-2.jpg

ん。

入っております。

よっしゃ!

子役ブームの今。

目を見張るような実力を備えた天才子役ちゃんたちが活躍しています。

マルモのおきて」は競合に昨年ヒットした「JIN~仁~2」があるにもかかわらず、
視聴率がグングンUP

私の期待通り~!!!

毎週泣いたり笑ったり、「家族のかたち」を考えさせられるハートウォーミングなドラマです。

マルモのおきてマルモのおきて
(2011/06/25)
木俣 冬

商品詳細を見る

芦田愛菜(まな)ちゃんの天才ぶりはすでに有名ですが、
私は双子の弟役の福ちゃん(鈴木福くん)の大ファン!

初めて福ちゃんを見たのは、「ちょんまげぷりん」の子役、友也君。
最高に素晴らしかったので、また演技が見たいな、って思ってました。

ちょんまげぷりん [DVD]ちょんまげぷりん [DVD]
(2011/02/09)
錦戸亮、ともさかりえ 他

商品詳細を見る


「ちょんまげぷりん」でも、本当に「泣き」の演技が素晴らしかった福ちゃんですが、
マルモのおきて」もしかり。毎回感動しています。

今回のドラマは芦田愛菜ちゃんとタッグを組んで、しかもアベサダと超かわいいミニチュアシュナウザー!

「マルモのおきて」なんて意味わかんないタイトルだけど、
絶対面白いハズ!!と始まる前から確信しておりましたー!!

放送日直前の「めざましTV」。
愛菜ちゃんフォーカスでドラマの宣伝をしていたのですが、
映画に詳しい、あの笠井アナウンサーが、

「僕は弟役の子役の子にも注目してるんですよ!」

と言っていたのを聞いて、

そうでしょ、そうでしょ、笠井さん、そうよね~!!!!!

と一人ものすごい勢いでテレビに向かって頷いておりました。

期待以上の名演技で、ドラマがぐんぐん盛り上がっていっておりますっ!!

マル・マル・モリ・モリ!マル・マル・モリ・モリ!
(2011/05/25)
薫と友樹、たまにムック。

商品詳細を見る


エンディングの歌とダンスも楽し~。
思わず真似して踊りたくなっちゃいます。

毎週日曜の放送ですが、
同じ時間に「アメリカンアイドル」の放送がかぶっているもので、
いつも録画して「月曜日」に見ています。

で、月曜日にマルモで癒されたな~、と思ったら、
火曜日に「名前をなくした女神」を見て、ひぇ~

毎回顔を蒼ざめさせています。


GWの三重の旅。

振り返ればココが旅のハイライトだったのでは?!

と思うほど(笑)一同が興奮した場所。

IMG_2121.jpg

「コメダ珈琲店」。

地元・名古屋を飛び出して、各地でブレイクしている、という
最近話題の喫茶店。

IMG_2152.jpg

鳥羽の町に入って目に留まったこのデッカイ看板!

ちょちょちょ待った~!

もしやもしや話題の「コメダ珈琲」?????

今通った??
もしかして通った???

Mちゃんの発見に車内騒然。

コメダコーヒーの話、こないだ聞いた!!(私)
Eちゃんからメールもらった!!!!(なんてタイムリー!)

行きたい行きたい~!!

噂には聞いていたのですが、東京ではまだ郊外にしか店舗がなかったので、
行けるとしてももっと先かな~、なんて思ってたので、
突然の出会いにビックリ!!!

で、一同の高まる期待をのせてUターン!

IMG_2122.jpg

おぉ…、これが噂の「コメダ珈琲」。

早速入店。

天井高く、広々とした店内、ゆったりとした椅子。

そして、

IMG_2126.jpg

「コーヒーを大切にする心」

(があるらしい…)。

IMG_2146.jpg

コーヒーはもちろん、サンドイッチ類など、フードもなかなかの充実。

モーニングには全てのコーヒーにトーストとゆで卵が付いてくるらしい。

IMG_2145.jpg

中部地方のモーニング文化は、私の生まれ故郷、岐阜もしっかり受け継いでいて、
小さい頃、帰省中には毎朝のように叔母が「喫茶店」へと連れて行ってくれました。

トーストとゆで卵が付くなんて基本中の基本で、
もりもりのサラダだったり、トーストに付けるのもジャムやあんこ、いろんな味が楽しめました。

今日はあそこのモーニングにしよう、どこそこに新しい喫茶がオープンしたみたいだから、明日はそっちに行ってみよう、など。
毎朝同じところに通う常連さんもいれば、西へ東へ、と「お得なモーニング」を求めて開拓を続ける人も。

こんな田舎にも?みたいなところにも「喫茶店」はあって、外観・内装も凝ったお店も多く、各店舗がオリジナルのサービスで競い合っている、そんな中部地方。

その中部、愛知県から全国展開?に向けて続々と店舗を増やしている「コメダ珈琲店」。

一体どんなお店なのか…と思ったら…。

IMG_2134.jpg

フフフ、なんか面白~い!!

オレンジジュースやミックスジュース、
変わった入れ物で出てきます。
ナニコレ?!
フタをしめてシャカシャカ?

IMG_2143.jpg

開けて飲みます。

「コメダ珈琲」のロゴ、超ツボ

IMG_2135.jpg

ボリューム満点!

IMG_2137.jpg

コーヒーにはお豆。

ウィンナーコーヒーはなんかフツウ??

IMG_2139.jpg

実はこれが名物!

IMG_2140.jpg

シロノワール

IMG_2142.jpg

デニッシュ生地とソフトクリーム、あ~、なるほど、こんな感じね~、と、
ものすごいビックリする味ではないんですが、
温かいデニッシュと冷たいソフトクリームの組み合わせがいいんでしょうかね♪

コーヒーゼリーも大好きなので、
ソフトクリームとバナナがついたコーヒーゼリーもヒジョーに気になりながら…。
でもそんなにたくさん食べれないし…。

それが、旅を終えて帰ってきてから、
アベノQ'sモール横の「ヴィアあべのウォーク」内にテナントで入っていることを発見!

思いがけず「ちんちん電車」の車窓から見つけた「コメダ珈琲店」の文字!

数日後、行ってしまいました



こちらの店舗は鳥羽店に比べて、とっても狭い店内でした。
郊外展開している店舗とは違うので、仕方ないのかな…。

でもやっぱり人気のようで、かなり賑わっていました。




もちろんオーダーは「コーヒーゼリー」で…。

(そんなに気になっとったんかい!)

味は、思ったよりフツウでした(笑)

でもこれからの季節、つい食べたくなっちゃう「コーヒーゼリー」です

昨年はいていたお気に入りのROPEのクロップドパンツ。



夏も近づいてきたので、さて今年も~!と
クローゼットから取り出したはいいのですが…。


ウエストが…

ウエストが…


入りません…

ちんちん電車の旅のつづき…

「浪速ことばせんべい」のお店「はやしや製菓本舗」から、
「松虫駅」へ戻る時、ぜひここを通ったらいいよ、とご主人が教えてくれた「桜草通り」。

IMG_2264.jpg

「浜木綿子さんが演じた『浪速の女ハスラー 玉撞き屋の千代さん』のモデルになった、
ビリヤードのお店があるよ」というご主人のプチ情報。

「浪速の女ハスラー」???

女ハスラーって…

千代さんっていう凄腕のハスラーがいたのかしら…。

IMG_2265.jpg

とりあえず、案内にしたがって通ってみることに…。

緑に覆われた雰囲気のあるストリート。

窓からチラッと覗いてみると、確かに!
「ビリヤード台」が…!!

シニアな方々が小粋にビリヤードを楽しまれていました。

保名倶楽部(やすなクラブ)」という、そのお話に出てくる伝説のビリヤードクラブなんだそうで…。
1942年創業。
南大阪では最も古い、日本全国でも老舗中の老舗と言われる歴史のあるお店なんだそうです。

玉撞き屋の千代さん 浪速の女ハスラー玉撞き屋の千代さん 浪速の女ハスラー
(2001/04/26)
南川 泰三

商品詳細を見る

こちらがその小説。

なんかちょっと気になる~。
どんな話なんだろ…。

IMG_2267.jpg

こんな可愛らしいカフェも併設されていて、
ビリヤードを眺めながらお茶も出来るようです。

なんかちょっと得した気分で、のんびり歩くとすぐにまた阪堺電車の駅に到着。

再び乗車。
ちんち~ん♪

IMG_2268.jpg

「松虫」から3つ目の「ひめまつ」の駅で下車します。

IMG_2269.jpg

なんともレトロ、なんともノスタルジックな停留場。

この駅から少し歩いたところに、
帝塚山で有名な「FORMA(フォルマ)」というチーズケーキ専門店があります。

IMG_2272.jpg

おっと猫ちゃん(右下)もお出迎え?

素敵な佇まいのカフェレストランです。

IMG_2271.jpg

1階には美味しそうなチーズケーキがショーケースに並んでいて、
2階には落ち着いたテーブルが♪

1階でもカフェ気分でいただけますが、せっかくなので2階に。

IMG_2270.jpg

夫は一番人気の「カールスルーエ」を1ピース。

私は5種類のチーズケーキが楽しめるセットを♪

ベイクドタイプのカールスルーエ。
甘酸っぱいルーモス。
濃厚なカマンベールリッチ。

まるで「ききチーズケーキ」をしているよう。

茶器もウェッジウッドの素敵なセットで供されるので、
本当にゆったりと落ち着いて優雅なティータイムを楽しむことが出来ます。

ランチやディナーのメニューもあり、
チーズが入ったハンバーグなど、美味しそうでした~。

今度はぜひお食事にも来てみたい♪

最近になって、東京駅のグランスタのところにチーズケーキが少し販売されているのを知りました。
でもやっぱりこの本店、いいですね☆

カップルでもご家族でもくつろげる雰囲気のおすすめのお店です☆

(つづく)



フォルマ帝塚山本店

〒545-0037
大阪市阿倍野区帝塚山1-6-25
TEL : 06-6622-7141
営業時間 :
1階 9:30~21:00
1階カフェ 10:00~21:00
2階 11:00~21:00
今回の帰省で驚いたコト。

「大阪が激変」!!

駅前のノースゲートビルディングが5月4日にオープンして、



すっかり様変わりしてしまっていました。



オシャレなファッションビル「ルクア」がオープンし、



入り口はこんな感じで入場を規制。



「伊勢丹・三越」のデパートがオープン!

「Isetan Girl」が入って、
デパ地下も東京で人気のスイーツ+関西で人気のスイーツが集まって、
もう東京に買い物に来なくてもいいんじゃぁ…と思ってしまいました。

IMG_2665.jpg

「サウスゲートビルディング」のほうは、
大丸も増床して、すっかりブラッシュアップ。

IMG_2666.jpg

見慣れていたはずのこの辺りの景色も
なんだか違う街を見ているよう…。

IMG_2669.jpg

西梅田のエリア、ゆっくり歩いてみたいナ…。

IMG_2670.jpg

阪急、阪神、大丸、伊勢丹、と4つのデパートがしのぎを削る激戦区となりました。

IMG_2671.jpg

サウスゲートビルディングを出たあたり。
なにこのモダンな感じは…。

IMG_2672.jpg

歩きやすく、美しくなって、
駅付近の様変わりっぷりにほんとビックリしました。

ビックリは「梅田」エリアだけじゃなくて、
実家に近い「天王寺」でも。

「Q'sモール」という大きなモールが阿倍野にオープン。




歩道橋渡ってこちらのエリアには、もともとあまり行く機会がありませんでしたが、




いやいや、発展・発展・大発展!

近鉄百貨店もまだまだリニューアル途上のようで、
この先もどう変化していくのか、楽しみです。



「アベノQ'sモール」には屋上庭園もあって、
レストランから庭園を眺められるテラス席もあったり。

カップルでも家族でも楽しめそう。



「クリスピークリームドーナツ」も入ってました。



「15分待ち」~。

目玉?は渋谷109が入ったことなのか、
109を再現?するお店がワイワイガヤガヤ…。




中高生の女の子たちが、このウィンドウの前で嬉しそうに写真を撮っていたのが印象的でした。
みんなやっぱり嬉しいのかな~。



とりあえず、また来るかもしれないので、
ポイントカードを作りました~♪

いやはや、大阪が激変です!!!!!

「父の日」と違って、「母の日」のギフトは比較的選びやすいかもしれない。
なぜなら同じ女の子?だから…??

とはいえ、離れて暮らしていれば、
好みの変化や「今」必要なものが何かも見えにくいこともあり…。
なんだかんだで毎年悩んでしまうものですね…。

去年どうかな…と思案していたレスポのバッグ。
ただ、去年は気に入った柄が見つからず断念。

それが今年はちょうど「ピン!」と来る柄が現われ…。

レスポは毎月新しいデザインが出て、売り切れ御免!的な感じなので、
タイミングを逃すと、ゲット出来ないことも多いのですが…。

これは~と気に入ったのが、
ロバがお花のカートを引っ張っている「フラワーカート」のデザイン。

pc_s.jpgpc_s-2.jpgpc_s-3.jpg
馬が好きな母にピッタリかと…(えぇ…ロバですけど…)。

義母にも喜ばれそうだったので、この中から選んで
プリザーブドのお花とお菓子&紅茶と一緒に贈りました。
そうです、母同士お揃い作戦!です。

実家の母にもこの中から1つ選んで、お紅茶と一緒に。
Images_20110518185934.jpg
「ミセスブリッジス」は自転車に乗るご婦人の絵がトレードマーク。

自転車通勤の母を想い出させるお紅茶です。

イギリスの人気TV番組「アップステアー&ダウンステアー」のキャラクター、
「ミセス・ブリッジス」の丹精を込めて料理を作る精神を生かして発売されたお紅茶なんだとか。

料理好きな母にピッタリのお紅茶かもしれません。


そして、今回、母もビックリの特別サプライズがっ!!!!

IMG_2627.jpg
オカメのハガキとともに~

たまたま帰省中に天王寺の駅ビルで見つけた超レアグッズ!

開けてビックリ、見てビックリの…

(って、ビックリなのは私たちだけなんですがね…)

IMG_2634-2.jpg

THE オカメインコTシャツ~!!!!!

母、興奮MMM…MAX

さっそく試着。

というのも、80年代の頃でしょうか、
「白オカメインコ」を数年にわたって飼っていたのです。

その名も「バート」。

なかなか賢くて可愛いインコでした。

オレンジ色の頬っぺたが愛くるしく、
でもこれは、めくると耳の穴だったりして…。

フサフサの弟の頭の上に飛び乗ってきたり、
首をかしげながら、おとなしく私の弾くピアノの音色を聴いていたり…。
料理を作る母の肩に留まり、「一口くれェ~」とねだったり。

このキュートな鳥にどれだけ癒されたことでしょうか。

そんなオカメちゃんが描かれたポストカードとTシャツを見つけて、
即買いしてしまいました~。

もうバート君も他界して何年にもなりますが…
いまだに時々、オカメ、また飼いたいなぁ…と思ってしまいます…

母にとっても懐かしい、オカメフィーバーなMother's Dayでした。

GW帰省中の目玉企画の一つ。

アトリエイブ」さんでのプリザーブドフラワー母娘レッスン。

前回の帰省で、私が持ち帰った「処女作」を見て、
「私も作りたいっ!!」とにわかに情熱を見せ始めた母。

「作ってみたい!」というその熱望は冷めることなく、
ぜひ連れて行ってほしいというので、今回、イブさんにレッスンをお願いしました。

タイミングよく、義妹と姪っ子も後半に駆けつけることが出来て、
(姪っ子はただただ階段に夢中でしたが…笑)母娘3代で楽しいレッスンとなりました。

なかなか来れないので、ということで、母と私は2作品作らせていただくことに♪

<前半>

1IMG_2440.jpg

お母様、こんなのどうでしょう?

と差し出された花器は、母の心の琴線に触れる超ビンゴ!なものだったらしく、
目がキラキラ
(それ以前に横文字に萌える母は、テーブルに敷かれているなにげない海外の新聞にすでに溶けていました

2IMG_2441.jpg

作り方を丁寧に教わりながら、選んだローズを挿していきます。

母はもともと若い頃から「松月堂古流」という華道をやってきていて、
師範代を持っており、お花が大好きな人。

80年代頃流行った、布地を染めて作るアートフラワーに傾倒していた時期もあり、
現在も趣味は園芸。

とにかくお花に癒されるお人。

3IMG_2450.jpg

最近、巷でも見かける機会の増えた「プリザーブドフラワー」ですが、
忙しい母はその正体もあまりよく知らなかったようで、
先生の説明を聞きながら、生きた花がこんな姿に!!!
と、ひたすら驚嘆・感激していました。

生花は何ヶ月も楽しむことが出来ないし、
アートフラワーでは完成までに相当な手間がかかる、というわけで、
美しい花を長く楽しめる、しかもこんなに手軽に作ることが出来る、ということに
かなり驚いたようでした。

5-1IMG_2442.jpg

私は日曜日の母の日に義母に贈るプリザーブドフラワーに挑戦。

ベースになる3つのローズを選びます。

明るく元気なお義母さんのイメージに合わせて選びました。
花器は、これまたお義母さんに喜んでいただけそうな雰囲気で♪

5-2IMG_2449.jpg

どうなの?これ?
どうなの?これは??

良いのか悪いのか、よくわからない中、直感を信じて進みました。

格闘している間に、母はどんどこどんどこと
「母の世界」を作り上げてゆき…。

イブ先生から色々な小物を紹介されて、嬉々としながら埋め込んでいき…
見る見る間にゴージャスになっていきました。

4IMG_2464.jpg

華道の影響なのか、立体的に仕上げるのが(ダランと下げるのも)好きな様子。

この処女作は相当気に入ったようで、
母だけのストーリーを詰め込んでいました。

タイトルまで付けていました(笑)

私は、イブ先生の助言とサポート頼みで、どうにか差し上げられそうなものが仕上がり。

5IMG_2468.jpg

こんな風にちゃんとケースに入れてもらって、遠方にも贈れるように
ガッチリ固定してもらいました!

持ってきたカードを付けて、完璧です!
喜んでもらえるといいな~。

<後半>

後半、母は初めてのリース作りにもチャレンジしました。

6IMG_2477.jpg

初心者向き、と言われる素材を使っての挑戦です。

ただひたすら無心に…世界に没頭する母。

駆けつけてくれた義妹Mちゃんもチャレンジ!

7IMG_2491.jpg

あっという間に出来るサイズのものに挑戦!
ナチュラルな雰囲気~

8IMG_2515.jpg

出来上がりを母の作品と並べてみました~。

白いフワフワの羽がカワイイ~♪

私もお義母さんと一緒に作りたくなってしまいました

そして、没頭していた母のリースが仕上がりました!

9IMG_2512.jpg

夢いっぱいのリース

私の通算3作品目がコチラ。

9-1IMG_2499.jpg

器と飾りを持参して、作らせていただきました。
玄関に飾る予定♪

作品を作り終えてティータイム

Mちゃんが持ってきてくれた「マンゴー大福」!

IMG_2509.jpg

超絶品でしたっ!!

IMG_2510.jpg

絶対また食べたいっ!!!
めちゃめちゃ美味しかった~!!!!


そして…翌朝…。

実家に持ち帰った私の3作品目は…
起きたら、こんなことになっていました…。

9-2IMG_2617.jpg

庭の草花(摘みたて?)とのコラボ


母よ…、あなたはいつから假屋崎省吾になったのか…。



アートな母です…。


(どうやって東京に持ち帰れと…?)


チンチーン!

阿倍野市内の路面中央を勇ましく走る「ちんちん電車」。

「天王寺駅前」から2つ目の駅「松虫」で下車します。

6IMG_2246.jpg

♪あれ松虫が鳴いている~チンチロチンチロチンチロリン♪

でしたっけ??

思わず歌ってしまいますが…♪

チンチン電車に乗ってチンチロリン♪とはこれいかに。

気恥ずかしさ満開で電車を見送ります。

7IMG_2245.jpg
さよ~なら~ちん電!

「松虫」とはいえ、住所は「阿倍野元町」です。

8IMG_2248.jpg

なぜに「松虫」?

松虫塚(大阪市阿倍野区松虫通1丁目)に由来。
この伝説は『摂陽群談』に見ることが出来る。
その昔、季節は秋。2人連れの旅人がこの地を通る。
その時聞こえた松虫の音色に惹かれた1人が松虫を追って戻らず…。
残った1人が探すと、草に伏して死んでいたため、泣きながら遺体を埋めて松虫塚と名付けたという。


なんだそうで…。

この不思議な名前の駅を降りて、小さな商店街(とってもレトロ…)を進んでいくと、
「はやし製菓本舗」さんが見えてきます。
駅から歩いても2、3分、といったところでしょうか。

9IMG_2249.jpg

お店の前が薄暗かったので、もしやお休み?と案じましたが、
いやいや開いてました。

aIMG_2251.jpg

こころよくご主人に迎えられ、中の椅子に腰掛けさせてもらいます。

早速「はいどうぞ」。

bIMG_2250.jpg

腰掛け一杯、ならぬ、腰掛け一枚のおせんべい(試食?)

これやこれや!この煎餅やっ!!!
(見つけたっ!と思わずテンション

どうぞどうぞと勧められるままに一枚ポリポリ。

ん~、おいひいっ!!素朴な甘さ
子どもからお年寄りまで、みんなに愛されるたまご煎餅、って感じ。

なんというか、知ってる味なんだけど、「ここのは格別!」っていう味です。

発見の嬉しさに、つい「東京から帰省のついでに探して立ち寄った」ことを話すと、
ご主人が気さくにいろんなことを話してくれて、30分ほどでしょうか…
他にお客さんも来なかったので、けっこうゆっくりお相手してもらいました。

cIMG_2252.jpg

小さな店内には「たまご煎餅」を焼く機械がズラリ。
以前はもっとたくさんぶら提げていたそうですが、
阪神大震災以来、危ないので床下に片付けて、数を減らしたそうです。

dIMG_2254.jpg

朝は3時過ぎから種を仕込んで、早くから焼き始めるそうです。

お煎餅は焼いた後も寝かさないといけないらしく、
おまけに包装からなにからご主人が一人で切り盛りされているので、
なかなか大変なご様子です。

eIMG_2253.jpg

小さな焼印が目に留まりました。
これはお煎餅に刻印する文字や柄の数々。

「浪速ことば」の焼印は全部で26種類。

「かんにん」「すんまへん」など、それぞれ相撲番付風に分類されていて、
包装紙に載っています(これがなかなか面白い)。

大阪人同士でも盛り上がると思います。
お土産用には缶入りの「手ぬぐい」で包装されたものがオススメ
デパートにもどこにも売っていない特別な「大阪みやげ」になることウケアイです。

ご主人に「持ってみますか?」
と誘われて、せっかくなので持たせてもらいました

fIMG_2257.jpg

重いとは思いましたが、想像以上!
重い重い!!!!

こんな鉄板を毎日操っているなんて…。

gIMG_2259.jpg

ここに載せて焼きます。
夏は暑いでしょうねぇ…。

レトロな店内には目に留まるものがいろいろあり、
尋ねると一つひとついろんなエピソードを紹介してくれるご主人。

なにしろ昭和8年から続いている歴史あるお店。

昔のご近所の様子から、3月の震災の話まで…。
私たちも先を急ぐわけでもなく、気さくなご主人とついつい話が弾んでしまいました。

hIMG_2260.jpg

これは「全国菓子大博覧会」の賞状。

iIMG_2261.jpg

「浪速ことばせんべい」が生まれる前にヒット商品となり、
授賞したお菓子が、この「野球」というお煎餅。

iiIMG_2262.jpg

なんともユーモラス、かつ愛らしい絵柄

思わず「モデルはいらっしゃったんですか?」
と尋ねると、

「兄です」

とのこと。

阪神タイガース?と思しき縦じまのユニフォーム。

胸元には「H」とイニシャルがあるのですが、
これは、「HT」と入れると「まんま阪神タイガース」になってしまうため「T」は付けず、
先代であるお父様が、お名前である「林(はやし)」のイニシャルにかけて
「H」にしたんだそうです。

お店の看板商品であり、大きな賞も受賞したこの「野球」のモデルになったお兄さん、
当時はさぞかし誇らしかったことでしょう。

水を一滴も使わず、粉と卵と蜂蜜だけで作るたまご煎餅は、
寒ければパリッと硬く、暖かければやんわりと、
室温によって堅さに変化が出るそう。

かためが好きなら冷蔵庫へ。
好みの堅さでいただける素朴なお煎餅。
ついつい「もう一枚」、と手がのびてしまいます。



「はやし製菓本舗」
大阪市阿倍野区王子町1-7-11
最寄り駅:阪堺電車「松虫」停留場から徒歩約3分
TEL 06-6622-5372
営業時間 9:30~18:00
定休日 木曜日
取り寄せ 不可



今回の遠足の参考書、「大阪みてな帖」。

大阪みてな帖 雑貨と喫茶とエトセトラ大阪みてな帖 雑貨と喫茶とエトセトラ
(2007/04/17)
こけしマッチ制作所

商品詳細を見る


2011.05.05 SONGS FOR JAPAN
輸入盤4/22、国内盤5/4に発売になりました、『SONG FOR JAPAN』。

歌詞カードが付いている国内盤の解禁を待っていましたが、
ようやく買えるようになり、ゲットー!

IMG_2619.jpg

阿倍野のHOOPにタワレコがOPENしたので、
そちらで購入してきました。

1.ジョン・レノン “Imagine”
2.U2 “Walk On”
3.ボブ・ディラン “Shelter From the Storm”
4.レッド・ホット・チリ・ペッパーズ “Around the World”
5.レディー・ガガ “Born This Way”
6.ビヨンセ“Irreplaceable”
7.ブルーノ・マーズ “Talking to the Moon”
8.ケイティ・ペリー“Firework”
9.リアーナ“Only Girl(In the World)”
10.ジャスティン・ティンバーレイク“Like I Love You”
11.マドンナ “Miles Away”
12.デヴィット・ゲッタ “When Love Takes Over”
13.エミネム(featuring Rihanna) “Love the Way You Lie”
14.ブルース・スプリング・スティーン “Human Touch”
15.ジョシュ・グローバン “Awake”
16.キース・アーバン “Better Life”
17.ブラック・アイド・ピーズ “One Tribe”
18.ピンク “Sober”
19.シー・ロー “It's OK”
20.レディ・アンテベラム“I Run to You”
21.ボン・ジョヴィ “What Do You Got?”
22.フー・ファイターズ “My Hero”
23.R.E.M. “Man on the Moon”
24.ニッキー・ミナージュ “Save Me”
25.シャーデー “By Your Side”
26.マイケル・ブーブレ “Hold On”
27.ジャスティン・ビーバー “Pray”
28.アデル“Make You Feel My Love”
29.エンヤ “If I Could Be Where You Are”
30.エルトン・ジョン “Don't Let the Sun Go Down on Me”
31.ジョン・メイヤー “Waiting on the World to Change”
32.クィーン“Teo Torriatte(Let Us Cling Together)”
33.キングス・オブ・レオン “Use Somebody”
34.スティング “Fragile”
35.レオナ・ルイス “Better in Time”
36.Ne-Yo “One in a Million”
37.シャキーラ “Whenever, Wherever”
38.ノラ・ジョーンズ “Sunrise”

これだけのアーティストを詰め込んで国内盤で2000円という破格!

売上の100%がソニーミュージックエンターテイメントを通じて日本赤十字社に寄付されます。

普段は組み合わされることのない、様々なジャンルの歌手が1曲づつ並んでいるので、
こんな並びで聴くことはあんまりないな~、と、かなり新鮮です。

ソングス・フォー・ジャパンソングス・フォー・ジャパン
(2011/05/04)
オムニバス

商品詳細を見る


歌詞を追ってみれば、すべてが励まされたり、慰められたり、元気が沸いてくるものばかり。

アーティストの皆さんの心意気や想いやりが強く伝わってくるCDです。

元気にならなきゃ、日本!

と思わされます。

ずっとずっと昔から、それこそ小学生くらいの頃から、
気になりながらも一度も乗ったことのない乗り物がありました。

それが、大阪の阿倍野~住吉・堺のほうまで走る路面電車、
通称「ちんちん電車」。

1IMG_2234.jpg
JR天王寺駅中央コンコースからいったん地下→
出口⑪階段を上がったところにある「阪堺電車」の乗り場


正しくは「阪堺電車」というラインなのですが、
そんな名前は最近知った、というくらい、私の中では
「天王寺の道路を走るちんちん電車」。もしくは「ちん電」。

大きな声で「ちんちん電車」「ちん電!」と語れるのが
ホンモノの大阪人と思っていましたが、
そういえば乗ったことないやん!と思い、今回の帰省の旅の「遠足版」として予定を組みました。

午前中はおうちでゆっくりして、午後から出発。
夫婦二人の半日遠足です。

2IMG_2236.jpg

「1日何度でも乗り降り自由」という、「てくてくきっぷ」という乗車券があるのを知り、
半日遠足のパスポートにすることに決定。

600円なので、3回も乗り降りすれば、元が取れてしまいます。

路線バスの旅も大好きな私たちなので、このシステムはピッタリ♪
たいていは私が「行きたい場所」を決めて、
夫が「そこへの行き方」を探す、という具合。

私が「点」を見つけて、それをつないで「線」にしてくれるのが夫です。
筋金入りの方向音痴の私に対し、夫は地図を読んだり最短ルートを見つけるのが得意。
補い合ってなかなかうまく出来てるもんだ、と思います(笑)

おっと、電車がやって来ました!

3IMG_2237.jpg

チンチーン!

色んな柄がありますが、赤い「ちん電」に初乗り!
感動っ!!!!!

車内は昨夏乗った東京の「都電荒川線」の雰囲気に似てる~。
それにしても歴史を感じるレトロな車内です。

なんと開業100周年!
素晴らしい~
私が生まれる何十年も前から走っていたのですね…。

てくてくきっぷと一緒にもらった「路線図」。

4IMG_2240.jpg

今日の最終目的地は「住吉大社」。

遠くは堺のほうまで行くことが出来ます。
朝からチャレンジすれば、行けそうデス。

「てくてくきっぷ」はなんと「スクラッチ」タイプになっていて、
銀色部分をこすって、使用する日付を特定します。

5IMG_2241.jpg

早速、横長のシートに座って、いそいそと今日の日付を爪でこすります。
別に何か当たるわけでもないのに、なんかテンション上がります、コレ

後ろのドアから乗り込んで、運転席横から降りるので、その時に運転手さんに見せればOK。
なるほど~、これなら再利用は出来ないし、うまいこと考えたな~、と思います。

IMG_2298.jpg
これは復路、天王寺方向に向いてのショットですが…運転席近っ!

運転席後ろからの眺め。
驚いたことに、運転手さんの後ろは少し壁があるだけで、
横から手を伸ばせば、一緒に運転できそうなくらい無防備!
頑張ったら二人羽織とか出来そう。

チンチーン!

IMG_2244.jpg

けっこうたくさんの人を乗せて、
堂々と阿倍野の市内を走り抜けて行きます。

君たちの誰よりも年上なんだよ!と言わんばかりの先輩顔で。

(つづく…「次は松虫~松虫~」)

鳥羽・石鏡(いじか)温泉に着きました!

IMG_2154.jpg

オーシャンビューのホテルのお部屋から見える鳥羽の海、ザッバ~

清々しく、心洗われる風景でした。

IMG_2169.jpg

お夕飯は三重の産物満載!の懐石料理~

IMG_2177.jpg

伊勢海老ドーンっ!!

IMG_2184.jpg

丸ごとアワビ!!!

翌朝には、部屋中が磯の香りに包まれる、名物「磯めし」登場!

IMG_2197.jpg

ウニやら貝やらひじきにホタテ、

IMG_2202.jpg

混ぜ混ぜ~♪

感動の磯めしでしたっ☆☆☆☆☆

そして、昨晩の伊勢海老さんたちは…

IMG_2203.jpg

揃ってこんなお姿に…。

伊勢海老のお味噌汁なんて初めていただきました。
ビックリ&感動!!

三重県ならでは!の海の幸でした。

ドドンとテーブルに並んだ時には、思わず映画「南極料理人」のワンシーンを思い出し…。

「伊勢海老フライ」が登場しちゃう「南極料理人」

南極料理人 [DVD]南極料理人 [DVD]
(2010/02/23)
堺雅人、生瀬勝久 他

商品詳細を見る


余談ですが、↑この映画、ほんっと大好きっ!!!

美味しいお料理と美しい海、お部屋のマッサージチェアーにに心も身体も癒されて、
石鏡温泉を後にしました。

その後はGWの渋滞にもまれながら、どうにかこうにか長島まで移動~。

IMG_2224.jpg

アウトレット組と

IMG_2620.jpg

アンパンマンミュージアム組に分かれて、

楽しんでまいりました~

企画&手配してくれた弟夫婦に感謝感謝です!

またみんなでワイワイ行けたらいいな~


5/2~5/3、

夫、弟夫婦、姪っ子、義妹の妹ちゃんと一緒に総勢6人で三重の旅、行ってまいりました~!

IMG_2103.jpg

草津を過ぎて

IMG_2118.jpg

亀山に到着。サービスエリアで小休憩。

なんと、三重の誇るB級グルメ、「トンテキ定食」を発見!!!

IMG_2113.jpg

食べる食べる食べる~!

三重に来たのだから~。

IMG_2114.jpg

サービスエリアらしく、早い安いうまい的な
庶民の愛する味!って感じです。

IMG_2115.jpg

肉汁たっぷり、ボリュームある定食でした。

以前、渋谷で食べた「東京トンテキ」より、リーズナブルかつ敷居の低い感じで、
地元感に溢れていました。

ご当地で食べれて、嬉しかったです♪

ご馳走様でした~

2011.05.01 ニッポンの朝
帰省の楽しみといえば、
やはりそれは「食べる」こと。

IMG_2084_20110509230941.jpg

どこの旅館ですか?

と尋ねたくなる料理が、食卓にドンドコ並ぶのが

料理好きな母が暮らす我が実家。

必ず出てくるシーチキンとネギ入りの卵焼き(最近、はんぺんを混ぜるのが流行ってるらしい)。

そして私の大好物、「ぶりの照り焼き」。

自然と力がみなぎってくる…和食って素晴らしい!

5月を元気にスタート出来ました!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。