上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
月曜の夜といえばSMAP×SMAP。

ビストロの美味しそうな料理を見るのも楽しいけれど、今夜のライブコーナーのゲストはスティービー・ワンダー♪

数週間前から楽しみにしていました

リスペクトしてやまない最高のリビングレジェンド。

トークもジョークも最上級。
興奮してテレビにかじりついて見てました。
名曲(&私のお気に入りでもある)♪Isn't She Lovely♪や♪Sir Duke♪をBGMに、ホンモノのスティービーとSMAPとのトークが盛り上がってました。

スマスマでまた一つ夢が叶った、というキムタク。
スティービーのハーモニカに触れて、子供のように嬉々とはしゃぐ姿が印象的。
「本当に夢見てるみたい、音楽の神様がここにいる」と感動を表現する剛くん。

「音楽の素晴らしさは、音楽を通して様々な人々とつながっていける事です。音楽を通して心はつながり、そしてそれは愛へとつながります。たとえ言葉が通じなくても音楽を通じて分かりあえるのです。」by Stevie Wonder in SMAP×SMAP


本当に心からそう思う。ピアノが弾けたことや歌が好きだったおかげで、言葉を超えた交流が出来た経験は私にとって人生に計り知れない影響を与えている。ポップスやジャズ、クラシックなど、「洋楽」を知っていると、海外にいても共通の話題が持てる。この言葉は本当に真実。

「言葉が通じない」、その一つの不自由さは、「目が見えない」、という一つの不自由さを抱えた彼に通じるような気がした。
アメリカにいた頃、何度彼のCDを聴いたかわからない。
リズムに、歌詞に、メロディーに、心動かされ、たくさん励ましてもらった。そして不自由に見えたところのすぐそばに開くドアがあることを知った。
もちろん今も手離せないCDばかり。大好きな曲たち。

Songs in the Key of Life
Songs in the Key of LifeStevie Wonder

おすすめ平均
starsソウル・ミュージックの「ホワイトアルバム」
stars何かを感じる
starsまだ聴いたことのないあなたへ
stars音楽の玉手箱
starsスティービーの全盛期の勢いが余す所なく発揮されたアルバムです

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

それぞれに好きなスティービーの曲を紹介。
ゴローちゃん、♪My Cherie Amour♪

と、突然キーボードで1フレーズを弾いてくれるスティービー
突然スティービーワールドに…♪ハァ~信じられないっ。

♪マイシェリーアモール♪は私も大大大好きな曲。
あー感動!

しんごくん、♪You Are The Sunshine Of My Life♪
またまたイントロの1フレーズを弾いてくれるスティービ-。
時々私もピアノで弾く曲なので嬉しくって気分上々
「いくら払ったらいいですか?」と慎吾くん。
その気持ちわかる!目の前でスティービーの生演奏なんて、ほんとありえない~。

剛くんは♪I Just Called To Say I Love You♪
歌詞が好きだ、って言ってた。
私もこの歌の歌詞が大好きでよく歌う。
スティービーも、この歌詞が好きだと言っていて、うん、やっぱりこれは名曲。
最後のライブの時にも6人で熱唱してました♪

キムタクは♪Stay Gold♪
イントロを弾き始めるスティービーに「泣いていいですか?」とキムタク。
歌も歌い始めてくれるスティービー。
ノッてきた??
思わずキムタクも一緒に口づさんでいました。
本当に好きなんですね。

でもスマスマってほんとすごい。
海外の映画俳優や歌手のゲストの格がハンパじゃない。
マドンナやらマイケルジャクソンまで来ちゃうんだから。
今回のスティービーだって、凄すぎる。
こんな番組他に無いねぇ…。

今回の来日はコンサートももちろんだけれど、ベスト盤のプロモーション。

私がよく聴いてたベスト盤といえば↑の「Songs in the Key of Life」なんだけれど、他にもベスト盤は新しいものが数年ごとにいろいろと出ている。

スティービーの曲はたくさんの人にカバーされているので、カバーアルバムも見逃せない。

The Wonder of Stevie: Essential Compositions, Covers & Cookies
The Wonder of Stevie: Essential Compositions, Covers & CookiesVarious Artists

Harmless 2003-09-15
売り上げランキング : 118929

おすすめ平均 star
starpastime paradise
starしぶいっす。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
↑本家を聞き慣れていると、こういうのも変化球で面白い。

今回は、先日のグラミー賞で「最優秀ポップ・コラボレーション賞」をスティービーがトニーベネットと受賞したことも話題になってました。

デュエッツ:アメリカン・クラシック
デュエッツ:アメリカン・クラシックトニー・ベネット ディクシー・チックス バーブラ・ストライザンド

ソニーミュージックエンタテインメント 2006-10-18
売り上げランキング : 1540

おすすめ平均 star
starトニーはアメリカ音楽界のアイコンだよ
starポピュラー音楽の記念碑、になるでしょう。
star超豪華デュエット・アルバム

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

このアルバムはほんとスゴイ!
曲もすごいけど、デュエットの相手がすごい。
ここではとても書ききれないのでまた後日。

とにかく私が感動したのは、
このアルバムの中でトニーとデュエットしているスティービーの持ち歌、「For Once In My Life」を初期の時の歌い方と比べてみてくれたところ。

For Once in My Life
For Once in My LifeStevie Wonder

Motown 1990-10-25
売り上げランキング : 130980

おすすめ平均 star
starセンチメンタルで味わい深い作品
starStevieの初期の傑作

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

こちらが初期のアルバム。

このアルバムも大大大好きで、今でもよく繰り返し聴くお気に入りの一枚です。中でも「For Once In My Life」は傑作。
今回、トニーベネットとコラボで賞がとれたのはほんとGREAT!

お茶目なジョークを飛ばすスティービーのトークと歌をいつまでも聞いていたかったけれど、最後は「From Bottom Of My Heart」と「I Just Called To Say I Love You」で締めくくられました。

The heart connects with sounds, and the heart connects with love. Even if we don't speak the same language, we do speak the same language very clearly.      by Stevie Wonder in SMAP×SMAP

私の大好きな言葉になりました…。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。