上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.09.30 モテキ展
PARCO3の「Glee展」に完全に消化不良だった私…。

このモヤモヤを解消したくて、ついPARCO1の「モテキ展」に移動。

IMG_4377.jpg

久保ミツロウ原作の「モテキ」。

今は映画もされて(原作から1年後、というニューバージョンですが)、
話題になっているので、知名度も高くなりましたが、
少し前はマンガファンと深夜枠のドラマファンが知るくらいだったのでは…。

私はマンガは読んだことがなく、ドラマも初回放送の時は存在すら知らず…。

IMG_4376.jpg

それが映画化に合わせて、今年初夏あたりから再び深夜(3時台だったと思いますが…)で再放送がされることになり…。

たまたま初回から録画して観ることができて、奇跡のキャッチアップ♪

森山未来くん演じる主人公・幸世のダメっぷりにはほんと共感できないことが多かったけど(笑)、
それでも、生きることの生々しさをリアルに滲ませてくれた姿には
なにか不思議に引き込まれるものがありました。

言っちゃなんですが、「Glee展」のうら寂しさとは打って変わり、
こちらはけっこう盛況で(笑)

一人でふらっと立ち寄る男性もけっこう多かったですし、カップルも、女子たちも。
なかなかに賑わってました。

入口(ってか、こっち出口側)そばにはドラマや映画で使われた楽曲のCDがズラリ。

IMG_4375.jpg

「格好悪いふられ方」が第一話で使われた大江千里大先生のCDもありましたぞな。
80年代の懐かしさ満開でした。

ほかにも、森山くんがファンで、ドラマに使ってほしい、というリクエストがあった「キリンジ」や、
岡村靖幸という懐かしい御方まで。

このドラマはなんといっても音楽が魅力。
あの曲がこんなシーンで使われるなんて!

という差し込み方がとにかく最高に最上に絶妙。

新しい音楽との出会いもあれば、
懐かしい曲との再会もある…。
      
Gleeとはジャンルも質感も違うんだけれど、
負け犬?と呼ばれるような主人公が少しづつ変化、成長していく様子が、
隠れた名曲や時代を彩った音楽に華を添えられたり、支えられたりしながら描かれる様に通じる世界がある気がしています。

おそらく、マンガだけでは味わえない世界、音楽とセットで楽しめる作品の魅力が、
モテキの「ドラマ」なり「映画」の一番の魅力な気がします。

IMG_4374.jpg

マンガももちろん展示されてます。
立ち読み自由。

IMG_4373.jpg

そして、ビックリ!

幸世の部屋再現コーナー!!!!

洗濯物まで部屋干しされております。

マンガと音楽を愛する幸世の生活臭がプンプン。

そして、片隅には映画のプロモーションで使われたハッピやら笛やらが展示されており。
博物館かっ!

IMG_4378.jpg

思わず突っ込みたくなりますが、ファン必見の幸世バックもあります♪

IMG_4372.jpg

ちなみに幸世の愛車まで。

隣に大型の扇風機が設置してあって、
なんと自転車を漕ぐと向かい風が吹く、という!!!
(再現ドラマのよう)

さすがにおひとり様だったので、この実験装置にまたがる勇気はありませんでしたが、
女の子たちはキャッキャと言いながら漕いでました。
若いっていいワ♪

映画の紹介はもちろん、ストーリーに出てくるフジロックフェスティバルともコラボして、
フジロックのTシャツやグッズもこちらで販売していたり。

ヴィレッジバンガードともタッグを組んでいるので、そちらの商品も販売されていたり。
なかなか楽しい企画展になってました。

Gleeもこのくらいやってほしかったよ…。
これからですね。

まったく予定していなかった「モテキ展」ですが、
意外に見応えがあり(!)、
おかげで消化不良はすっかり解消され、気分爽快でPARCOを後にしたのでした♪♪♪

スポンサーサイト
先週映画を観た翌日、「Glee展」の情報を聞きつけ、パルコに行ってきました。

IMG_4379.jpg

こっちはPARCO1ですが(渋谷)。
「Glee展」はPARCO3です。

でも、ネットでチェックした感じだと、どうもあらゆるグッズが売り切れている様相だったので、
期待はせず…。

とりあえず雰囲気(というか規模?)だけでも覗いてこようかな…といったノリで。
お買いものついでに立ち寄って来ました。

IMG_4366.jpg

あったあった!
確かに「一角」に設けられていました。

IMG_4367.jpg

いきなりマッキンリー高校のチア部のユニフォームっぽいのが展示してあり(笑)
胸元「Glee」ですけど
実際、日本のキャンペーンで使用したものらしく…。

なかなかリアルな香りが漂っていました。

IMG_4369.jpg

大型スクリーンにはドラマのDVDだかプロモーション用の映像だかが流されており…。

無人…(手持ち無沙汰の店員が1名のみ…)。

グッズ棚を見てみると、本当に「かっさらわれた感」満載の
何にもないやん!!!状態。

若干数の「PUCK」(パック)のキーホルダーとか(カートとかフィンのはないのか!!!)、
紙コップやら紙皿やら(パーティーで使用するのか?)
サンキューカードなどのグリーティングカード類が残っているのみ…。

Hallmarkが製作販売しているようなので、おそらくアメリカのモールなんかに入っている「Hallmark」のお店で、このカードやらグッズが買えるのかな~、と思いました。

でも値段を見てビックリ仰天!!

紙コップ(5個入り)で630円!!!

紙皿も同様の値段。

グリーティングカード類も何割増しかで販売されていて、さすが輸入販売…。
高すぎる…。
アメリカの知り合いに頼んで送ってもらうほうがよい…と速攻諦めました…。

だって、スー先生が愛用しているメガホンみたいなやつ(Gleeってロゴが入っているだけで)、2000円以上していましたよ…。ありえない…。

Tシャツとかペンとかあったら買いたいな…と思いましたが、
そんなものは最初からあったのかどうかも謎!ってくらい、根こそぎ消えていて、
店員さんいわく、「ほとんどが入荷待ちで、入荷したらネット販売のサイトに情報がアップされるので、そちらでチェックして(そちらで買って)ください」てなコメントでした…。

ネットは事前にチェックしていたので、どうせいいものはないだろう、と思ってはいましたが、
これほどないとは…。

撃沈でした。

IMG_4370.jpg

まぁ、この年になってグッズ、というのも何なので、別にいいんですけどね(笑)

でもTシャツとかはけっこう楽しいデザインのものもあったので、見てみたかったワ。

IMG_4371.jpg

ま、とにかく日本でのムービー公開は期間限定なので、
10/7(金)までの公開になります。

早くシーズン3が観たい…。

待ち遠しいです。

消化不良の私は隣のPARCO1で行われている「モテキ展」へと移動したのでした…(爆)

通りがかり

ご近所の公園に

IMG_4386.jpg

ものすごい面構えの

IMG_4387.jpg

野良キャットがいました。

かなりのやさぐれ感が出ています。

任侠キャットな風情です。



久しぶりに六本木。
麻布十番からぶらり散歩しながら、2時過ぎに到着。

IMG_4331.jpg

柱の間に姿を見せる東京タワーも愛らしく…、

過ぎ去った台風の大きさを物語るような光景を見ながら(痛ましや…)

IMG_4330_20110924072725.jpg

夫と二人、向かったのは「TOHOシネマズ六本木」(映画館~)。

9月23日(祝)。

この日は新作映画の封切日としてもラッシュの一日で、

森山君の「モテキ」やら(あ~こっちも観たかった!)
向井君の「僕たちは世界を変えることができない」などもバッティング!
「アンフェア」も公開したばかりだし。

でも、私が観たかったのは~、

IMG_4344.jpg

コチラ。
Glee ザ・コンサート」!!!

IMG_4342.jpg

3Dムービーです。

公開日をどれだけ待ちわびていたことか~
1週間前からネットの予約画面をチェキっていたというのに、
予約解禁になった2日前が多忙すぎて、結局中央の席が取れず~。
でもいいのいいの、観れたらいいの、とにかく!!

限定2週間の公開なので、スクリーンで観れるだけで満足。

ネット予約の番号片手に、映画館受付に並ぶと、
近い時間の映画の状況が画面に流れておりました。

IMG_4338.jpg

「モテキ」完売~。

幸世くん、おめでとー!!
たぶん、これが今日は1位だろうねぇ…。

と思いきや、

IMG_4339.jpg

「Glee」もやります!
(初日パワー?)

前日の時点で、午前中の回はすべて売り切れてましたからね、グリー。
嬉しいな~。

IMG_4340.jpg

我々の観る予定の回も完売!!

やったよ~万歳~

ぢつは3D映画体験は「お初」の私たち。
当然、めがね付きのチケットを購入(2100円)したわけですが~。

入り口で3D鑑賞用メガネを受け取り。

IMG_4359_20110924071758.jpg

持って帰れるので、次回の3D映画の時はこれを持っていけば100円引きになるというシステム。

めがねっ子夫婦なので、当然、
「メガネonメガネ」の鑑賞になるわけで…。

フリーサイズの3Dメガネ、私にはちょっと幅が広くて、
どうもずり落ちがち…。
ピタッとフィット?している夫が羨ましい…

でもブツブツ言ってられません。
とにかく観ないと!!

上映まで少し時間があったので、キャラメルポップコーンとなんちゃらシフォンというスイーツを購入。
マックでゲットしたコーヒーはまだ温かく、準備万端!!

で、始まりました~。

全23曲。

どんな構成になっているのか、と思いきや、
ツアーコンサートのステージで歌うパフォーマンスの合間合間に、
メンバーのコメントや、Gleeファンのインタビューが織り込まれている、ドキュメンタリー風の演出。

身長の低い女の子や、アスペルガー症候群の子、ゲイが学校にばれて一時引きこもりになった男の子、などなど、一般のファンの人たちのストーリーが紹介されています。

コンプレックスやアイデンティティーに悩み、生き方に苦しんだ時期、
Gleeを通して、彼らがどれだけ勇気づけられ、生き方が前向きなものに変わっていったか、
といったメッセージが直接伝わってくる作品でした。

楽曲はもちろん、いまやチケット入手が困難な人気のツアーステージから。
ステージを観れなかったGleeK(熱狂的なグリーファン)のために
あえて「3D」という、臨場感溢れるステージ模様が再現されています。

レイチェルが飛び出てくる~!!
メルセデスのお尻がドドーン!!!
ブリタニーが目の前で踊ってる!!!!

感激しきりでした。


次は何?なんだろ??

とワクワクドキドキ

ファンにはあっという間の1時間半でした。

IMG_4362.jpg

あ~、もっかい観たい!!!

世界のGleeファンのテンションも画面いっぱいに伝わってきますし、
なんか、こう、これまでテレビ画面でコツコツ観ていた世界が、
一気に連帯感を増した感じ。

あ~、日本でもライブやってほしい。
無理?

せめて来日だけでも☆
シーズン2のDVD発売に合わせて、ね。

千葉のイクスピアリでも実施されるそうですが↓
「歌って踊れる上映会!!」(笑)

IMG_4336.jpg

オールスタンディングの上映会、という。
Gleeならではの企画!
なぜ今日やってくれない!!

あ~、こっちにも参加したかったわ。
明日またくる?
いやもう売り切れでしょ。
いいな、いいな~。

ほんと、つい立ち上がって、歌いたくなる、
踊りたくなる、そんな3Dムービーでした。
(途中とエンドに登場する、ミニウォブラーズ君(推定3歳)、超可愛かったです!!!必見!)

以下、楽曲リストです(ネタばれ注意)





1. Don't Stop Believin' (もちろん、この曲からスタート!)
2. Sing         (Gleeのオリジナル曲♪)
3.Empire State of Mind (サビのニュ~ゥ~ヨ~ォ~ク~♪が耳に残る名曲!!大好き)

<*Dog Days Are Over (サントラCDにはこれがボーナストラックで入ってるみたいなんだけど、映画では聴き覚えが…。逆にEmpire State of Mindは入ってないみたいだから、あえて逆にしてるのかしら…?!実際のコンサートもいくつかパターンがあるんでしょうか>

4. I'm A Slave 4 U    (ブリタニーがブリトニーの曲で。3Dのヘザーモリスは、ほんっとーにスタイル抜群で、感動しました。超Sexyでした)
5. Fat Bottomed Girls (パック登場。コンサート会場の黄色い声援がひときわ凄かった。女子ウケしているパックを再認識)
6. Don't Rain On My Parade (レイチェルの熱唱。バーバラストライザンドが観に来てるらしい、ってインタビューの問いかけのくだり、超ウケました!!レイチェル可愛い~!)
7. P.Y.T. (Pretty Young Thing)  (マイク・チャンのロボットダンス、超絶!!アーティーの声・歌も最高!車椅子の動きが滑らかすぎて…アーティーすごい)

8. Ain't No Way
  (メルセデス―アンバー・ライリーの真骨頂。ほんと、21世紀のアレサです)
9. Jessie's Girl  (フィン登場。後半のコンプレックスTシャツで、「CAN'T DANCE」をまとってたのが、ほんと可笑しかった…。歌は上手だから!ドラムもね)
10. Valerie  (サンタナとブリタニーで「ヴァレリー」。ほんと二人のコンビは見とれてしまう…女子でも)

11. Firework  (レイチェルがスクリーンの花火をバックに。ケイティ・ペリーのヒット曲を)
12. Teenage Dream   (ここで、ウォブラーズ3連発!!何回でも観たい…)
13. Silly Love Songs (ゲイのカートが一時転校した男子校のグリー部、「ウォブラーズ」はスピンオフ的な感じで彼らだけのCDが発売されただけあって、ほんと人気!会場中が熱気の渦に~!!)
14. Raise Your Glass  (途中、ウォブラーズの制服姿をコスプレしたちっちゃい男の子がインタビューに登場。ウォブラーズの歌と踊りを完コピしてて、ほんと可愛かった!!!)

15. Happy Days Are Here Again / Get Happy
(レイチェルとカートのデュエット。ドラマの中でも素敵なシーンだったけれど、ステージでも息ぴったり)
16. Safety Dance (アーティーのスペシャルサプライズ!!踊る踊る!!)
17. River Deep, Mountain High (メルセデスとサンタナのデュエット。デュエットというか、対決?なんですけどね…笑)

18. Forget You (メルセデスとサンタナの歌あとの寸劇?小競り合い?に割って入ったホリー先生!(グゥイネス・パルトロー)ツアーゲストでしょうか、ご本人登場で聴衆も大歓声。もちろん歌はシーローで。あ~、これ、ほんと大好きなナンバーなので、嬉しいったら!!)

19. Lucky (クインとサムがいよいよ登場。アクの強い女子たちの中で、一人爽やかな風を振りまいているクイン。サムのギターもいいわ~。なんかまったり)
20. Born This Way (ガガ様の名曲にのせて、コンプレックスTに身を包み♪ありのままの自分を愛せばいいんだ、とメッセージが伝わってきます)

21. I Want To Hold Your Hand (ビートルズの「抱きしめたい」をバラード風にアレンジしたカートの歌声。しっとりしんみり。後半皆もステージに登場)
22. Loser Like Me そして、オリジナルの一曲。負け犬の開き直りっぷりが痛快な応援歌。
23. Somebody To Love (ラスト、名曲でしめくくり。「この愛を捧げる誰かを見つけて」という深いふかーいメッセージが心に響きました)

てな感じ?

走り書きしたので、パーフェクトじゃないかもしれませんが、
ほぼこんな順番の流れでした。

グリー ザ・コンサート 3Dムービーグリー ザ・コンサート 3Dムービー
(2011/09/21)
サントラ

商品詳細を見る


サントラのCDとは収録順が違うようですが…。

ほんとに名曲ばかりが詰まっていて、本編のドラマとは違った
インタビューに応えるアンサーソングのように構成されたドキュメンタリーチックな映画。
新鮮でした。

主要キャラのスー先生や、シュー先生(校長先生とかエマ先生も)がいないのはちょっと淋しかったけれど…。
ツアーのコンサートを再現、という名目なので仕方ないのかな…。
(スー先生のジェーン・リンチのシーンはもともとあったようだけど…確かに予告編には出てるのに…。
映画ではカットされたそうで…でもDVDにはのっかるみたい…どうせなら、DVDにはいっぱいおまけ映像つけてほしいわ)

シーズン1のDVD試写会でゲットした非売品(笑)のバッグ、
一生お蔵入り、と思っていましたが、ここへ来て日の目をみました!

IMG_4365.jpg

超こっ恥ずかしかったけど、こんな時しか使えまい、と
ぶら提げて六本木の街、ヒルズ界隈を歩きましたとさ。

お土産はそう、3Dメガネで。




公開されている映画館が限られているので、遠方にお住まいのファンの方が気の毒です。
DVD早く買えるようになるといいのですが…。

限定2週間の公開。
10月7日までです。

オフィシャルサイト
グリー ザ・コンサート 3Dムービー

2011.09.22 爪あと
本格的な台風らしい台風に遭った昨日。

何事もなかったかのようにスッカリ晴天の朝、出社しましたが、
街を歩けばこんな感じで…。



神奈川に住む同僚は自宅が停電、とのことで、朝になっても電気が点かない、と連絡がありました。

いつもは区民情報などがたくさん貼られている掲示板。



大荒れを見越して取り外されたのか、
はたまた強風に吹き飛ばされたのか…。



1ブロック歩いただけなのに、デジャブ?

相当な数の傘がぶっ壊れたようです…。

ほんと、すごいパワーでした、台風15号。

2011.09.22 台風15号
沖縄より南にいる時はヨタヨタ・グルグルと迷走していて、
とてもそんなパワーを出す台風とは思っていなかった台風15号。

なんか急に豹変して、ガガガガーッと日本列島を襲っていきました(現在も北上中)

最大風速40m超え…とか、
900なんとかヘクトパスカルとか…。
とにかく猛烈タイフーンに変身して、
どんどん北上して、とうとう昨日の夕方、首都圏を直撃していきました。
ちょうど通勤ラッシュ時だったので、出遅れた人たちは止まった電車に乗れず、立ち往生。
3・11の帰宅困難者たちを思い出すような強風パニックだったようです。

前回の台風も和歌山や奈良がひどい被害に遭いました。
今回も岐阜や名古屋の被害がTVで放送されていて、いやこれはすごい…と数日前からおののいておりましたが…。

でも、実際に襲ってくるまでは実感が薄いもの…。
昨日は会社の管理部が朝からずっと台風ニュースを気にかけていましたが、
こちらはあまり気にも留めずに仕事。

でも午後になってやっぱりすごいスピードで上がってきてる!!!と社内がバタつきだし、
「2時半(23区在住者は3時まで)に帰宅せよ」の通達が出ました。

ひぇ~!
そんなすごいの???
大変!!!

急に焦り出して、仕事をバタバタと片付け(あんまり片付かなかったけど?)
追い出されるように会社を出ました。

でも早く出れて良かった…。

なんとか無事帰宅できた頃には暴風雨がザーザードードー

南側の窓にバシバシと雨風が当たって怖いこわい

こんな怖い台風だったんだ…。


普段は台風といっても、家が吹っ飛びそうな思いまでしたことがなく、
だいたいは海上にそれて温帯低気圧に変わったり、というのがおおかったので、
久々の本格台風に恐れをなしました。

夫も幸い早く帰宅できて、「みんゴル」に興じていましたが、
私はニュースを見ながら怖いこわい!と一人で騒いでいました。

メールした友人のご主人は電車が全部止まって、しばらく待機だったようで。
3時間もひどい雨風の中、バスやタクシーを待つ人たちなど…
テレビで見ながらもほんと気の毒でした。

7時頃には雨も上がり、風も少しづつ落ち着いていきました。
それにしても怖かったです。

ご心配いただいた皆様、ありがとうございました。

台風一過、

IMG_4281.jpg

今朝はすっかり青空です。

お空の大掃除も終わったようです。



一昨日おうちに遊びに来てくれたNファミリーFrom埼玉。

子どもたち二人も大きくなって、
下の子のまつ毛の長いこと長いこと!!(バッサ!)
クリクリした瞳が可愛かったです。

お兄ちゃんも大きくなって、もうすぐ私たち抜かれるんじゃ??
パパさんが背が高いとお子さんも似るんですねぇ、体型がソックリでした。

しばし歓談、ワイワイ過ごした後、ファミリーで大久保の街へお出掛け。
いまや観光地化している大久保ですが、グルメに雑貨に、と異国情緒を味わいながら楽しめる街。

暑かったけれど、本場の味を堪能して帰ったようです。
良かった良かった。

そんな久々再会のN家と交換した株主優待券(笑)

うちの手持ちカード?がM社、N家からはロイヤルホストをはじめとするロイヤルグループの優待券をいただきました。

来年まで有効期限があったのですが、
ネットでロイヤルグループのお店を調べたら、「シズラー」があったので、
早速お休みの一日、ホリデーブランチに行ってきました♪

IMG_4278.jpg

新宿の高層ビルの一つ、三井ビルに「シズラー」が入っています。
向い側には都庁が見えます。

ロイヤルグループといえばロイヤルホストにシェーキーズ、天丼のてんやなど。
この「シズラー」は、アメリカ・カリフォルニア生まれのレストラン。

この新宿店はなんと日本の一号店でした。

IMG_4279.jpg

高層ビルに埋もれていて、
通りはしてもいつもあまり気に留めることがなかったお店なのですが、
なんと、こんなところにナイスダイナーが!!!

IMG_4272.jpg

あったとは!!!(てんこもり)

このアメリカ発の「シズラー」。
見た感じはロイヤルホストやデニーズのようなファミレス風なのですが、
ちょっとコストが高めの設定で、
何がすごいって、サラダバーの充実度!!

ありきたりなサラダバーのメニューではなく、
クスクスやピタパン、タコスなど、多国籍なメニューがズラリ。

しかもすべてのサラダバーはオールドリンクフリー、スープ(3種)にパスタやカレーなどもあり、
ソフトクリームやフルーツ、スイーツデザートまで。

ピタパンには好きなサラダの具を詰め込んだりできるし、
チリビーンズにとろとろのチェダーチーズ、ドリトスのコーナーもあり、
メキシカンも存分に楽しめるバーになってます。

あら、これってサラダじゃなくって完全にお食事バーじゃないの?
サラダバーというにはあまりにも種類とボリュームが…!!
フツウにバフェー(ビュッフェ)じゃないの?って感じなのです。

しかも、サラダバーをオーダーすると、必ずチーズトースト、なるものが付いてきて、
トーストにチーズをかけて焼いてあるのですが、この風味豊かなチーズトースト、
何枚でもお代わり自由という…。

今日は祝日で、「ホリデーランチサラダバー」という括りなので、平常のランチサラダバーよりもプライスアップしていることもあって、余計に豪華だったのかもしれませんが…。
それにしてもこれは大満足。

はっきり言って、サラダバーだけで十分やったやん!
という感じなのですが、初入店でよくわかっていなかった我ら、
メインのメニューもオーダーしてしまい…。

IMG_4274.jpg

ガーリックソースのかかったシュリンプ&ベイクドポテトとか…

IMG_4273.jpg

サーモンのグリル&マッシュポテトとか…。

もう、食べすぎも食べすぎ…。

一日分のカロリーを兆速スピードで超えてしまいました。

でも、メインのポテトはベイクドかマッシュかフライドか、と3タイプから自由に選べて、
それはそれは素敵♪

新宿の高層ビルも望める、ゆったりした席で、
のんびりとランチを楽しむ、優雅な時間が過ごせました。

少し離れたお席ではお誕生日の子どもがいるファミリーがいて、
店員さんたちがハッピーバースデーを歌ってました。
思わず店内のお客さんたちも手拍子。

このあたりはやっぱりアメリカンな感じでした。
レッドロブスターとか、TGIFとかルビーチューズデーみたいな?

場所がら、外国人客も多いからメニューも国際的になっているのかもしれませんが、
サラダアイテム一つとっても、ビーツやズッキーニとか。
なかなか楽しめる珍しい食材も配していて、
もっと食べたかったのに、キャパオーバーで敢え無く戦線離脱。

デザートのモカケーキとかプチシュークリームも食べたかった…(涙)

デザートといえば、こんな変わったものもあって。

IMG_4276.jpg

懐かしいですわ、アップルクランブル。

IMG_4275.jpg

ちょうど出来立てだったので、カップに少しいただいて、バニラアイスをかけていただきました。
秋を感じました

また今度行きたいですが、
次回はサラダバーだけにしときます。

ホテルのビュッフェももちろんいいのですが、
ホテルよりは安く、でも定番のファミレスよりはちょっと豪華に。
ちょうどその中間でビュッフェを楽しめる、気取らずカジュアルに使えるお店でした。

今日は敬老の日。

私の祖父母はずいぶん前に他界しましたが、
夫の祖父母は90歳を超えてなお、元気に暮らしてくれています。

なので私にとっては夫の祖父母が自分の祖父母、という感じ。
この年になって、まだ「おじいちゃん!おばあちゃん!」と呼べる人がいる、
というのはとてもありがたいことです。

田舎に帰って、昔の話など聞くと、
なかなか面白いものです。

おじいちゃんは若い頃は議員さんをやっていたり、
社会への関心が高く、大のお相撲ファン。
亭主関白なところがあって、でもおばあちゃんがちょっとでもいないと大変!
「ばあさんや!ばあさんや!」
と大声で呼んでいます。
義理人情に篤い人です。

お祖母ちゃんは思慮深く、優しく、気の強いお爺ちゃんをうまく操りながら?フルサポート。
畑仕事が趣味で、たくさんの野菜や花を育てています。

夫はそんな二人にとっての初孫だったこともあり、
とても大切に育てられ、可愛がられたようです。

おじいちゃんおばあちゃんに育てられると優しい子に育つ、と聞きますが、
本当にその通りで、初めて夫の家族と会った時、
夫の優しさのルーツを知ったような気がしたものです。

こうやって、今年も敬老の日をお祝いできるなんて、
本当に素晴らしくありがたいこと。

以前、帰省した折、宇治園のお茶を買ったのですが、
抹茶とほうじ茶のアイスクリームを売っていて、この「おかめとひょっとこ」のデザインが
どうにもおじいちゃんとおばあちゃんに見えて仕方なく…。

「宇治園 プレミアムあいすクリーム」

敬老の日にはこれを送ろう!と密かに計画しておりました。
数日前、ネットからオーダーしましたが、
今日無事に到着したようで、お祖母ちゃんからお礼の電話がありました。

なかなかの好評で、良かったデス♪

祖父のほうは一昨年倒れてから、足腰が弱り、
行動範囲も狭くなりましたが、週に1回、リハビリに通いながら頑張っています。
いつも心配していますが、おばあちゃんと二人三脚で、仲良く元気でいてほしいです。


先日、いただいた桧のエアーフレッシュナー
シューズクローゼットに吊るしてみました。

IMG_4280.jpg

連続猛暑日の続く東京。

残暑のムンムンとした熱気はいまだ消えず…。

シューズクローゼットもしかり。

あらためて客人のつもりで、クンと嗅いでみましたら、
なんとも言えないムンムンとした夏の残り香を引きずっていました。

よく見たら、芳香剤の粒がカラカラに乾いて小さなビーズのようになっていました。
恐ろしや…。

桧の香りが一役買ってくれるでしょうか…。

9月に入って、「モテキ」の映画化やら「Glee」の映画化やら、
あれこれ公開が目前に迫っていて気になる毎日。

まだまだ先の話なんだけれど、公開が待ち遠しい映画がもう一つ。

先日、映画化のお知らせがニュースで流れて以来、進展が気になっております。

2006年の発売以来、働く女子の圧倒的支持を受けている奥田英朗の小説「ガール」。

ガール (講談社文庫)ガール (講談社文庫)
(2009/01/15)
奥田 英朗

商品詳細を見る


5編の短編で構成されている小説、その中の4編を再構成して一つのストーリーにつなげるそうな。

「ヒロくん」「ガール」「ワーキング・マザー」「ひと回り」、どれも面白かったのですが、
演じる女優陣が豪華。

香里奈、麻生久美子、吉瀬美智子、板谷由夏がメイン。
脇を固める俳優陣も向井理、要潤、林遣都、そのほかにも壇れいや加藤ローサちゃんなど。
なかなかの豪華っぷり。

働く女性の喜怒哀楽を、なぜにこの人(奥田さん)はこうも細かく描写できるのかしら?
と読みながら関心しきりの一冊でしたが、これが映画化されるなんて。
超楽しみです。

ちなみに、「ガール」の後、働くオジサンたちを描いた(実際はこちらが先に出版されていますが)、「マドンナ」、

マドンナ (講談社文庫)マドンナ (講談社文庫)
(2005/12/15)
奥田 英朗

商品詳細を見る


こちらもなかなか面白く、できればこっちも映画にしちゃえば…?と思いますが、
オジサンが主人公だけに華がないですかね…。

奥田さんの描写・表現は、自然とスッと心に入ってくる、
重すぎず、最後はホッコリとした気分になれるものが多くて、気に入っています。
なにげに岐阜県出身、というところで、無条件に贔屓してしまっております。

今読んでいるのはコチラ。

延長戦に入りました (幻冬舎文庫)延長戦に入りました (幻冬舎文庫)
(2003/06)
奥田 英朗

商品詳細を見る


心療内科医、伊良部一郎のシリーズも気に入って立て続けに読んだ好きなシリーズですが、
伊良部シリーズとはまた違う、キラキラしたポップでガーリーな作品、「ガール」。
女性としての生き方を考えさせてくれる映画になると思います。
早く観てみたい~♪
映像化されるファッションも楽しみ。

2011.09.12 中秋の名月
昼間はまだ暑くて、ムシムシする日が続いていますが、
朝夕は少しだけいい風が吹く…そんな感じの今日この頃。

9月12日は中秋の名月でした。

マクドナルドで「月見バーガー」が始まりました。
これが始まるとなぜか「秋」を感じる私。

みんなそうでしょうか。

やはり、日本人は「月見」=「秋」な感覚でしょうか。

昼間は超暑いですが…?
まだ「夏」めいてますが…?

でも、やっぱりちょっとは暦に到来した秋気分を味わいたくて、
思わずコンビニで買ってしまいました…。

IMG_4241.jpg

あるのかないのかわからない、「微妙な風情」の漂う「お月見だんご」。

すすきでも飾れば、風情アップするんでしょうが…。

とりあえず、お月見は大成功!

IMG_4245.jpg

なんと神々しい!

真ん丸です、ほんとに真ん丸。

鑑賞無料なので、何度もなんども空を見上げました。

南の窓には月明かりが届いていて、
微妙なお団子とは違って、こちらは風情満点でした

早く昼間も秋らしくなってほしいワ。

2001年の米国同時多発テロからもうすぐ10年。

あれから10年も経ったなんて…。
信じられない。

2753人の犠牲者。
その4割は遺体が見つからないまま10年。
そう、1121人の犠牲者は厳密には「行方不明」のままになっている…。

集められた遺骨の欠片のDNA鑑定は今もなお続いていて、
数mmの骨から身元が判明する人もいる、とテレビの特集を見て知った。

ある女性は、ワールドトレードセンターで働いていた恋人を失い、
今年そのDNA鑑定の知らせを受け、ようやく「次の章に進む」決心がついた、
とインタビューに応えていた。
新しいパートナーと結婚を決めたのだ。

十年一昔、
そんな言葉があるけれど、
私にはこの十年前の出来事は、とても「昔」とは思えない。

そのくらい、心が震え、痛み、このことを思うたび、悲しくて仕方なかった。
以後飛行機に乗るのも嫌いになった。

あれから10年…。

私が新しく人生をスタートさせたのが10年前なので、
この事故からの節目は、私にとっても大きな節目になる。

あの頃私はどうしていただろうか…。

必ずこの9・11が近づくと思い返す。

これからも思い返していくのだと思う。

そして2011年。
3月11日。

この日からは半年が経つことになる。

9・11と3・11、世界が変わった日、と人は呼ぶ。

被災地はまだ苦しみながらも、少しづつ立ち上がっている。

この日のことも、きっとこれから先、
あの時、私はどうしていただろう…、と振り返り続けることになるのだろう。

そしていつか、十年、という歳月が過ぎ、
あの日から十年、と皆が振り返る日を迎えるのだろう。

先日、一年ぶりに会うマンションの管理会社の方から聞いたお話。

奥様はこの日、3月11日、出産を予定していて、
赤ちゃんは帝王切開で元気な産声をあげた。

赤ちゃんがこの世に誕生して10分後、
あの大きな、信じられない揺れが病院を襲った、というお話。

3月11日が誕生日なんです、
大事に育てないといけないですね。

しみじみとお父さんは語っていた。



「アフタースクール」。

なるほど。

アフタースクールでした。いろんな意味で。

アフタースクール [DVD]アフタースクール [DVD]
(2008/11/28)
大泉洋、佐々木蔵之介 他

商品詳細を見る


ずっと観たかった「アフタースクール」。
ようやく観ましたよ。

もじゃもじゃ頭と堺雅人に佐々木蔵之助。

面白くないわけがないです。

持ち駒?カード?
手持ちのヒントをすべて見せてくれないまま、
(いや、見せてはくれてるんだけど、フィルターをかけられている)
ストーリーが進んでいくのです。

いよいよ終盤、というところで、
ようやくフィルターをはずしてくれるんですよね…。

だから、やられた~!!!

って感じ。

面白すぎます。

なにげにムロツヨシさんが捜査官役でチョイチョイ出てるところもツボ。

観終わると、もう一度最初から観たくなる、
そんな映画です。

9月に入ったことを祝うかのように、
いきなり「梨」が届きました!!!

IMG_4235.jpg

そういえば、義母が「美味しそうな梨があったから手配しておいたからね」と連絡があり(数週間前)。

産地直送で届きました、
富山の梨。

IMG_4236.jpg

なんと美しい!!

傷一つない、ピカピカの梨の姿。

梨が出てくると、
「秋だな…」と感じます。

うだるような日中の暑さと、寝苦しかった夜を忘れさせてくれるような、
みずみずしい秋の果物の代表。

夏の疲れも吹き飛んでいきそうです

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。