上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014.03.31 3月末
人生の節目?!

お花やら何やらいただきました。

有難く感謝~。

002 (480x640)

身も心もスッキリ!

スポンサーサイト
新宿、小滝橋通り。

ラーメン激戦区です。

おうちまでバスで帰れることもあり、開拓を広げております。

最近食べたラーメンの中でなかなかにヒットしたのがこちら「龍の家」

037 (360x640)

九州が本拠地のようで、確かに夫が頼んだラーメンは麺も細く
スープも九州のラーメンのような風情が漂っていたのですが、
私が気に入ったのはこの「つけ麺」のほう~。

035 (640x360)

麺の太さもいいし、チャーシューの炙り具合も。
そして、つけ汁の中に香ばしい「もつ」が入っており、これがもうかなりのツボ!

どうもこの「つけ麺 もつ」は、新宿小滝橋通りの限定メニューらしく。
なんと。

面白いのは最後にお粥が出てきて、このつけ汁をかけていただく、という斬新な食べ方。
ラーメンおじやは私も自宅ではよくやるけれど、
このもつ入りの香ばしいつけ汁とお粥のコラボはかなり新鮮!!!

食べ放題のもやしの箸休めもかなり美味しくて
箸が休むヒマがありませんでした(爆)

いや~、ほんとに気に入りました。
このラーメンストリート、ほかにもたくさんラーメン屋さんがあるのですが、
ここはまた絶対行っちゃう♪


3月初旬。

東京での仕事があって連泊で泊まりに来てくれたSちゃんが買ってきてくれたケーキ。
記憶から離れません。

自由が丘めぐりでゲットしてきてくれた「パリ セヴェイユ」のケーキたち。
食べログではTOP5000の王冠が付いていますからその凄さが行かずとも窺えるもの。

陳腐な言葉では多くを語れない美味しさ。
久々に昇天しました。

087 (640x480)

本人も「名前覚えられなかった」とこぼしていた小洒落たケーキたち。

086 (640x480)

名前はどうせ聞いても覚えられないからいい、味を覚える!と言って食べました。

094 (640x480)

どれもこれも手の込んだ仕上がりで、何倍にも目を開きつつ、
いや、本当に美味しいと目はつぶりますね。
つぶってどっか遠くに行っちゃいますね(笑)

一口、二口、と味わっていただきました。

濃厚なチョコの奥深さ。
ベリーの酸味と香ばしいナッツ。

090 (640x480)

パリのラデュレ他、様々な有名店で修業を続けられた金子美明(よしあき)さんのお店。
店内にはフランスのラジオが流れてフランスの街角にいるような雰囲気なのだそうで。
イートインがあるので、いつか私も食べに行きたい~。いや、行く絶対。

095 (640x480)

フォンダンショコラはやはりはずせないようで、売り切れ必至と聞いて
Sちゃんわざわざ取り置き確保をして自由が丘めぐりをしたそうな(笑)
ありがとね~。
美味しかったね、ほんとに(涙)

ケーキはやはり人を幸福にする。

2014.03.03 Happy Birthday!
今年も無事に夫の誕生日をお祝いできました。
有難く幸せな一日。

ものすごく忙しい時期ではありましたが、この一日は譲れない。
半休をいただき、ゆっくりごはん作りました。

といってもごくフツーのメニューですが(笑)
ちょっとだけ雛祭りを意識(3月3日なので)、
そして夫の好きな食べ物のみを食卓に。

里芋とイカの煮っころがし。
金時豆なども。

おじいちゃん風ね(笑)

025 (640x480) 024 (640x480)
028 (640x480) 026 (640x480)

3月3日、耳の日に生まれたのに耳かきされるのが苦手で
結婚してこのかた、耳かきをさせてくれたことがありません。

逆に私は田舎に帰ると祖父の耳かきをしてあげるのがなぜか楽しみだった子で、
とにかく自分の耳もだけど、人の耳かきをしてあげるのも好き。
昔は弟の耳かきもよくやってあげたのに。

結婚したら旦那さんの耳そうじをできるのを楽しみにしていたのに、ダメなのです(笑)

耳の日生まれなのにね~。

残念だわ~。

ともあれHappy Birthday!

2月・3月と人生の岐路に立ち、あまりに起伏に富んだ日々を過ごしておりましてこちら放置の日々…。

ようやく落ち着いて振り返ることができるように?なりました。

とりあえずこれだけは足跡残しておきたいと思ったイベント。

目黒雅叙園の百段階段に展示される「雛人形」の数々、見てまいりました~

013 (640x480)

友人Nちゃんが勤務先で招待券をもらったのがきっかけで行ってみよう、ということになり。
予備知識がほとんどなく訪れた目黒雅叙園、とても素敵なところ♥

016 (480x640)

隣のビルはディズニーやアマゾンが入っているビル。

目黒雅叙園はいわゆる結婚式場やいろんなイベントに利用されるお庭の綺麗な場所なのですが、
この中に戦火を免れた日本家屋、100段を数える階段の数段ごとに小部屋が設えてある建物が保存されています。
都会のど真ん中にこんな建物が…とタイムトリップしたような気分になる異空間です。

036 (480x640) (2)

言葉ではなんとも説明が難しいこの不思議な木造建築、百段階段。
これが目黒雅叙園の名物であり、武田双雲さんの書道展だったり、假屋崎省吾さんの華道展だったり、
この階段を利用して毎年いろいろな企画が催されています。

今回は九州に現存する雛人形たちを一堂に集めた九州ひな紀行、という企画。

018 (640x480) (2)

正面玄関で素晴らしい雛人形がお出迎えしてくれていました。

残念ながら百段階段は写真撮影が禁止のため、中の様子をお伝えすることができないのですが、
この不思議な展覧会は行ってみないとわからない!
とにかく面白い造りになっていて、一見の価値ありです。

この雛人形の展示シリーズも人気で、地方からもバスツアーがあるくらい。
知らなかった、そんな人気があるとは…。

とりあえず雛たちを見学する前に、目黒雅叙園といえばトイレトイレ!!!

021 (640x480) (640x480)

目黒雅叙園にはかの「アメトーーク!」の『トイレ芸人』でも取り上げられた
異常なまでの豪華さで知られるトイレがあるんです。

022 (640x480)

手の込んだ螺鈿細工が迎えてくれる豪奢なトイレ!

026 (640x480) (2)

中も想像をはるかに超える『御手洗い』になっております。

これも一見の価値あり。
一見というかぜひ利用していただきたい。

この人気スポット?のトイレ、混雑時は行列も必至なのですが、
朝一番に駆け付けたので幸いゆっくりと利用することが出来ました。

047 (480x640)

すごかったねぇ、を繰り返しつつ大満足でトイレを後にし、雛人形の百段階段へ。

階段に向かうエレベーターがまたすごい。
トイレ同様、美しい螺鈿細工が施されており、あんな豪華なエレベーター、見たこともないし、乗ったこともありません。いたく感動しました。

この後はめくるめく九州の雛ワールドを存分に堪能し、学習し、
100段の階段を一歩づつのぼり。

恥ずかしながら100段階段の仕組みがよくわかっていなかった私。
数段ごとに小部屋が設えてあり、そこに様々なテーマで雛人形たちが展示されている、という正しいイメージなどなく、勝手に「宝塚のステージ」のような大階段をイメージしておりました。
100段階段があってそこにズラズラズラ~っと雛人形が集結しているのかと…。

とんだ勘違いでした。

恥ずかしや…。

いやぁ、しかし珍しい雛人形がたくさんあり、
昔の人々が子どもたちの幸せを願って人形に想いを込めてきた歴史も垣間見ることが出来ました。

ここに出向く少し前に、たまたま雛人形を作る職人さんの特集をテレビで見ていたので興味があったのですが、こんなにいろんな種類があるとは…。大変奥深い世界でした。
地方によっても違いがあるので、また違う地方のお雛様、見てみたいです。

存分に雛祭り気分を楽しんだ後は、雅叙園のビュッフェを楽しんできました。

043 (480x640) (480x640)

ちょうどお昼時で時間もバッチリ。

039 (640x480) (640x480)

積もる話にも花が咲き、食欲もしかと満たされ、大満足の一日でございました♪

このご時世、雛人形を飾る、という風習もうっすらしたものになりつつある気がしますが、
日本ならではの文化、伝統。
後代に大切に伝わるといいなぁ…と心から思いました。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。